リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

治安・安全情報

■ スポンサーサイト
■ 2017年06月13日 ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)(外務省海外安全ホームページ)
■ 2017年05月24日 欧州でのテロ等に対する注意喚起
■ 2017年05月22日 ラマダン月のテロについての注意喚起
■ 2017年04月20日【注意喚起】パリ・シャンゼリゼ通りの発砲事件について
■ 20117年04月20日「大統領選挙に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2017年04月18日 大統領選挙期間の注意喚起(在ストラスブール日本国総領事館より)
■ 2017年04月11日 「欧州でのテロ等に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2017年3月18日 在仏大使館からの注意喚起(オルリー空港での事件)
■ 2017年3月16日 在仏大使館からの注意喚起(郵便爆弾について)
■ 2017年3月15日 総領事館からの注意喚起(グラースの高校で銃撃戦)
■ 2016年2月3日 「ルーブル美術館での事件」(在仏大使館からの注意喚起)
■ 2016年12月27日 「欧州でのテロ等に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年12月20日 「ベルリン・クリスマスマーケットへの車両突入事件に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年12月06日 「年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と「たびレジ」による緊急連絡先登録のお願い~」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年11月4日「イスラム過激派組織「ISIL(イ ラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■  2016年10月06日 「イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に伴う注意喚起」 (在フランス日本国大使館)
■ 2016年09月07日「犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年07月28日「欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年07月25日「緊急事態宣言の延長に伴う注意喚起(テロに対する特別警戒)」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年07月15日「フランス南部アルプ=マリティーム県ニース市におけるトラック突入による注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年05月30日「イスラム過激派組織によるラマダン期間中のテロを呼びかける声明の発出に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2016年05月30日「サッカー欧州選手権等イベント開催に伴うテロの脅威に関する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ フランスから熊本地震被災地支援の募金をしたい!
■ パリ同時多発テロ(2015/11/13) 以降のテロ関連ニュース
■ 2016年1月4日イスラム教シーア派聖職者の死刑執行に対する抗議デモに関する注意喚起(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年11月13日「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新)」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年11月19日パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~
■ 海外安全情報2015年9月8日「欧州への難民流入に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年06月26日 治安・安全情報「フランス東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年4月22日付渡航情報(広域情報)「海外へ渡航される皆様へ(動物検疫に関する注意)」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年3月19日付広域情報「ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起 」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 電話誘導によるインターネット詐欺
■ 2015年2月24日付き渡航情報「ソマリアのイスラム過激派組織によるテロの脅威に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2015年02月09日付 スポット情報「フランス:ISIL構成員によるテロを扇動する映像の発出に伴う注意喚起 」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月16日付 渡航情報「欧米諸国等に対するテロの脅威に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」(リヨン領事事務所)‏
■ 空き巣対策
■  2014年10月 治安・安全情報 (在リヨン領事事務所より)
■ 安対ネット(渡航情報(広域情報):「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出等に伴う注意喚起」)
■ 2014年9月 治安・安全情報 (在リヨン領事事務所より)
■ 2014年8月 治安・安全情報 (在リヨン領事事務所より)
■ リヨン子連れの治安・防犯・トラブル(2014年)
■ 2014年7月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■  2014年6月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■ 2014年5月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■ 2014年4月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■ 2014年3月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■ 2014年2月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■ 2014年1月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
■ 2013年12月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)
 ≫ NEXT ≫ 

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 2017年06月13日 ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C133.html


ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)
2017年06月13日
●イスラム過激派組織ISILがラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しています。
●5月27日(土)から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

1 6月12日,イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,ラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しました。ISILは,2015年及び2016年にも同様の声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。
今年についてもラマダン開始後,多数のテロが発生しており,そのうちイラン,仏,オーストラリア,英国,フィリピン等での事件については,必ずしも関与は明確ではないものの,ISILが犯行を主張しています。

2 5月27日(土)から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の期間は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

3 近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)金曜日に注意する。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがある。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たる。
(3)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(4)上記(3)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(5)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。
●周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# )

5 海外滞在中の安全対策については,「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」も参照してください。
(http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html )

(参考広域情報・スポット情報)
・ラマダン月のテロについての注意喚起(2017年05月22日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html
・イラン:テヘランにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月08日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C129.html
・オーストラリア:メルボルンにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C125.html
・欧州でのテロ等に対する注意喚起(更新)(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C124.html
・英国:ロンドンにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月04日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C122.html
・フィリピン:マニラのリゾートホテルにおける銃撃事件(2017年06月02日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C119.html

(問い合わせ窓口)
○外務省
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311
・領事サービスセンター
(内線)2902,2903
・領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
(内線)3047
・領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
(内線)5139
・外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
スポンサーサイト

■ 2017年05月24日 欧州でのテロ等に対する注意喚起

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C112.html


欧州でのテロ等に対する注意喚起

【ポイント】
○夏にかけて,スポーツ大会,音楽フェスティバル,独立記念日を祝う行事などのイベントが各地で予定され,また,ベルギーでのNATO首脳会議,イタリアでのG7サミットなどの国際会議や,英仏での選挙も予定されています。
○これらイベントに参加する人を狙ったテロに注意してください。また,これらイベントのための警備のため手薄となった他の都市でテロが実行される可能性もありますので,この点にも注意してください。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】
1 5月22日,英国マンチェスターでのテロでは80名を越える死傷者が発生しました。それ以前も,スウェーデン(ストックホルム),ロシア(サンクトペテルブルク),英国(ロンドン),ドイツ(ベルリン)等でテロが発生しています。

2 5月27日から6月27日頃までは,イスラム教のラマダン及びラマダン明けの祭りがあります。また,欧州では,これから夏にかけて,スポーツ大会,音楽フェスティバル,独立記念日を祝う行事などのイベントが各地で予定され,また,ベルギーでのNATO首脳会議(5/25),イタリアでのG7サミット(5/26,27)などの国際会議や,英(6/8)仏(6/11,18)での選挙も予定されています。
 ネット上では,銃器や爆弾の使用に加え,車両の突入やナイフによる殺傷といった実行が比較的容易な方法により,屋外で行われる集会や行事,あるいはナイトクラブや映画館などの混雑した閉鎖空間を狙ってテロを実行する呼びかけがなされ,これに実際に応じテロを実行したと見られるケースが続いています。また,国際会議等のための警備のため手薄となった他の都市でテロが実行される可能性が懸念されます。

3 以上を踏まえ,以下のテロ対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

5 外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(注)最近の主なテロ事件等(以下,すべて現地時間)
【2017年】
○英国:マンチェスターのコンサート会場における爆弾テロ事件(5月22日)
○スウェーデン:ストックホルム市内におけるトラック突入テロ事件(4月7日)
○ロシア:サンクトペテルブルク市内地下鉄での爆発事件(4月3日)
○英国:ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂でのテロ事件(3月22日)
○フランス:パリ・オルリー空港での武器奪取事件(3月18日)
○フランス:ルーブル美術館での襲撃事件(2月3日)
【2016年】
○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)
○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)
○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
【2015年】
○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った同時多発テロ事件(11月13日)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2017年05月22日 ラマダン月のテロについての注意喚起

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html


ラマダン月のテロについての注意喚起

ラマダン月のテロについての注意喚起
●5月27日(土)頃から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●近年,ラマダン期間中に多数のテロが発生しています。最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 5月27日(土)頃から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の開始は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

2 イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,2015年及び2016年にラマダン月の間にテロを呼びかける声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。
特に昨年は,邦人を含む多数の犠牲者が出たバングラデシュでのダッカ襲撃テロ事件や,トルコのイスタンブールでアタテュルク国際空港の襲撃(45人が死亡,200人以上が負傷)などのテロ事件が発生しています(過去2年の主なテロ事件は別添を参照して下さい)。
また,最近は,爆弾や銃撃に加えて,車両やナイフを使用したテロや放火,窃盗など簡単に一般人を多数殺傷できるテロが呼びかけられています。

3 本広域情報発出時点で同様の声明は確認されていません。しかし,近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。
 (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,ナイトクラブや映画館等の娯楽施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)金曜日に注意して下さい。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがあります。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たります。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

5 海外滞在中の安全対策については,「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」も参照してください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

(参考広域情報・スポット情報)
・フランス:パリ市内のシャンゼリゼ通りにおける銃撃事件発生に伴う注意喚起(2017年4月21日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C085.html
・エジプト:コプト・キリスト教会における連続爆弾テロ事件の発生に伴う注意喚起(2017年4月13日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C080.html
・フィリピン:渡航する際のテロ等に対する注意喚起(2017年4月12日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C076.html
・スウェーデン:ストックホルム市におけるデパートへの車両突入事案の発生に伴う注意喚起(2017年4月7日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C070.html
・パキスタン:ラホール市で発生した爆発事件に関する注意喚起(2017年4月6日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C069.html
・ロシア:サンクトペテルブルク市地下鉄における爆発事件の発生に伴う注意喚起(2017年4月3日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C066.html
・英国:ロンドンにおける英議会下院及び周辺でのテロ事件発生に伴う注意喚起(2017年3月23日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C057.html
・バーレーン:爆弾テロ事件発生に伴う注意喚起(2017年2月28日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C040.html
・トルコ:ISIL(イラクとレバントのイスラム国)関係者摘発に伴う注意喚起(2017年2月10日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C024.html
・モロッコ:テロの脅威に関する注意喚起(2017年2月8日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C023.html
・ケニア:テロの脅威に対する注意喚起(2017年2月3日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C021.html
・トルコ:イスタンブール市内ナイトクラブにおける銃撃テロ事件発生に伴う注意喚起(2017年1月1日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C002.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


過去 2 年のラマダン月に発生した主なテロ事件

2016 年
・ヨルダン:バカア難民キャンプ襲撃テロ事件(6 月 6 日)
・米国:フロリダ州オーランド市内ナイトクラブ銃乱射事件(6 月 12 日)
・フランス:パリ郊外における警察官刺殺事件(6 月 13 日)
・ヨルダン:ルクバーン難民キャンプ爆弾テロ事件(6 月 21 日)
・レバノン:バールベック・ヘルメル県における自爆テロ事件(6 月 27 日)
・トルコ:イスタンブール・アタテュルク国際空港襲撃テロ事件(6 月 28 日)
・マレーシア:クアラルンプール郊外プチョン地区ショッピングモール内オー
プンカフェ爆発事件(6 月 28 日)
・バングラディシュ:ダッカ市内レストラン襲撃テロ事件(7 月 1 日)
・サウジアラビア:ジッダ,カティーフ,メディナにおける自爆テロ事件(7 月4 日)

2015 年
・チュニジア:スースのリゾートホテル襲撃テロ事件(6 月 26 日)
・フランス:東部リヨンにおけるテロ事件(6 月 26 日)
・クウェート:シーア派モスクにおける自爆テロ事件(6 月 26 日)
・エジプト:カイロ郊外における検事総長殺害テロ事件(6 月 29 日)
・マリ:北部における国連車列襲撃テロ事件(7 月 2 日)
・ナイジェリア:北部及び中部での連続爆弾テロ事件(7 月 5 日~7 日)
・エジプト:カイロ市内のイタリア総領事館前での爆弾テロ事件(7 月11 日)

■ 2017年04月20日【注意喚起】パリ・シャンゼリゼ通りの発砲事件について

在フランス日本国大使館より届いたメールからの転載です。
パリへのお出かけの際には、十分ご注意ください。


【注意喚起】パリ・シャンゼリゼ通りの発砲事件について

1.当地報道等によりますと、4月20日21頃、パリ市内のシャンゼリゼ大通りで発砲事件があり、警官1名が死亡、他2名が負傷し、実行犯1名は射殺された模様です。
現場付近は警察当局によって封鎖されており、滞在中の方は状況が明らかになるまで外出することのないようお願いいたします。

2.在留邦人及び「たびレジ」に登録された皆様におかれては,外出される際は十分に警戒するよう注意をお願い致します。また,大使館は休館日や時間外においても,事件や事故などの緊急事態に対応しておりますので,必要な場合は電話し自動応答メッセージに従ってください。緊急対応の者が応答いたします。
大使館代表電話:01-4888-6200(フランス国外からは(+33)1-4888-6200)

2017年4月20日
在フランス日本国大使館より

■ 20117年04月20日「大統領選挙に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:海外安全ホームページ: スポット情報詳細
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C084.html


フランス:大統領選挙に伴う注意喚起

【ポイント】
●4月18日にフランス大統領選挙を狙ったテロを計画していた容疑で男性2人が逮捕されました。大統領選挙の投票所や選挙関連の集会等の付近には不必要に近づかないようにしてください。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 フランスでは,以下の日程で大統領選挙を実施する予定です。
●4月23日 大統領選挙(1回目)
●5月7日  大統領選挙(2回目)
●5月中   新大統領就任式
(注)1回目の投票で過半数を得る候補者がいなければ,上位2名による決選投票として2回目の投票を実施する。投票時間は8時から20時まで(一部の都市は18時まで)

2 4月18日午前,マルセイユ市において,テロを企図した容疑でフランス国籍の男2人が逮捕されました。本テロ計画は,大統領選挙の第1回投票前日を狙った実行まで差し迫ったものであり,また,容疑者のアパートからは,武器,爆薬,聖戦(ジハード)の宣伝資料等が見つかっているとされています。

3 フランスへ渡航・滞在される方は,大統領選挙期間中,テロ等不測の事態に巻き込まれることのないよう,以下のような場所には不必要に近づかないなど十分注意してください。
●投票所及びその付近
●候補者の演説や関連の集会
●候補者の選挙事務所付近
また,引き続き,最新の関連情報の入手に努め,不特定多数が集まる場所(公共交通機関,観光施設,デパートや市場,競技場等)や,政府・軍・警察関係施設では,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に努めてください。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方には,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■ 2017年04月18日 大統領選挙期間の注意喚起(在ストラスブール日本国総領事館より)

在ストラスブール日本国総領事館から届いた、治安情報メールの転載です。
投票所付近や演説会場などへお出かけの際には、十分ご注意ください。



(件名)
在ストラスブール日本国総領事館より(治安情報)

当地報道によれば、4月18日、マルセイユにて、大統領選挙を狙ったテロを計画していた容疑でフランス国籍の男2名が逮捕されました。

(本文)
2017年4月19日
在留邦人の皆様へ
たびレジに登録された皆様へ

1.報道によれば、4月18日、午前、マルセイユ市3区にて、テロを企図した疑いでフランス国籍の男2人が逮捕されました。フェケル内相の発表では、本テロ計画は、大統領選挙の第1回投票(23日)前日を狙ったものであり、実行まで差し迫ったものでした。

2.被疑者2名は双方とも過激化の疑いでかねてから警察当局により把握されており、本件捜査はテロリストとの交流やテロリスト・グループとの違法な武器取引の疑いで先週初めから行われていた模様です。被疑者が逮捕されたアパートでは、現在も治安維持活動及び爆発物検知活動が実施されており、一部報道では、アパートからTATP(過酸化アセトン:アセトンや過酸化水素水、硫酸、塩酸、硝酸などを混ぜ合わせて作る自家製の爆薬)が発見されたと報じられています。

3.つきましては、不測の事態に巻き込まれることがないよう、特に選挙期間中において、投票所付近や演説等における大統領候補者付近に立ち寄る際には、周りの状況に十分注意してください。
(大統領選挙日程)
 4月23日 大統領選挙(1回目)
 5月 7日 大統領選挙(2回目:1回目の投票で過半数を得る候補者がいなければ、上位2名による決選投票となる)
 5月中   新大統領就任式

【参考】報道状況(20minutes)
http://www.20minutes.fr/societe/2051647-20170418-attentat-imminent-deux-hommes-arretes-lien-meeting-francois-fillon

■ 2017年04月11日 「欧州でのテロ等に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C073.html


欧州でのテロ等に対する注意喚起
2017年04月11日

【ポイント】
○4月7日,スウェーデンでトラック突入テロが発生し,8日には,ノルウェーで爆弾らしき不審物が発見されています。
○これまでにあまりテロ事件が発生していなかった国においても,テロに対する注意が必要です。また,4月中旬のイースター期間には,関連行事や教会等がテロの標的となる可能性も懸念されます。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】
1.欧州では,車両や銃器,爆弾,ナイフなどを用いたテロ等が続発しています。特に今月に入ってからは,以下のとおり発生が続いています。これらは,近年テロ事件が発生していない国又は都市です。これまでに事件が発生した国はもちろんのこと,それ以外の国でも注意が必要であり,改めて,いつどこでテロが起きてもおかしくないとの認識を持つことが重要です。
また,4月中旬にキリスト教行事であるイースター期間を迎え,関連行事や教会等がテロの標的となることが懸念されます。
 ○4月8日 ノルウェー:オスロの地下鉄駅付近での爆弾らしき不審物発見事件
 ○4月7日 スウェーデン:ストックホルム市内ショッピングセンターにおけるトラック突入テロ事件
 ○4月3日 ロシア:サンクトペテルブルク地下鉄での爆発事件

2.「ここは日本ではない」という意識を持ち,以下のテロ対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。
  (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。また,車両突入の場合,ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増します。

(注)最近の主なテロ事件等(以下,すべて現地時間)
【2017年】
○英国:ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂でのテロ事件(3月22日)
○フランス:パリ・オルリー空港での武器奪取事件(3月18日)
○フランス:ルーブル美術館での襲撃事件(2月3日)
【2016年】
○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)
○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)
○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
【2015年】
 ○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った連続テロ事件(11月13日)

3.在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

4.外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp  (携帯版) 

■ 2017年3月18日 在仏大使館からの注意喚起(オルリー空港での事件)

在フランス日本国大使館からの注意喚起メールの転載です。
お近くにお出かけの際には、十分ご注意ください。




当地報道によれば、3月18日、オルリー空港において軍人から武器を奪おうとした男の影響で空港が一時閉鎖しています。

在留邦人の皆様へ
たびレジに登録された皆様へ

報道等によれば、3月18日朝、オルリー空港南ターミナルで男が軍人から武器を奪おうとして、射殺されまた。
射殺された犯人以外に負傷者等はいませんでしたが、現在、オルリー空港は閉鎖され、徹底的な捜査が行われています。
また、関連性は不明ながら、これとは別に、18日早朝、パリ北方で警官1人が撃たれて負傷した事件が発生しています。
つきましては、オルリー空港を使用する予定のあった方につきましては、報道等から空港状況を注視してください。また、近くで混乱等があった際にはすぐにその場を離れる等、安全管理に十分気をつけてください。
空港のサイト:http://www.parisaeroport.fr/homepage

2017年3月18日
在フランス日本国大使館より

■ 2017年3月16日 在仏大使館からの注意喚起(郵便爆弾について)

在フランス日本国大使館からの注意喚起メールの転載です。
不審な郵便物には十分ご注意ください。




当地報道によれば、3月16日、パリ16区に所在するIMF(国際通貨基金)の事務所で、郵便物が爆発する事件が発生しました。

在留邦人の皆様へ
たびレジに登録された皆様へ

報道等によれば、3月16日11時30分頃、、パリ16区のIMF事務所にて、IMF欧州事務所長宛に届いた郵便物が爆発し、一人が顔や手を負傷しました。
現在、警察当局が捜査を行っていますが、報道によれば、爆発装置は、30cm程度の黒い円筒であり、開封時に放火し、部屋の天井まで打ち上げた模様です。
つきましては、特に事務所などに届いた郵便物で中身や送り主が不明など、少しでも不審なものについては、不用意に開けず、警察に連絡する等十分ご注意ください。

2017年3月16日
在フランス日本国大使館より

■ 2017年3月15日 総領事館からの注意喚起(グラースの高校で銃撃戦)

在マルセイユ日本国総領事館からの、注意喚起メールの転載です。
お近くにお出かけの際には、十分ご注意ください。



 2017年3月15日
 在マルセイユ日本国総領事館より

 現在,アルプ・マリティム県グラース市の高校(le lycée Alexis de Tocqueville de Grasse)において発砲事件が発生した旨の報道がなされています。
 犯人の一部が逃走したとも報じられておりますので,付近にお住まいの方は,安全が確認できるまで不必要な外出は控えるようにしてください。

■ 2016年2月3日 「ルーブル美術館での事件」(在仏大使館からの注意喚起)

在仏大使館からの注意喚起を転載します。
近辺へお出かけの際には、十分ご注意ください。

(AK!)


2017年2月3日
在フランス日本国大使館より

2月3日,報道等によれば,同日9時45分頃,ナイフで武装した男がルーブル美術館に入ろうとして暴れ,警備にあたっていた国軍の兵士が発砲の上,犯人を捕まえた事件がありました。
また,騒動の際,犯人の男は「アラー・アクバル(アラビア語で,アラーは偉大なり)」と叫んでいたとのことであり,テロの可能性が排除できません。
観光客等に負傷者はいませんでしたが,軍の兵士が軽傷を負った由です。既に犯人は捕まっていますが,現在も引き続き,ルーブル美術館入り口付近を通行止めの上,捜査をしていることから,しばらくの間はルーブル美術館付近に近づかないようお願いします。

■ 2016年12月27日 「欧州でのテロ等に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C346.html


欧州でのテロ等に対する注意喚起
2016年12月27日

【ポイント】
○欧州では,これまでにテロが発生していない国でも,警戒する必要があります。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には安全確保に注意し,在留届の提出や「たびレジ」の登録を必ず実施してください。

【本文】
1.欧州では,フランス,ベルギー,ドイツなどでテロ等が続発していますが,それらの周辺国でも注意が必要です。
12月19日,ドイツ・ベルリンのクリスマス・マーケットに車両が突入した事件では,実行犯が隣国イタリアに逃走しました。その他の事件でも,テロが発生した国の周辺国で,テロの共犯者や拠点が摘発されています。こうしたことを踏まえ,これまでテロが発生していない国であっても,いつテロが起きてもおかしくないとの認識を持つことが重要です。
(注)最近の主なテロ等(以下,すべて現地時間)
【2015年】
○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った連続テロ事件(11月13日)
【2016年】
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)
○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)

2.以下のテロ対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努め,「ここは日本ではない」という意識を持ち注意を怠らない。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。
  
(※)記念日・祝祭日等のイベント会場,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等

3.在留届の提出や「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

4.外務省のテロ対策パンフレットをお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)

■ 2016年12月20日 「ベルリン・クリスマスマーケットへの車両突入事件に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
クリスマス市(Marché de Noël)など、人の集まる場所へのお出かけの際には十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C342.html


ドイツ:ベルリン・クリスマスマーケットへの車両突入事件に伴う注意喚起
2016年12月20日

【ポイント】
●12月20日(日本時間),ベルリン中心部ブライトシャイト広場(Breitscheidplatz)のクリスマスマーケットに大型トラックが突入し,少なくとも9名が死亡,50名以上が負傷したと報じられています。
●ベルリンをはじめドイツに渡航・滞在される方は,こうした事態に巻き込まれないよう,具体的に以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)テロの標的となりやすい場所(観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。
(3)クリスマスマーケットについては特に警戒する。


☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 12月20日(日本時間),ベルリン中心部ブライトシャイト広場(Breitscheidplatz)のクリスマスマーケットに大型トラックが突入し,9名が死亡,50名以上が負傷し,警察当局によれば,突入した車両に乗っていた2名のうち1名が死亡,1名を拘束したと報じられています。

2 ドイツではこれまでも, 本年7月にバイエルン州のヴュルツブルグ近郊及びアンスバッハでテロ事件が発生しています。また, 10月には,ザクセン州ケムニッツにおいて,爆弾テロを計画していた疑いでシリア人の男が検挙されています。また,ラインラント=プファルツ州においても,11月と12月に12歳のイラク系ドイツ人の少年がクリスマスマーケットを狙った爆弾テロを試みた事案が発生しています。今後も同様の事件の発生が懸念されます。

3 つきましては,ベルリンをはじめとしてドイツに渡航・滞在される方は,テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,以下の対応に努めて下さい。 
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)クリスマスマーケットには近づかないようにする。
(3)テロの標的となりやすい場所(観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。

ドイツ「海外安全情報」:
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=165

ドイツ「テロに関する注意喚起」
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_pdf/20161107german.pdf

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考スポット/広域情報)
・「年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と「たびレジ」による緊急連絡先登録のお願い~」(2016年12月6日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C329.html

・「欧米での記念日や各種イベント等を狙ったテロに対する注意喚起」(2016年11月25日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C319.html

・「ドイツ:バイエルン州の野外音楽フェスティバル会場付近における爆発事件に関する注意喚起」(2016年7月26日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C200.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在ドイツ日本国大使館
住所:Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin
電話: (+49) 30 210 940
FAX: (+49) 30 210 94 222
ホームページ:http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

○在デュッセルドルフ日本国総領事館
住所:Breite Straße 27, 40213 Düsseldorf, Bundesrepublik Deutschland
電話: (+49) 211-164820
FAX: (+49) 211-357650
ホームページhttp://www.dus.emb-japan.go.jp/profile/japanisch/j_top.htm

○在フランクフルト日本国総領事館
住所:MesseTurm 34. OG, Friedrich-Ebert-Anlage 49, 60327 Frankfurt
電話: (+49)-69-2385730
FAX: (+49)-69-230531
ホームページ:http://www.frankfurt.de.emb-japan.go.jp/jp/index.htm

○在ミュンヘン日本国総領事館
住所:Karl-Scharnagl-Ring 7 80539 Muenchen
電話: (+49)-89-4176040
FAX: (+49)-89-47-05-710
ホームページ:http://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/jp/index.htm

○在ハンブルク日本国総領事館
住所:Rathausmarkt 5, 20095 Hamburg
電話: (+49)-40-3330170
FAX: (+49)-40-30399915
ホームページ:http://www.hamburg.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2016年12月06日 「年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と「たびレジ」による緊急連絡先登録のお願い~」(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
年末年始にかけてのご旅行・外出の際には、十分ご注意ください。
(AK!)

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C329.html


年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と「たびレジ」による緊急連絡先登録のお願い~
2016年12月06日

【ポイント】
 海外に渡航・滞在される際には,安全について国内で生活している時とは異なる心構えが必要です。特にテロ,麻薬犯罪等には十分注意してください。また海外では,日本ではなじみのない感染症が流行している場合があります。
 最新の安全情報を入手するため,また,緊急時に現地の大使館・総領事館からの連絡を受け取るため,海外に渡航される際は外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録を,3か月以上滞在される場合は在留届の提出をお願いします。
■ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
■ 在留届(3か月以上滞在される方)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

1 テロへの注意
●世界各地においてイスラム過激派等によるテロ事件が発生している中,特に,年末年始にかけては様々なイベント等が行われ,これに集まる不特定多数の群集を標的とするテロの発生が懸念されます。
●こうしたテロの被害に巻き込まれることのないよう,テロの標的となりやすい場所(不特定多数の人が集まる場所等)を訪れる際には,情報収集に努めるとともに,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に努めてください。

2 麻薬犯罪等の一般的な安全対策
●一般に海外の治安は,日本と比較して必ずしも良いとは言えず,また国によっては,年末年始に犯罪発生率が高くなりますので,十分注意してください。
●生命と身体の安全を最優先し,万一強盗等に遭った場合でも,相手が武器を持っていることを想定し,抵抗しないようにしてください。
●多くの国や地域では,麻薬等違法薬物犯罪に関する取り締まりが強化されています。罰則等も非常に厳しく,場合によっては外国人にも死刑や終身刑等の重刑が科されますので,絶対に関わらないようにしてください。
●日本人女性が性的暴力被害に遭う事件が多発していますので,隙を見せないよう十分に注意してください。
●海外滞在中はパスポートの管理に気を配るとともに,万一に備え,十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことをお勧めします。
●事件・事故等に遭遇した場合には,現地警察等の指示に従い行動するほか,最寄りの日本国大使館・総領事館等にも御連絡ください。さらに,渡航・滞在中の日程・連絡先を必ず本邦の家族等に伝えておくとともに,連絡を絶やさないでください。

3 感染症に関する安全対策
●海外渡航では,感染症にも注意が必要です。中南米,アジア・太平洋を中心にジカウイルス感染症が発生しており,感染が小頭症等の原因となることが分かっています。特に妊娠中の方又は妊娠を予定している方は,発生国・地域への渡航・滞在を可能な限りお控えください。
●中東では,中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています。ウイルスの保有宿主とされるラクダへの接触は避けてください。
●食べ物や水を介した消化器系の感染症(A型肝炎,E型肝炎,コレラ,赤痢,腸チフス等)にも注意が必要です。公衆衛生事情の悪い途上国に渡航する場合は特に注意してください。
●海外の多くの国・地域では,口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザ等の家畜の伝染性疾病の発生が相次いで確認されています。これらの疾病を日本国内へ持ち込まないために,帰国時の空港等における動物検疫に御協力ください。


■外務省海外安全ホームページ(※各国の詳細・最新の安全情報はこちらを御覧ください。)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
■ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
■ 在留届(3か月以上滞在される方)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/
■ スマートフォン用 海外安全アプリ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html
■ 問い合わせ窓口
○外務省領事サービスセンター
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局政策課(海外医療情報関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5367
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐,海外医療情報関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5144
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047

【本文】
0 はじめに
 海外渡航の前には,万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。また,「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には,緊急事態が発生した場合,外務省から一斉メール等により,情勢と注意事項をお伝えします。(上記URLをご参照ください。)

1 テロへの注意
(1)テロの脅威
 近年,世界各地において,ISILをはじめとするイスラム過激派組織等によるテロ事件や,こうした過激派組織の主張に影響を受けたとみられる者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロ事件が多発しており,予断を許さない状況にあります。
 こうした中,バングラデシュ・ダッカで7名の日本人が殺害された襲撃テロ事件(7月)をはじめとして,今年に入ってからも主なものだけで以下のようなテロ事件等が発生しており, 特に欧州,米国において,不特定多数の群集を標的として,銃を乱射する,大型トラックを走らせる等の方法で多数を殺傷した事案も発生しています。今後も同様の事件が発生する可能性は否定できず,日本人・日本権益が標的となるおそれがあります。特に年末年始は,各地で様々な記念日や祝祭日のイベント等が行われ,これらの際に群集を標的とするテロの発生が懸念されます。

〈今年発生した主なテロ事件等〉
○インドネシア:ジャカルタ中心部の警察署及び米国系カフェ付近での爆弾テロ事件(1月14日)
○トルコ:アンカラ,イスタンブールの通りや集会等での爆弾テロ事件(1月~3月)
 イスタンブール・アタテュルク国際空港における自爆テロ事件(6月28日)
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
○米国:フロリダ州オーランド市のナイトクラブでの銃撃テロ事件(6月12日)
 ミネソタ州のショッピングモールでの襲撃事件(9月17日)
 ニューヨーク市の繁華街,及び,ニュージャージー州のマラソン会場での爆発事件(9月17日)
 オハイオ州立大学での乗用車,ナイフを用いた襲撃事件(11月28日)
○マレーシア:クアラルンプール市郊外のショッピングモールでの爆弾テロ事件(6月28日)
○バングラデシュ:ダッカ市内のレストランでの襲撃テロ事件(7月1日)
○フランス:ニース市での花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ドイツ:アンスバッハ市の野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○タイ:フアヒン,プーケット等のリゾート地での爆発事件(8月11~12日)
○フィリピン:ダバオ市の夜間市場での爆発事件(9月2日)

(2)テロ等に関する安全対策
ア 海外に渡航・滞在される方は,上記のような情勢に十分留意し,テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,具体的に以下の点に注意してください。
●外務省が発出する海外安全情報及び現地報道等により,最新の治安情勢等の関連情報の入手に努めるとともに,日頃から危機管理意識を持つようにする。
●テロの標的となりやすい場所(繁華街,イベント会場,ホテルなどの宿泊施設,レストラン,リゾート施設,観光施設,複合商業施設,野外マーケットや市場,大学等不特定多数が集まる場所,公共交通機関,宗教施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設等。国により事情が異なりますので,各国の安全情報をよくご確認ください。)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に努める。

イ 実際に,テロ・爆発事件に遭遇した場合に被害を最小限に抑えるため,例えば次の諸点を心がけることをお勧めします。
<予防措置>
○ 退避ルートを確認する。
○ 隠れられる場所を確認する。
○ 常に周囲の状況に注意を払い,不審者や不審物を見かけたら速やかにその場を離れる。
<対処法>
○ 爆発音・銃撃音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる,あるいは,頑丈なものの陰に隠れる。 
○ 周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。
 (海外旅行のテロ・誘拐対策パンフレット( http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html ) も併せて参照ください。)

2 麻薬犯罪等の一般的な安全対策
 一般に海外の治安は日本と比較して必ずしも良いとは言えず,特に,国によっては,犯罪発生率が高くなるため,何らかのトラブルに巻き込まれる可能性は排除できません。海外旅行の際には,法制度,文化,風俗・習慣等のすべてが日本とは異なることを強く認識して,トラブルに巻き込まれないよう十分注意し,楽しい旅行にすることが大切です。
 海外滞在中,できるだけ安全かつ快適に過ごすため,また,不測の事態に巻き込まれることなく無事に帰国するための注意事項を以下のとおりお知らせいたします。
 旅行中,万が一事件・事故等に遭遇した場合には,現地警察等の指示どおりに行動するほか,最寄りの日本国大使館・総領事館等にも報告してください。更に,旅行中の日程・連絡先は必ず本邦の家族等に残しておくとともに,旅行の間も家族等との連絡を絶やさないでください。

(1)各種犯罪被害について
 いずれの国や地域においても多種多様な犯罪が発生し,また多くの旅行者が被害に遭っています。海外滞在中は,どの国や地域を訪問しても何らかの犯罪に巻き込まれるおそれがあることを常に念頭に置いて,慎重に行動してください。
 基本的な心構え(対策)は次のとおりです。
 ○ 多額の現金や多くの貴重品を持ち歩かない。
 ○ 空港や市内両替所で多額の両替・換金をしない。
 ○ 目立たない行動や服装を心がける。
 ○ 夜間あるいは人通りの少ない場所の一人歩きは避ける。
 ○ タクシーを利用する際は,いわゆる「白タク(先方から声をかけてきて客を乗せ込む性質のもの)」は絶対に利用せず,たとえば最寄りの大きなホテルまで行って乗る等の工夫を心がける。
 ○ 見知らぬ人から日本語や片言の英語等で親しそうに話しかけられた場合,誘いに乗って一緒に行動すると,睡眠薬強盗(睡眠薬を入れた飲食物を勧められ,意識を失っている間に所持品を奪われる)やいかさま賭博,あるいは「ぼったくり」等の被害に遭う可能性が高いので,ついていかない。(可能であれば最初から取り合わないように心がける。)
 ○ 生命と身体の安全を最優先する。強盗に遭っても,相手が武器を持っていることを想定し抵抗しない。
 ○ 現地の風俗・習慣に配慮する。日本人同士で集団になって騒ぐ等,現地の人々の感情を刺激するような行為は慎む。

(2)麻薬等違法薬物犯罪に関する注意
 多くの国や地域では,麻薬等違法薬物犯罪に関する取り締まりが強化されています。罰則等も非常に厳しく,場合によっては外国人にも死刑や終身刑等の重刑が科されます。「旅行者だから少しぐらい・・・」といった甘い考えは絶対に通用しません。違法薬物には絶対に興味を示さないようにすることはもちろん,繁華街の路地裏など麻薬・薬物犯罪の温床となるような場所には近づかない,不審なもの(タバコ,高級茶葉と称される例が多い)を購入しない,そして,見知らぬ人物から物品の購入や運搬を依頼されても決して応じないことが肝要です。なお,自分では気付かないうちに「運び屋」として利用される可能性もあるので,出国の際,見知らぬ人物又は知り合ったばかりの人物から,「△△氏へのおみやげを持って行って欲しい。」などの依頼を受けた場合は,毅然とした態度で断りましょう。また,知らない間に手荷物に薬物等を入れられてしまうこともあるので,空港等においては手荷物から目を離さず,管理を徹底してください。

(3)女性への性的暴行に対する注意
 近年,海外において日本人女性が性的暴行の被害に遭う事例が多発しています。特に海外では言葉が通じにくいことや,日本女性に対する偏った思い込みもあり,外国人男性から強引なアプローチを受けることがありますが,隙を見せないよう十分に注意してください。 ○ 女性の単独行動や夜間の外出は控える。
 ○ 旅行中に親しげに声をかけてくる外国人に対しては,安易に信用せず,警戒心を忘れずに,少しでも不審に思ったときははっきりと断る。観光案内を持ちかけられてもついていかない(日本語で話しかけ,日本での滞在経験や日本人の知り合いの名前に言及するなどして旅行者を安心させてだますような巧妙な手口も発生しており,注意が必要です。)
 ○ 知らない人に勧められた飲食物を安易に口にしない。
 ○ 過度な飲酒は控える。
 ○ 過度な肌の露出を避ける。
 ○ ホテルの部屋等においてドアをノックされ,ドアを開ける場合は,防犯チェーンを掛けたままで相手を確認する。(ホテルのスタッフや,水道や電気の修理人に見えても,頼んだ覚えがなければフロントに確認を取る。)
 ○ タクシーを利用する場合は,タクシー乗り場から正規のタクシーを利用し,白タク等の営業許可を受けていないタクシーには絶対に乗らない。

 不幸にも性犯罪の被害者となってしまった場合には,速やかに最寄りの警察か,日本国大使館・総領事館に御相談ください。大使館・総領事館では被害者の個人情報を厳格に管理し,被害者の方の人権にも最大限配慮して対応いたしますので,安心して御相談ください。

(4)旅行制限区域及び写真・ビデオ撮影の制限等について
 多くの国や地域では,政府関係施設や軍事施設及び軍事関連施設,あるいは宗教施設等の立入りが厳しく制限されています。慎重に行動してください。
 また,これら施設や設備がある場所の周辺では写真・ビデオ撮影が禁止されている場合が多く,現地法令に基づき,カメラ等所持品の没収のほか,逮捕・拘束されるおそれがあるため,最大限の注意が必要です。日本にいるのと同じ感覚で行動することは厳に慎み,たとえば撮影の前には,必ず周囲の係員や現地の人々等に制限の有無等について確認を求めるようにしてください。

(5)旅券(パスポート)の管理及び携行義務について 
 最近,世界各地で日本人の旅券(パスポート)の紛失・盗難事案が多発しています。紛失や盗難を防ぐためにも,(ア)パスポート等貴重品の入ったバッグは身体から離さない,(イ)バスや地下鉄の車内ではリュック等は身体の前で抱える,(ウ)人混みの中では荷物から目を離さないといった行動を心がけてください。
 万が一パスポートを紛失したり,盗難に遭ったりした場合は,直ちに現地の警察に赴き,紛失届あるいは被害届を提出し,いずれかの写し又は紛失・被害証明を入手するとともに,日本国大使館又は総領事館の領事窓口まで御連絡・御相談ください。 多くの国や地域では,外国人はパスポートを常時携行することが法律で義務付けられており,警察官に職務質問を受け,また提示を求められた場合にはこれに応じなければなりません。違反すると罰金等を科されることもありますので,パスポートの常時携行が義務づけられている国・地域では,紛失したり盗難に遭ったりしないよう十分注意し,管理を徹底しつつ携行するようにしてください。

(6)海外旅行保険
 国や地域によっては,突然事故に遭い,また病気や怪我をして病院に搬送されても,実費あるいは保険等による治療費の負担が保証されないと,診察や治療が受けられない(断られる)ことや,治療費が支払われないと退院を認めないことがあります。また医療水準や衛生事情により,その国では必要な治療が受けられず,他国や日本への緊急移送が必要となる場合もあります。当然のことながら保険に入っていないと,時には数千万円にものぼる高額な医療費・移送費を全て自己負担しなければなりませんので,万が一に備え,十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておかれることをお勧めします。

3 感染症に関する安全対策
 海外では,日本と同じように公衆衛生事情の良い国ばかりではありません。様々な感染症のリスクがあります。海外に渡航する際は,渡航先の感染症情報を確認してください。以下では,特に注意すべき感染症及びその予防対策についてお知らせします。
 
(1)海外での感染症予防のポイント
ア 渡航先や現地での行動内容によって,羅患する可能性のある感染症はさまざまです。詳しくは以下の厚生労働省からの情報を参考に感染症に対する正しい知識と予防方法を身につけ,渡航に備えてください。
(厚生労働省:年末年始における海外での感染症予防について)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/travel-kansenshou.html

イ 引き続き中南米,アジア・太平洋を中心にジカウイルス感染症が発生しています。現地への渡航を予定している方は,以下の感染症広域情報等を参考に厳重な防蚊対策を講じるようにしてください。特に,妊婦及び妊娠予定の方は,ジカウイルス感染が胎児の小頭症等の原因となるおそれがあることから,発生国・地域への渡航・滞在は可能な限りお控えください。(感染症広域情報:発生国・地域では予防に努めてください。)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/pcinfectioninfo.asp#widearea

ウ 中東では,サウジアラビアを中心に中東呼吸器症候群(MERS)が流行しています。現地のヒトコブラクダがウイルスを保有していると言われており,ラクダとの接触や未殺菌乳の摂取は厳に控えるようにしてください。
(感染症広域情報:MERSコロナウイルスによる感染症の発生)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/pcinfectioninfo.asp#widearea

エ 多くの国・地域で高病原性鳥インフルエンザが発生しています。鳥インフルエンザは,鳥インフルエンザにかかった鳥の羽や粉末状になったフンを吸い込んだり,その鳥のフンや内臓に触れてウイルスに汚染された手から鼻へウイルスが入ったりするなど,人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合に,ごくまれに人に感染すると考えられています。人から人への持続的な感染は確認されていませんが,発生国・地域に渡航・滞在する際は,こまめに手を洗う,生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避けるなど,予防に心がけて下さい。
 なお,鳥インフルエンザ等の家畜の伝染病疾病を日本に持ち込まないために,以下2(5)の動物検疫に関する注意もご参照ください。
(感染症スポット情報:鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例発生)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/pcinfectioninfo.asp#spot 

厚生労働省ホームページ
「鳥インフルエンザについて」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144461.html
「鳥インフルエンザ(H5N1)について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144523.html
「鳥インフルエンザ(H7N9)について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144470.html 

農林水産省ホームページ
「鳥インフルエンザに関する情報」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/ 

オ 海外渡航で最も感染する可能性が高いのは,食べ物や水を介した消化器系の感染症(A型肝炎,E型肝炎,コレラ,赤痢,腸チフスなど)です。途上国など公衆衛生事情の悪い地域では感染リスクが高いため,以下のことに注意してください。
○ 手洗いをこまめにしましょう。
 食事の前には必ず石けんと水で手を洗いましょう。きれいな水が使えない場合は,手洗い後にアルコール成分を含む衛生用品の利用が効果的です。
○ 生水や氷を避けましょう。
 未開封の市販の飲料水が最も安全です。水道水はしっかりと沸騰させるか,飲料水消毒用薬剤を使用してから飲んでください。屋台や不衛生な飲食店で提供される氷は,病原体に汚染されていることがあるので注意しましょう。自分で氷を作る場合は,未開封の市販の飲料水を使用してください。
○ 生の野菜や果物は避けて,完全に火の通った食べ物を食べましょう。
 野菜や果物は,生水を用いて処理されている場合に,病原体に汚染されていることがありますので,生のものを食べる際は自分で皮をむいたものを食べましょう。
 また,生鮮魚介類や生肉等を介した寄生虫疾患が流行している地域もあるため,十分に加熱調理されたものを食べるようにしてください。屋台や不衛生な飲食店の料理には注意しましょう。

カ 日本で発生していない,動物や蚊・マダニなどが媒介する感染症が流行している地域も多く注意が必要です。また,麻しん(はしか)やポリオは,日本では流行していませんが,海外で感染することがあるので同様に注意が必要です。

(2)渡航前の予防接種
 海外へ渡航される方は,渡航先の感染症発生状況に関する情報を事前に入手し,予防接種が受けられる感染症については,余裕をもって医師に相談しておくなど,適切な感染予防を心がけましょう。
(FORTH /厚生労働省検疫所「予防接種機関の探し方」)
http://www.forth.go.jp/useful/vaccination02.html

(3)帰国後に体調が悪くなったら
ア 日本国内の空港や港では検疫所が設置されており,渡航者の方を対象に健康相談を行っています。帰国時に発熱や下痢の症状があるなど,体調に不安がある場合は,検疫所係官に御相談ください。また,帰国後に心配なことがある場合は,最寄りの保健所に御相談ください。

イ 感染症には,潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上と長いものもあり,帰国後しばらくしてから具合が悪くなることがあります。その際は,早急に医療機関を受診し,渡航先,滞在期間,現地での飲食状況,渡航先での行動,家畜や動物との接触の有無,ワクチン接種歴などについて必ずお伝えください。

ウ 中東呼吸器症候群(MERS)が流行している中東地域に渡航歴のある方で,発熱・咳・呼吸困難などの急性呼吸器症状がある方や,MERSが疑われる患者又はラクダと接触した可能性がある方は,各空港等に配置された検疫所の検疫ブース又は健康相談室で検疫官にお申し出ください。帰国後2週間以内に上記の症状が見られた場合には,直ちに電話にて最寄りの保健所に連絡するようお願いします。

(4)海外の感染症に関する情報
 海外の感染症に関する情報は,厚生労働省検疫所及び外務省のホームページから入手することが可能です(以下のリンク参照)。出発前に渡航先の感染症の流行状況等に関する情報を入手することをお勧めします。また,日本国内の空港や港の検疫所においても,リーフレット等を用意し情報提供を行っていますので,御活用ください。

○感染症に関するホームページ
■世界各地の感染症発生状況
FORTH/厚生労働省検疫所ホームページ
http://www.forth.go.jp/index.html
外務省海外安全ホームページ> 医療・健康関連情報
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html
■感染症別の詳細情報
FORTH/厚生労働省検疫所ホームページ > 感染症についての情報
http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name.html
国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ > 疾患別情報
http://idsc.nih.go.jp/disease.html
■渡航先の医療機関等情報
外務省ホームページ>海外渡航・滞在>海外安全対策 >世界の医療事情(在外公館医務官情報)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html

(5)動物検疫に関する注意
ア 海外の多くの国・地域では家畜の伝染性疾病が発生・流行しています。特に,中国,韓国,台湾等では,口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザ等の家畜の伝染性疾病の継続的な発生が確認されており,欧州においてもスウェーデン,デンマーク等で高病原性鳥インフルエンザの発生が確認され,国内においても高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されています。また,ロシア,ポーランド等では,アフリカ豚コレラの発生も確認されており,これらの疾病を日本国内へ持ち込まないために,海外では,家畜を飼養している農場等への不要な立入りを避けるようにしてください。

イ 海外で牛,豚,鶏などの家畜のいる場所に立ち入った方や日本国内で家畜に触れる予定のある方は,帰国時に空海港の手荷物引き取り場内にある動物検疫所カウンターに必ずお立ち寄りください。
 また,入国時に動物検疫に関する質問票が配られたり,質問が行われることがありますので,御協力をお願いします。

ウ 帰国時には,空海港において,すべての方を対象に靴底の消毒を実施していますので,消毒マットの上を歩いていただくよう御協力をお願いします。

エ また,これらの伝染性疾病の発生している国・地域からの肉製品の日本への輸入は禁止しており,発生していない国からであっても検査証明書が必要ですので,あらかじめ御留意ください。

○参考情報
 農林水産省ホームページ
 「空海港における水際検疫の強化について」
 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/quarantine_beefup.html
 動物検疫所ホームページ
 「家畜の伝染性疾病の侵入を防止するために~海外へ旅行される方へのお願い~」
 http://www.maff.go.jp/aqs/topix/mizugiwa.html
 「Animal quarantine information for travellers to Japan」(英文)
 http://www.maff.go.jp/aqs/languages/info.html
政府広報インターネットテレビ
  「動物検疫・植物検疫 ~海外からの持ち込みに注意~」 
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9589.html

■ 2016年11月4日「イスラム過激派組織「ISIL(イ ラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

在フランス日本国大使館からの注意喚起及び、外務省海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C295.html


外務省では、11月4日付にて広域情報「イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起 」を発出しましたので、お知らせします。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C295.html
今回の声明はトルコ及びサウジアラビアにおけるテロを呼びかけたものですが,フランスでも,2015年11月に発生したパリにおける同時多発テロ事件後に発出された緊急事態宣言は繰り返し延長されており,本年7月14日にはフランス南部ニース市においてフランス革命日を祝う花火を見物する客の列にトラックが突入する事件が発生していることからも皆様方におかれては,引き続き安全に注意する必要があることを認識していただき,テロ等不測の事態に巻き込まれることのないよう十分ご注意願います。

イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起
2016年11月04日

【ポイント】
●イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」の指導者アブ・バクル・バグダーディーのものとされる音声メッセージが公開され,ISIL戦闘員やその同調者に対してテロを呼びかけました。同声明を踏まえ,テロへの警戒を一層強化してください。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

【本文】
1 3日(木),イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」の指導者アブ・バクル・バグダーディーのものとされる音声メッセージが公開され,その中でバグダーディーは,ISIL戦闘員やその同調者に対してトルコ及びサウジアラビアにおけるテロを呼びかけました。

2 現在のところ,同声明に基づいた具体的なテロの計画に関する情報には接していませんが,今後,ISIL戦闘員やその同調者がトルコやサウジアラビア,又はそれ以外の国においても,同声明に呼応してテロの実行を試みる可能性がありますので,テロへの警戒を一層強化してください。また,同声明に刺激を受けたローンウルフ型のテロの発生にも十分な注意が必要です。

3 つきましては,海外に渡航・滞在される方は,従来以上に安全に注意する必要があることを認識し,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めるとともに,改めて危機管理意識を持つよう努めてください。テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパート,市場やモスク等宗教関連施設等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

(参考広域情報・スポット情報)
・イラク:モースル解放作戦開始に伴う注意喚起(2016年10月18日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C284.html

・トルコ: 在イスタンブール米国総領事館の館員家族出国命令に伴う注意喚起(2016年11月01日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C289.html

・トルコ:アンカラ県庁の集会・デモ行進の一時的な禁止に伴う注意喚起
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C286.html


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)   

■  2016年10月06日 「イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に伴う注意喚起」 (在フランス日本国大使館)

在フランス日本国大使館からの情報及び、外務省海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C268.html


2016年10月6日
在フランス日本国大使館より

イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に伴う注意喚起

・10月11日(火)から10月12日(水)頃までは,イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に当たります。行列や集会等の関連行事には不用意に近づかないようにしてください。
・上記期間中にフランスにおいて具体的な脅威情報があるわけではありませんが,フランスでは,2015年11月に発生したパリにおける同時多発テロ事件後に発出された緊急事態宣言は繰り返し延長されており,本年7月14日にはフランス南部ニース市においてフランス革命日を祝う花火を見物する客の列にトラックが突入する事件が発生しています。つきましては,皆様方におかれても,引き続き安全に注意する必要があることを認識していただき,テロ等不測の事態に巻き込まれることのないよう,モスク等宗教関連施設,公共交通機関やレストラン,競技場,コンサートホール,ショッピングモールやホテルなど不特定多数が集まる場所を訪れる際には,周囲の状況に十分注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保を心掛けて下さい。

外務省では、10月5日付にて広域情報「イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に伴う注意喚起 」(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C268.html )を発出していますので、以下ご参照ください。

(件名)イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に伴う注意喚起 2016年10月05日
(ポイント)
・10月11日(火)から10月12日(水)頃までは,イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に当たります。行列や集会等の関連行事には不用意に近づかないようにしてください。
・この期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,以下を参照し,テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。
(内容)
1 10月11日(火)から10月12日(水)頃までは,イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に当たります。「アーシューラー」は,シーア派イスラム教徒にとって最大の宗教行事のひとつです。この間,欧米諸国やスンナ派アラブ諸国等でも,シーア派イスラム教徒が多数居住する地域では,「アーシューラー」にかかわる宗教行事が行われることがあります。
  「アーシューラー」は,シーア派イスラム教徒が,イスラム教共同体の正統な指導者と考えていた預言者ムハンマドの孫フサインが殺害されたことを悼む宗教行事です。この宗教行事に際して,シーア派イスラム教徒は,自らの身体をたたいたり,泣き声をあげるなどして,フサインの「殉教」を想起します。

2 テロの脅威に関しては,現在のところ,「アーシューラー」に際してテロの実行を呼びかける声明などは確認されていません。しかしながら,過去「アーシューラー」に際して,イラク,パキスタン,バングラデシュなどで複数のテロ事案が発生しているほか,近年,サウジアラビア等の湾岸諸国においても,シーア派住民の多い地域でシーア派関連施設を狙ったテロ事案が増加しています。また,本年1月,ISIL(イラク・レバントのイスラム国)は,その機関誌「ダービク」で,シーア派に対する攻撃を扇動する主張を行っています。これらを踏まえ,テロに対する注意を強化する必要があります。

3 つきましては, 「アーシューラー」期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,従来以上に安全に注意する必要があることを認識し,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めるとともに,改めて危機管理意識を持つよう努めてください。テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(モスク等宗教関連施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。また,行列や集会等の「アーシューラー」に関わる宗教行事には,不用意に近づかないようにしてください。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

(参考広域情報・スポット情報)
・犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起(2016年9月7日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C244.html
・「欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起」(2016年7月28日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C202.html
・「イスラム過激派組織によるラマダン期間中のテロを呼びかける声明の発出に伴う注意喚起」(2016年5月30日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C153.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2016年09月07日「犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C244

(AK!)

情報種別:海外安全情報(広域情報)

犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起
2016年09月07日

(ポイント)
・9月12日(月)から9月15日(木)頃までは,イスラム教の犠牲祭に当たります。
・この期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,以下を参照し,テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。

(内容)
1 9月12日(月)から9月15日(木)頃までは,イスラム教の犠牲祭(イード・アル=アドハー,一部の地域ではクルバンやタバスキとも言われます。)に当たります。犠牲祭は,イスラム教徒によるサウジアラビアの聖地メッカへの大巡礼が終わりを迎えるイスラム暦12月10日から3-4日間行われ,この間,イスラム圏の国々では休日となります。また,欧米諸国等の非イスラム圏においても,イスラム教徒が多数居住する地区等では,犠牲祭にかかわる宗教行事が行われることがあります。 
  犠牲祭に際して,イスラム教徒は,神(アッラー)への捧げ物として,羊,牛,山羊などを屠り,貧しい人々と分け合うことが習慣となっています。

2 テロの脅威に関しては,現在のところ,犠牲祭に際してテロの実行を呼びかける声明などは確認されていません。しかしながら,イスラム教徒にとってもう一つの大きな宗教行事であるラマダン月に際してテロを呼びかける声明を発出するなど活発な活動をしていたISIL(イラク・レバントのイスラム国)の広報担当幹部の「殉教」が最近発表され,その報復テロのおそれも排除できません。また,本年の9月11日は,2001年の米同時多発テロの15周年にあたります。これらを踏まえ,念のため,テロへの注意を強化する必要があります。

3 つきましては, 犠牲祭期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,従来以上に安全に注意する必要があることを認識し,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めるとともに,改めて危機管理意識を持つよう努めてください。テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(モスク等宗教関連施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

(参考広域情報・スポット情報)
・「欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起」(2016年7月28日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C202

・「イスラム過激派組織によるラマダン期間中のテロを呼びかける声明の発出に伴う注意喚起」(2016年5月30日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C153

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2016年07月28日「欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C202

(AK!)

情報種別:海外安全情報(広域情報)

欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起

2016年07月28日

1 7月14日夜(現地時間),フランス南部ニース市において,フランス革命記念日の花火見物に集まっていた群衆にトラックが突入し銃撃を加えるなどしたテロ事件では,これまで84名が死亡し、約300名が負傷したと報じられています。また,7月24日夜(現地時間)にも,ドイツ南部アンスバッハ市の音楽祭会場において自爆事件が発生しています。

2 昨年11月のパリにおける同時多発テロ事件では,サッカー試合中の国立競技場が標的となりました。また,3月22日に発生したベルギーの首都ブリュッセルにおける空港等での爆弾テロ事件は,当初の計画はベルギーではなく,フランス国内において,サッカー欧州選手権・ユーロ2016の開催中にテロを起こす予定であったと報じられています。

3 このように,欧州各国においては,記念日・祝祭日等の行事をはじめとして,大規模な文化・観光イベント,試合やコンサートを開催している競技場など,不特定多数の人が集まるイベントは,テロ等の標的となることが懸念されます。つきましては,欧州に渡航・滞在される方は,渡航・滞在される国における祝祭日・記念日,主なイベント等について最新の関連情報の入手に努めるとともに,こうしたイベントを訪れる場合には,従来以上に安全に注意する必要があることを認識した上で,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

4 また,海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

5 この他,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考スポット情報)
「ドイツ:バイエルン州の野外音楽フェスティバル会場付近における爆発事件に関する注意喚起」 (2016年07月26日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C200

「フランス:フランス南部アルプ=マリティーム県ニース市におけるトラック突入による注意喚起」(2016年07月15日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C188

「フランス:サッカー欧州選手権等イベント開催に伴うテロの脅威に関する注意喚起 」
(2016年05月30日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C152

「フランス:サッカー欧州選手権・ユーロ2016に伴う注意喚起 」(2016年04月19日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C116

「ベルギー:首都ブリュッセルの空港等における爆弾テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新) 」(2016年03月25日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C094

「ブリュッセルにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起~テロ・爆発が発生した際の留意事項,在留届・「たびレジ」登録のお願い~」(2016年03月23日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C089

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2016年07月25日「緊急事態宣言の延長に伴う注意喚起(テロに対する特別警戒)」(外務省海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C199

(AK!)

情報種別:海外安全情報(スポット情報)

フランス:緊急事態宣言の延長に伴う注意喚起(テロに対する特別警戒)
2016年07月25日

1.イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)やAQ(アルカーイダ)関連組織などがフランス国内外において複数のテロ事件を計画ないし実行しており,フランスでも,テロの脅威が依然として高いレベルのままにあります。

2.2015年11月に発生したパリにおける同時多発テロ事件後に発出された緊急事態宣言は繰り返し延長され,7月26日までとしていましたが,7月14日,フランス南部ニース市においてフランス革命日を祝う花火を見物する客の列にトラックが突入し,84人が死亡,200人以上が負傷する事件が発生したことを受け,フランス議会は緊急事態宣言を更に6か月間延長し,期間を2017年1月26日までとすることを決定しました。

3.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特別な警戒が必要です。具体的には,最新の関連情報の入手に努め,滞在先や個別の訪問先の治安状況や警備体制を確認するなど,不測の事態を想定し,特別な注意を払って下さい。特に,テロの標的となりやすい不特定多数が集まる場所(公共交通機関,競技場,その他イベント等の会場,観光施設,デパートや市場等)を訪問する場合には,滞在時間を可能な限り短くする,避難経路を確認しておく等の安全対策を必ず講じて下さい。政府・軍・警察関係施設にはなるべく近付かないで下さい。周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

4.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方には,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ 参照)

5.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考スポット情報)
「フランス:パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起」(2015年1月7日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C006
「フランス:パリ南部近郊における発砲事件の発生に伴う注意喚起」(2015年1月9日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C007
「フランス:パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案の発生に伴う注意喚起」(2015年1月10日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C010
「フランス:東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起」(2015年6月26日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C179

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■ 2016年07月15日「フランス南部アルプ=マリティーム県ニース市におけるトラック突入による注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C188

(AK!)

情報種別:海外安全情報(スポット情報)

フランス:フランス南部アルプ=マリティーム県ニース市におけるトラック突入による注意喚起
2016年07月15日

1.7月14日(木)22時30分頃(現地時間),フランス南部アルプ=マリティーム県ニース市においてフランス革命日を祝う花火を見物する客の列にトラックが突入し,100人以上の死傷者が発生しています。

2.フランスでは,イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)やAQIM(イスラム・マグレブ諸国のアルカーイダ)などがフランス国内外において複数のテロ事件を計画ないし実行しており,テロの脅威が依然として極めて高いレベルのままにあります。このため,2015年11月に発生したパリにおける同時多発テロ事件後に発出された緊急事態宣言を繰り返し延長し,7月26日までとしています。

3.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。また,不特定多数が集まる場所(観光イベント,観光施設,デパートや市場,競技場等)を訪れたり,公共交通機関を使用したりする際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。また,政府・軍・警察関係施設には,極力近づかないようにしてください。

4.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方には,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考スポット情報)
「フランス:パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起」(2015年1月7日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C006
「フランス:パリ南部近郊における発砲事件の発生に伴う注意喚起」(2015年1月9日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C007
「フランス:パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案の発生に伴う注意喚起」(2015年1月10日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C010
「フランス:テロの脅威に関する注意喚起(緊急事態の延長)」(2016年02月25日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C057
「フランス:東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起」(2015年6月26日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C179
「フランス:サッカー欧州選手権・ユーロ2016に伴う注意喚起」(2016年04月19日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C116
「ベルギー:首都ブリュッセルの空港等における爆弾テロ事件発生に伴う注意喚起(再々更新)」(3月25日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id={%countrycd%}&infocode=2016C094
「フランス:サッカー欧州選手権等イベント開催に伴うテロの脅威に関する注意喚起」(5月30日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C152

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■ 2016年05月30日「イスラム過激派組織によるラマダン期間中のテロを呼びかける声明の発出に伴う注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C153

(AK!)


情報種別:海外安全情報(広域情報)

イスラム過激派組織によるラマダン期間中のテロを呼びかける声明の発出に伴う注意喚起

2016年05月30日
1 5月21日,イスラム過激派組織ISILは,ラマダン期間中のテロを広く呼びかける声明をインターネット上に公開しました。同声明では,特に欧米諸国におけるテロの実行を呼びかけており,民間人を対象としたいわゆる一匹狼(ローンウルフ)型のテロの発生も懸念されます。本年については,6月6日頃から7月5日頃までが,ラマダン月(イスラム教徒が同月に当たる約1か月の間,日の出から日没まで断食する)に当たります。また,ラマダン終了後には,イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。

2 ISILは,昨2015年のラマダン月(6月18日頃~7月17日頃)においても,同様の声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,昨年のラマダン期間中には,チュニジア沿岸部スースのリゾートホテル及び隣接するビーチが武装集団に襲撃され,外国人観光客38人が殺害されるテロ事件(6月26日)のほか,以下のテロ事件が発生しています。犯行主体は,ISIL関連組織に限られませんので,様々なイスラム過激派によるテロに警戒が必要です。
・フランス:東部リヨンにおけるテロ事件(6月26日)
・クウェート:シーア派モスクにおける自爆テロ事件(6月26日)
・エジプト:カイロ郊外における検事総長殺害テロ事件(6月29日)
・マリ:北部における国連車列襲撃テロ事件(7月2日)
・ナイジェリア:北部及び中部での連続爆弾テロ事件(7月5日~7日)
・エジプト:カイロ市内のイタリア総領事館前での爆弾テロ事件(7月11日)

 なお,上記事件のうち,複数の国で大規模なテロが発生した6月26日は金曜日に当たります。イスラム教では,金曜日が集団礼拝の日であり,その際,モスク等宗教施設やデモ等を狙ったテロや襲撃が行われることもあります。なお,本年のラマダン月については,6月10日,17日,24日,7月1日が金曜日に当たります。

3 ついては,特にラマダン(特に金曜日)及びイード期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,従来以上に安全に注意する必要があることを認識し,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めるとともに,改めて危機管理意識を持つよう努めてください。テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(モスク等宗教関連施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

4 なお,本年のラマダン期間中(6月6日頃から7月5日頃)には,仏において,サッカーの欧州選手権(6月10日~,同日はラマダン月最初の金曜日),自転車のツール・ド・フランス(7月4日~)が予定されています。そのような世界的に注目を集めるイベントについても,テロの標的となる可能性があります。
仏でのイベントに関する注意喚起については,以下も参照してください。
・「フランス:サッカー欧州選手権等イベント開催に伴うテロの脅威に関する注意喚起」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C152

5 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

(参考広域情報・スポット情報)
・「イスラム過激派組織によるラマダンに際した声明の発出に伴う注意喚起(2015年6月25日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=113&infocode=2015C176

・「フランス:サッカー欧州選手権・ユーロ2016に伴う注意喚起(2016年4月19日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C116

・「チュニジア:沿岸部スースにおけるリゾートホテル襲撃事件の発生に伴う注意喚起」(2015年6月26日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=113&infocode=2015C180

・「フランス:東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(2015年6月26日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C179

・「クウェート:シーア派モスクにおける自爆テロ事件の発生に伴う注意喚起(2015年6月27日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=49&infocode=2015C181

・「エジプト:カイロ市郊外における検事総長殺害テロ事件等の発生に伴う注意喚起(2015年7月1日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=94&infocode=2015C188

・「マリ:政府関連施設等への襲撃事件の発生に伴う注意喚起(2015年7月7日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=121&infocode=2015C199

・「エジプト:カイロのイタリア領事館付近における爆発事件の発生に伴う注意喚起(2015年7月13日)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=94&infocode=2015C210

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2016年05月30日「サッカー欧州選手権等イベント開催に伴うテロの脅威に関する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C152

(AK!)


情報種別:海外安全情報(スポット情報)

フランス:サッカー欧州選手権等イベント開催に伴うテロの脅威に関する注意喚起
2016年05月30日

1.フランスでは,2015年11月に発生したパリにおける同時多発テロ事件後,緊急事態を宣言し,警戒態勢が敷かれていますが,依然としてイスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)やAQIM(イスラム・マグレブ諸国のアルカーイダ)などがフランス国内外において複数のテロ事件を計画ないし実行しており,テロの脅威が依然として極めて高いレベルのままであることを受け,5月19日,緊急事態の宣言を2か月間延長し,7月26日までとしました。

2.この措置は,本年6月10日~7月10日にかけてフランスで開催されるサッカー欧州選手権・ユーロ2016及び7月2日~24日にかけて開催される自転車競技ツール・ド・フランスを緊急事態期間に含め,引き続き実効的に警備体制を維持することを目的としています。

3.3月22日に発生したベルギーの首都ブリュッセルにおける空港等での爆弾テロ事件は,当初の計画はベルギーではなく,フランス国内において,サッカー欧州選手権・ユーロ2016の開催中にテロを起こす予定であったと報じられています。また,2015年11月のパリにおける同時多発テロ事件では,サッカー試合中の国立競技場も標的となりました。フランス政府も,サッカー欧州選手権・ユーロ2016はテロの標的となり得るとして,警戒感を示しています。

4.また,本年のサッカー欧州選手権・ユーロ2016とツール・ド・フランスはラマダン月(イスラム教徒が同月に当たる約1ヶ月間,日の出から日没まで断食する。本年は6月6日~7月5日頃)と重なります。5月21日,ISILは声明を発出し,ラマダン期間中に特に欧米においてテロを実行するよう呼びかけています。また,イスラム教では,金曜日が集団礼拝の日であり,その際,テロや襲撃が行われることもあることから,当該期間(特に金曜日)及びその前後は注意が必要です。なお,本年のラマダン月については,6月10日,17日,24日,7月1日が金曜日にあたります。

5.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。また,不特定多数が集まる場所(競技場,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等)や,政府・軍・警察関係施設では,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。
特にサッカー欧州選手権・ユーロ2016の開催期間中については,以下のような場所には不必要に近づかないなど十分注意してください。
●試合中のサッカー競技場及びその付近
●ファンゾーン(大型スクリーンを設置して試合を観戦するパブリック・スペース)
●大勢の人が集まってサッカー観戦しているスポーツバーやカフェ
●サッカー観戦に向かう行列や渋滞

6.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方には,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

7.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考スポット情報)
「フランス:パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起」(2015年1月7日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C006
「フランス:パリ南部近郊における発砲事件の発生に伴う注意喚起」(2015年1月9日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C007
「フランス:パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案の発生に伴う注意喚起」(2015年1月10日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C010
「フランス:テロの脅威に関する注意喚起(緊急事態の延長)」(2016年02月25日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C057
「フランス:東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起」(2015年6月26日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C179
「フランス:サッカー欧州選手権・ユーロ2016に伴う注意喚起」(2016年04月19日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C116
「ベルギー:首都ブリュッセルの空港等における爆弾テロ事件発生に伴う注意喚起(再々更新)」(3月25日付)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id={%countrycd%}&infocode=2016C094


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■ フランスから熊本地震被災地支援の募金をしたい!

熊本地震支援の募金活動は、現在、下記団体が行っているそうです。
ユーロやマイルでの募金ができます。
詳細は、各サイトでご確認ください。

(AK!)


■ 在リヨン領事事務所
送付先:日本赤十字社
方法:事務所窓口受付、小切手郵送、口座振込
義援金受付に係る問い合わせ先:04.37.47.55.00, consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
サイト:在リヨン領事事務所Facebook
    (Vous trouverez le texte en français à... - 在リヨン領事事務所(Bureau Consulaire du Japon à Lyon) | Facebook

■ パリのNPO被災地支援団体 「Japonaide」 ※終了しました。
送付先:「熊本県」および「坂茂建築設計+ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク」
期間:2016年4月20日-5月4日
方法:口座振込、小切手郵送
サイト:熊本地震支援募金のお知らせ | JAPONAIDE

坂茂建築設計+ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークは、「避難所用間仕切りシステム」を提供している団体です。

■ JALマイレージバンク 「平成28年熊本地震 被災者支援マイル」
寄付先:社会福祉法人中央共同募金会
期間:2016年4月15日(金)17:00から2016年5月31日(火)23:59(日本時間)
方法:500マイル~(500マイル単位) 1マイル=1円相当としてマイル相当額を寄付。
サイト:JALマイレージバンク - 「平成28年熊本地震」被災者支援マイル

■ ANA SKY WEB 「熊本地震による災害へのマイル寄付」
寄付先:日本赤十字社
期間:2016年5月31日 23:59 (日本時間)まで
対象:ANAマイレージクラブ会員
方法:マイルでの寄付
サイト:熊本地震による災害へのマイル寄付を承ります│ANA SKY WEB

■ パリ同時多発テロ(2015/11/13) 以降のテロ関連ニュース

2015年11月13日22時頃に起きた、パリ同時多発テロについての各ニュースサイトをまとめました。
[関連情報]
リヨン生活情報サイト MAMANLYON ... 2015年11月13日「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
リヨン生活情報サイト MAMANLYON ... 2015年11月19日パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~
■ 2016年1月4日イスラム教シーア派聖職者の死刑執行に対する抗議デモに関する注意喚起(外務省 海外安全ホームページ)

「イスラム国」に関するトピックス:朝日新聞デジタル

04/24 15:22 大学教授殺害、ISが犯行声明 バングラデシュ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/24 13:31 CNN.co.jp : 大学教授刺殺、ISISが犯行声明 バングラデシュ - (1/2)
04/24 11:11 CNN.co.jp : ISIS、シリア軍機を撃墜と発表 パイロット拘束か
04/24 09:38 空爆で30人死亡、停戦は事実上崩壊か シリア 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

04/23 11:45 CNN.co.jp : ベルギー自爆犯、ISIS人質の「看守」だった 元人質が証言
04/23 11:32 シリア北東部で政権側とクルド人が衝突、数十人死亡 停戦で合意 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
04/23 08:38 IS、シリア軍機を撃墜 パイロット拘束と発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

04/22 15:34 CNN.co.jp : ISISの資金繰り悪化、戦費の調達にも影響 - (1/2)
04/22 10:35 シリアでロシア軍増強の動き 米、一時停戦に逆行と懸念 - 共同通信 47NEWS
04/22 シリア作戦の「戦果」は70億ドル武器商戦でも勝利したロシア  WEDGE Infinity(ウェッジ)

04/21 21:55 パリ同時テロの容疑者、ベルギーでの銃撃戦で訴追 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/21 15:59 【移民危機】転覆船は人がすし詰めに――生存者語る - BBCニュース
04/21 15:35 赤ちゃんを抱きながら泳ぐ父 ピュリツァー賞の写真は難民の苦難を訴える
04/21 12:19 ベルギー自爆犯、現場の空港に5年間勤務 秘密の礼拝室も 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/21 11:01 米軍、B52で初のIS爆撃 掃討作戦を強化 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/21 10:17 地中海で密航船が沈没、難民約500人死亡の恐れ | ロイター
04/21 09:49 CNN.co.jp : アフガン首都の自爆テロ、死者64人に
04/21 09:28 CNN.co.jp : 地中海で大型船沈没、難民や移民500人水死の恐れ
04/21 08:34 移民500人水死の恐れ 地中海で密航船沈没、UNHCR発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/21 08:27 難民乗せた密航船、地中海で沈没 500人死亡か

04/20 14:07 米議会幹部、サウジとの関係を懸念 同時攻撃めぐる法案で | ロイター
04/20 09:29 トルコ軍、イラクで「IS戦闘員」32人殺害 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/20 07:22 シリア市場空爆で市民44人死亡 反体制派、和平協議離脱を表明 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

04/19 20:32 首都テロ、30人死亡=政府庁舎周辺で銃撃も-アフガン:時事ドットコム
04/19 18:47 CNN.co.jp : アフガン首都で自爆テロ 28人死亡、300人超負傷
04/19 18:01 「彼らはコーランを分かっていない」 IS取材したドイツ人作家 - BBCニュース
04/19 14:46 シリア反体制派が和平協議参加見合わせ、「政府軍が停戦違反」 | ロイター
04/19 11:57 テレ朝news|テレビ朝日|「イスラム国」掃討作戦 米兵200人超を追加派遣へ
04/19 09:25 CNN.co.jp : エルサレムでバス火災、21人負傷 「爆破」と警察当局
04/19 08:36 エルサレムのバスで爆弾爆発、21人負傷 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
04/19 カブール中心部で爆発、数人死亡 自爆攻撃か - BBCニュース
04/19 【移民危機】地中海で移民船転覆か 生存者は数百人が死亡と - BBCニュース

04/18 21:00 テロ対策で政府が国民監視を強化しても安全につながらない理由を説明するムービー「Safe and Sorry」 - GIGAZINE
04/18 19:53 「イスラム国」、収入・支配地域人口30%減 新税導入も | ロイター
04/18 16:14 テロ続発が脅かすトルコ経済 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
04/18 13:47 IS、支配地域縮小による収入減で新税導入 報告書 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/18 08:25 南スーダンの武装集団、エチオピアに越境襲撃 140人を殺害 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

04/17 16:31 CNN.co.jp : ローマ法王、ギリシャの島を慰問 難民12人を受け入れ - (1/2)
04/17 11:44 CNN.co.jp : サウジ、同時テロめぐる法案で米に警告 経済報復を示唆 - (1/2)
04/17 07:39 難民連れ帰り「人道行為」と法王 政治介入の意図を否定 - 共同通信 47NEWS
04/17 07:26 メルケル氏の難民政策を批判 コール元首相、著書で - 共同通信 47NEWS

04/16 16:04 CNN.co.jp : 英警察が5人逮捕、ベルギー連続テロ犯の訪問情報受け
04/16 13:20 アレッポで激しい戦闘、シリア和平協議に暗雲 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

04/15 13:54 難民にまつわる8のよくある質問 | 難民支援協会
04/15 13:34 アフガンのIS、「空爆で弱体化」 駐留米軍 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/15 12:01 CNN.co.jp : 拉致した少女を自爆犯に 生還者が語るボコ・ハラムの新戦法 - (1/4)
04/15 10:28 CNN.co.jp : 米軍、ISIS掃討に電子戦機投入 通信能力を攻撃か
04/15 09:00 ボコ・ハラム、拉致した女子生徒の「生存証明」動画を送付 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

04/14 18:30 【移民危機】「助けて、酸素がない」 トラック貨物から少年SOS - BBCニュース
04/14 13:54 難民・移民問題、より大規模で大胆な対応を=IMF専務理事 | ロイター
04/14 13:39 CNN.co.jp : ナイジェリア集団拉致から2年、「生存証明ビデオ」浮上 CNN EXCLUSIVE - (1/3)
04/14 11:38 CNN.co.jp : 米軍、ISISにサイバー攻撃開始 指揮系統など妨害
04/14 09:47 「イスラム国」は防戦、オバマ氏 国家安全保障会議開催 - 共同通信 47NEWS
04/14 08:39 パリ襲撃の武器供給か スペインで男拘束 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/14 行方不明のナイジェリア女子生徒ら 生存示すビデオ - BBCニュース

04/13 19:15 【写真特集】シリア難民が誇りと夢を取り戻した街 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
04/13 18:56 CNN.co.jp : アルカイダ、アフガンで勢力復活 「大きな脅威」当局者 - (1/2)
04/13 18:54 自爆テロの5分の1が子供、少女は性奴隷かテロ実行役に | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
04/13 11:54 ボコ・ハラムの変容(上)「少女の自爆テロ」急増の背景 | 新潮社フォーサイト
04/13 11:51 「いろんなイスラムの在り方があっていい」過激派テロに揺れるフランス、穏健な移民たちの思い
04/13 11:31 イスラム国に「サイバー爆弾」、米軍などが各国と作戦強化 | ロイター
04/13 09:24 CNN.co.jp : アムステルダムの空港と駅で各1人を逮捕、空港の一部封鎖

04/12 22:02 ボコ・ハラムに自爆攻撃させられた子ども、1年間で10倍に 国連 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/12 17:22 イエメンで武力衝突、停戦崩壊の危機 南部では自爆テロも 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/12 16:30 CNN.co.jp : 州都にタリバーン迫る、軍兵士寝返りも アフガン南部 - (1/4)
04/12 15:30 タリバンが「春の攻勢」開始を宣言 アフガニスタン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/12 14:43 イタリア、シチリア海峡で移民1850人救助 リビアからの船急増 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
04/12 09:51 CNN.co.jp : 欧州テロ、ユーロ2016も狙われていた アブリニ容疑者が供述 - (1/2)
04/12 09:28 タリバンが自爆攻撃、新兵12人死亡 アフガニスタン 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
04/12 08:01 トルコがドイツの風刺作家告訴 難民問題に悪影響も - 共同通信 47NEWS
04/12 00:35 アフガンで爆発、計14人死亡 国軍バスなど狙いテロ - 共同通信 47NEWS
04/12 【移民危機】ブルガリアの自警団、移民を縛り上げ - BBCニュース

04/11 18:00 難民に苦痛を強いるレバノンの本音 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
04/11 15:13 突然いなくなりISに ブリュッセル攻撃で逮捕 - BBCニュース
04/11 13:32 CNN.co.jp : ベルギー連続テロ、当初の標的はフランスだったと判明 - (1/2)
04/11 09:42 ブリュッセル連続テロ「当初はフランス標的」 捜査迫り急きょ変更 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
04/11 07:28 移民が国境突破試み、警察が催涙ガス使用 ギリシャ・マケドニア間 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News

04/10 18:22 ベルギーテロ実行犯、当初は仏でのテロ狙う - 共同通信 47NEWS
04/10 15:18 CNN.co.jp : 武装勢力が軍兵士28人殺害、停戦発効直前に イエメン
04/10 14:43 CNN.co.jp : 米軍、爆撃機B52をカタールに配備 ISIS空爆へ
04/10 14:15 比南部で軍とイスラム武装勢力が交戦、兵士18人と戦闘員5人死亡 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
04/10 13:10 米空軍、対IS作戦にB52爆撃機を投入 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/10 11:08 逮捕のパリテロ容疑者、ベルギー空港爆破の「帽子の男」だと自供 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/10 07:45 トルコ・イスタンブールで爆発、3人軽傷 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

04/09 17:55 CNN.co.jp : リビアの武装勢力、武器調達でSNS駆使 1年で1346件取引 - (1/2)
04/09 16:28 CNN.co.jp : リビアのISIS戦闘員が倍増、最多6千人に 米アフリカ軍
04/09 12:52 CNN.co.jp : ISISが拉致した工場作業員300人、解放の報道 シリア
04/09 10:36 密入国の冷蔵車で酸欠の危機、アフガン少年 携帯電話で命を救う 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
04/09 10:14 CNN.co.jp : ベルギー当局、パリ同時テロ容疑者を逮捕 ブリュッセル爆破関与も追及
04/09 09:07 「帽子の男」か、ベルギーでパリ同時テロ容疑者ら5人逮捕 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
04/09 07:50 IS、セメント工場従業員300人の解放に同意 既に4人処刑か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/09 01:27 パリ同時攻撃の容疑者拘束、ベルギーの攻撃にも関与か=報道 | ロイター

04/08 18:11 英国 未成年の難民受け入れに新制度 - BBCニュース
04/08 15:58 CNN.co.jp : ベルギーのテロ容疑者、徒歩で空港離れる 警察が映像公開
04/08 13:35 CNN.co.jp : コペンハーゲンでISISメンバー4人逮捕、デンマーク当局
04/08 12:46 【ブリュッセル連続攻撃】市内歩く容疑者 防犯カメラ新映像公開 - BBCニュース
04/08 11:29 拉致された従業員は300人、ISの犯行 シリア国営通信報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/08 10:40 リビアのIS戦闘員、1年で6000人に倍増 米軍司令官 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/08 10:11 CNN.co.jp : ISIS、工場作業員300人あまりを拉致か シリア
04/08 07:26 ベルギー検察、連続テロ容疑者「帽子の男」の逃走映像公開 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
04/08 01:02 【イスラム国(IS)】IS、シリア首都近くで300人拉致か - 産経ニュース
04/08 【移民危機】移民のトルコ送還再開 EUとの合意で - BBCニュース
04/08 ロンドン地下鉄料金の異常な高さとベルギーのテロ なぜブリュッセルで起きたか~連邦制と多言語都市の闇 | JBpress(日本ビジネスプレス)

04/07 22:13 複雑化するテロ警戒…五輪警備の舞台裏 壁は「都市化」:朝日新聞デジタル
04/07 17:56 CNN.co.jp : 域外からの入国審査、指紋と顔写真を記録へ EU
04/07 17:49 ISが工場襲撃、従業員250人が行方不明に シリア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/07 16:44 バングラでまた襲撃事件 イスラム過激派批判の学生、なたで殺害 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/07 12:04 CNN.co.jp : ベルギー首相が語る、テロ対策の成功と失敗 CNN EXCLUSIVE - (1/2)
04/07 11:49 「イスラム国」、略奪文化財売却で数億ドルの収入=ロシア | ロイター
04/07 11:38 CNN.co.jp : モスル奪還への道、イラク軍の前線に密着 CNN EXCLUSIVE - (1/3)
04/07 10:01 EU、難民受け入れ分担の改革案を提示 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

04/06 13:00 ブリュッセルが鳴らすサイバーテロへの警鐘 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
04/06 11:41 CNN.co.jp : オバマ大統領、対ISIS戦で攻勢強める構え 軍幹部と会合
04/06 11:03 CNN.co.jp : 米軍、シナイ半島北部基地からの撤退を検討 ISISの脅威増大で - (1/2)
04/06 07:19 米、逮捕の仏テロ容疑者を「国際テロリスト」に指定 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/06 リビア統一政府に権限移譲 トリポリ掌握勢力 - BBCニュース

04/05 17:35 CNN.co.jp : ヌスラ戦線の幹部が空爆で死亡 シリア - (1/2)
04/05 15:34 売春強制された女性75人を保護 多くはシリア人 - BBCニュース
04/05 13:06 ブリュッセル国際空港 仮設テントが出発ロビー - BBCニュース
04/05 12:37 タリバンのスマホアプリを登録翌日に削除、米グーグル 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/05 10:32 どんなときも猫と一緒、ギリシャのシリア人家族 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
04/05 売春強制された女性75人を保護 多くはシリア人 - BBCニュース
04/05 ブリュッセル国際空港 仮設テントが出発ロビー - BBCニュース

04/04 19:00 ISISからシリアを解放できるのはアメリカ、さもなくばロシアとアサド | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
04/04 18:06 アフガン大統領「難民には同情しない」 - BBCニュース
04/04 17:44 米主導の有志連合、イラクでイスラム国占領のトルコ領事館を空爆 | ロイター
04/04 17:07 CNN.co.jp : ギリシャ、トルコへの難民送還を開始
04/04 14:39 ブリュッセル国際空港 一部運航を再開 - BBCニュース
04/04 14:15 ISから奪還したパルミラで45人の遺体発見、子供や女性含む | ロイター
04/04 02:00 テロ対策にICPO積極活用明記 広島G7外相会合、議長声明案 - 共同通信 47NEWS
04/04 【移民危機】ギリシャ 移民のトルコ送還を開始 - BBCニュース
04/04 なぜベルギーから続々とテロリストが生まれるのか 移民コミュニティの中で育った同時テロの実行犯たち | JBpress(日本ビジネスプレス)

04/03 21:22 シリア・イラク渡航:戦闘員3割、欧州に戻る - 毎日新聞
04/03 21:19 EU:「違法な移民」トルコに 強制送還開始へ - 毎日新聞
04/03 19:48 パルミラで40人の惨殺遺体 ISが政権軍兵士ら殺害か:朝日新聞デジタル
04/03 18:51 男性拘束された町、IS志願者の「玄関口」 シリア国境:朝日新聞デジタル
04/03 18:39 シリア軍がISから奪還のパルミラで40人以上の遺体発見 女性や子供も
04/03 18:23 「シリア難民に生きがいを・・・ 日本のNGOが雑誌作りを支援」 News i - TBSの動画ニュースサイト
04/03 15:36 CNN.co.jp : ブリュッセル空港、3日に旅客機の運航再開 便数は限定 - (1/2)
04/03 13:12 イラクでISの地下監獄発見、1500人を解放 当局発表 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News
04/03 11:49 ブリュッセル空港、3日から一部再開 復旧には数か月か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
04/03 09:34 シリア軍、パルミラで42人の遺体発見 「ISが処刑」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/03 09:26 CNN.co.jp : 奪還のパルミラから40人の遺体、ISISが殺害か シリア

04/02 11:07 CNN.co.jp : オバマ氏、テロ組織の核入手阻止を訴え ISISの攻撃にも警鐘
04/02 08:15 ブリュッセル空港、3日にも営業再開か 警察労組と合意 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

04/01 17:15 CNN.co.jp : サラ・アブデスラム容疑者、フランスへの移送が決定
04/01 16:36 早朝の迷惑電話、遭難移民船からのSOSだった イタリア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
04/01 12:36 シリア最大都市をドローンで撮影 内戦の激しさ物語る - BBCニュース
04/01 12:22 ISから奪還のパルミラ遺跡、破壊前の写真と比較 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
04/01 10:22 トルコで警察車両に爆弾、7人死亡 クルド人多く住む南東部で | ロイター
04/01 10:05 トルコで爆弾テロ7人死亡 警察車両標的、PKK関与か - 共同通信 47NEWS
04/01 なぜイスラーム国の「過激思想」に吸い寄せられる人が後を絶たないのか テロの連鎖を食い止めるために | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

03/31 18:48 ベルギーの連続テロで非常事態に入ったテロ主戦場・欧州 | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/31 17:53 「難民の子ども主人公のアニメ、ユニセフが公開」 News i - TBSの動画ニュースサイト
03/31 17:51 独首相がベルギー自爆犯とツーショット? 犯人に酷似の難民男性「大きなショック」 - 産経ニュース
03/31 17:37 CNN.co.jp : 仏軍、インド洋で大量の武器押収 イランがイエメンへ輸送か
03/31 17:28 シリア難民 お笑い動画でドイツの人気者に - BBCニュース
03/31 15:41 緊急事態条項 ~危機が迫る今こそ徹底した議論を | 畑恵
03/31 13:02 CNN.co.jp : シリア大統領、敵対勢力の新政府参加を容認か
03/31 11:37 フランス、攻撃計画の容疑者を訴追 テロ組織関与の疑い 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/31 09:26 ボコ・ハラム、2014年に再び子ども300人拉致 住民証言 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/31 07:43 仏大統領、テロ犯から国籍剥奪の改憲を断念 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/31 00:41 仏大統領、対テロの憲法改正断念 当局の裁量拡大に懸念:朝日新聞デジタル

03/30 21:21 露ダゲスタンで相次いで爆発、警察官2人が死亡 ISの犯行声明も 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/30 19:05 CNN.co.jp : ISISに合流図った米国人男女、有罪を認める
03/30 16:37 CNN.co.jp : ISIS、支配地域の40%失う 米当局試算
03/30 13:03 パルミラ遺跡「修復可能」は疑問 国連専門家、メディア操作と批判 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
03/30 12:33 爆弾攻撃の爪痕生々しく……ラホールの公園から - BBCニュース
03/30 11:34 テロを呼びかけるイスラームのニセ宗教権威 | 保坂修司 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/30 10:26 CNN.co.jp : 米軍の家族に退避指示、テロ懸念で トルコ南部 - (1/2)
03/30 06:20 難民キャンプで生まれ育ち、写真家になった男 | Q.サカマキ | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/30 【ブリュッセル連続攻撃】国際空港の完全再開は何カ月も先 - BBCニュース

03/29 23:00 シリア難民、富裕国への再定住者数は「わずか1%余り」 英NGO 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/29 18:45 父と祖国、そして、家...シリア難民となった私がすべてを失った日
03/29 18:45 「僕らにはユーモアという名の武器がある」ベルギー人はテロに知恵で立ち向かう(現地レポート)
03/29 17:04 CNN.co.jp : パキスタンの自爆テロ、死者72人 複数の容疑者を逮捕
03/29 15:29 CNN.co.jp : ベルギー連続テロの捜索続く 計8人を手配 - (1/2)
03/29 12:37 ラホール爆弾攻撃で犠牲に 16歳少年の葬儀から - BBCニュース
03/29 11:39 【ブリュッセル連続攻撃】空港の3人目ではない? ベルギー当局が釈放 - BBCニュース
03/29 11:01 FBIが携帯ロック解除成功 テロ容疑者のiPhone - 共同通信 47NEWS
03/29 10:28 ボコ・ハラム、拉致した女子生徒を人間爆弾に利用か 自爆直前に拘束
03/29 09:34 ベルギー検察、容疑者を釈放 「帽子の男ではなかった」 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/29 09:27 CNN.co.jp : 米連邦議会で発砲、男を拘束 テロの可能性なし
03/29 09:02 【AFP記者コラム】この赤ん坊がわが子だったら? トルコの海岸で見た耐え難い現実 写真22枚 国際ニュース:AFPBB News
03/29 04:24 ブリュッセル空港攻撃、検察が証拠不十分で男性釈放 | ロイター
03/29 奪還パルミラのドローン映像 かなりの遺跡は残り - BBCニュース

03/28 23:00 ベルギー当局、「テロ活動」関与で3人起訴 事件の死者数は35人に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/28 21:50 ISから奪還のパルミラ、破壊と略奪の跡残る博物館 シリア 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
03/28 17:50 CNN.co.jp : テロで高まる渡航への懸念 注意を払うべきことは - (1/2)
03/28 17:17 パキスタン自爆攻撃の死者72人に、タリバン分派が犯行声明 写真18枚 国際ニュース:AFPBB News
03/28 15:33 【ブリュッセル連続攻撃】追悼の広場で衝突、放水 - BBCニュース
03/28 14:48 「テロリスト」のレッテル貼られ ムスリムの若者たちに聞く - BBCニュース
03/28 14:24 ベルギー追悼集会で極右と警察が衝突、攻撃関与で新たな逮捕も | ロイター
03/28 14:05 赤十字と記者が国境突破を手助け? うわさで難民ら殺到、ギリシャ 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
03/28 13:42 ベルギーのテロ追悼集会に極右が乱入、ヒトラー礼賛叫ぶ(画像集)
03/28 13:24 パキスタンの公園で自爆攻撃か 70人以上死亡 - BBCニュース
03/28 13:03 古代都市パルミラをISから奪還 破壊の後に - BBCニュース
03/28 12:55 シリア軍、「イスラム国」からパルミラ奪還 ロシアが空爆支援 | ロイター
03/28 12:23 CNN.co.jp : シリア政府軍、中部パルミラをISISから奪還
03/28 11:38 ISが破壊したパルミラ遺跡は、今こうなっている。ドローンが捉えた(動画)
03/28 09:54 CNN.co.jp : 追悼集会で混乱、反移民集団が乱入しナチス式敬礼 ベルギー
03/28 09:35 テロ企てた疑いで仏国籍の男を拘束 オランダ 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
03/28 09:32 自爆未遂の少女、ボコ・ハラム拉致被害の生徒と供述 カメルーン 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/28 09:27 CNN.co.jp : パキスタンで自爆テロ、死者67人 キリスト教の復活祭狙う
03/28 09:07 パキスタン東部で自爆攻撃、65人死亡 キリスト教徒が標的 | ロイター
03/28 00:48 時事通信ニュース:世界遺産パルミラ奪還=ロシア協力で最大戦果-シリア軍
03/28 パキスタン・ラホールの公園で爆発、70人以上死亡と - BBCニュース

03/27 21:29 「自爆テロの瞬間映像、イラクのサッカー場で41人死亡」 News i - TBSの動画ニュースサイト
03/27 18:08 シリア政府軍、ISからパルミラを奪還「象徴的大勝利」 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
03/27 18:05 両親が日系人強制収容所に監禁されていた日系議員が、ムスリム「監視」プランを強く批判
03/27 15:53 なぜ、ベルギーでジハードが起きるのか | 東猴史紘
03/27 13:38 CNN.co.jp : ナイジェリアで集団拉致の女子生徒、隣国で自爆未遂か
03/27 13:04 CNN.co.jp : ベルギー連続テロ 「白い服の男」の行方追う、空港から逃走
03/27 13:01 ベルギーのテロでコンサート中止 米人気歌手M・キャリーさん - 共同通信 47NEWS
03/27 12:10 ローマ法王、「洗足式」の儀式でイスラム教徒を含む難民らの足にキス
03/27 08:09 ベルギー当局が男を逮捕、連続テロ「3人目の男」か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/27 170万人が殺され、2500万人が難民に… 駐シリア・日本人外交官が見た「中東の新たな戦争」  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

03/26 17:05 CNN.co.jp : イスラエル軍兵士を拘束、負傷し倒れたパレスチナ人に銃撃
03/26 16:37 仏ユダヤ人、 「お祭り」で過激派の仮装し礼拝所に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/26 13:28 「無事」と伝えた英男性、地下鉄の爆発で死亡 ベルギー 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/26 12:41 イラクのサッカー場で自爆テロ、30人死亡 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
03/26 12:08 一触即発 ベルギー原発テロは来週3月28日に計画されていた | 関根健次
03/26 11:29 CNN.co.jp : シリア軍、ISISからパルミラの城塞奪還 国営メディア
03/26 11:21 ベルギー、新たにテロ容疑者3人を拘束 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/26 10:24 CNN.co.jp : イラクのスタジアムで自爆テロ、25人死亡 ISISが犯行声明
03/26 09:54 CNN.co.jp : 米軍、ISISナンバー2「財務相」殺害を発表 - (1/2)
03/26 09:30 エジプト軍、シナイ半島でイスラム過激派60人殺害 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/26 09:06 サッカー場で男が自爆、95人死傷 ISが犯行声明 イラク 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/26 08:25 シリア政府軍、パルミラ遺跡の城塞をISから奪還 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News
03/26 07:48 米軍、ISナンバー2の「財務相」を殺害 ISの作戦能力に打撃 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

03/25 18:09 移民収容に抗議デモ ギリシャ・レスボス島で - BBCニュース
03/25 17:57 「ベルギー連続テロ、原子力施設も標的か」 News i - TBSの動画ニュースサイト
03/25 17:49 IS、東アジアの安全保障脅かす 防衛研究所、日本人も攻撃対象と - 共同通信 47NEWS
03/25 17:30 イスラム系大虐殺の大物戦犯に禁錮40年 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/25 16:47 ベルギー爆弾攻撃で6人逮捕、フランスでは攻撃計画阻止 | ロイター
03/25 15:03 ISのテロは「プロパガンダ」、賛同者確保が目的 - WSJ
03/25 14:40 CNN.co.jp : フランス、テロ計画の疑いで容疑者逮捕
03/25 14:23 【ベルギー連続テロ】ヨーロッパが早急に対処すべき3つのこと | Ramón Jáuregui
03/25 13:56 【IS志願邦人拘束】帰国男性の聴取打ち切り 携帯にIS関係者と連絡形跡なし  - 産経WEST
03/25 11:47 23歳男性、「イスラム国」接触の証拠なし|日テレNEWS24
03/25 11:00 CNN.co.jp : シリア軍、ISISからパルミラ奪還の構え 国営メディア
03/25 09:59 CNN.co.jp : ベルギー警察、テロ関連で急襲作戦 6人を拘束 - (1/2)
03/25 09:15 トルコで拘束の男性が帰国 ISに渡ろうと...「してないってよ」
03/25 07:28 ベルギー同時攻撃の実行犯兄弟、事件前から米監視対象に=関係筋 | ロイター
03/25 日本が「テロの標的」になる日が迫っている | 「日本の外交」超入門 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
03/25 テロ攻撃……欧米で起きたほうが注目される? - BBCニュース
03/25 【ブリュッセル連続攻撃】ベルギー警察、6人逮捕 - BBCニュース

03/24 19:56 トルコ当局に拘束の男性が関空到着 - 共同通信 47NEWS
03/24 19:49 【IS志願邦人拘束】男性が帰国 地元・和歌山では「信じられない」「過激なことをする子とは…」と衝撃(1/2ページ) - 産経WEST
03/24 19:30 テロは欧州からアメリカに飛び火する | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/24 18:53 テレ朝news|テレビ朝日|原発が標的だった?察知され変更か 自爆テロ容疑者
03/24 17:51 イスラム国、欧州テロ要員400人訓練か - 共同通信 47NEWS
03/24 17:40 クルド人「独立宣言」がシリアの新たな火種に | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/24 17:16 テロ攻撃で「切断された」体を「戦場」医療で治療、ベルギー 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 17:15 ISが好んで使う自家製の爆薬「TATP」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 15:58 ボストン、パリに続いて……3度命拾いした米青年 - BBCニュース
03/24 13:55 ベルギー連続テロ、写真の負傷女性はインド航空客室乗務員 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 13:40 テレ朝news|テレビ朝日|「イスラム国」に「核兵器が最後の手段」トランプ氏
03/24 13:24 「イスラム国」が邦人勧誘か シリア国境で拘束 - 共同通信 47NEWS
03/24 13:10 【ベルギー・テロ】EU域内の自由な人の行き来は変わるか? | 小林恭子
03/24 11:38 トルコで拘束の男性、夜にも帰国 - 共同通信 47NEWS
03/24 11:20 「IS参加企て」の日本人男性、トルコで拘束 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 11:00 ベルギー、連続テロの余波でブリュッセルでの親善試合を断念 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 10:01 シリアのパルミラ、政権側がISから奪還の構え 付近に部隊迫る 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 09:57 CNN.co.jp : 欧州でテロ再発の恐れ、米国務省が警戒呼びかけ
03/24 09:26 ベルギー自爆犯の「遺書」発見 追い詰められ犯行か 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/24 08:19 「イスラム国」に参加を図った日本人男性を拘束 トルコ軍警察
03/24 07:09 対「イスラム国」取り組み強化を クリントン前国務長官 - 共同通信 47NEWS
03/24 中東は今や欧州の裏庭だ - BBCニュース
03/24 覚えておきたい「テロは原油の売り材料」 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
03/24 ベルギーで拘束のパリ襲撃容疑者 フランス当局への引き渡しに同意 - BBCニュース
03/24 シリア難民、ドイツ極右政治家を人助けと - BBCニュース
03/24 【ブリュッセル連続攻撃】パリとブリュッセルの攻撃、つながり明確に - BBCニュース

03/23 20:00 ベルギー連続自爆テロ「容疑者を逮捕」の報道を撤回【UPDATE】
03/23 19:13 ベルギー同時テロの容疑者逮捕 - 共同通信 47NEWS
03/23 18:55 CNN.co.jp : ベルギー連続テロの犠牲者、1人目の身元を確認
03/23 18:00 もし、爆破テロに遭遇したら?事件から学ぶ「サバイバル術」3つ – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!
03/23 17:33 テロリストに完敗したベルギー治安当局 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/23 17:20 ネオナチ政治家を難民が救助、ドイツ中部 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/23 16:56 ベルギー、空港で自爆の2人は兄弟と報道 - 共同通信 47NEWS
03/23 16:28 ベルギーへ郵便物発送を見合わせ 航空便運休で - 共同通信 47NEWS
03/23 16:05 「悲しい。疲れたよ」子供は落書きをして立ち去った ギリシャ難民キャンプの過酷な現実(画像集)
03/23 15:13 ベルギー同時攻撃の容疑者写真、メディアが公表 若い男3人 | ロイター
03/23 15:04 ISの脅威に直面するインドネシア:ジャカルタ爆弾テロから2カ月 | 新潮社フォーサイト
03/23 14:41 CNN.co.jp : ベルギー渡航者に各国が注意喚起、運行停止や欠航相次ぐ - (1/2)
03/23 13:30 【写真リポート】ブリュッセルで連続自爆テロ、容疑者1人が逃亡中 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/23 11:55 ベルギーの漫画主人公「タンタン」が涙、ブリュッセル連続テロ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/23 11:47 ISへの資金集めた容疑で女子高生と男を逮捕、豪州 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/23 10:53 ブリュッセル同時爆発攻撃で30人死亡、「イスラム国」犯行声明 | ロイター
03/23 08:41 重傷の邦人男性は地下鉄で被害 - 共同通信 47NEWS
03/23 07:52 ブリュッセル同時爆発攻撃、英国のEU離脱予想強まる | ロイター
03/23 06:55 ベルギー空港爆発、「手荷物に爆弾」 3人目の容疑者を大捜索 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
03/23 00:18 日本は大丈夫か ベルギーテロ事件の脅威と迫る原発テロへのリスク
03/23 【ブリュッセル連続攻撃】なぜこの町が標的に - BBCニュース

03/22 23:32 ベルギー首都爆発、欧州各地で厳戒態勢 EU本部では待機指示 写真16枚 国際ニュース:AFPBB News
03/22 23:03 ベルギー国際空港で2度の爆発、死者14人 負傷者90人以上 写真17枚 国際ニュース:AFPBB News
03/22 23:03 ベルギー国際空港で2度の爆発、死者14人 負傷者90人以上 写真17枚 国際ニュース:AFPBB News
03/22 19:28 爆発前にアラビア語の叫び声か - 共同通信 47NEWS
03/22 19:06 CNN.co.jp : ブリュッセルの空港と地下鉄で3度の爆発、警戒レベル最高に
03/22 18:10 【速報】ブリュッセルの空港などで同時爆発、多数の死傷者 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/22 17:59 ベルギーの空港爆発は自爆テロと報道 - 共同通信 47NEWS
03/22 17:03 ベルギー・ブリュッセルの空港・地下鉄で自爆テロ、死者34人 IS犯行声明【UPDATE】
03/22 16:58 CNN.co.jp : ブリュッセル空港で2件の爆発、数十人が負傷か
03/22 15:33 CNN.co.jp : 女子生徒ら2人を逮捕、ISISに送金した疑い 豪
03/22 12:57 CNN.co.jp : ベーカリーで男性が自爆死、ケーキ2つ食べた後に セルビア
03/22 11:14 CNN.co.jp : パリ同時テロ 新たな容疑者を特定、テロ再発に警戒も
03/22 07:52 パリ同時テロ「共犯者」のDNA、凶器の爆発物から検出 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/22 ブリュッセルの空港と地下鉄駅で爆発 30人以上死亡 - BBCニュース
03/22 「悪党」を弁護する パリ連続襲撃容疑者の弁護人 - BBCニュース

03/21 23:28 イスラエル人観光客標的か イスタンブール自爆テロで地元紙 - 共同通信 47NEWS
03/21 14:36 移民が消えた、ギリシャ密航拠点のトルコ沿岸 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
03/21 13:28 CNN.co.jp : 米海兵隊がイラク北部に基地開設、イラク軍援護へ
03/21 12:05 イスタンブールの自爆攻撃、実行犯は「イスラム国」系のトルコ人 | ロイター
03/21 11:50 CNN.co.jp : イスタンブールの自爆犯、ISISとつながりか
03/21 11:18 CNN.co.jp : 仏テロ容疑者の捜査で大量の武器発見、「何かを始める準備」か - (1/3)
03/21 11:11 エジプト・シナイ半島で検問所襲撃、15人死亡 ISが犯行声明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/21 09:29 逮捕のパリ同時テロ容疑者、ブリュッセルでも攻撃計画と供述 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/21 06:34 「テロとの戦い」を政治利用するエルドアンの剛腕 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/21 【パリ連続襲撃】ブリュッセルで逮捕の容疑者、「ほかにも攻撃計画」と - BBCニュース

03/20 15:08 イスラム国は「ジェノサイド(大量虐殺)」に関与、アメリカ政府が発言。注目すべき点は何か? | 原貫太
03/20 12:29 www.fnn-news.com: パリ同時多発テロ 実...
03/20 09:53 CNN.co.jp : イスタンブールで自爆テロ、4人死亡 2人は米国籍か - (1/2)
03/20 09:44 3D映像が再現する、難民問題の最前線の島。テレビよりもリアルな現実
03/20 08:58 トルコ爆発で自国民死亡~米国とイスラエル|日テレNEWS24
03/20 東京新聞:トルコでまた自爆テロ イスタンブール 5人死亡、36人けが:国際(TOKYO Web)
03/20 これは戦争か──國分功一郎|メンズファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN

03/19 21:44 トルコで自爆テロ、4人死亡 日本人の被害情報なし - 共同通信 47NEWS
03/19 18:49 トルコ、自爆で2人死亡と報道 - 共同通信 47NEWS
03/19 18:37 イスタンブール繁華街で爆発 - 共同通信 47NEWS
03/19 16:31 【レイプで妊娠】難民少女のヌードを掲載すべきか? TIME誌の表紙が物議
03/19 15:01 EUとトルコ、移民・難民の送還で合意  写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/19 13:15 CNN.co.jp : トルコとEU、難民対応で合意
03/19 12:24 トルコ・EU、難民送還に合意 ギリシャへの密航者対象:朝日新聞デジタル
03/19 10:49 【パリ同時多発テロ】サラ・アブデスラム容疑者を逮捕 唯一の生存実行犯か
03/19 10:16 パリ同時テロ実行犯を拘束 唯一生存、主犯格と接点  - 共同通信 47NEWS
03/19 10:14 CNN.co.jp : パリ同時テロ実行犯を拘束 ベルギー首都郊外 - (1/2)
03/19 09:15 パリ攻撃の実行犯、ブリュッセルで拘束=ベルギー検察当局 | ロイター
03/19 08:39 パリ同時テロ実行犯のアブデスラム容疑者、ベルギーで身柄拘束 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News
03/19 08:16 ISの化学兵器とみられるロケット弾攻撃、死者は子ども3人に 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/19 05:25 EU、不法移民規制でトルコと合意 状況は依然不透明 | ロイター
03/19 02:13 パリ同時テロ、実行犯を拘束か ブリュッセル:朝日新聞デジタル

03/18 22:20 イエメンの民間人犠牲者、原因の大半はサウジ主導の連合軍 国連 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/18 19:22 米政府、ISはシリアで「大量虐殺」と認定 - BBCニュース
03/18 18:17 CNN.co.jp : シリアで行方不明、安田純平さんの動画がネットに - (1/2)
03/18 16:49 北朝鮮のシリア・エジプト武器コネクションが制裁対象に | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/18 15:00 安田さん拘束:ブローカー周辺が関与 入国情報伝達か - 毎日新聞
03/18 14:47 CNN.co.jp : 米国務長官、ISISの行為をジェノサイドと断定
03/18 14:21 「難民をトルコに強制送還」案にEUで異論噴出 トルコに対する警戒心も | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/18 14:06 EU首脳、移民・難民のトルコ送還案で合意 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
03/18 米軍、アフガニスタンの病院誤爆で十数人処分 - BBCニュース

03/17 21:20 クルド:「自治政府」宣言 シリア北部、政権・トルコ反発 - 毎日新聞
03/17 20:20 【ジャーナリスト拘束】安田純平さんか、動画公開「誰も反応してくれない」 「ヌスラ戦線に拘束」可能性 - 産経ニュース
03/17 19:32 安田さん映像:「解放されるケースもあり交渉の余地ある」 - 毎日新聞
03/17 18:14 CNN.co.jp : ISIS、イラク最大拠点から離脱か 人・モノの流出を確認
03/17 17:34 トルコ首都の自爆攻撃、クルド系過激派組織が犯行声明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/17 17:00 民主主義をかなぐり捨てたトルコ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/17 16:47 【図解】シリア・イラクのIS支配地域 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/17 15:30 シリアから電撃撤退したプーチンの意図はどこに? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/17 13:44 「パリのテロでは世界中が祈ったのに、なぜトルコではそうならない?」青年の投稿は世界に響いた
03/17 13:33 世界はまだ、シリアを見捨ててはいない~レンズを通じて、見えたこと | セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
03/17 13:11 シリア人男性、トルコ空港に1年足止め 映画のような状況に懸念 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/17 13:05 安田純平さん、どんな人? シリアで拘束されたと見られる動画が公開
03/17 10:18 CNN.co.jp : イエメン北部で空爆、市民100人以上死傷 サウジが実施か
03/17 09:30 パリで過激派疑いの4人拘束 「暴力行為」計画か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/17 シリアで不明の安田純平さんか 動画で救出求め - BBCニュース
03/17 【移民危機】17日からのEU首脳会議 移民対策でトルコと合意目指す - BBCニュース

03/16 17:00 死者47万人、殺された医師705人......シリア内戦5年を数字で振り返る | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/16 15:10 シリアからのサプライズ撤退を発表したプーチン大統領の権謀術数 ターゲットはメルケル独首相だ | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/16 14:38 ブリュッセルの住宅地で強制捜査と銃撃 - BBCニュース
03/16 13:58 欧州難民問題、マケドニアは強制送還 EU・トルコ合意は暗礁に | ロイター
03/16 10:53 サウジ主導の空爆で民間人41人死亡 イエメン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/16 10:31 CNN.co.jp : パリ同時テロ関連の家宅捜索で銃撃、死傷者も ブリュッセル - (1/2)
03/16 09:30 ロシア軍、シリアから撤収開始 和平協議の進展に期待 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
03/16 08:31 パリ同時攻撃の捜索中に銃撃戦、ベルギー首都で警官4人負傷 | ロイター
03/16 07:03 仏テロ捜査中に銃撃戦、容疑者1人射殺 警官4人負傷 ベルギー首都 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
03/16 ベルギーでパリ襲撃事件の関連捜査 容疑者1人死亡 - BBCニュース

03/15 19:47 ベルリンで走行中の自動車爆発、警察は爆発物が原因との見方 | ロイター
03/15 17:22 元に戻ればいいのに……シリアの子供たちが語る戦争 - BBCニュース
03/15 16:38 「自爆テロはPKK犯行と断定、トルコ軍が拠点を空爆」 News i - TBSの動画ニュースサイト
03/15 16:07 トルコでまた爆発事件 不安募らせる市民 - BBCニュース
03/15 15:23 【移民危機】必死の移民たち 徒歩で川越え北を目指す - BBCニュース
03/15 11:51 CNN.co.jp : トルコ首都の爆破テロ、実行犯の女を特定 - (1/2)
03/15 10:57 CNN.co.jp : 米国人のISIS戦闘員が投降か、クルド人部隊が拘束
03/15 10:38 難民ら700人以上が国境突破 ギリシャからマケドニアへ - 共同通信 47NEWS
03/15 09:58 CNN.co.jp : 空爆で負傷のISIS司令官、米当局が死亡を確認
03/15 09:58 「シリアからロシア軍の主戦力撤退、プーチン大統領指示」 News i - TBSの動画ニュースサイト
03/15 09:36 CNN.co.jp : ロシア大統領、軍にシリアからの撤退を命令 - (1/2)
03/15 08:49 ギリシャに滞留の移民、数百人がマケドニア国境を突破 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
03/15 08:43 ロシア大統領、シリア展開軍の撤退を命令 15日開始 | ロイター
03/15 08:18 米ロ首脳が電話会談、ロシア軍のシリア撤退開始など協議 | ロイター
03/15 07:58 プーチン大統領、シリアからのロシア軍撤退開始を命令 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/15 07:58 アンカラ自爆攻撃、クルド組織関与は「ほぼ確実」 トルコ政府 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
03/15 07:14 ドイツの反難民政党、躍進 3州議選で初議席:朝日新聞デジタル
03/15 05:03 シリア駐留ロシア軍の撤退開始命令 - 共同通信 47NEWS
03/15 00:46 移民問題で継続的努力、独地方選受けメルケル首相表明 | ロイター
03/15 元に戻ればいいのに……シリアの子供たちが語る戦争 - BBCニュース
03/15 プーチン露大統領、シリアから軍の「主要部」撤退を命令 - BBCニュース
03/15 トルコでまた爆発事件 不安募らせる市民 - BBCニュース
03/15 シリア難民をトルコに強制送還 ついにメルケルも音を上げた? EUの弱みにつけ込むトルコ 難民危機で合意の背景 WEDGE Infinity(ウェッジ)
03/15 【移民危機】必死の移民たち 徒歩で川越え北を目指す - BBCニュース

03/14 22:06 ドイツ首相、従来の難民政策継続の考え - 共同通信 47NEWS
03/14 21:44 トルコ:自爆テロ、半年で4回 死者は計180人以上 - 毎日新聞
03/14 21:36 独州議会選、与党敗北も難民政策の路線維持 政府報道官 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/14 19:40 イラク北部クルド人拠点、トルコ軍が空爆 首都自爆攻撃への報復か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/14 17:30 イランの弾道ミサイル実験は核合意違反にならない?──イスラエルは激怒 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/14 17:24 がん闘病中の妻に会わせて、マケドニア国境で難民男性がハンスト 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/14 16:02 ヒズボラに関係する人物は厳正に処罰=サウジ政府 | ロイター
03/14 16:00 ベテラン特派員が綴る中東を混迷に陥れたアメリカの罪 | 渡辺由佳里 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/14 14:45 ISに魅せられるフランスの10代少女、少年より多数 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/14 14:21 トルコ首都の中心部で大規模な爆発、34人死亡・125人負傷 | ロイター
03/14 13:30 トルコ首都中心部で爆発 30人以上死亡 - BBCニュース
03/14 12:41 トルコ首都で爆発、34人死亡125人負傷 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
03/14 11:58 CNN.co.jp : ISIS「首都」のラッカ、変わり果てた街を隠しカメラで撮影 - (1/3)
03/14 09:46 CNN.co.jp : 武装集団、コートジボワールの3ホテル襲撃 16人死亡
03/14 09:32 コートジボワールでリゾート襲撃、16人死亡 アルカイダ系が声明 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
03/14 09:30 CNN.co.jp : トルコ首都で車爆弾、死傷者150人以上 自爆テロか - (1/2)
03/14 08:54 トルコの首都アンカラで爆発、150人以上が死傷(画像集)
03/14 08:00 ドイツ州議会選、反移民政党が躍進 政権与党は後退 | ロイター
03/14 07:34 トルコ首都で車爆弾攻撃 34人死亡、125人負傷 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News
03/14 06:14 トルコの爆発、死者34人に - 共同通信 47NEWS
03/14 05:22 トルコ首都で爆発、27人死亡 - 共同通信 47NEWS
03/14 01:01 コートジボワール:武装勢力がホテル襲撃、11人死亡 - 毎日新聞
03/14 米など主要国がシリア政府に圧力 和平協議前に - BBCニュース
03/14 コートジボワールの人気リゾートで武装集団が襲撃 16人死亡 - BBCニュース
03/14 「テロを打ち負かす」 トルコ首都爆発で大統領 - BBCニュース

03/13 21:15 「パリは安全」と清掃奉仕 日系会社、観光客にPR - 共同通信 47NEWS
03/13 18:29 艾未未氏、難民キャンプでピアノ演奏会を企画 ギリシャ 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
03/13 16:58 CNN.co.jp : 米軍、ISIS空爆にB52 4月にも投入へ - (1/2)
03/13 14:39 ディスコなんてふざけている?子どもたちの難民支援 | 野口由美子
03/13 10:59 CNN.co.jp : ISIS系組織、化学兵器を使用か イラク北部

03/12 13:52 イスラエルがガザ地区を空爆、巻き添えで兄妹3人が死傷  写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/12 13:08 ISの化学兵器攻撃で負傷した3歳少女が死亡、イラク 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/12 09:21 時事通信ニュース:パレスチナ放送局を強制捜査=「暴力扇動」と治安機関-イスラエル
03/12 07:49 パリ同時テロ容疑者3人、流出の「ISメンバー情報」に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

03/11 19:46 シリア内戦 新しい世界戦争なのか - BBCニュース
03/11 19:40 ISの人事資料か 元メンバーから入手 - BBCニュース
03/11 14:33 主要国がシリアの連邦国家化を協議=外交関係者 | ロイター
03/11 14:14 CNN.co.jp : ISIS志願者の個人情報が大量流出 氏名や「服従度」明らかに - (1/2)
03/11 12:08 ISの拉致・レイプから脱出、ヤジディー教徒少女「助けを」と訴え 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
03/11 10:50 流出の「ISメンバー情報」、各国が調査着手 信ぴょう性疑う声も 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/11 07:24 有志連合、IS化学兵器施設を初空爆 拘束の工作員から情報入手 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

03/10 17:33 支援物資を高値で売るシリア政権の「戦術」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/10 14:47 CNN.co.jp : 米軍、ISISの化学兵器拠点を空爆 幹部の尋問で情報入手
03/10 13:16 ISのマスタードガス使用確認 米国防総省:朝日新聞デジタル
03/10 11:50 米特殊部隊、ISの化学兵器専門家を拘束し尋問 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/10 11:47 IS構成員2.2万人分の情報入手 英テレビ報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/10 08:59 ISの「国防相」 米空爆で重傷負うも生存 シリア人権監視団 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/10 【移民危機】マケドニア、移民に国境閉鎖 EUは不法移民の受け入れ停止へ - BBCニュース

03/09 18:52 CNN.co.jp : ISIS、マレーシア首相らの拉致を計画 当局が阻止
03/09 16:02 EU・トルコの移民送還合意、国連や人権団体は懸念表明 | ロイター
03/09 15:33 「不法移民防止の壁」で死にゆく野生動物 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/09 15:23 難民対策の新しいビジョンを提唱する研究者/Frame(組み立てる) | ロッシェル・カップ | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/09 14:53 難民問題への積極的な貢献を | Claire Leppold
03/09 12:59 シリアの子ども25万人、包囲下で過酷な生活 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
03/09 12:25 ISの少数派迫害 少女を拉致し人身売買に - BBCニュース
03/09 11:53 CNN.co.jp : ISIS司令官、米軍の空爆で死亡か
03/09 10:49 「イスラム国」司令官が米空爆で死亡の可能性=米当局者 | ロイター
03/09 09:20 IS「国防相」、シリア空爆で死亡か 米当局者 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/09 07:23 仏下院、対テロ法案可決 再発防止へ治安最優先 - 共同通信 47NEWS
03/09 03:30 トルコ、送還難民受け入れ EUと大筋合意:朝日新聞デジタル

03/08 20:13 【難民危機】私たちを北へ行かせてくれ。ギリシャ国境で足止めされた難民たちは訴える(画像集)
03/08 20:10 ドイツでみた難民問題。旧東独出身のドイツ女性、いまは難民を助ける側に | 朝日新聞GLOBE
03/08 19:10 ISISの支配下には31,000人以上の妊婦がいる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/08 17:02 「こんな暮らしのためにシリアを出たのでは……」 移民キャンプで - BBCニュース
03/08 11:44 CNN.co.jp : EUとトルコ、難民流入への対応で原則合意
03/08 11:07 トルコ、移民対応でEUに支援額倍増を要求 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
03/08 10:13 チュニジア、リビア国境で「首長国樹立の試み」阻止 50人超死亡 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
03/08 09:45 CNN.co.jp : 米軍がソマリアで空爆、武装勢力の戦闘員150人を殺害
03/08 09:36 CNN.co.jp : 英警察、ISISの「大規模テロ」を警戒
03/08 08:22 米軍、ソマリア過激派空爆で「戦闘員150人超を殺害」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/08 07:02 過激派、当局襲撃53人死亡 チュニジア、越境攻撃か - 共同通信 47NEWS

03/07 20:51 パキスタンの裁判所で自爆、13人死亡「死刑執行の報復」と声明 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/07 18:37 シリア市民にラジオ放送を 小型FM発信機を活用 - BBCニュース
03/07 18:24 EUとトルコ、難民抑制で合意できると楽観=ルッテ蘭首相 | ロイター
03/07 17:00 シリア停戦後へ米ロとトルコが三巴の勢力争い | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/07 17:00 CNN.co.jp : イラクで自爆テロ、140人死傷 ISISが犯行声明
03/07 14:06 CNN.co.jp : 難民1万人超、ギリシャで立ち往生 西欧入りの手続き進まず - (1/2)
03/07 11:54 命がけの渡航は引きも切らず ギリシャ・レスボス島で - BBCニュース
03/07 03:43 イラクで爆弾積んだトラック爆発、60人死亡 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
03/07 00:32 イラクでテロ、60人死亡 「イスラム国」犯行声明 - 共同通信 47NEWS

03/06 15:46 イエメンの老人ホーム襲撃、ISの犯行か ローマ法王が事件を非難 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/06 15:20 牛がボコ・ハラムの資金源に、市場を一時閉鎖 ナイジェリア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/06 11:29 CNN.co.jp : 高齢者施設に武装集団、修道女ら16人死亡 イエメン

03/05 08:56 難民受け入れ国で雇用創出 日本、国連機関に8億円 - 共同通信 47NEWS
03/05 01:26 EU加盟国への難民申請者数、過去最多125万5千人に:朝日新聞デジタル
03/05 【激撮】厳戒態勢の「パリ農業国際見本市」 | R25

03/04 23:29 2月の南スーダン避難民キャンプ襲撃、国連が報告書 死者25人に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/04 18:12 ISの「地獄」を経験、女性らに癒やしを 独で支援事業 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/04 18:07 ギリシャは5月12日までに難民の正式登録完了を=EU委員 | ロイター
03/04 17:04 「ギリシャに来るな」 国境の劣悪な状態に移民が警告 - BBCニュース
03/04 15:11 イスラム過激派ボコ・ハラムから76人が飢えで投降 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/04 14:45 CNN.co.jp : ISISやヌスラ戦線向けの迷彩服、2万着を押収 スペイン
03/04 13:15 www.fnn-news.com: 「イスラム国」などに向けた戦闘服2万着、スペインで押収
03/04 11:52 CNN.co.jp : 「欧州に来てはいけない」、EU大統領が経済移民に呼びかけ
03/04 10:35 空爆から1年半、なぜ「今回は」ガザの復興が進まないか | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/04 10:12 CNN.co.jp : シリア全土で停電、発電所にロケット弾
03/04 【移民危機】「不法経済移民は欧州に来てはいけない」 EU大統領 - BBCニュース

03/03 22:35 米特殊部隊、イラクでISの大物工作員を拘束 米当局 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/03 18:47 CNN.co.jp : 戦地となったイラク最大のダムに決壊の恐れ、米が大被害警告 - (1/2)
03/03 17:00 シリア停戦発効でも、ますます混迷深まる欧州難民危機 その対処策を考えてみる | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/03 12:56 CNN.co.jp : EU、ギリシャに870億円の緊急支援案 難民対応
03/03 シリアでの漁夫の利を密かに愉しむロシア お手の物の消耗戦に、欧米諸国は指をくわえるのみ | JBpress(日本ビジネスプレス)

03/02 21:32 モスクワ女児斬首は「アラーの命令」、容疑者が出廷 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
03/02 15:59 イスラエル兵が難民キャンプに誤進入、衝突で1人死亡 カーナビ原因か 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/02 12:16 CNN.co.jp : 米特殊部隊、ISISメンバーを初拘束 イラクでの掃討作戦
03/02 09:46 ドイツで難民ら招き特別演奏会 ベルリンの3管弦楽団 - 共同通信 47NEWS
03/02 09:28 シリア大統領、停戦維持へ「責任果たす」 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
03/02 【移民危機】EU、緊急人道支援策を発表へ - BBCニュース

03/01 22:31 地中海を渡って欧州入りした移民数、今年だけで13万人超 国連 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 19:49 【移民ショック】マケドニア軍が越境図った移民らに催涙弾、仏カレーでも衝突(1/2ページ) - 産経ニュース
03/01 19:00 シリア和平は次の紛争の始まりに過ぎない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
03/01 18:01 www.fnn-news.com: ギリシャ北部の国境地帯で難民数百人が警察と衝突 複数のけが人
03/01 16:08 【移民危機】仏カレーの「ジャングル」解体 誰の戦いで誰の問題か - BBCニュース
03/01 16:04 「このままだと死ぬ」 スウェーデン人少女、IS支配下の生活語る 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 15:49 イラクでまた自爆攻撃、48人死亡 「イスラム国」が犯行声明 | ロイター
03/01 15:32 CNN.co.jp : 増え続ける難民、欧州各地で衝突 国境フェンス破壊も - (1/3)
03/01 14:51 CNN.co.jp : フェイスブックCEO、ISISの脅迫を受け懸念表明
03/01 14:28 仏の移民キャンプ撤去、機動隊との衝突発生 放火も 写真16枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 14:11 難民危機―何がシリア難民をヨーロッパへ「追いやる」のか | 原貫太
03/01 12:24 【移民危機】カレーの「ジャングル」解体で放火に催涙ガス - BBCニュース
03/01 11:54 CNN.co.jp : 米特殊部隊、イラクでISIS掃討作戦を開始 - (1/3)
03/01 08:49 イラクでシーア派葬儀爆破、24人死亡 ISが犯行声明 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 08:46 シリア住民に停戦後初の支援物資、15万人超への提供目指す 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 07:46 足止めの難民ら、国境の強行突破試みる ギリシャ・マケドニア 写真16枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 06:47 シリア、包囲作戦で数千人に餓死の危機 国連 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
03/01 【移民危機】仏移民キャンプで暴動 解体作業で - BBCニュース
03/01 【移民危機】次に行くとしても路上しか 仏カレー「ジャングル」解体で - BBCニュース

02/29 23:10 www.fnn-news.com: 日・エジプト首脳会談 「イスラム国」に対する連携強化で一致
02/29 22:31 シリア、「兵糧攻め」で数千人が餓死か 国連 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/29 21:42 難民キャンプ「ジャングル」、解体作業が始まる 仏カレー 写真16枚 国際ニュース:AFPBB News
02/29 19:40 ソマリア南部で2件の爆発、市民30人死亡 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
02/29 14:36 シリア停戦始まり静けさ戻る町にBBC到着 - BBCニュース
02/29 12:59 「国境開けて」、移民ら数百人が線路上で抗議 ギリシャ北部 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News
02/29 10:13 CNN.co.jp : シリア北部アレッポなどで空爆 停戦違反の報告相次ぐ - (1/2)
02/29 09:11 イラク首都の自爆攻撃で70人死亡、「イスラム国」が犯行声明 | ロイター
02/29 08:43 シリア停戦2日目、「違反行為」で非難の応酬 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/29 07:12 イラク首都で連続爆弾攻撃、33人死亡 ISが犯行声明 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
02/29 06:27 イラク爆弾テロ、70人死亡 「イスラム国」犯行声明 - 共同通信 47NEWS
02/29 05:54 テレ朝news|テレビ朝日|イラクで自爆テロ 70人死亡 「イスラム国」が声明
02/29 05:20 バグダッドの爆弾テロ、死者70人に - 共同通信 47NEWS
02/29 バグダッドの市場近くでIS爆弾攻撃 30人以上死亡と - BBCニュース
02/29 シリア停戦2日目 国連が支援活動拡大へ - BBCニュース

02/28 21:44 バーレーン:子どもの逮捕相次ぐ 「デモに関与」理由に - 毎日新聞
02/28 21:42 シリア:停戦、形式上維持 空爆や散発的戦闘続く - 毎日新聞
02/28 16:55 シリア、イスラム国がクルド攻撃 停戦悪用か - 共同通信 47NEWS
02/28 14:58 アフガニスタンで自爆攻撃相次ぐ、25人死亡 和平協議に暗雲 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/28 13:37 CNN.co.jp : 国防省付近で自爆テロ、死者12人 アフガン首都
02/28 09:56 CNN.co.jp : ロシア軍が空爆停止、散発的に戦闘も 停戦発効のシリア
02/28 07:34 シリア停戦、散発的な戦闘あるもほぼ順守 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/28 00:32 アフガンでテロ、25人死亡 国防省と知事公舎前で自爆 - 共同通信 47NEWS

02/27 19:33 シリア停戦は維持されるのか。戦闘地で砲撃音止まる「突如、平穏になった」
02/27 15:20 CNN.co.jp : ソマリア首都で2回の爆発と銃撃、死者
02/27 15:07 バルカン諸国4か国、移民入国を1日580人に制限 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/27 13:21 CNN.co.jp : シリアで「一時停戦」発効、首都などで静寂
02/27 11:47 「米とロシアが主導、シリア「停戦期間」始まる」 News i - TBSの動画ニュースサイト
02/27 09:56 シリア停戦:「首都などで戦闘が沈静化」発効から数分後に - 毎日新聞
02/27 09:10 ソマリア首都で襲撃、12人死亡 アルシャバーブが犯行声明  写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/27 08:52 1日の難民入国580人に制限 オーストリアなど5カ国 - 共同通信 47NEWS
02/27 08:36 シリア停戦が発効、ISなど対象外 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/27 07:08 「シリア停戦」の期間開始 - 共同通信 47NEWS
02/27 06:24 シリア和平協議、3月7日に再開 - 共同通信 47NEWS
02/27 シリア内戦激化の背景に「干ばつ」と「地球温暖化」 « WIRED.jp

02/26 22:20 ドイツでの難民申請者、13万人が所在不明 政府 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/26 22:08 シリア一時停戦実現の見通し 反体制派が受諾正式表明 - 共同通信 47NEWS
02/26 21:10 ヒンズー教の僧侶殺害、イスラム過激派を逮捕 バングラデシュ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/26 19:54 ロシア、シリアの反体制派拠点を空爆 停戦発効を目前に控え 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/26 17:00 ISISがフェイスブックのザッカーバーグに報復宣言 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/26 09:40 オバマ米大統領、ISとの戦いに自信 「容赦なく追い詰める」 | ロイター
02/26 09:13 ドイツ議会、難民流入抑制策を可決 | ロイター
02/26 今後数週間が決定的に重要 シリア和平でオバマ米大統領 - BBCニュース
02/26 ゼロからわかる「クルド人」の謎 ~いま地上でISと戦っているのは彼らです  | 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 | 現代ビジネス [講談社]
02/26 「アラブの春」とは何だったのか? 〜革命の希望はこうして「絶望」に変わった あれから5年、メルトダウンする中東 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

02/25 19:43 CNN.co.jp : イラクで数カ月紛失の放射性物質を回収、ISIS入手を懸念 - (1/2)
02/25 17:39 ハーバード大学「宗教への理解を深める」無料オンライン授業をスタート
02/25 17:19 「ISに襲われた」とうそ、教師を逮捕 フランス 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/25 11:53 大晦日の暴行事件 独当局の検挙進まず - BBCニュース
02/25 11:43 CNN.co.jp : ISIS一派、フェイスブックとツイッターのCEOを脅迫 - (1/2)
02/25 10:15 CNN.co.jp : 増え続ける難民、門戸閉ざす欧州 国連が一層の混乱に警鐘 - (1/2)
02/25 10:00 ベルギー、対仏国境で入国審査導入 移民80人追い返す 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
02/25 09:01 ドイツ政府、2020年までに360万人の難民流入と予想=現地紙 | ロイター

02/24 21:02 「シリアより素晴らしい国はない」今と昔と未来を考える(前編) | TRiPORT(トリポート)
02/24 18:38 パリ市長、次々に日本語ツイート 観光客へ安全アピール:朝日新聞デジタル
02/24 17:00 ドイツを分断する難民の大波 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/24 13:29 仏移民キャンプ閉鎖 行き場のない子どもたち - BBCニュース
02/24 12:01 アムネスティ、欧州の「恥ずべき」難民対応を非難 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/24 09:20 CNN.co.jp : スウェーデンの16歳少女、ISIS支配地域から救出
02/24 08:42 地中海を渡る移民、わずか2か月で11万人超 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
02/24 00:05 テレ朝news|テレビ朝日|シリア内戦 アサド政権側が“停戦案”受け入れ

02/23 20:35 シリア政府、米露提示の停戦条件を受け入れ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/23 19:45 「条件付きで停戦受け入れ」とシリア政府 - 共同通信 47NEWS
02/23 18:56 【米大統領選2016】トランプ氏の支持者とシリア難民青年が面と向かって - BBCニュース
02/23 17:11 CNN.co.jp : アフガン軍の「戦略的」撤退を地元が批判 対タリバーンの激戦地
02/23 16:12 息子をISISの自爆テロに差し出すブラックな父 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/23 12:09 シリア政府軍、民兵に軍事訓練 火の輪くぐりも 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News
02/23 11:11 米ロ、シリア停戦で合意 27日から、履行予断許さず - 共同通信 47NEWS
02/23 10:48 シリア停戦に向けてアメリカとロシアが共同声明。反体制派の懸念は?
02/23 10:34 「27日からシリア停戦へ、米ロが呼びかけで合意」 News i - TBSの動画ニュースサイト
02/23 10:31 CNN.co.jp : シリア内戦、27日に停戦発効へ 米ロが合意 - (1/2)
02/23 09:43 シリア首都近郊の自爆攻撃、死者134人に 内戦開始後で最悪 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/23 08:48 シリア大統領、4月13日に議会選を実施と発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/23 05:30 ヒンズー教指導者を殺害 バングラデシュ、ISが声明 - 共同通信 47NEWS

02/22 21:48 シリア連続テロ死者184人に 内戦突入後で最悪規模 - 共同通信 47NEWS
02/22 21:34 シリア:テロ死者184人に 11年の内戦突入後、最悪 - 毎日新聞
02/22 20:32 有刺鉄線を超えて、男は赤ちゃんを手渡した。難民の苦難を写真は訴えかける
02/22 17:54 私が住んでいた内戦前のシリアは、本当に美しい国だった | Lama Younes
02/22 17:50 仏カレー難民キャンプの解体防げ、英俳優J・ロウさんら立ち上がる 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News
02/22 16:34 過激思想から更生 サウジの豪華施設 - BBCニュース
02/22 15:51 猫の「難民」 家族と再会 - BBCニュース
02/22 15:16 シリア首都などで爆弾攻撃 停戦努力のさなかに - BBCニュース
02/22 13:58 連続自爆攻撃で155人死亡、ISが犯行声明 シリア 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
02/22 12:23 難民施設火災に歓声、移送バス妨害… 独東部で反移民行為相次ぐ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
02/22 11:55 CNN.co.jp : シリアで連続爆弾テロ、122人死亡 ISISが犯行声明 - (1/2)
02/22 11:50 IS:少年兵が急増 1年で89人死亡 39%自爆 - 毎日新聞
02/22 11:34 難民申請中に女性乱暴容疑、トルコ人2人逮捕 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
02/22 08:11 シリア2都市で爆発、130人以上死亡か 「イスラム国」関与認める
02/22 07:23 時事通信ニュース:シリア停戦へ最終調整=米ロ外相
02/22 05:06 シリアの連続爆弾テロ死者数140人に - 共同通信 47NEWS
02/22 01:18 シリア:爆発で87人死亡、ISテロか ホムスと首都近郊 - 毎日新聞
02/22 01:10 「イスラム国」が首都郊外爆発でも犯行声明 - 共同通信 47NEWS
02/22 シリア内戦 首都など連続爆破で140人死亡 - BBCニュース

02/21 21:03 アサド氏、停戦条件は「反体制派への支援停止」 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
02/21 19:27 2台の自動車爆弾で少なくとも46人死亡 シリア 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
02/21 18:28 シリアで爆発46人死亡 - 共同通信 47NEWS
02/21 16:02 CNN.co.jp : シリア大統領、停戦に条件 反政権派への支援停止など
02/21 14:19 CNN.co.jp : 人質のセルビア大使館職員2人死亡か 米軍のリビア空爆
02/21 13:46 リビアで拉致のセルビア人2人が死亡、米空爆に巻き添えか 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/21 10:52 インドネシアでイスラム過激派一斉捜索、数十人拘束 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/21 09:36 シリア大統領、停戦に条件 反体制派支援の凍結を - 共同通信 47NEWS
02/21 01:03 時事通信ニュース:EUの抗議「お門違い」=難民制限のオーストリア

02/20 20:25 トルコ爆破テロ、「クルド自由の鷹」が犯行声明 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
02/20 12:58 CNN.co.jp : トルコ首都爆発、クルド人武装組織が犯行声明 観光客に警告
02/20 12:06 シリア情勢で米ロ物別れ 国連安保理で緊急会合 - 共同通信 47NEWS
02/20 11:13 EU:シリアでの市街地空爆「即座に停止」要求 - 毎日新聞
02/20 10:50 米大統領:トルコと電話協議 クルド防衛隊砲撃の中止要請 - 毎日新聞
02/20 10:21 CNN.co.jp : 米軍、リビアのISIS拠点を空爆 外国でのテロ計画か - (1/2)
02/20 09:54 クルド人主導部隊、ISからシリア北東部の要衝を奪還 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
02/20 08:13 アンカラ爆弾攻撃、トルコのクルド人組織が犯行声明 観光客に警告 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
02/20 06:42 トルコのテロでクルド系が犯行声明 - 共同通信 47NEWS

02/19 22:54 ロシア、イスラム国(IS)支援グループを摘発 戦闘員向けにパスポートを偽造 テロ計画支援の可能性も - 産経ニュース
02/19 21:26 米軍、リビアでISを空爆 40人以上死亡 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/19 19:59 CNN.co.jp : トランプ氏、イラク戦争めぐる発言で弁明 対話集会 - (1/3)
02/19 16:37 www.fnn-news.com: イラクで放射性物質盗難 「汚い爆弾」転用を警戒
02/19 16:36 世界報道写真大賞、「国境を越える難民の赤ちゃん」に  写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
02/19 13:32 CNN.co.jp : トルコでまた爆発、6人死亡 軍がクルド系組織を空爆 - (1/2)
02/19 12:06 表紙に「イスラムが欧州をレイプ」 ポーランド誌に批判殺到 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/19 10:07 オーストリア、難民制限を当初予定通り実施へ | ロイター
02/19 08:27 フランスの難民キャンプで暮らす人々は、こんな住環境に置かれている(画像集)
02/19 【移民危機】EUとトルコ 移民問題で首脳会議を来月開催 - BBCニュース

02/18 19:27 トルコ首相、「首都の攻撃はクルド人組織の犯行」 軍は新たな空爆 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/18 19:00 シリア内戦はもはや泥沼化していない 今起きているのは...
02/18 17:00 ポーランド誌表紙にウェブ騒然、「欧州をレイプするイスラム」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/18 15:59 CNN.co.jp : ロシア、シリアに最新型のスパイ機派遣 空爆強化と関連か
02/18 15:23 タリバンが6歳の子らに戦闘訓練、13歳で実戦投入 人権団体 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/18 14:35 トルコ首都で自動車爆弾爆発、28人死亡・61人負傷 | ロイター
02/18 14:11 包囲目前アレッポの住民は まだ飢えてはいないが - BBCニュース
02/18 11:34 シリア病院空爆、死者25人に 「国境なき医師団」発表 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/18 11:25 トルコ首都の爆弾テロで火の海に。28人死亡(画像集)
02/18 11:18 イラクで米企業の放射性物質盗難 「イスラム国」に警戒 - 共同通信 47NEWS
02/18 11:04 政権包囲地区に支援物資 シリア、国連と合意 - 共同通信 47NEWS
02/18 09:47 包囲続く町に支援物資到着 シリア 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
02/18 09:29 CNN.co.jp : トルコ首都で爆弾テロか 28人死亡、61人負傷
02/18 09:01 IS、イラク軍ヘリを撃墜 1人死亡 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/18 07:52 イラクで放射性物質盗難、昨年11月に南部の施設から=IAEA | ロイター
02/18 05:54 >テレ朝news|テレビ朝日|トルコ首都で大規模な爆発 約90人死傷
02/18 04:55 トルコ爆発の死者28人に - 共同通信 47NEWS
02/18 トルコ首都で爆発 少なくとも28人死亡 - BBCニュース
02/18 「世界最強」の呼び声も高いイスラエル国防軍がテロより恐れているものは? | COURRiER Japon NEWS

02/17 18:50 モロッコのスペイン飛び地にアフリカ難民が殺到 命がけの越境【画像】
02/17 16:20 イスラム国は「アラブの春」の続きである【アラブの春5周年(下)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/17 16:00 ノーベル平和賞のチュニジアにISISの魔の手が | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/17 12:17 CNN.co.jp : 同時テロに巻き込まれたロックバンド、再びパリで公演 - (1/2)
02/17 10:24 仏テロ被害の米バンド、パリで生存者招き公演 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News
02/17 09:30 トルコ、シリア地上戦を同盟諸国に呼び掛け 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/17 シリア政府 包囲地域への人道支援を許可 - BBCニュース

02/16 16:44 若者の未熟さと「イスラム復興」の契機【アラブの春5周年(中)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/16 16:00 アサドやISISより多くの民間人を殺したロシア | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/16 15:46 The Huffington Post | 「イスラム国」が化学兵器使用か イラクで使われた「マスタードガス」とは?
02/16 15:25 シリア北部の病院空爆 ロシアが関与か - BBCニュース
02/16 12:42 シリアの病院にミサイル、民間人ら50人死亡 16日に安保理開催へ | Reuters
02/16 11:35 ドイツ政府、今年50万人の難民流入を予想=現地紙 | Reuters
02/16 11:04 シリアのアサド大統領、独占インタビュー 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
02/16 10:32 テレ朝news|テレビ朝日|ロシアで自爆テロ 「イスラム国」傘下勢力犯行声明
02/16 09:42 CNN.co.jp : シリアの病院2カ所に空爆 22人死亡、8人不明 - (1/2)
02/16 09:30 「イスラム国」、イラクでも化学兵器使用 OPCW確認=外交筋 | Reuters
02/16 08:46 シリア病院・学校空爆で「市民50人近く死亡」 国連と米が非難 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
02/16 07:27 イラクでのマスタードガス使用を「確認」 OPCW筋 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/16 03:50 シリアの診療所にミサイル着弾、7人死亡 - 共同通信 47NEWS
02/16 00:48 ロシア、シリア北部ミサイル攻撃 学校や病院で死者多数 - 共同通信 47NEWS
02/16 シリア北部の病院空爆 ロシアが関与か - BBCニュース

02/15 23:06 「国境なき医師団」支援の病院にまた空爆、9人死亡 シリア 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
02/15 18:30 【写真特集】当事者が切り取るイランの素顔 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/15 18:23 ロシア、イランに地対空ミサイルを供与へ=RIA | Reuters
02/15 17:00 少女「テロリスト」を蜂の巣にする狂気のイスラエル | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/15 15:48 強権の崩壊は大卒失業者の反乱で始まった【アラブの春5周年(上)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/15 11:48 米大統領、シリア穏健派への空爆停止要請 ロシア大統領と電話会談 | Reuters
02/15 11:42 シリア停戦実現に暗雲 トルコ、2日連続のクルド砲撃 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/15 11:00 アフガニスタン:民間人死傷者1万1002人 15年最悪 - 毎日新聞
02/15 09:50 【米露新冷戦時代】オバマ大統領「空爆中止せよ」 プーチン大統領「二重基準やめろ」 シリアめぐり電話で応酬(1/2ページ) - 産経ニュース
02/15 08:22 The Huffington Post | シリア停戦へ協力確認 アメリカ・ロシア首脳は電話会談で何を語ったのか
02/15 政治は戦場で決まるプーチンに負けたオバマ シリア停戦合意でロシアの戦略奏功 WEDGE Infinity(ウェッジ)

02/14 22:50 シリア停戦「1週間後」前向き評価 米ロ首脳が電話協議:朝日新聞デジタル
02/14 17:18 CNN.co.jp : ギリシャへの難民流入 子どもの割合激増、いまや3人に1人
02/14 16:07 ボコ・ハラムが2村襲撃、30人死亡 ナイジェリア 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
02/14 15:44 The Huffington Post | 同時多発テロ直後のフランスで感じた空気、そして日本のこと。 | 氏田あずさ
02/14 13:33 CNN.co.jp : アサド大統領の「強制排除」も サウジ外相 CNN EXCLUSIVE
02/14 12:26 The Huffington Post | シリアの現状は簡単には変えられない。でも現地の子供たちに夢や未来を与えることはできます -- クリス・ホランドさん | My Eyes Tokyo
02/14 11:11 トルコ軍がシリア国内に攻撃、サウジと地上部隊派遣も検討 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/14 08:50 ソマリアの機内爆発で犯行声明、アルシャバーブ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/14 07:51 ロシアが地中海へミサイル艦派遣、軍事作戦に参加か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

02/13 19:34 The Huffington Post | 「イスラム国」はベトナム戦争の再来か? アメリカには新たなストーリーが必要だ | Ira Chernus
02/13 15:30 CNN.co.jp : 米軍給油機、燃料切れで墜落危機の戦闘機救出 ISIS領域 - (1/2)
02/13 13:23 CNN.co.jp : 米ロ、シリア・アレッポへの攻撃巡り非難の応酬
02/13 10:01 シリア大統領「ISと違いない」 反体制派と戦闘継続へ:朝日新聞デジタル
02/13 08:43 シリアの人道支援めぐり初会合 分断地に物資配布目指す:朝日新聞デジタル

02/12 20:36 「難民受け入れ押しつけは偽善」 トルコ大統領、国連に:朝日新聞デジタル
02/12 17:27 ISの次世代「育成」 少年たちが語る - BBCニュース
02/12 17:20 The Huffington Post | シリアの花嫁 ウェディングドレスは廃墟になった街でも美しく輝く
02/12 16:01 シリア関係国会合、1週間以内に敵対行為中止を目指すことで合意 | Reuters
02/12 12:06 ISに化学兵器の製造能力と使用例、欧米へ密輸の恐れ 米CIA長官 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/12 10:45 CNN.co.jp : シリア停戦で主要国が合意、1週間以内の履行目指す
02/12 10:29 「西側は我々を見捨てた」 シリア反体制派の指揮官語る - BBCニュース
02/12 09:40 CNN.co.jp : 避難民キャンプで女2人が自爆、58人死亡 ナイジェリア
02/12 シリア「戦闘行為の停止」呼びかけに世界主要国が合意 - BBCニュース

02/11 17:28 難民審査、未処理1万人超 申請が急増、制度改善急務 - 共同通信 47NEWS
02/11 16:41 CNN.co.jp : トルコ大統領、米のクルド支援を非難 「血の海もたらす」
02/11 08:26 米ロ、シリアの停戦条件を協議 「3月1日」提案か - 共同通信 47NEWS
02/11 00:31 イラク最大ダム決壊の恐れ 米警告、50万人死亡も - 共同通信 47NEWS
02/11 シリア・アレッポの戦闘で5万人が難民に=赤十字 - BBCニュース

02/10 23:35 シリア:国連調査団「数千人がアサド政権支配地域で不明」 - 毎日新聞
02/10 17:28 激しさ増すIS空爆 仏空母から - BBCニュース
02/10 16:00 シリアの奪われた日常紹介 JICA元隊員、札幌で写真展 | どうしんウェブ/電子版(札幌圏)
02/10 14:27 「国境なき医師団」支援病院に空爆、3人死亡 シリア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/10 13:24 The Huffington Post | 岩井俊二さん×安田菜津紀さんが対談 、難民問題と『スワロウテイル』を語る「日本は病院みたいな国」(前編)
02/10 12:50 難民施設襲撃を計画、ポーランド人14人逮捕 スウェーデン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/10 11:40 The Huffington Post | 国境なき医師団、シリアで爆撃を受ける 3人死亡
02/10 11:13 米国防予算案、「イスラム国」掃討に50%増 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
02/10 09:58 CNN.co.jp : ISISが今年中に米本土攻撃の恐れ 情報当局高官が証言 - (1/2)
02/10 08:12 The Huffington Post | あなたの指紋が消されたら? 難民支援協会「THE MISSING FINGERPRINT」キャンペーン | TRiPORT(トリポート)
02/10 07:57 米予算教書、「イスラム国」対策強化や富裕層増税盛り込む | Reuters
02/10 激しさ増すIS空爆 仏空母から - BBCニュース

02/09 16:55 人間を「駆除」するアサドの収容所、国連が告発 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/09 16:19 「最悪、シリア難民60万人国境に」トルコ副首相が懸念:朝日新聞デジタル
02/09 15:53 シリアでの大量難民発生はロシアの空爆原因、独首相が批判 | Reuters
02/09 14:30 トルコ国境のシリア難民 容赦ない空爆逃れて - BBCニュース
02/09 14:25 ソマリア機爆発事件、当初の標的はトルコ航空の可能性 | Reuters
02/09 11:36 CNN.co.jp : パリ同時テロ前に「ISISが欧州5都市でテロ計画」の情報 - (1/2)
02/09 10:00 テレ朝news|テレビ朝日|エーゲ海で“難民ボート”転覆 子どもら24人が死亡
02/09 米国人女性捕虜の死亡でIS幹部の妻を起訴 米司法省 - BBCニュース
02/09 シリアが拘束した人たちを「絶滅させようと」 国連報告 - BBCニュース

02/08 19:15 サウジがシリアでISIS掃討か | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/08 18:06 The Huffington Post | 「我慢は限界に近づいている」難民危機と緊縮財政、ギリシャはどうなってしまうのか
02/08 17:00 【写真特集】不法移民から没収された大量の私物は何を語る | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/08 16:31 CNN.co.jp : 人道支援装いテロ組織に武器供給、7人逮捕 スペイン
02/08 09:44 CNN.co.jp : 「パソコン爆弾」受け渡しの空港職員2人を逮捕 ソマリア

02/07 17:59 CNN.co.jp : シリア北部で進む滑走路拡張工事、ここが対ISIS作戦の最前線 CNN EXCLUSIVE - (1/4)
02/07 15:55 CNN.co.jp : リビアのISIS戦闘員、6500人に倍増か 米情報機関 - (1/2)
02/07 10:53 CNN.co.jp : サウジのシリア地上戦表明、イランが「勝ち目なし」と酷評 - (1/2)
02/07 08:14 欧州各国で反イスラムのデモ 国境超え連携、警察と衝突 - 共同通信 47NEWS

02/06 22:22 北京にイスラム国テロ情報 年末年始、異例の最高警備  - 共同通信 47NEWS
02/06 16:22 CNN.co.jp : 飛行中の旅客機爆発、過激派の「パソコン爆弾」か ソマリア - (1/2)
02/06 13:42 CNN.co.jp : シリア政権の支持勢力、アレッポで攻勢 市民4万人が避難
02/06 13:42 シリア人、トルコ国境に殺到 6~7万人、戦闘激化で:朝日新聞デジタル
02/06 00:53 サウジ軍顧問「地上作戦に参加する用意」 シリア介入で:朝日新聞デジタル
02/06 シリア難民数万人がトルコ国境に アレッポ戦闘激化 - BBCニュース

02/05 20:21 新たに数万人がシリア脱出しようと 周辺国は限界 - BBCニュース
02/05 16:49 シリア難民の人道支援に110億ドル拠出へ、国際会合で確認 | Reuters
02/05 16:40 スリランカ難民がたどり着いたパリ郊外の団地に、戦場を再現する『ディーパンの闘い』 | 大場正明 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/05 16:35 シリア内戦の恐ろしい数字 人口の半分が避難 - BBCニュース
02/05 14:30 イラク:前門のIS、後門の洪水 | 酒井啓子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/05 13:04 教育がなければ、シリアの復興ない…マララさん : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
02/05 12:19 アサンジ氏はどうする 国連は主張認めたが - BBCニュース
02/05 12:12 4年前はただの砂地……シリア人8万人の難民キャンプ - BBCニュース
02/05 10:26 アルカイダ幹部、イエメン南部の無人機攻撃で死亡=住民 | Reuters
02/05 10:23 CNN.co.jp : タリバーンと戦った11歳少年、銃撃され死亡 アフガン - (1/2)
02/05 01:38 シリア支援に1兆円超拠出 - 共同通信 47NEWS
02/05 東京新聞:「シリアのマララさん」 支援会合で難民の子の教育を訴え:国際(TOKYO Web)
02/05 シリア難民最大7万人が国境に=トルコ首相 - BBCニュース

02/04 21:04 時事ドットコム:アルジェリア人2人逮捕=IS、テロ準備か-独
02/04 20:35 難民施設で「IS関連」容疑者2人を拘束 ドイツ警察 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
02/04 19:31 CNN.co.jp : 米の新国防予算 ロシア阻止で4倍、ISIS掃討で2倍
02/04 19:08 CNN.co.jp : 欧州入り目指す難民らの3割以上が子ども、ユニセフ警告 - (1/2)
02/04 17:00 シリア内戦終結を目指す地雷だらけの和平協議 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/04 16:56 オバマ氏、米国のモスク初訪問 「君たちもアメリカの一部」 - BBCニュース
02/04 16:04 シリア和平協議、3週間中断 政府軍がアレッポ近郊に侵攻 | Reuters
02/04 12:25 The Huffington Post | ドローンが映したシリア。そこは想像を超えるほど荒廃していた(動画)
02/04 11:31 CNN.co.jp : 「あなたも米国の一員」 オバマ氏、国内のモスクを初訪問
02/04 11:21 オバマ氏、モスク初訪問 - 共同通信 47NEWS
02/04 11:00 The Huffington Post | シリア3歳児の溺死写真から5カ月、今でも同じことが続いている。(閲覧注意)
02/04 10:43 CNN.co.jp : 欧州でのテロの脅威、過去最高水準に 米当局者
02/04 10:40 シリア:和平「一時中断」 国連特使、アサド政権暗に批判 - 毎日新聞
02/04 10:35 米大統領がモスク初訪問、「特定の信仰への攻撃は全信仰への攻撃」 | Reuters
02/04 10:29 オバマ氏、米国内のモスク初訪問 共和党の反イスラム発言を非難 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
02/04 09:05 イスラム国がここ数年でどのくらい領土を広げたか一目で見ると : ギズモード・ジャパン
02/04 06:11 www.fnn-news.com: ドイツ、難民流入を抑...
02/04 00:57 ソマリア発旅客機で爆発 - 共同通信 47NEWS
02/04 シリア和平協議 25日まで中断 - BBCニュース

02/03 22:04 仏、非常事態を3カ月延長 - 共同通信 47NEWS
02/03 20:37 時事ドットコム:難民、3分の1が子供=ギリシャ沖-ユニセフ
02/03 18:28 「「移民が性的暴行」 少女の作り話が国際問題に」 News i - TBSの動画ニュースサイト
02/03 16:20 同時多発テロ後のパリに持ち込まれた「自粛」の空気 | 武田砂鉄 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/03 16:17 CNN.co.jp : 米軍がISISのラジオ局空爆、戦闘員29人死亡 アフガン
02/03 16:00 パレスチナ人の一斉蜂起「インティファーダ」は防げるか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
02/03 15:39 【図解】シリア:各勢力の支配地域 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/03 14:41 The Huffington Post | どんなときでも笑顔になれる。難民の子供たちの目は輝いていた(画像集)
02/03 12:48 The Huffington Post | 寝袋にもテントにもなるコート、難民救済へ 学生がデザイン
02/03 10:03 CNN.co.jp : 飛行中の旅客機で爆発、2人負傷 機体に穴 ソマリア
02/03 01:30 「イスラム国」掃討へ連携 - 共同通信 47NEWS

02/02 18:42 シリアの武装組織、ロシアによる石油貯蔵庫の爆破を否定 | Reuters
02/02 17:35 CNN.co.jp : 警察本部を狙った爆弾テロ、20人死亡 アフガン首都
02/02 16:27 The Huffington Post | 「難民が集団レイプ」13歳少女の作り話だった。ベルリンの事件
02/02 14:10 時事ドットコム:じゅうたん爆撃を否定=対IS作戦で米軍幹部
02/02 12:51 同性愛者向け難民施設、ドイツで初めて開設 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/02 11:40 CNN.co.jp : シリア和平協議、国連特使が反体制派と会談 - (1/2)
02/02 11:05 CNN.co.jp : 「難民が集団強姦」、少女の作り話だった ドイツ
02/02 09:13 米国防総省、「イスラム国」掃討予算拡大を議会に要請へ=関係筋 | Reuters
02/02 06:13 アフガンで自爆、20人死亡 - 共同通信 47NEWS
02/02 シリア難民で国は「沸点」に ヨルダン国王インタビュー - BBCニュース

02/01 16:23 CNN.co.jp : ボコ・ハラム襲撃で村が全焼、46人死亡 ナイジェリア
02/01 14:02 シリアのテロ死者71人に - 共同通信 47NEWS
02/01 12:30 ドイツに流入の難民、紛争終結後は大半が帰国する=メルケル首相 | Reuters
02/01 11:32 15年のドイツ人口は8200万人、移民流入背景に23年ぶり大幅増加 | Reuters
02/01 11:22 CNN.co.jp : 難民巡る対立激化 スウェーデンや英国で衝突、逮捕者も - (1/2)
02/01 11:00 【軍事ワールド】ISが戦闘員の給料を半額に 金欠はロシア空爆のせい…条件の良い組織に転職増えそう(1/5ページ) - 産経WEST
02/01 10:35 シリアの自爆攻撃で60人超死亡、和平協議は反体制派参加で本格化 | Reuters
02/01 09:42 CNN.co.jp : シリア首都で連続爆弾テロ、死者45人 ISISが犯行声明
02/01 08:45 独首相、難民抑制に「修正」…州議選控え : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
02/01 08:20 The Huffington Post | シリア首都で連続テロ、71人死亡か 「イスラム国」犯行声明(UPDATE)
02/01 08:10 マララさんが世界に支援呼び掛け - 共同通信 47NEWS
02/01 07:51 移民の子ども、1万人超が行方不明に ユーロポール 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
02/01 01:48 シリアのテロ、死者63人に - 共同通信 47NEWS
02/01 01:07 シリア首都周辺で爆発、45人死亡 ISが犯行声明:朝日新聞デジタル
02/01 シリアのシーア派寺院近くで爆発、50人以上死亡 IS犯行声明 - BBCニュース
02/01 シリア首都南で軍建物に爆弾攻撃 血と果物の焼けた臭い - BBCニュース
02/01 【移民危機】子どもの移民1万人以上が「行方不明」に - BBCニュース

01/31 23:46 ナイジェリア:村を襲撃、65人死亡 ボコ・ハラムか - 毎日新聞
01/31 22:46 シリア和平、本格協議始まる - 共同通信 47NEWS
01/31 13:10 CNN.co.jp : トルコ沖で難民船が転覆、子ども含む33人が死亡
01/31 11:54 テレ朝news|テレビ朝日|スウェーデン“極右”覆面集団が子どもの難民を襲撃
01/31 11:42 The Huffington Post | 難民の船がトルコ沖で沈没、約40人死亡 うち5人は子供
01/31 01:24 独首相「内戦終われば帰国を」 - 共同通信 47NEWS

01/30 23:30 スウェーデンで難民ら襲撃 - 共同通信 47NEWS
01/30 20:59 シリア和平協議:大国主導、道筋見えず - 毎日新聞
01/30 17:42 CNN.co.jp : ISISによる処刑者総数は計3895人、「国」樹立宣言後 - (1/2)
01/30 15:22 難民施設に手りゅう弾投げ込まれる ドイツ 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
01/30 10:28 The Huffington Post | 「1日中、食べて寝るだけの生活」 ドイツの小さな村で絶望する難民たち
01/30 03:07 「サウジのシーア派モスクで自爆テロ、4人死亡18人負傷」 News i - TBSの動画ニュースサイト
01/30 00:43 独、難民の家族呼び寄せ制限へ 原則2年間禁止:朝日新聞デジタル

01/29 23:18 ロシア機墜落に整備士関与か いとこが「イスラム国」 - 共同通信 47NEWS
01/29 20:34 独国民の40%「メルケル首相辞任すべき」、難民政策に不満=調査 | Reuters
01/29 18:18 英国 子どもの難民を支援へ - BBCニュース
01/29 17:49 ISISの「人間の盾」としてトルコのロシア人が標的に? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/29 14:59 CNN.co.jp : 難民船が転覆、子ども10人含む24人死亡 ギリシャ
01/29 14:23 The Huffington Post | 「過激派が信仰を強制しているのが原因」アサド政権の代理大使、シリアの難民問題を語る
01/29 12:17 The Huffington Post | 「イスラム国」を軍事作戦だけでは掃討できない、その理由とは
01/29 12:02 CNN.co.jp : 「アサドは政治的解決を望まず」 元シリア首相に単独インタビュー - (1/2)
01/29 11:00 CNN.co.jp : 大統領宮殿近くで爆発、11人死亡 ISISが声明 イエメン - (1/2)
01/29 10:59 独、難民の家族呼び寄せ制限へ - 共同通信 47NEWS
01/29 10:51 バンクシー壁画 グーグルのストリートビューに - BBCニュース
01/29 10:36 ドイツ、北アフリカ3か国を「安全な国」に認定へ 移民抑制狙い 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
01/29 06:52 仏ディズニーランドで武装男を逮捕、拳銃2丁や銃弾を所持 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
01/29 ドイツ人はなぜ偏向報道に流されるのか?「難民歓迎」熱から覚めたメディアの欺瞞と矛盾  | 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 | 現代ビジネス [講談社]

01/28 20:12 CNN.co.jp : 米軍統参議長、リビアで対ISISの本格掃討作戦を要望 - (1/2)
01/28 17:45 CNN.co.jp : 仏司法相が辞任、テロ対策での国籍剥奪案を批判
01/28 15:56 デンマーク「難民財産没収法」に抗議、アイ・ウェイウェイが作品展示を中止 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/28 12:24 The Huffington Post | アラブの春から5年、革命記念日に怯えるエジプト大統領 | Iyad El-Baghdadi
01/28 12:21 CNN.co.jp : 連続自爆テロで13人死亡、30人負傷 ナイジェリア
01/28 11:52 デンマーク議会が難民の貴重品没収を承認 強まる内向き志向 - BBCニュース
01/28 11:15 The Huffington Post | 「そうだ難民しよう!」著者のサイン会中止。書泉グランデが決めた理由は
01/28 【移民危機】スウェーデン、亡命希望却下の移民8万人を国外退去に - BBCニュース

01/27 23:44 違法行為の難民強制送還へ - 共同通信 47NEWS
01/27 21:20 時事ドットコム:法相辞任、テロ対策に抗議=政権重鎮、オランド大統領に痛手-仏
01/27 20:56 「難民しよう」著者のサイン会中止 告知後に抗議相次ぐ:朝日新聞デジタル
01/27 18:13 【移民ショック】欧州に吹き荒れる“逆風” デンマークは所持金品の徴収可能に 独バイエルン州、「憲法裁提訴辞さず」と連邦政府に政策転換を要求(1/2ページ) - 産経ニュース
01/27 15:48 CNN.co.jp : 飢餓の町の援助途絶える、住民の餓死救えず シリア - (1/2)
01/27 13:11 日本人観光客、戻ってきて! パリ市長、訪日してPRへ:朝日新聞デジタル
01/27 11:50 英仏の20校に爆破予告、生徒ら一時避難 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/27 10:42 CNN.co.jp : デンマーク、難民の財産没収法を可決 欧州の強硬姿勢に拍車 - (1/2)
01/27 10:08 移民危機に揺れるEU、シェンゲン協定の一時停止を検討 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/27 05:34 独政府に難民政策転換要求 - 共同通信 47NEWS
01/27 04:59 難民申請者から金品徴収 - 共同通信 47NEWS
01/27 【移民危機】デンマーク議会、移民の貴重品没収を承認 国連などが批判 - BBCニュース

01/26 18:54 The Huffington Post | 15歳の難民少年、22歳の施設職員の女性を刺殺 スウェーデン
01/26 16:30 シリアのパルミラ遺跡、3D複製 - 共同通信 47NEWS
01/26 14:52 CNN.co.jp : バンクシーの壁画新作、仏難民キャンプでの「催涙ガス」を批判 - (1/2)
01/26 11:52 CNN.co.jp : シリアのヌスラ戦線、ISISをしのぐ脅威 米シンクタンク - (1/3)
01/26 10:41 CNN.co.jp : 市場で連続自爆テロ、25人死亡 カメルーン
01/26 10:32 仏の移民対応批判するバンクシーの壁画、板で覆われる ロンドン 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
01/26 09:28 CNN.co.jp : 難民の15歳少年、職員の女性を刺殺 スウェーデン
01/26 06:05 民主化か軍事化か、制裁解除後のイランの岐路(後編) | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/26 シリア和平協議、29日にも開始見通し=国連 - BBCニュース
01/26 【移民危機】スウェーデンの亡命希望者施設で若者が女性職員を刺殺 - BBCニュース
01/26 仏大使館前のバンクシー壁画が話題に 難民の扱いを批判 - BBCニュース

01/25 16:30 ISISの国庫をむしばむ「納税者」大脱走 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/25 15:54 The Huffington Post | 2015年の難民認定者数の発表を受けて | 難民支援協会
01/25 14:08 CNN.co.jp : パリ同時テロ実行犯のビデオ公開 次の標的は英国か - (1/2)
01/25 【パリ連続襲撃】ISが「襲撃犯のビデオ公開」と - BBCニュース

01/24 16:55 CNN.co.jp : 米軍、対地攻撃機A10の引退見直し ISIS掃討に不可欠 - (1/2)
01/24 13:03 CNN.co.jp : 仏港に難民ら数百人乱入、35人逮捕 フェリー運航停止に
01/24 12:10 シリア国境で衝突、12人死亡 ヨルダン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/24 東京新聞:チュニジアで大規模デモ 「アラブの春」先駆け 再び治安悪化:国際(TOKYO Web)
01/24 サウジが「イラン絶縁」で迎える歴史的な岐路 | 週刊東洋経済(政治・経済) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

01/23 20:45 時事ドットコム:非常事態、延長へ=「民主主義損なう」と批判も-仏
01/23 17:18 CNN.co.jp : ロシア、シリア内に新たな空軍基地検討か トルコ国境近く - (1/2)
01/23 15:34 CNN.co.jp : イスラム教法学者の最高権威、「チェス」禁止の発言 サウジ
01/23 13:29 英内務省、移民の英語能力試験に関する声明でスペルミス 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/23 09:58 イタリア、ギリシャに104万人 - 共同通信 47NEWS
01/23 05:06 難民申請、最多7586人…大半「偽装申請」か : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

01/22 10:25 エジプト:爆弾でビル爆発、10人死亡 - 毎日新聞
01/22 09:30 CNN.co.jp : 武装集団がリゾート襲撃、自爆や銃撃で死傷者多数 ソマリア
01/22 07:31 学生守ろうと銃を手に襲撃犯に立ち向かった教員 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/22 07:26 アフガンで「イスラム国」に空爆を開始 - 共同通信 47NEWS
01/22 移民危機はEUの深刻なリスク 仏首相インタビュー - BBCニュース

01/21 18:18 CNN.co.jp : ISIS、イラク最古の修道院破壊か 建物粉々の衛星画像 - (1/2)
01/21 18:00 パキスタンで武装勢力が大学攻撃 構内に流血と弾痕と - BBCニュース
01/21 17:12 パリ同時テロ首謀者のいとこは「被害者」、家族が告訴 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/21 16:22 脱「敗戦国」へ、ドイツの選択 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/21 15:39 グーグルが説く、ネット上のISIS封じ込め策 | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/21 12:50 スペルミスで「テロリストハウス」と作文、10歳男児を聴取 英国 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/21 10:50 CNN.co.jp : キリスト教徒守って負傷したイスラム教徒の男性が死亡 ケニア
01/21 パキスタンで武装勢力が大学攻撃 構内に流血と弾痕と - BBCニュース

01/20 19:24 CNN.co.jp : ISIS、拉致住民270人を解放か シリア東部
01/20 18:30 移民たちを危険な海に トルコの密航業者に取材 - BBCニュース
01/20 17:27 「神を冒涜した」手を自ら切り落とした少年、後悔せず - BBCニュース
01/20 17:23 CNN.co.jp : 武装集団が大学襲撃、学生20人死亡 パキスタン北西部 - (1/2)
01/20 16:34 パキスタンで武装集団が大学襲撃、8人死亡 - 共同通信 47NEWS
01/20 16:00 ISIS支配下で民間人犠牲者1万9000人の地獄、国連報告書 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/20 15:29 The Huffington Post | ジハーディ・ジョン死亡、「イスラム国」が認める。後藤健二さんら殺害したと見られるイギリス人
01/20 12:04 The Huffington Post | 国連の「暴力過激主義防止の行動計画 (Plan of Action to Prevent Violent Extremism)」に、メディアも参画を | 国連広報センター
01/20 11:22 CNN.co.jp : ISIS、戦闘員の給与を半分にカット 戦費が圧迫 - (1/2)
01/20 10:57 CNN.co.jp : 米特殊部隊員、ビンラディン容疑者の遺体写真をひそかに保管
01/20 10:45 【移民ショック】難民政策で揺れる独の連立 「受け入れ限界」各地で悲鳴(1/2ページ) - 産経ニュース
01/20 10:06 イスラム国の覆面男「ジハーディ・ジョン」の死亡が正式に発表される - GIGAZINE
01/20 09:26 CNN.co.jp : ISIS、「ジハーディ・ジョン」の死亡を初めて正式発表
01/20 08:55 「イスラム国」機関誌、ジハーディ・ジョン死亡を発表=監視団体 | Reuters
01/20 06:52 「ジハーディ・ジョン」の死亡確認 - 共同通信 47NEWS
01/20 パキスタンの大学で銃撃戦 19人死亡 - BBCニュース
01/20 ISが「ジハーディ・ジョン」死亡を発表 - BBCニュース

01/19 17:37 CNN.co.jp : モロッコでベルギー人の男逮捕 パリ同時テロ実行犯と接触か
01/19 17:18 アフリカの「飢餓ベルト」に栄えるテロ組織 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/19 16:57 「テロリストの息子」が、TEDで人生の希望を語った | カルチャー&ライフ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/19 16:00 製油所空爆だけではISISの資金源は潰せない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/19 13:43 The Huffington Post | なぜトルコでテロが続いているのか 治安悪化の背景にあるのは......
01/19 11:50 CNN.co.jp : 15歳少年が自分で手を切断、神を冒涜と誤解 パキスタン
01/19 11:12 インドネシア、「イスラム国」関連の大規模攻撃を懸念=警察長官 | Reuters
01/19 10:42 CNN.co.jp : ISIS、住民400人以上を殺害か シリア東部 - (1/2)

01/18 13:30 アメリカがISISの倉庫を爆撃、舞い散る現金 : ギズモード・ジャパン
01/18 13:26 The Huffington Post | テロリストの息子 | Zak Ebrahim
01/18 11:47 CNN.co.jp : 米国人3人が行方不明に、武装集団が連れ去りか イラク首都
01/18 11:16 CNN.co.jp : ホテル襲撃の死者、外国人含め28人に ブルキナファソ
01/18 09:35 The Huffington Post | 「イスラム国」民間人400人を拉致か 300人殺害の情報も シリア北東部の戦闘
01/18 08:20 米国人3人、イラク首都で行方不明 武装集団が拉致か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/18 07:56 法王、ユダヤ教会堂を訪問 - 共同通信 47NEWS
01/18 00:47 【速報】米財務省がイランのミサイル開発で制裁 - 共同通信 47NEWS
01/18 中東大戦争は起こりうるのか?米国の“変心”で表面化したサウジ・イラン対立|ロシアから見た「正義」 “反逆者”プーチンの挑戦|ダイヤモンド・オンライン

01/17 19:29 IS、シリア東部で民間人400人以上を拉致 英NGO 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/17 19:28 イスラム国、135人殺害 - 共同通信 47NEWS
01/17 18:08 CNN.co.jp : ISISの少年兵が見た「地獄」 生還後も心の傷は消えず CNN EXCLUSIVE - (1/4)
01/17 16:54 The Huffington Post | ユダヤ人とアラブ人、すべてを越えてキスするカップルたち その背景にあったのは...(画像集)
01/17 16:22 CNN.co.jp : ISIS、シリア東部の村落で大量殺害か
01/17 16:08 「爆弾テロ実行犯は4人」と警察 - 共同通信 47NEWS
01/17 15:02 ISがシリア東部で民間人ら100人以上「虐殺」 英NGO 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/17 14:33 CNN.co.jp : イランが米国人5人釈放 米も拘束のイラン人7人を釈放
01/17 13:15 CNN.co.jp : インドネシア警察、ジャカルタ爆破テロで12人逮捕
01/17 12:45 【速報】オバマ大統領がイラン制裁一部解除に署名 - 共同通信 47NEWS

01/16 19:48 ブルキナの首都でホテル襲撃 - 共同通信 47NEWS
01/16 17:48 CNN.co.jp : ブルキナファソ首都のホテル襲撃、死者20人 人質126人解放
01/16 17:43 少年が自分の腕切断、神を冒涜したと誤解 パキスタン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/16 17:05 CNN.co.jp : ドイツ、入国拒む難民らの人数増加 集団性犯罪事件後に
01/16 15:47 CNN.co.jp : ISISの現金保管施設の空爆ビデオ公表、紙幣散乱 米軍
01/16 15:42 男性亡命希望者の公共プール利用を禁止、独自治体 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
01/16 10:27 日揮、半旗掲げ犠牲者に弔意 - 共同通信 47NEWS

01/15 18:45 The Huffington Post | 「イスラム国」に夫を殺された未亡人、Twitterを提訴 なぜ?
01/15 18:18 CNN.co.jp : 水死した難民の3歳児が「痴漢」に シャルリー・エブド風刺画に批判
01/15 17:51 ジャカルタ襲撃 目撃者が事件振り返る - BBCニュース
01/15 15:30 ISIS化するジャカルタのテロ攻撃 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/15 11:35 CNN.co.jp : エジプト軍と武装勢力が衝突、34人死亡 シナイ半島
01/15 10:46 シャルリー紙、水死のシリア男児風刺で批判 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/15 10:21 時事ドットコム:ツイッターを提訴=IS利用容認とテロ遺族-米
01/15 10:12 CNN.co.jp : ジャカルタのテロ、ISISが犯行声明 - (1/2)
01/15 09:13 シリア滞在の男が爆弾テロ関与か - 共同通信 47NEWS
01/15 09:00 IS、パキスタンTV局襲撃で犯行声明 「事実隠すな」と警告 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/15 07:47 The Huffington Post | ジャカルタ繁華街で爆発・銃撃戦、7人死亡 「イスラム国」が犯行声明【UPDATE】
01/15 ジャカルタ爆発・銃撃 ISが犯行声明 - BBCニュース
01/15 インドネシア当局が「テロ集団」を追跡―首都襲撃で - BBCニュース

01/14 21:20 【速報】インドネシアのテロで外国人4人が負傷 - 共同通信 47NEWS
01/14 21:02 「イスラム国」、ジャカルタ爆発・銃撃事件で犯行声明 | Reuters
01/14 イランが米海軍船舶をすぐ解放 核合意も背景に - BBCニュース
01/14 19:28 CNN.co.jp : イラン軍が米空母近くでロケット弾発射、米海軍が映像公開
01/14 18:12 イランが米海軍船舶をすぐ解放 核合意も背景に - BBCニュース
01/14 17:52 【速報】ジャカルタ爆発、日本大使館が窓口閉鎖 - 共同通信 47NEWS
01/14 17:16 CNN.co.jp : 独、外国人犯罪者に対する送還の基準緩和へ 集団性犯罪受け
01/14 15:55 ケルンの集団性的暴行で激震に見舞われるドイツ 揺れる難民受け入れ政策 | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/14 15:40 【速報】ジャカルタ爆発、大統領はテロとの見方示す - 共同通信 47NEWS
01/14 15:33 米アルジャジーラ閉鎖へ - 共同通信 47NEWS
01/14 15:02 CNN.co.jp : ジャカルタで爆発、4人死亡 周辺で銃撃戦も
01/14 15:02 【速報】ジャカルタ、邦人被害の情報なしと大使館 - 共同通信 47NEWS
01/14 14:49 The Huffington Post | ジャカルタ繁華街で爆発・銃撃戦、7人死亡 「イスラム国」関与か【UPDATE】
01/14 13:58 ジャカルタで爆発 狙われたのは高級ショッピングモール 自爆テロか、少なくとも3人死亡 - 産経ニュース
01/14 13:30 インドネシア:ジャカルタで爆発…3人死亡、自爆テロか - 毎日新聞
01/14 13:17 CNN.co.jp : アルジャジーラ・アメリカが放送終了へ 開局から2年半
01/14 12:15 トルコの自爆犯、事件1週間前に難民登録 「通例通り入国」 | Reuters
01/14 12:00 The Huffington Post | 封鎖されたシリアの町、飢餓に苦しむ子供たちに3カ月ぶりの支援物資
01/14 10:55 自爆テロ犯、難民として入国…トルコ首相 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/14 10:33 CNN.co.jp : イラン、米海軍船の乗員を解放 テレビに謝罪の映像 - (1/2)
01/14 10:23 The Huffington Post | 「私は決してあきらめない」 ~祖国アフガニスタンの未来を信じて、人権のために闘い続ける~ | アムネスティ日本
01/14 09:48 アフガンでパキスタン領事館襲撃、7人死亡 ISが犯行声明 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News
01/14 07:09 イスタンブール自爆攻撃、容疑者5人拘束 実行犯は難民として入国 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
01/14 トルコの警察本部で自動車爆発、母子など多数死傷 - BBCニュース
01/14 米政府、海軍兵10人の解放をイランに感謝 - BBCニュース
01/14 インドネシア・ジャカルタで連続爆発 複数死傷と - BBCニュース

01/13 21:26 パキスタンで爆発15人死亡 - 共同通信 47NEWS
01/13 19:41 【速報】イランが米船の乗員を解放 - 共同通信 47NEWS
01/13 19:31 CNN.co.jp : パリ同時テロ実行犯の拠点3カ所を特定 ベルギー当局
01/13 18:13 CNN.co.jp : 予防接種センター付近で爆発、14人死亡 パキスタン
01/13 18:12 イスタンブール名所近くで爆発 観光への打撃も - BBCニュース
01/13 17:48 トルコ自爆でロシア人3人拘束、ISIS関与の疑い | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/13 17:48 トルコ自爆でロシア人3人拘束、「イスラム国」関与の疑い=通信社 | Reuters
01/13 17:10 内戦下の医療の過酷すぎる現実 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/13 15:11 CNN.co.jp : 集団虐殺、連れ去られた子どもたち イラクの街に残る傷跡 - (1/2)
01/13 14:15 イスタンブール自爆攻撃10人死亡、首相は「イスラム国」犯行主張 | Reuters
01/13 13:44 トルコ爆発テロ、容疑者は「難民として入国」 現地報道:朝日新聞デジタル
01/13 13:01 CNN.co.jp : 「昔とは別人」 新ジハーディ・ジョンの妹が語る - (1/3)
01/13 10:34 CNN.co.jp : 爆発は「ISISの自爆テロ」、トルコ首相が断言 - (1/2)
01/13 09:59 イランが米海軍のボート2隻拿捕、13日に米側に引渡しへ | Reuters
01/13 09:47 The Huffington Post | 激動の時代-理性と寛容、そして行動の人  ヴォルテールに学ぶ | 畑恵
01/13 09:36 CNN.co.jp : イラン、米海軍の船舶2隻を拿捕 乗組員10人拘束 - (1/2)
01/13 09:19 The Huffington Post | ヒラリー・クリントンによって対IS戦略はどう変わるのか? | 室橋祐貴
01/13 00:51 トルコで自爆テロ10人死亡 - 共同通信 47NEWS
01/13 イラン、米海軍船舶を拿捕 乗務員10人を拘束 - BBCニュース

01/12 23:00 同時テロ2か月…仏政権、憲法改正へ動き本格化 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/12 19:18 www.fnn-news.com: 「イスラム国」の歌う戦闘員の映像公開 宣伝で最も重要な役割
01/12 19:11 CNN.co.jp : イスタンブール中心部で爆発 10人死亡、15人負傷
01/12 19:00 シリア、内戦終結には新憲法制定が必要=ロシア大統領 | Reuters
01/12 18:25 トルコ:イスタンブールで爆発10人死亡…IS関与テロか - 毎日新聞
01/12 18:25 トルコ:イスタンブールでIS自爆テロ…10人死亡 - 毎日新聞
01/12 17:56 【速報】イスタンブール観光地で爆発 - 共同通信 47NEWS
01/12 12:14 CNN.co.jp : 飢餓の町に支援物資届く、3カ月ぶり シリア
01/12 10:17 CNN.co.jp : 中東系男性へ相次ぐ集団暴行、難民に風当たり強まる ドイツ - (1/2)
01/12 09:41 CNN.co.jp : 米軍、ISISの「金庫」を爆撃 数百万ドルの打撃か
01/12 07:48 イラク首都などで銃撃・爆弾事件、30人以上死亡 ISが犯行声明 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
01/12 バグダッドのショッピングセンターで襲撃 ISが犯行声明 - BBCニュース
01/12 包囲で飢えるシリア・マダヤに援助物資届く - BBCニュース
01/12 包囲されたシリアの町 葉っぱのスープで空腹しのぐ - BBCニュース
01/12 【移民危機】ドイツ、移民をオーストリアに送還 - BBCニュース

01/11 17:49 ドイツ集団犯罪の被害5百件超 - 共同通信 47NEWS
01/11 15:47 CNN.co.jp : 包囲され孤立した町、4万人に飢えの危機 シリア - (1/3)
01/11 12:44 イスラム教徒の世界的集会、閉幕で一斉に帰路 バングラデシュ 写真25枚 国際ニュース:AFPBB News
01/11 10:47 CNN.co.jp : 国境なき医師団の病院に爆撃、14人死傷 イエメン
01/11 10:04 CNN.co.jp : 厳戒態勢続くパリ、テロ犠牲者の追悼式 大統領ら参加
01/11 09:40 仏風刺週刊紙襲撃事件から1年、静かに追悼行事 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News
01/11 08:14 イエメンの「国境なき医師団」診療所、攻撃を受け4人死亡  写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/11 06:08 www.fnn-news.com: パリで起きた2つのテロ事件の犠牲者を追悼する集会
01/11 02:59 独で女性襲撃多発、難民への反感強まる メルケル氏窮地:朝日新聞デジタル
01/11 大みそかの独ケルン駅集団暴行・窃盗、被害は500件以上に - BBCニュース

01/10 21:21 パリで昨年のテロ犠牲者追悼式典 - 共同通信 47NEWS
01/10 20:07 ロシア軍が捕虜施設を空爆か、57人以上が死亡 シリア:朝日新聞デジタル
01/10 15:48 「メルケル首相、難民による犯罪の罰則強化へ」 News i - TBSの動画ニュースサイト
01/10 15:26 CNN.co.jp : 大みそかの集団性犯罪に抗議、デモ隊と警察が衝突 独ケルン
01/10 14:19 The Huffington Post | ドイツの集団性的暴行、極右の抗議デモが暴徒化 難民規制は強化へ(画像)
01/10 12:32 CNN.co.jp : ISIS幹部、イラク軍の空爆で死亡 戦闘部隊率いる
01/10 11:28 The Huffington Post | 脚を失ったシリア難民、ベルリンを目指す その危険な長旅の記録【画像集】
01/10 11:16 独首相、有罪判決受けた難民の処分厳格化を支持 国外追放も視野 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
01/10 10:09 CNN.co.jp : イランのサウジ大使館襲撃、湾岸6カ国が「テロ行為」と非難 - (1/2)
01/10 09:59 時事ドットコム:パリ警察襲撃犯、難民申請か=収容施設を捜索-独
01/10 09:14 ドイツの集団性犯罪、難民を捜査 - 共同通信 47NEWS
01/10 08:29 独ケルン、新年の暴行事件379件 容疑者の大半が移民・難民 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/10 08:29 シリア空爆で57人死亡 - 共同通信 47NEWS
01/10 00:33 時事ドットコム:首都郊外、警官と兵士射殺=IS犯行声明-エジプト
01/10 もし「ル・ペン大統領」が登場すれば、フランスは崩壊する!? | 日刊SPA!
01/10 東京新聞:大みそか 欧州各地で女性襲撃 容疑者に難民申請者22人:国際(TOKYO Web)

01/09 22:53 時事ドットコム:有罪判決後、速やかに追放=難民申請者に厳しい姿勢-メルケル独首相
01/09 22:23 IS戦闘員、母親を「公開処刑」 - 共同通信 47NEWS
01/09 21:10 米国:ネット上のIS対抗戦略構築へ IT企業と連携も - 毎日新聞
01/09 21:05 断交:イラン「緊張激化望まず」サウジ「戦争あり得ない」 - 毎日新聞
01/09 20:49 シリア:アサド政権包囲の町 最後の食料支援搬入は10月 - 毎日新聞
01/09 17:32 CNN.co.jp : 地中海渡航中に死亡した難民、昨年は3771人と過去最高
01/09 17:15 The Huffington Post | 「イスラム国」戦闘員、母親を公開処刑か 一体なぜ
01/09 16:47 亡命希望者に女性尊重の講義、ノルウェー 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/09 15:32 The Huffington Post | 2016年にムスリムが願う10のこと | Taufiq Rahim
01/09 14:44 CNN.co.jp : 男2人、リゾート地のホテル襲撃 外国人客刺す エジプト
01/09 13:45 www.fnn-news.com: エジプト・観光客襲撃事件 「イスラム国」が犯行声明
01/09 13:34 CNN.co.jp : ISIS戦闘員、母親を公開処刑 背教理由に 人権団体
01/09 12:37 CNN.co.jp : 大みそかの暴行、容疑者18人は亡命希望者 独ケルン - (1/2)
01/09 11:24 本当の危機は断交ではなく、ISを利する民衆感情の悪化【サウジ・イラン断交(後編)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/09 10:43 CNN.co.jp : 米フィラデルフィアで警官銃撃 容疑者は「イスラム国」に忠誠
01/09 09:07 IS忠誠の男、至近距離から11発発砲、警官重傷 「アラーに従い銃撃」米フィラデルフィア - 産経ニュース

01/08 20:46 ベルギーで自爆ベルト発見 - 共同通信 47NEWS
01/08 16:27 サウジ連合軍とイエメン、イラン大使館空爆を否定 | Reuters
01/08 16:20 シーア派指導者処刑はサウジの「国内対策」だった【サウジ・イラン断交(前編)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/08 16:00 「パリは隙だらけ」週刊誌襲撃から一年目に再び起きたテロ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/08 15:08 【Q&A】スンニ派とシーア派、どう違う? 写真1枚国際ニュース:AFPBB News
01/08 15:00 閉ざされた「愛の橋」 寛容の国スウェーデンまで国境管理 | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/08 11:35 イスラム国も無人自動車を制作、自爆テロの人員損耗を抑える。体温あるマネキンで監視センサを欺瞞 - Engadget Japanese
01/08 10:54 CNN.co.jp : イラン「サウジが在イエメン大使館を空爆」
01/08 10:44 大みそかの性犯罪、スイスやフィンランドでも 難民申請者が計画か 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
01/08 10:31 ソマリア:イラン断交を発表 サウジに同調か - 毎日新聞
01/08 09:45 CNN.co.jp : パリの警察署に刃物男、警官が射殺 シャルリー襲撃から1年
01/08 08:14 The Huffington Post | 「シャルリー・エブド」事件から1年。「神は偉大なり」と叫び警察署を襲撃した男を射殺(動画・画像)
01/08 ドイツの「集団性犯罪」被害届は100件超!それでもなぜメディアは沈黙し続けたのか? タブー化する「難民問題」 | 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 | 現代ビジネス [講談社]
01/08 パリの警察署前で男性射殺 「シャルリ・エブド」襲撃から1年 - BBCニュース
01/08 包囲されたシリアの町に援助物資搬入へ 住民餓死と - BBCニュース

01/07 17:21 レスボス島の浜辺にまた遺体が…ゴムボートの30人以上が死亡 - BBCニュース
01/07 15:39 ISに殺害されたビデオの5人 一般市民が自白強要され - BBCニュース

01/06 23:45 ジブチもイラン断交 - 共同通信 47NEWS
01/06 21:38 サウディ・イラン対立の深刻度 | 酒井啓子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/06 21:37 難民:子供含む34遺体、トルコ海岸で見つかる 船転覆か - 毎日新聞
01/06 19:05 The Huffington Post | ドイツで女性90人が「強盗・レイプ被害」 犯人は難民? 社会は騒然
01/06 18:58 サウジとの断交、原油市場への影響は一時的=イラン政府高官 | Reuters
01/06 17:57 ドイツでの難民申請者、2015年は109万人 | Reuters
01/06 15:19 イランは原油価格競争望まず、輸出拡大は段階的に=国営石油幹部 | Reuters
01/06 15:17 CNN.co.jp : 戦闘で米兵3人死傷、治安部隊との共同作戦 アフガン南部
01/06 14:29 イランとサウジアラビア 対立の理由は宗教なのかそれとも - BBCニュース
01/06 13:49 The Huffington Post | サウジアラビアでの大量処刑、王政の矛盾を覆い隠す意図か【イランと断交】 | 宮田律
01/06 10:35 CNN.co.jp : 大みそかに強盗や性犯罪が多発、難民巡る論議に ドイツ - (1/2)
01/06 09:43 CNN.co.jp : ISIS宣伝ビデオの覆面男、身元判明か 英
01/06 00:18 エーゲ海沿岸で34人の遺体発見 トルコからの難民か:朝日新聞デジタル

01/05 22:56 ロシアやトルコ、仲介に名乗り サウジとイランの対立:朝日新聞デジタル
01/05 21:57 米国、ロシアなど仲介外交本格化 - 共同通信 47NEWS
01/05 21:54 【移民ショック】北欧2カ国が入国審査を強化 難民16万人超殺到するスウェーデンとデンマーク  - 産経ニュース
01/05 21:34 連続テロ追悼のプレート除幕 - 共同通信 47NEWS
01/05 21:30 仏紙襲撃事件からまもなく1年、追悼行事始まる 仏大統領も参列 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
01/05 21:10 【イスラム国(IS)】覆面男「第2のジハーディ・ジョン」はインド系英国人か テロ準備容疑で逮捕・保釈中、結婚を機に改宗 - 産経ニュース
01/05 20:59 ロシア外務省、イスラム国が化学兵器使用の可能性指摘=通信社 | Reuters
01/05 20:36 英首相がサウジ訪問延期、イランとの断交は無関係=報道 | Reuters
01/05 16:12 IS動画の覆面男とみられる英国人 過激思想を臆せず主張 - BBCニュース
01/05 16:10 サウジ・イラン断交は原油価格上昇を狙った「一種のヤラセ」 | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/05 16:05 「難民受け入れは年間20万人が限界」独バイエルン州首相 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News
01/05 15:38 The Huffington Post | 2016年 「競争より連帯を。人を出し抜くよりそっと支える社会」をめざそう | 保坂展人
01/05 15:30 米当局、シーア派指導者の処刑前にサウジに懸念表明 | Reuters
01/05 13:30 CNN.co.jp : ISISが宣伝動画か、新たな「ジハーディ・ジョン」の姿も - (1/3)
01/05 13:18 スウェーデンとデンマーク、国境で身分証検査開始 難民流入制限 | Reuters
01/05 12:42 CNN.co.jp : スウェーデン、難民流入で国境管理を厳格化 通勤客にも影響 - (1/2)
01/05 11:55 CNN.co.jp : ISIS、支配の秘密は地下のトンネル網 空爆避け隠密行動 CNN EXCLUSIVE - (1/2)
01/05 10:53 CNN.co.jp : サウジとイランの対立、近隣諸国にも拡大 - (1/2)
01/05 09:24 米国政府、ISIS対策でソーシャルメディア各社を召喚 : ギズモード・ジャパン
01/05 サウジ・イラン断交 トルコが自制求める - BBCニュース
01/05 IS動画の覆面男 英当局が特定か - BBCニュース

01/04 19:35 ロシア、イランとサウジを仲裁する用意ある―外交筋=RIA | Reuters
01/04 19:35 イラク、複数のスンニ派モスクが襲撃される | Reuters
01/04 19:35 バーレーンもイランと断交 - 共同通信 47NEWS
01/04 18:07 アフガン首都の空港付近で自爆攻撃、けが人はなし | Reuters
01/04 17:56 The Huffington Post | 難民申請を取り消したい。スウェーデンに渡ったシリア難民の苦悩
01/04 17:08 The Huffington Post | 公開処刑で斬首、投石...1日で47人が死刑執行されたサウジアラビアの人権状況は
01/04 16:52 【イスラム国(IS】2代目「ジハーディ(聖戦士)・ジョン」か 「英スパイ」5人殺害映像公開 英国を脅迫(1/2ページ) - 産経ニュース
01/04 13:13 サウジ、イランと断交…大使館襲撃への対抗措置 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/04 12:47 サウジがイランと断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化 | Reuters
01/04 11:26 CNN.co.jp : トランプ氏、テロ勧誘ビデオめぐる批判に反論
01/04 10:09 CNN.co.jp : サウジ、イランと国交断絶 シーア派指導者処刑で対立激化 - (1/2)
01/04 09:56 「トランプ氏「クリントン氏とオバマ氏が『イスラム国』作った」」 News i - TBSの動画ニュースサイト
01/04 09:24 サウジで処刑されたニムル師はどんな人物か - WSJ
01/04 08:19 The Huffington Post | サウジアラビア、イランと断交 大使館襲撃に対抗措置
01/04 07:22 アフガンでインド領事館襲撃、空軍基地に続き 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/04 05:13 ISが映像で英国批判 - 共同通信 47NEWS
01/04 04:45 「サウジのシーア派指導者ら処刑、宗派対立深刻化懸念」 News i - TBSの動画ニュースサイト
01/04 今年も「私たちにはできる」のか 難民受け入れる独の保守的な町 - BBCニュース
01/04 米英とロシア、「無敵の結束」は復活するのか  - BBCニュース
01/04 IS、「英スパイ処刑」の動画を公開 - BBCニュース
01/04 イランと断交を発表 サウジ外相  - BBCニュース

01/03 23:54 難民船転覆、2歳男児死亡 - 共同通信 47NEWS
01/03 23:09 イラク治安部隊15人死亡 - 共同通信 47NEWS
01/03 20:48 聖職者含む47人死刑執行…イラン反発、襲撃も : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/03 20:40 英BBCにサイバー攻撃か - 共同通信 47NEWS
01/03 20:12 【サウジ・シーア派処刑】バーレーンやイラクにも抗議デモ拡大 スンニ派との宗派対立深まる(1/2ページ) - 産経ニュース
01/03 17:52 The Huffington Post | サウジアラビア大使館、イランの群衆が襲撃 シーア派指導者の処刑に抗議(動画・画像)
01/03 16:32 イラン、群衆がサウジ大使館襲撃 - 共同通信 47NEWS
01/03 16:07 ギリシャ沖でボート転覆、移民の2歳男児が水死 死亡者は今年初 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
01/03 15:41 CNN.co.jp : ラマディ近郊で自爆テロ、20人死傷 完全掃討にはなお時間
01/03 10:01 CNN.co.jp : サウジ、シーア派指導者ら47人処刑 イランと非難の応酬も - (1/2)
01/03 04:19 「声」と「音楽」を武器にISと闘うクルド人女性アーティスト | VICE JAPAN

01/02 21:27 ドイツ:テロ情報、ミュンヘンで2駅一時封鎖…当局が捜査 - 毎日新聞
01/02 20:33 サウジが「テロ関与」と47人処刑  シーア派高位聖職者も - 産経ニュース
01/02 19:21 イスラム過激派が空軍基地を襲撃、2人死亡 インド北部 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
01/02 13:44 テルアビブのパブで銃乱射、9人死傷 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
01/02 13:22 アフガンで爆発、子供死亡 - 共同通信 47NEWS
01/02 10:34 時事ドットコム:モスク警備兵に車突進=仏
01/02 09:36 テロはどこで起きる?「情報」が海外駐在員を守る グローバル時代の危機管理で重要な3つのこと | JBpress(日本ビジネスプレス)
01/02 09:35 www.fnn-news.com: 米・NY州で大みそかにテロを計画した疑い 男を逮捕・訴追
01/02 07:41 フランス料理店に自爆攻撃、17人死傷 アフガニスタン 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
01/02 05:58 www.fnn-news.com: 新年迎えた欧米各国ではテロへの警戒続く イベントなどに影響も
01/02 05:56 テレ朝news|テレビ朝日|「イスラム国」自爆テロ情報 ドイツで警戒続く

01/01 20:33 米ニューヨーク 厳重警戒の中での年越し|日テレNEWS24
01/01 18:19 独にISテロ計画の情報 年越しのミュンヘン駅一時閉鎖:朝日新聞デジタル
01/01 17:48 テレ朝news|テレビ朝日|新たなテロ情報 史上最大の警備でカウントダウン
01/01 17:06 CNN.co.jp : 米国の中のムスリム その真実の姿とは - (1/3)
01/01 09:20 CNN.co.jp : 独ミュンヘン、駅2カ所から人々が避難 テロ情報受け
01/01 06:57 イスラエル電力公社、「深刻な」ハッキング攻撃の被害に « WIRED.jp
01/01 06:28 IS幹部のヤサで発見された大量のコカイン | VICE JAPAN
01/01 02:47 パリの大晦日・新年ホテル予約30─40%減、同時攻撃影響続く | Reuters

12/31 18:14 難民流入、あすのチャンスに メルケル独首相が国民向け演説 | Reuters
12/31 17:57 ヤジディー教徒3000人超がIS拘束下に、拉致経験ある女性証言 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
12/31 17:44 ベルギーで年越しの打ち上げ花火中止 「リスク冒さぬ」:朝日新聞デジタル
12/31 16:49 The Huffington Post | 区議と女子高生と愉快なイラン人マスターの、イスラム教とISを学ぶ一夜 | 中妻じょうた
12/31 15:26 The Huffington Post | イエメンはシリアより最悪な状況なのか? | 室橋祐貴
12/31 11:47 テレ朝news|テレビ朝日|大晦日にテロ計画…「イスラム国」戦闘員か2人拘束
12/31 10:13 CNN.co.jp : ベルギー首都、新年の行事を中止 テロ警戒
12/31 09:29 地中海渡り欧州上陸の難民、年間100万人超に : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
12/31 新年花火中止のブリュッセルで6人逮捕 世界各地で警備強化 - BBCニュース
12/31 積み上げられた救命胴衣 移民の上陸続くレスボス島 - BBCニュース

12/30 21:05 トルコ警察が「自爆攻撃準備」の戦闘員2人を拘束、イスラム国か | Reuters
12/30 17:34 ISから奪還のラマディ、救出された市民の姿 - BBCニュース
12/30 14:09 「イスラム国」壊滅へイラク首相「最終決戦」 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
12/30 13:58 www.fnn-news.com: パキスタンで自爆テロ 少なくとも23人死亡、70人以上が負傷
12/30 13:34 CNN.co.jp : 米軍主導の有志連合、空爆でISIS指導者10人を殺害 - (1/2)
12/30 11:29 CNN.co.jp : ベルギーで年末年始にテロ計画か、2人逮捕
12/30 10:02 CNN.co.jp : イラン海軍、米空母の近くにロケット発射
12/30 ISから奪還のラマディ、救出された市民の姿 - BBCニュース
12/30 【移民危機】2015年に海から欧州到達の移民・難民は100万人以上 - BBCニュース

12/29 19:36 The Huffington Post | 安田純平さん拘束・身代金要求の発表、国境なき記者団が撤回
12/29 14:02 The Huffington Post | 日本は難民を受け入れる義務があるのか? 難民支援協会トークイベントレポート | TRiPORT(トリポート)
12/29 13:44 CNN.co.jp : 対テロ戦争、「勝者はテロリスト」 米世論調査
12/29 10:20 CNN.co.jp : イラク軍、ラマディ「解放」を宣言 政府庁舎に国旗掲揚 - (1/2)
12/29 イラク首相 IS掃討を約束 - BBCニュース

12/28 17:46 イラク軍が要衝を奪回 敗走から半年余りで - BBCニュース
12/28 17:19 The Huffington Post | ロイターのベテラン写真家が振り返る、2015年のギリシャと難民危機
12/28 15:23 The Huffington Post | 難民たちが働くウィーンのホテルが見せる、本当のおもてなし
12/28 13:24 IS戦闘員4人を斬首、有力政治家の支持派が「報復」アフガン 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
12/28 12:29 ドイツ、難民の子ども教育に教員8500人採用 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
12/28 12:14 「イスラム国」支配下の要衝ラマディ、イラク軍が政府庁舎制圧」 News i - TBSの動画ニュースサイト
12/28 11:53 ISと戦うのは自分も同じ――英国籍の戦闘員語る - BBCニュース
12/28 09:36 CNN.co.jp : イラク要衝の奪還作戦、ISISが政府庁舎から撤退

12/27 19:36 The Huffington Post | テロ襲撃、難民、人質事件。ハフポスト各国版が振り返る「激動の2015年」
12/27 17:18 The Huffington Post | ブルームバーグが予測する2016年最悪のシナリオー来年は中東、欧州が主役の年に | 室橋祐貴
12/27 11:19 CNN.co.jp : ISIS、新たな音声テープ公開 最高指導者が戦闘員激励か
12/27 09:37 CNN.co.jp : 欧州の複数都市にテロの脅威 各地で警戒強化

12/26 19:16 イラク・バスラの復興を阻むもの | 酒井啓子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/26 13:12 イスラム教礼拝所をデモ参加者が破壊 仏コルシカ島 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
12/26 12:44 CNN.co.jp : シリア反体制派の司令官、空爆で死亡
12/26 10:51 ローマ法王:ISの蛮行ストップで国際社会が一致団結を - 毎日新聞

12/25 13:53 ISIS信奉者が「仲間に入れ」とミス・イラクを脅迫 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/25 11:50 CNN.co.jp : ロシアがタリバーンと情報共有、対ISISで - (1/2)
12/25 シリア首都近くの難民キャンプ 反政府勢力が撤退か - BBCニュース

12/24 19:33 CNN.co.jp : ロシア旅行会社、内戦のシリア観光を企画 「前線」見学も - (1/2)
12/24 17:33 安田純平さん「シリアの武装勢力が身代金要求」、ジャーナリスト団体が声明―情報の信ぴょう性には疑問も | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/24 17:15 ラマディ陥落か、ISISで残ったのは外国人戦闘員だけ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/24 13:40 市民が無差別攻撃に ロシアのシリア空爆を人権団体が非難 - BBCニュース
12/24 11:24 アフガン南部州、タリバン攻勢で陥落の危機 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
12/24 11:22 The Huffington Post | イメージだけじゃ語れない。女一人でイスラム圏を旅して気付いたこと | TABIPPO.NET
12/24 10:56 部族社会に逆戻りするアラブ世界 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/24 10:56 The Huffington Post | 安田純平さんはどんな人? シリアで拉致の情報、過去にはイラクで一時拘束も
12/24 10:34 CNN.co.jp : ロシアのシリア空爆、民間人数百人が死亡 人権団体報告書 - (1/2)
12/24 上司の首切断のテロ被告、刑務所で自殺 - BBCニュース
12/24 英ムスリム家族のディズニーランド観光、米当局に阻止され  - BBCニュース

12/23 21:47 The Huffington Post | 「安田純平さん、シリアで拘束」 国境なき記者団が声明、フリージャーナリスト
12/23 21:27 イラク軍、近く要衝奪還へ - 共同通信 47NEWS
12/23 20:52 国境なき記者団:「安田純平さん、シリアで拘束」声明掲載 - 毎日新聞
12/23 17:16 CNN.co.jp : 欧州への難民、100万人を突破 死者・不明者3700人
12/23 17:10 トルコの空港で爆発 - 共同通信 47NEWS
12/23 17:00 The Huffington Post | 見えてきた別世界 − 陸路の国境越えで文化の違いを知った | TRiPORT(トリポート)
12/23 15:35 The Huffington Post | 英国で温かく迎えられたシリア難民の家族 | アムネスティ日本
12/23 14:23 The Huffington Post | ノルウェー新設「移民大臣」が難民受け入れ施設を訪問 | 鐙麻樹
12/23 13:15 CNN.co.jp : 男2人を逮捕、テロ計画の疑い フランス
12/23 13:15 CNN.co.jp : 男2人を逮捕、テロ計画の疑い フランス
12/23 11:48 CNN.co.jp : イラクで43年ぶりミスコン、殺人予告にも屈せず
12/23 10:23 CNN.co.jp : バス襲撃、イスラム教徒がキリスト教徒を守る ケニア - (1/2)
12/23 09:44 CNN.co.jp : イラク軍が要衝ラマディに進攻、中心部奪還へ - (1/2)

12/22 21:22 欧州への難民ら100万人超 - 共同通信 47NEWS
12/22 21:08 時事ドットコム:「みんなイスラム教徒」=公開書簡でトランプ氏非難-ムーア監督
12/22 19:29 CNN.co.jp : タリバーン、アフガン南部の要衝をほぼ制圧
12/22 18:09 IS支配地域、今年14%縮小 米シンクタンク 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
12/22 17:48 米国の19歳少年、ツイッターアカウント57個でISISの勧誘活動して逮捕 : ギズモード・ジャパン
12/22 17:02 過激派襲撃からキリスト教徒を守ったムスリムの勇気 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/22 12:24 CNN.co.jp : 米NY州のダム、ハックされていた イランからの攻撃か
12/22 12:06 CNN.co.jp : カブールで米国人女性殺害 容疑者はイスラム学者
12/22 10:44 子どもが自爆、自爆犯3人含む9人死亡、ナイジェリア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
12/22 09:32 CNN.co.jp : アフガンの国際部隊に自爆テロ 米兵6人死亡
12/22 ケニアで襲撃 ムスリム、キリスト教徒をかばう - BBCニュース

12/21 15:14 IS、「万単位」の盗難旅券を入手か 独紙 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
12/21 13:24 CNN.co.jp : ミス・プエルトリコ、反イスラム発言で無期限の資格停止に
12/21 「ロシアのシリア空爆」で数十人死亡と 市場やオフィス - BBCニュース
12/21 イスラム教徒はキリストの生誕を祝うのか? クリスマスにイスラム国、宗教について考えてみよう | JBpress(日本ビジネスプレス)

12/20 19:25 難民:エーゲ海上で密航船悲劇 18日は子ども15人犠牲 - 毎日新聞
12/20 17:09 CNN.co.jp : プーチン大統領、「必要なら」先端兵器投入も シリア情勢
12/20 13:08 CNN.co.jp : 米主導の空爆で誤爆、イラク軍兵士が死亡
12/20 11:47 CNN.co.jp : トルコ政府、イラク・モスル近郊からの部隊移動を表明
12/20 09:43 CNN.co.jp : 大規模難民キャンプでコレラ流行、7人死亡 ケニア

12/19 18:21 ISと戦う女性キリスト教徒部隊、シリア 写真19枚 国際ニュース:AFPBB News
12/19 17:43 The Huffington Post | ウィー・アー・オール・ムスリム 私たちはみんなイスラム教徒だ | Michael Moore
12/19 15:28 The Huffington Post | あなたの隣人であるムスリムからのメッセージ | Melody Moezzi
12/19 15:00 アラビア語の宿題、世論反発で学区閉鎖 米国 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
12/19 12:06 CNN.co.jp : 米高校でイスラム教の文言書き取りの宿題、親から批判殺到 - (1/2)
12/19 11:06 The Huffington Post | パリ同時テロから一ヶ月 ― テロとの闘いの核心とは何か | 畑恵

12/18 17:10 難民キャンプから英名門校へ、パレスチナ少年がつかんだチャンス 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
12/18 10:49 The Huffington Post | Refugee Camp Report その3 | 松木耕
12/18 09:55 CNN.co.jp : 米カリフォルニアの銃乱射テロ、容疑者の友人を逮捕

12/17 17:15 自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/17 16:53 The Huffington Post | 「僕の目の前でママが燃えちゃった」 7歳の少年がイエメン内戦の恐怖を訴える
12/17 16:10 ISが石油価格に与える影響─ 輸出ルートを潰した後で | 石井孝明 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/17 14:17 The Huffington Post | マララさん、トランプ氏を一喝「さらに多くのテロリストが生まれます」
12/17 13:35 CNN.co.jp : ロシアのシリア空爆拠点、ヘメイミーム空軍基地を取材 CNN EXCLUSIVE - (1/2)

12/16 17:58 米大統領選に向けた共和党討論会 - 共同通信 47NEWS
12/16 15:20 CNN.co.jp : EU、国境警備機関の新設を検討 難民・移民大量流入で
12/16 09:55 CNN.co.jp : パリ郊外で発見の自爆ベルト、逃走容疑者が着用と断定 - (1/2)

パリ同時多発テロに関するトピックス:朝日新聞デジタル

12/15 21:56 難民らのギリシャ流入が減少 - 共同通信 47NEWS
12/15 21:23 日航、成田―パリ便を一時運休 - 共同通信 47NEWS
12/15 19:22 The Huffington Post | 命からがらドイツへ逃げて来た『シリア難民の友達』にインタビューしてみた | 藤沢祐子(wasabi)
12/15 18:52 CNN.co.jp : イスラム教国による対テロ連合、サウジ主導で結成
12/15 11:55 CNN.co.jp : 「ジョブズ氏は移民の子」、仏難民キャンプにバンクシー新作 - (1/2)
12/15 11:24 CNN.co.jp : 下取りのトラックが社名入りのまま武装勢力に 配管業者が訴訟
12/15 11:21 The Huffington Post | テロから何を学ぶべきなのか/矛盾する『政治』と『経済』と『文化』 | 風観羽
12/15 10:32 CNN.co.jp : 「ISISに襲われた」、教員の虚言で治安部隊出動 パリ

12/14 16:08 グーグル、テロ撲滅に「ヘイトチェッカー」を提案 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

12/13 17:07 CNN.co.jp : ISISの「財務相」、空爆で死亡 資金調達に打撃
12/13 16:14 The Huffington Post | マドンナ、パリ襲撃の犠牲者に歌を捧げる「私たち全員に光が必要です」(動画) | Carly Ledbetter
12/13 12:26 CNN.co.jp : ジュネーブでシリア系の2人逮捕、爆発物製造などの容疑

12/12 10:01 CNN.co.jp : アフガン首都のスペイン大使館付近で爆発、8人負傷か
12/12 11:49 CNN.co.jp : ISIS、奪ったシリア政府の設備で偽造パスポート作成か

12/11 17:25 CNN.co.jp : ISISの資金源根絶へ 銀行閉鎖、金融関係者に制裁 - (1/2)
12/11 15:48 モスク幻像、あるいは世界史的想像力 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/11 11:29 CNN.co.jp : パリ同時テロ、ジュネーブで容疑者5人捜索 テロも警戒
12/11 08:35 The Huffington Post | シリアで最も行き場のないのは難民ではない。国内に閉じ込められている人々なのだ

12/10 21:03 CNN.co.jp : ロシア、ISIS空爆で戦力拡大 潜水艦が巡航ミサイル発射
12/10 18:33 CNN.co.jp : 米国のイスラム教徒への嫌がらせ激増、ホットライン報告
12/10 17:46 アノニマスがISISへの一斉攻撃を呼び掛け | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/10 16:18 CNN.co.jp : 米国、イラクに戦闘ヘリ供与も ラマディ奪還作戦 - (1/2)
12/10 15:36 CNN.co.jp : マドンナ、同時テロ追悼の広場でゲリラライブ パリ - (1/2)
12/10 14:40 CNN.co.jp : 反体制派の拠点ホムスで停戦合意、市民らが避難 シリア
12/10 10:54 CNN.co.jp : 米国でのテロの脅威、「9・11後最大」 FBI長官
12/10 09:29 CNN.co.jp : アフガン南部の襲撃、死者37人に タリバーンが犯行声明

12/09 20:03 CNN.co.jp : コンサート会場襲撃犯、3人目の身元特定 パリ同時テロ
12/09 17:12 CNN.co.jp : 米加州銃乱射事件の容疑者、3年前にもテロを計画か - (1/2)
12/09 17:00 支持者は歓迎、トランプ「イスラム入国禁止」提案 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/09 13:23 CNN.co.jp : ロシア、フランスに子犬を贈呈 殉職した警察犬の後任に
12/09 12:21 米政府、トランプ氏を非難 - 共同通信 47NEWS
12/09 11:54 CNN.co.jp : イラク軍、要衝ラマディの6割をISISから奪還 - (1/2)
12/09 10:52 CNN.co.jp : ISIS、米国製の武器を大量入手 アムネスティ報告書 - (1/2)

12/08 18:09 CNN.co.jp : 米銃乱射容疑者、事件前に射撃練習 過激化は2年以上前か - (1/2)
12/08 18:00 アラブ「独裁の冬」の復活 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/08 16:57 トランプ氏、イスラム教徒の米入国禁止を提案 | Reuters
12/08 11:05 CNN.co.jp : 「全てのイスラム教徒を入国禁止に」 トランプ氏が主張 - (1/2)

12/07 15:51 CNN.co.jp : フランス地方選 極右政党が躍進、テロ不安が追い風 - (1/2)
12/07 12:30 CNN.co.jp : オバマ米大統領がテレビ演説、テロ撲滅へ改めて決意
12/07 11:47 CNN.co.jp : 対ISIS戦の地上部隊派遣、過半数が支持 米世論調査で初 - (1/2)
12/07 11:31 The Huffington Post | フランス地域圏議会選挙で極右が歴史的圧勝 移民制限訴え支持広げる
12/07 10:56 米大統領、銃乱射は「テロ」断定 - 共同通信 47NEWS
12/07 10:39 CNN.co.jp : 米乱射事件の容疑者、「ISISに賛同」 父親が語る
12/07 10:19 CNN.co.jp : ロンドン地下鉄駅刺傷事件、テロとして捜査
12/07 09:38 The Huffington Post | Refugee Camp Report その2 | 松木耕
12/07 09:24 The Huffington Post | 対テロ戦争・欧州は米国の誤りを繰り返すな | 熊谷徹
12/07 「あんたなんかムスリムじゃないぜ」 ロンドン地下鉄の刺傷テロに - BBCニュース

12/06 13:28 CNN.co.jp : 英空軍、ISISの油田を攻撃 資金源壊滅へ
12/06 10:49 CNN.co.jp : 米カリフォルニア銃乱射 「支持者」の犯行、ISISが宣言
12/06 10:35 ロンドン地下鉄駅で3人刺される、警察当局「テロとして捜査」 | Reuters
12/06 07:57 シリアから入国試みたIS戦闘員8人拘束、3人は子ども トルコ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

12/05 21:04 米銃乱射「支持者2人の犯行」 - 共同通信 47NEWS
12/05 16:41 CNN.co.jp : 米空軍、ISIS爆撃用の爆弾不足に 使用増大で - (1/2)
12/05 15:58 CNN.co.jp : ISISと関係か、シリア人10人がタイ入国 ロシア施設のテロ画策も
12/05 15:10 「イスラム国」を支える影の存在 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/05 14:26 CNN.co.jp : 独議会、軍事支援の拡大を可決 ISIS掃討戦
12/05 10:17 CNN.co.jp : 米銃乱射、テロ事件として捜査 容疑者の女がISISに忠誠か - (1/2)

12/04 17:25 乱射事件、「イスラム教徒の容疑者」に苦悩するアメリカ | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/04 16:42 CNN.co.jp : ピケティ氏、ISIS拡大の原因は「不平等」 分析に異論も - (1/2)
12/04 15:34 The Huffington Post | トマ・ピケティ氏「われわれ西洋諸国がテロを生んでいる」
12/04 15:00 タイで「イスラム国」テロ計画か - 共同通信 47NEWS
12/04 13:35 トルコ大統領「ISISから石油を買っているのはロシアの方だ」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/04 10:45 CNN.co.jp : 死亡の容疑者、テロ監視対象者と接触 米加州銃乱射 - (1/3)

12/03 17:21 フランスがマリで直面するもう1つの対テロ戦争 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/03 16:39 CNN.co.jp : 英軍機、議会可決の数時間後に初のシリア空爆 ISIS拠点 - (1/2)
12/03 16:31 CNN.co.jp : トランプ氏、テロリストの「家族殺害」に言及 ISIS掃討で
12/03 16:07 英議会がIS空爆を承認、反対派は「テロリストのシンパ」か | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/03 15:49 CNN.co.jp : 米特殊部隊にISIS構成員の拘束や尋問の権限
12/03 11:10 CNN.co.jp : 「ロシア人スパイ」殺害か、ロシア攻撃も予告 ISIS

12/02 18:50 CNN.co.jp : 英独、対ISIS作戦強化で議会採決へ 可決の見通し
12/02 16:40 【写真特集】厳戒態勢のパリ、犠牲者への祈りと重なる温暖化対策の呼び掛け | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/02 11:48 CNN.co.jp : ISIS指導者の元妻を釈放、過激派と捕虜交換で レバノン
12/02 10:51 CNN.co.jp : 米国内で急増するISISシンパ、逮捕者も3倍以上に - (1/2)

12/01 17:30 IS敗走後に集団墓地と数100人の遺体 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
12/01 11:32 CNN.co.jp : 対ISIS専従の米大統領補佐官を任命、ビザ免除制度見直しも
12/01 09:44 CNN.co.jp : パリ同時テロ容疑者、シリアへ逃走か - (1/2)

11/30 22:28 ロシアが空爆後1502人死亡 - 共同通信 47NEWS
11/30 17:15 アルカイダからISに「鞍替え」する世界のテロ組織 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/30 00:41 「イスラム国」3千人処刑 過半数が民間人、子どもも - 47NEWS(よんななニュース)

11/29 15:33 CNN.co.jp : COP21開幕で厳戒態勢、警備陣12万人 フランス
11/29 12:47 CNN.co.jp : パリ同時テロ 逃走容疑者、翌日にベルギーのカフェで休憩も - (1/2)

11/28 13:25 CNN.co.jp : ナイジェリア北部で自爆テロ、21人死亡 シーア派行事狙う

11/27 14:43 The Huffington Post | Refugee Camp Report その1 | 松木耕 | 日本人学生の目に映った、ドイツ難民キャンプの現実
11/27 11:10 CNN.co.jp : ブリュッセルのモスクで炭そ菌騒ぎ、小麦粉と判明 封筒に粉
11/27 10:32 CNN.co.jp : 外国籍の男2人逮捕、「重大な」攻撃を計画か ドイツ
11/27 10:14 The Huffington Post | テロの温床「モレンベーク」を歩く(上)複雑に絡まる人間関係 | 新潮社フォーサイト
11/27 08:13 仏ロ、空爆情報交換で一致 対「イスラム国」掃討 - 47NEWS(よんななニュース)

11/26 23:16 パリ同時テロを生き延びたバンドのメンバーが「あの時何があったのか」を語る約30分のインタビュー映像公開 - GIGAZINE
11/26 20:28 CNN.co.jp : 空港や公共交通の従業員が対象、過激派シンパを調査 仏
11/26 18:57 The Huffington Post | 空爆、レイプ被害...ISに囚われた親戚を心配するヤジディ教徒「逃げる方法を見つけなさい」
11/26 16:49 The Huffington Post | ベルギー当局、自ら猫だらけの動画を公開 テロ厳戒態勢なのに、なぜ?
11/26 16:00 シリア情勢に影を落とすロシアとトルコの歴史的確執 | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/26 13:28 CNN.co.jp : 大統領警護隊のバス爆破、ISISが犯行声明 チュニジア
11/26 11:46 CNN.co.jp : ロシア、シリアに地対空ミサイル配備 緊張高まる - (1/2)
11/26 08:48 パリでチュニジアテロ犠牲者追悼 過激派に連帯して対抗 - 47NEWS(よんななニュース)
11/26 05:55 「貧困や不満がテロ助長」 法王、ケニアで対策訴え - 47NEWS(よんななニュース)
11/26 00:27 「イスラム国」が犯行声明 チュニジアテロ死者13人 - 47NEWS(よんななニュース)

11/25 20:08 CNN.co.jp : 「米同時テロに在米アラブ人が歓声」 トランプ発言が物議 - (1/3)
11/25 15:34 CNN.co.jp : パリ同時テロの首謀者ら、ビジネス街での自爆を計画か - (1/2)
11/25 13:51 CNN.co.jp : 米仏首脳会談、対ISISの軍事作戦強化で一致
11/25 10:02 CNN.co.jp : シナイ半島のホテル襲撃、4人死亡 ISISが声明
11/25 09:33 CNN.co.jp : バス爆破テロで15人死亡、非常事態を宣言 チュニジア

11/24 17:09 CNN.co.jp : パリ同時テロ犯、標的の下見や訓練の形跡 米情報当局 - (1/2)
11/24 16:43 テロは経済に「ほとんど影響しない」と言える理由 | 加谷珪一 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/24 14:59 CNN.co.jp : 人違いで「テロ容疑者」に、モロッコ女性が恐怖語る - (1/2)
11/24 12:41 CNN.co.jp : ベルギー厳戒、市民は「猫」で対抗 - (1/2)
11/24 12:21 CNN.co.jp : まず「逃げろ」、テロが起きたらすべきこと 英ガイドブック - (1/2)
11/24 11:25 仏空母、イラクとシリアで初攻撃 「イスラム国」壊滅狙う - 47NEWS(よんななニュース)
11/24 11:15 The Huffington Post | イスラム恐怖症を煽る報道がエスカレートしている。これは終わりにしなければいけない。
11/24 10:14 CNN.co.jp : パリ警察、自爆ベストらしき不審物を発見 同時テロと関連か
11/24 09:58 米、全世界対象の渡航注意 「テロの脅威拡大」を指摘 - 47NEWS(よんななニュース)
11/24 09:44 CNN.co.jp : 仏、空母からの攻撃を開始 オランド大統領は米ロ歴訪へ

11/23 15:35 The Huffington Post | 一人の学生として、パリ同時多発テロを考えた | 井手佑翼
11/23 14:46 「テロ」を子供たちにどう話せばいいの? 知っておきたい8つのポイント
11/22 13:47 The Huffington Post | テロに勝たせてはいけない | Harry Franqui-Rivera, Ph.D.
11/23 13:20 The Huffington Post | テロリストの誕生(1)仏紙襲撃「クアシ兄弟」の軌跡 | 新潮社フォーサイト
11/23 11:24 CNN.co.jp : オバマ米大統領、ISIS打倒の決意を改めて表明 - (1/2)
11/23 10:56 The Huffington Post | ベルギー首都ブリュッセルで一斉摘発、16人を逮捕【動画・画像】
11/23 10:53 ベルギー対テロ作戦、16人拘束 首都、厳戒維持 - 47NEWS(よんななニュース)
11/23 09:58 仏「イスラム嫌悪」拡大…暴力・嫌がらせ増加 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
11/23 09:08 ロ空爆でシリア軍「前進」 アサド大統領 - 47NEWS(よんななニュース)
11/23 05:08 新たな容疑者の写真を公表 パリテロ、競技場の自爆犯 - 47NEWS(よんななニュース)

11/22 22:07 仏空母、23日に攻撃態勢 「イスラム国」掃討戦拡大 - 47NEWS(よんななニュース)
11/22 16:09 CNN.co.jp : ロシア国防省、ISIS狙う巡航ミサイル発射のビデオ公表
11/22 15:28 CNN.co.jp : パリ同時テロ、観光業に打撃 訪問客数は当初予測の15%減
11/22 13:51 CNN.co.jp : カメルーンで4人が自爆、死者6人以上 ボコ・ハラムか
11/22 12:32 CNN.co.jp : 米政界で強まる反イスラムの動き、移民政策や大統領選影響 - (1/2)
11/22 10:01 CNN.co.jp : パリ同時テロで新たな逮捕者 ベルギーで1人、トルコで3人 - (1/2)
11/22 07:10 テロで観光客激減 厳戒態勢のパリ - 47NEWS(よんななニュース)

11/21 21:24 The Huffington Post | ベルギーのブリュッセル、テロ警戒レベルが最高に 現地はいま【画像集】
11/21 19:26 仏当局、劇場襲撃情報を8月入手 端緒生かせず - 47NEWS(よんななニュース)
11/21 17:41 CNN.co.jp : 有志連合のイラク空爆、民間人4人殺害か 米国防総省
11/21 17:20 CNN.co.jp : ISIS戦闘員、興奮剤飲み交戦に参加か 戦意維持の効用 - (1/2)
11/21 12:01 CNN.co.jp : パリ郊外の急襲作戦、新たな遺体発見 自爆したのは男
11/21 11:49 テレ朝news | テレビ朝日 | 「パリのために」 ロシア軍、爆弾にメッセージ
11/21 11:24 安保理がパリテロ非難決議を採択 「イスラム国」と対決訴え - 47NEWS(よんななニュース)
11/21 11:08 ベルギー、首都のテロ警戒最高に 新たに1人を逮捕 - 47NEWS(よんななニュース)
11/21 11:07 CNN.co.jp : ベルギー、首都のテロ警戒を最高レベルに 「差し迫った脅威」  
11/21 08:48 米、有志国と緊急会合へ 対「イスラム国」協力強化 - 47NEWS(よんななニュース)
11/21 01:49 マリのホテル襲撃、27遺体発見 宿泊客か確認急ぐ - 47NEWS(よんななニュース)
11/21 01:38 仏が「準戦時体制」 非常事態3カ月延長 - 47NEWS(よんななニュース)

11/20 18:09 CNN.co.jp : ISISにIT分野の「サポートデスク」、テロ実行犯へ助言
11/20 17:00 「少女自爆」のボコ・ハラムはISを上回る世界一の殺戮集団 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/20 15:49 The Huffington Post | 「私はイスラム教徒。ハグしてくれますか?」パリの広場に立った男性、人々は......(動画)
11/20 14:45 パリ同時テロ:「憎しみの贈り物あげない。君たちの負け」 - 毎日新聞
11/20 13:31 The Huffington Post | それでもアメリカがシリア難民を受け入れるべき6つの理由【パリ同時多発テロ】 | David Bier
11/20 12:49 The Huffington Post | 今こそ、心に平和の砦を | 畑恵
11/20 11:28 The Huffington Post | 「パリを襲った悪夢は別の地域では毎日毎日続いている悪夢であり、私たちは無関係ではない」~フランスからの声 | 稲葉剛
11/20 10:47 テロ非難決議案採択へ、安保理 仏提示、イスラム国と戦う決意 - 47NEWS(よんななニュース)
11/20 09:56 CNN.co.jp : ISIS、中国人とノルウェー人の人質を殺害 - (1/2)
11/20 09:49 The Huffington Post | パリ:深刻な課題に直面して | ヒューマン・ライツ・ウォッチ
11/20 07:00 アノニマス、イスラム国のツイッターアカウント5500件以上を停止に追い込む | ライフハッカー[日本版]
11/20 00:39 CNN.co.jp : パリ同時テロ首謀者の死亡を確認 仏当局

パリ同時多発テロ事件のタイムライン:朝日新聞デジタル

11/19 21:50 パリ同時多発テロで通信暗号化を責めるのはやっぱりおかしい : ギズモード・ジャパン
11/19 18:09 CNN.co.jp : ユダヤ人とイスラム教徒刺される、南仏マルセイユ
11/19 18:02 CNN.co.jp : 生存者が語るテロの瞬間 CNN EXCLUSIVE - (1/2)
11/19 17:03 政府機関はテロリストの通信をどこまで傍受していたのか | 土屋大洋 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/19 16:28 女の自爆が西欧にとって大問題なわけ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/19 16:27 CNN.co.jp : 新たなISIS動画、NYへの攻撃を警告
11/19 16:07 CNN.co.jp : フランス国民の入国審査「強化を」 米共和党候補ポール氏
11/19 14:29 The Huffington Post | パリ同時多発テロで襲撃されたイーグルス・オブ・デス・メタルがメッセージ 「音楽万歳、自由万歳!」
11/19 14:24 「イスラム国」が中国人質ら殺害 ネット機関誌で主張 - 47NEWS(よんななニュース)
11/19 13:21 The Huffington Post | パリ同時多発テロで妻を亡くした男性 テロに勝つために「私は憎まない」
11/19 13:15 CNN.co.jp : シリア人5人、偽造パスポート所持で拘束 ホンジュラス
11/19 12:18 政府、情報収集組織の発足前倒し パリ同時テロ受け - 47NEWS(よんななニュース)
11/19 12:12 CNN.co.jp : パリ郊外の銃撃戦、逮捕者にテロ首謀者おらず 遺体をDNA検査
11/19 12:10 パリ同時多発テロのISISに宣戦布告したアノニマスが「ISISハッキングガイド」を公開 - GIGAZINE
11/19 12:02 イスラム国、NYでのテロ警告か 映像公表と米メディア - 47NEWS(よんななニュース)
11/19 11:03 <パリ同時テロ>非常事態宣言のフランスに「出張」を命じられたら、会社員は断れる?|弁護士ドットコムニュース
11/19 11:02 パリ同時多発テロ:爆発物探知犬が犠牲に 自爆の巻き添え - 毎日新聞
11/19 09:58 CNN.co.jp : 「ロシア機を墜落させた爆弾」、ISISが機関誌に写真掲載 - (1/2)
11/19 00:43 フランス、同時テロ拠点制圧 銃撃戦、自爆で2人死亡 - 47NEWS(よんななニュース)

11/18 21:49 仏、非常事態延長を閣議決定 憲法も改正、「イスラム国」打倒 - 47NEWS(よんななニュース)
11/18 20:59 The Huffington Post | 【パリ銃撃戦】警察犬ディーゼルも犠牲になった | The Huffington Post
11/18 18:47 CNN.co.jp : パリ郊外で銃撃戦、テロ容疑者3人死亡 警官3人負傷 - (1/2)
11/18 18:38 The Huffington Post | EU、初めて集団的自衛権の行使を表明 なぜNATOではないの?
11/18 18:04 テロ後のフランスで最も危険な極右党首ルペン | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/18 17:33 CNN.co.jp : 「ジハーディ・ジョン」の仲間を拘束、欧州への途上 テロ計画か
11/18 16:57 パリ北部で銃撃戦、同時攻撃の首謀者ら捜索中 容疑者2人死亡 | Reuters
11/18 16:41 パリ郊外で銃撃戦、2人死亡 連続襲撃の主犯格が立てこもりか 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News
11/18 16:36 CNN.co.jp : パリ郊外で銃撃戦、標的はテロ事件の首謀者か
11/18 15:42 パリ同時多発テロを戦争へと誘導する未確認情報の不気味 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/18 14:04 パリ郊外で銃撃戦 警官負傷と仏メディア - 47NEWS(よんななニュース)
11/18 13:56 パリ北郊で銃撃戦、警官数人負傷か 仏警察当局捜査中に:朝日新聞デジタル
11/18 13:53 CNN.co.jp : 米国発のエールフランス機2機が緊急着陸、爆弾の脅迫
11/18 13:17 CNN.co.jp : 容疑者の兄が出頭呼び掛け、別の1人も逃亡か パリ同時テロ - (1/2)
11/18 10:19 CNN.co.jp : ロシア、シリアのISIS拠点を攻撃 旅客機墜落は爆弾と断定
11/18 09:45 CNN.co.jp : 独警察、爆破計画の脅威でサッカーの代表戦を中止 - (1/2)
11/18 08:00 パリ同時多発テロを切実な問題として受け止める企業たち | ライフハッカー[日本版]

11/17 17:33 ベルギー「テロリストの温床」の街 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/17 13:31 CNN.co.jp : イスラム教徒がパリ同時テロを非難 ツイッターにハッシュタグ - (1/2)
11/17 12:16 パリ同時攻撃で23人逮捕、首謀者としてシリア在住のベルギー人特定 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/17 12:09 CNN.co.jp : 実行犯の身元一部判明、過激派の拠点摘発 パリ同時テロ - (1/3)
11/17 09:42 CNN.co.jp : フランス、シリアで連日の報復空爆 ISISの死者は少数
11/17 「ピストルと闘うために花がある」 いまSNSで広い共感を呼んでいるフランスの親子の会話 | COURRiER Japon NEWS

11/16 20:25 パリとシリアとイラクとベイルートの死者を悼む | 酒井啓子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/16 17:24 パリ同時テロは、ISISの軍事的弱体化のしるし | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/16 17:10 【現地リポート】無差別テロ、それでも希望の光を灯し続けよう | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/16 16:20 【ドキュメント】週末のパリを襲った、無差別テロ同時攻撃 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/16 12:21 フランス軍、「イスラム国」拠点を空爆 同時攻撃受け最大規模に | Reuters
11/16 11:51 CNN.co.jp : エッフェル塔やルーブルが閉鎖 テロの影響、観光にも パリ - (1/2)
11/16 11:17 パリ多発攻撃、逃走犯を指名手配 ベルギー生まれのフランス人 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
11/16 09:20 CNN.co.jp : 仏、ISIS「首都」を大規模空爆 指令本部や訓練施設標的

11/14 23:31 ツアー中止相次ぐ 空港で搭乗やめる人も パリ同時テロ:朝日新聞デジタル
11/14 20:16 ISが犯行声明、仏パリ連続襲撃事件 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
11/14 15:45 CNN.co.jp : 実行犯8人死亡、うち自爆7人 6カ所で犯行 パリの多発テロ - (1/2)
11/14 13:56 パリ多発テロ120人死亡 劇場立てこもり、犯人自爆  - 47NEWS(よんななニュース)
11/14 13:13 JTB、フランスツアーを中止 14日と15日出発分 - 47NEWS(よんななニュース)
11/14 13:11 パリ同時多発テロ:自爆テロや銃乱射 120人死亡 - 毎日新聞
11/14 12:01 【図解】パリ連続襲撃 事件のあった場所 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
11/14 12:00 外務省、パリの連続テロ事件で注意喚起 -フランス全土に非常事態を宣言 | トラベルボイス
11/14 11:44 岸田外相「現時点で日本人の被害の情報はない」 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
11/14 10:36 CNN.co.jp : パリで銃撃や爆発、153人死亡 劇場やサッカー場など - (1/2)

2015/08/14 10:41 殺害発表のクロアチア人男性、「強盗団」がISに引き渡しか 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
2015/02/24 15:49 CNN.co.jp : まるで巨大な監獄――ISIS「首都」での暮らしとは - (1/2)


(AK!)

■ 2016年1月4日イスラム教シーア派聖職者の死刑執行に対する抗議デモに関する注意喚起(外務省 海外安全ホームページ)

フランス国内の事件ではありませんが、関連機関周辺ではご注意ください。


情報:イスラム教シーア派聖職者の死刑執行に対する抗議デモに関する注意喚起(外務省 海外安全ホームページ)
情報種別:海外安全情報(広域情報)

イスラム教シーア派聖職者の死刑執行に対する抗議デモに関する注意喚起
2016年01月04日

1 1月2日,サウジアラビア政府がイスラム教シーア派聖職者二ムル・アル・二ムル師が処刑されたことを発表したことを受け,同日,在イラン・サウジアラビア大使館前において右死刑執行に対する抗議デモが行われ,一部のデモ参加者が同大使館に侵入する事案が発生しました。また,サウジアラビア東部など,シーア派住民が多数居住する地域において同様の抗議デモが発生しています。

2 イランやサウジアラビア国内のみならず,他の中東・欧米等をはじめ,イスラム教シーア派住民が多く居住する国・地域においては同様の抗議デモ・暴力事案等が今後も引き続き,発生する可能性が排除できません。また,これらに対抗して,スンニ派住民によるシーア派に対する暴力事案等の発生の可能性も排除されません。つきましては,これらの国・地域に渡航・滞在される方及び既に滞在中の方は,最新の関連情報を入手するよう努めるとともに,モスク等の宗教施設や政府関連の建物などには不用意に近づかないなど自らの安全確保に努めてください。特に抗議行動やデモ等に遭遇したり,不審な状況を察知した場合は決して近づいたりせず,速やかにその場を離れるようにしてください。

3 海外への短期の旅行や出張などには「たびレジ」の登録をお勧めします。(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ 参照)また,渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3ヶ月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届の提出をお願いいたします。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html


(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
                       http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


[関連情報]
■ パリ同時多発テロ(2015/11/13) 関連のニュースサイト
01/10 10:09 CNN.co.jp : イランのサウジ大使館襲撃、湾岸6カ国が「テロ行為」と非難 - (1/2)
01/09 21:05 断交:イラン「緊張激化望まず」サウジ「戦争あり得ない」 - 毎日新聞
01/09 11:24 本当の危機は断交ではなく、ISを利する民衆感情の悪化【サウジ・イラン断交(後編)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/08 16:27 サウジ連合軍とイエメン、イラン大使館空爆を否定 | Reuters
01/08 16:20 シーア派指導者処刑はサウジの「国内対策」だった【サウジ・イラン断交(前編)】 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/08 15:08 【Q&A】スンニ派とシーア派、どう違う? 写真1枚国際ニュース:AFPBB News
01/08 10:54 CNN.co.jp : イラン「サウジが在イエメン大使館を空爆」
01/08 10:31 ソマリア:イラン断交を発表 サウジに同調か - 毎日新聞
01/06 23:45 ジブチもイラン断交 - 共同通信 47NEWS
01/06 21:38 サウディ・イラン対立の深刻度 | 酒井啓子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/06 18:58 サウジとの断交、原油市場への影響は一時的=イラン政府高官 | Reuters
01/06 15:19 イランは原油価格競争望まず、輸出拡大は段階的に=国営石油幹部 | Reuters
01/06 14:29 イランとサウジアラビア 対立の理由は宗教なのかそれとも - BBCニュース
01/06 13:49 The Huffington Post | サウジアラビアでの大量処刑、王政の矛盾を覆い隠す意図か【イランと断交】 | 宮田律
01/05 22:56 ロシアやトルコ、仲介に名乗り サウジとイランの対立:朝日新聞デジタル
01/05 20:36 英首相がサウジ訪問延期、イランとの断交は無関係=報道 | Reuters
01/05 16:10 サウジ・イラン断交は原油価格上昇を狙った「一種のヤラセ」 | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
01/05 15:30 米当局、シーア派指導者の処刑前にサウジに懸念表明 | Reuters
01/05 10:53 CNN.co.jp : サウジとイランの対立、近隣諸国にも拡大 - (1/2)
01/05 サウジ・イラン断交 トルコが自制求める - BBCニュース

01/04 19:35 ロシア、イランとサウジを仲裁する用意ある―外交筋=RIA | Reuters
01/04 19:35 イラク、複数のスンニ派モスクが襲撃される | Reuters
01/04 19:35 バーレーンもイランと断交 - 共同通信 47NEWS
01/04 17:08 The Huffington Post | 公開処刑で斬首、投石...1日で47人が死刑執行されたサウジアラビアの人権状況は
01/04 13:13 サウジ、イランと断交…大使館襲撃への対抗措置 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/04 12:47 サウジがイランと断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化 | Reuters
01/04 10:09 CNN.co.jp : サウジ、イランと国交断絶 シーア派指導者処刑で対立激化 - (1/2)
01/04 09:24 サウジで処刑されたニムル師はどんな人物か - WSJ
01/04 08:19 The Huffington Post | サウジアラビア、イランと断交 大使館襲撃に対抗措置
01/04 04:45 「サウジのシーア派指導者ら処刑、宗派対立深刻化懸念」 News i - TBSの動画ニュースサイト
01/04 イランと断交を発表 サウジ外相  - BBCニュース

01/03 20:48 聖職者含む47人死刑執行…イラン反発、襲撃も : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
01/03 20:12 【サウジ・シーア派処刑】バーレーンやイラクにも抗議デモ拡大 スンニ派との宗派対立深まる(1/2ページ) - 産経ニュース
01/03 17:52 The Huffington Post | サウジアラビア大使館、イランの群衆が襲撃 シーア派指導者の処刑に抗議(動画・画像)
01/03 16:32 イラン、群衆がサウジ大使館襲撃 - 共同通信 47NEWS
01/03 10:01 CNN.co.jp : サウジ、シーア派指導者ら47人処刑 イランと非難の応酬も - (1/2)

01/02 20:33 サウジが「テロ関与」と47人処刑  シーア派高位聖職者も - 産経ニュース

(AK!)

■ 2015年11月13日「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新)」(外務省 海外安全ホームページ)

2015年11月13日22時頃に起きた、パリ同時多発テロについての情報です。


情報:フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新)
海外安全ホームページ: スポット情報詳細
情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2015年11月26日現在有効です。

フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新)

2015年11月26日
1.11月13日夜(現地時間),パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue Bichat),2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au roi),3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire),4.シャロンヌ通り(rue de Charonne),5.ヴォルテール大通り(boulevard Voltaire),6.ボーマルシャ通り(boulevard Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)において,銃撃事件等が発生しました。仏政府の発表によれば,少なくとも130人が死亡し,多数が負傷しました。

2.本事件については,オランド仏大統領はイスラム過激派ISIL(イラク・レバントのイスラム国)により実施されたと発表しました。一方,ISILは犯行声明を発出し,フランスに対する更なる攻撃を警告しています。

3.14日(現地時間),オランド大統領は記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,フランス外務省は国境(陸路,空港,鉄道,海上)におけるコントロールの強化を発表しました。また,パリ市の施設(学校,美術館,図書館,体育館,プール,マルシェ)は一時全て閉鎖され,集会・デモに対する許可は取消されたとされています。その後パリ市のほとんどの観光名所及び施設は再開していますが,緊急事態宣言は2016年2月25日までの期間とされており,引き続き厳重な警戒が必要です。

4.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

5.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

6.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/


[関連情報]
リヨン生活情報サイト MAMANLYON ... 2015年11月13日パリ同時多発テロ関連のニュースサイトまとめ、及び朝日新聞タイムライン
リヨン生活情報サイト MAMANLYON ... 2015年11月19日パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~

パリ同時多発テロ事件のタイムライン:朝日新聞デジタル

11/14 23:31 ツアー中止相次ぐ 空港で搭乗やめる人も パリ同時テロ:朝日新聞デジタル
11/14 20:16 ISが犯行声明、仏パリ連続襲撃事件 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
11/14 15:45 CNN.co.jp : 実行犯8人死亡、うち自爆7人 6カ所で犯行 パリの多発テロ - (1/2)
11/14 13:56 パリ多発テロ120人死亡 劇場立てこもり、犯人自爆  - 47NEWS(よんななニュース)
11/14 13:13 JTB、フランスツアーを中止 14日と15日出発分 - 47NEWS(よんななニュース)
11/14 13:11 パリ同時多発テロ:自爆テロや銃乱射 120人死亡 - 毎日新聞
11/14 12:01 【図解】パリ連続襲撃 事件のあった場所 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
11/14 12:00 外務省、パリの連続テロ事件で注意喚起 -フランス全土に非常事態を宣言 | トラベルボイス
11/14 11:44 岸田外相「現時点で日本人の被害の情報はない」 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
11/14 10:36 CNN.co.jp : パリで銃撃や爆発、153人死亡 劇場やサッカー場など - (1/2)

(AK!)

■ 2015年11月19日パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~

2015年11月18日朝に起きた、パリ北部郊外のサン・ドニ市の銃撃戦についての情報です。
[関連情報]
リヨン生活情報サイト MAMANLYON ... 2015年11月13日「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
リヨン生活情報サイト MAMANLYON ... 2015年11月13日パリ同時多発テロ関連のニュースサイトまとめ、及び朝日新聞タイムライン

(AK!)


情報:フランス:パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起(追加)~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~
情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2015年11月19日現在有効です。

フランス:パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起(追加)~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~

2015年11月19日
1 18日朝(現地時間),パリ北部郊外のサン・ドニ市で,警察がパリにおける同時多発テロ事件(14日付スポット情報「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再更新)」参照)の容疑者らが立てこもっているアパートを制圧した際,銃撃戦が発生し,少なくとも犯人ら2人が死亡し,警察官5人が負傷しました。同事件の犯人ら数名が逮捕されましたが,首謀者らは依然逃亡していると報じられています。

2 つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,首都パリを含むイル・ド・フランス州へ渡航・滞在されている方は不要不急の外出は避け,事件現場周辺には近づかず,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避けてください。

3 また,テロ・爆発事件に遭遇した場合に被害を最小限に抑えるため,例えば次の諸点を心がけられることをお勧めします。
(1)予防措置
ア 退避ルートを確認する。
イ 隠れられる場所を確認する。
ウ 常に周囲の状況に注意を払い,不審者や不審物を見かけたら速やかにその場を離れる。
(2)対処法
ア その場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
イ 頑丈なものの陰に隠れる。
ウ 周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。
(海外旅行のテロ・誘拐対策パンフレット(http://www.anzen.mofa.go.jp/
pamph/pamph.html
)も併せて参照ください。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■ 海外安全情報2015年9月8日「欧州への難民流入に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページより転載します。
■ 欧州の一部地域:欧州への難民流入に関する注意喚起(外務省 海外安全ホームページ)

(AK!)


欧州の一部地域:欧州への難民流入に関する注意喚起
2015年09月08日

1 欧州では,最近の北アフリカ・中東情勢の不安定化により,これら地域から海路や陸路を通じて流入する難民が急激に増加しています。難民は入域が簡単なルートから欧州に入り,欧州域内でシェンゲン協定に基づく移動の自由を利用し,庇護申請が認められやすい国や豊かな国とされる西欧諸国を目指して移動しているとみられています。

2 欧州に入域した難民は鉄道や道路を利用して移動しており,この様な大量の難民の急激な移動により交通機関等に混乱を生じているケースが見られています。さらに,列車に乗れない難民が抗議活動を行なったり,難民のグループ同士で小競り合いが発生するなど,社会不安の一因となっています。
 また,各国は国内に難民キャンプを設置していますが,これら難民キャンプでのトラブルの発生も見受けられます。

3 つきましては,欧州各国・地域への渡航・滞在を予定している方,及び既に滞在中の方は,現地の警察等治安機関や交通機関,報道等から最新の情報を入手するように努め,国境通過に当たっては難民の動きに注意すると共に,難民キャンプ等の難民が多く集まる場所周辺には不用意に近づかないようにしてください。
 また,欧州各国は難民の急増,不法入国を受け,国境や鉄道駅での検問を厳格に実施しており,車両や列車での移動にこれまで以上の時間を要する場合がありますので,移動に際しては時間に十分余裕を持つようにご注意ください。

4 なお,国境を越える移動に際しては,シェンゲン域内であっても必ず旅券(パスポート)を携帯するよう留意してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902, 2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

○在外公館連絡先
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html

■ 2015年06月26日 治安・安全情報「フランス東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
リヨン近辺における事件のため、外出時などはご注意下さい。
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2015C179

(AK!)


フランス:東部におけるテロ事件の発生に伴う注意喚起

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1.26日(金)午前10時頃(現地時間),リヨン市の東方35kmに位置するイゼール県サンカンタン・ファラヴィエ市に所在するガス工場において,複数の者が車で侵入した後,ガスタンクを爆発させる事件が発生し,少なくとも1名が死亡,複数名が負傷しました。犯人はイスラム過激派の旗とみられるものを掲げ,ISILの指示により犯行を行ったと主張したと報じられており,フランス治安当局は2名の容疑者を逮捕した旨発表しています。

2.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

3.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

4.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

■ 2015年4月22日付渡航情報(広域情報)「海外へ渡航される皆様へ(動物検疫に関する注意)」(外務省 海外安全ホームページ)

外務省 海外安全ホームページからの転載です。
日本への帰省時の参考にどうぞ。
(AK!)


情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C104
海外へ渡航される皆様へ(動物検疫に関する注意)
2015年04月22日

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
 ゴールデンウィークの時期に海外へ渡航されることがあると思いますが、渡航先で家畜の伝染性疾病である口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザが発生・流行していることがあります。特に、中国、韓国等においては、口蹄疫等の家畜の伝染性疾病の発生が相次いで確認されており、注意が必要です。
 これらの疾病を日本国内へ持ち込まないよう、注意すべき対策について、以下のとおりお知らせします。

1 家畜の伝染性疾病を日本へ持ち込まないために、海外では、家畜を飼養している農場等への不要な立入りを避けるようにしてください。
 海外で牛、豚、鶏などの家畜のいる場所に立ち入った方や日本国内で家畜に触れる予定のある方は、帰国時に空海港の手荷物引き取り場内にある動物検疫所カウンターに必ずお立ち寄りください。
 また、入国時に動物検疫に関する質問票が配られたり、質問が行われることがありますので、ご協力をお願いします。

2 帰国時には、空海港において、すべての方を対象に靴底の消毒を実施していますので、消毒マットの上を歩いていただくようご協力をお願いします。

3 また、これらの伝染性疾病の発生している国からの肉製品の日本への輸入は禁止しており、発生していない国からであっても検査証明書が必要ですので、あらかじめご留意ください。


○参考情報:
農林水産省ホームページ:「空海港における水際検疫の強化について」
 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/quarantine_beefup.html

動物検疫所ホームページ:「家畜の伝染性疾病の侵入を防止するために~海外へ旅行される方へのお願い~」
 http://www.maff.go.jp/aqs/topix/mizugiwa.html

政府広報インターネットテレビ:「動物検疫・植物検疫~海外からの持ち込みに注意~」
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9589.html


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局政策課(医療・健康関連情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
〇外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp 

■ 2015年3月19日付広域情報「ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起 」(外務省 海外安全ホームページ)

情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C075
ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起 (外務省 海外安全ホームページより)
2015年3月19日

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1 18日(現地時間),チュニジアの首都チュニスにおいて,郊外にある国民議会議事堂を数名の武装集団が襲撃し,更に隣接するバルドー国立博物館において,襲撃及び複数の観光客を人質に立てこもる事件が発生しました。現時点で,邦人については,3名の死亡,3名の負傷が確認されています(3月19日付スポット情報「チュニジア:国民議会議事堂及び博物館における襲撃・人質拘束事件の発生に伴う注意喚起」参照)。本事件については,これまでのところ,いかなる組織からも犯行を認める声明は発出されていません。

2 本事案との関係は明らかではありませんが,チュニジアにおいては,特に多くの自国民がISIL(イラク・レバントのイスラム国)に外国人戦闘員として参加し,その後帰還していることが明らかとなっており,帰還した戦闘員が自国内でテロを起こすとの懸念が存在しています。チュニジアの他,サウジアラビア,ヨルダン,モロッコ等のアラブ諸国についても,国によって数のばらつきはあるものの,ISILに参加した戦闘員が帰還しているといわれています。また,欧米諸国も決して例外ではなく,フランス,イギリス,ドイツ,オーストラリア,ベルギー,オランダ等からISILに参加した外国人戦闘員が帰還していると報じられています。このような外国人戦闘員問題は,各国におけるテロの潜在的脅威となっています。

3 ついては,このような国に渡航・滞在される方は,以上の脅威について十分に留意し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。また,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3ヶ月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届の提出をお願いいたします。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,短期の旅行や出張などには「たびレジ」の登録をお勧めします。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#  参照)

5 テロに関しては以下もご参照下さい。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載)

(問い合わせ先窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
                 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


[関連情報]
■ 2015年2月24日付き渡航情報「ソマリアのイスラム過激派組織によるテロの脅威に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)
■ 2015年02月09日付 スポット情報「フランス:ISIL構成員によるテロを扇動する映像の発出に伴う注意喚起 」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月16日付 渡航情報「欧米諸国等に対するテロの脅威に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」(リヨン領事事務所)‏

■ 電話誘導によるインターネット詐欺

電話誘導によるインターネット詐欺にご注意ください。

■ 詐欺の手口
マイクロソフト社、公的機関などを名乗り、自宅のパソコンに悪影響のあるファイル(ウイルス)がダウンロードされたと告げます。
電話で言葉巧みにパソコンを操作させ、Google検索などを使い悪意のあるサイトへ誘導します。
ウイルスや悪意あるソフトウェアをインストールさせて個人情報やクレジットカード番号を盗んだり、
必要なセキュリティ対策を実施したとしてその代金をオンライン決済で振り込ませます。

■ 回避のポイント
電話ではインド訛りの英語を話すようです。
日本語もしくはフランス語で通せば、話が通じず諦めるかもしれません。
マイクロソフト社、フランスの政府機関や警察は、個人に対しこのような指示を電話ですることはないそうです。
(メールで警告が届くことはあるそうです)

[参考]
フランス ブルターニュ地方にある、アンティークの雑貨屋さん日記 - インターネット詐欺 マイクロソフトからの電話 ( Windows )
キヤノンITソリューションズ - ESET Smart Security & ESET NOD32アンチウイルス:マルウェアランキング 2014年9月
ESET セキュリティブログ - 最近、海外などで起こっている電話による詐欺 4選
トレンドマイクロ セキュリティブログ - 日本語で脅迫するランサムウェアを初めて確認

(AK!)

■ 2015年2月24日付き渡航情報「ソマリアのイスラム過激派組織によるテロの脅威に対する注意喚起」(外務省海外安全ホームページ)

[関連情報]
■ 2015年02月09日付 スポット情報「フランス:ISIL構成員によるテロを扇動する映像の発出に伴う注意喚起 」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月16日付 渡航情報「欧米諸国等に対するテロの脅威に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」(リヨン領事事務所)‏


ソマリアのイスラム過激派組織によるテロの脅威に対する注意喚起
2015年02月24日

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1.2月21日(現地時間),ソマリアのイスラム過激派組織アル・シャバーブ(AS)は,2013年9月に発生したナイロビ市内のショッピング・モール襲撃事件を引用し、同国内におけるテロの継続を呼びかける動画を発出しました。また,ASは,動画において、米国,英国,フランス及びカナダ国内にあるショッピング・モールや商業地区を攻撃するようこれらの国のイスラム教徒に呼びかけています。

2.ASはこれまでも,アフリカ連合ソマリア・ミッション(AMISOM)や,ケニア,ウガンダを含むAMISOM部隊貢献国を攻撃の対象とする旨公表してきており,ソマリア国内では,ソマリア連邦政府機関及びAMISOMを標的としたテロを実行しています。特に,ケニアでは,上記ショッピング・モール襲撃テロ事件(外国人及び女性・子供を含む多数が犠牲となり67名が死亡・174名負傷)以降も,ASによるものと見られるテロ攻撃が,ナイロビ,モンバサ等沿岸地域,マンデラ郡等北東地域で頻発し,これまで多くの死傷者が発生しています。

3.ASは,2014年9月に同組織の指導者が米軍の軍事作戦により殺害された際,米国に対する報復を宣言する声明を発出しました(2014年9月9日付広域情報:「東アフリカ地域:ソマリアのイスラム過激派組織によるテロの脅威に伴う注意喚起」参照)。これまでのところ,米国内でアルシャバーブ或いは同組織の呼びかけに呼応したと思われるテロは確認されておりませんが、今次声明を受け,米国土安全保障長官は「真剣に受け止めなければならない」と米国民に警戒を呼び掛けています。

4.つきましては,ケニア及びウガンダを含む東アフリカ地域や,米,英,フランス及びカナダに渡航・滞在される方は,以上の状況に十分注意し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に十分注意を払い,不審な人物や状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意を払ってください。

5.海外への短期の旅行や出張などには「たびレジ」の登録をお勧めします。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)
また,渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3ヶ月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届の提出をお願いいたします。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )

(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306

○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
             http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2015年02月09日付 スポット情報「フランス:ISIL構成員によるテロを扇動する映像の発出に伴う注意喚起 」(外務省 海外安全ホームページ)

~スポット情報 ~
フランス:ISIL構成員によるテロを扇動する映像の発出に伴う注意喚起 (外務省 海外安全ホームページより)
2015年02月09日
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2015C033

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
1 2月3日(現地時間),ISILは,フランスのイスラム教徒に対して,更なるテロを行うよう呼びかける映像を発出しました。映像では,昨年12月以降にフランスで発生したテロ事件,特に本年1月にパリで発生した一連の人質拘束事案(1月10日付スポット「パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案の発生に伴う注意喚起」参照)の犯行を称え,新たにフランスのイスラム教徒に対し,特に警官や兵士への攻撃を呼びかけています。

2 この呼びかけとの関連は不明ですが,同3日,フランス・ニースのユダヤ・コミュニティーセンターの前で,男が刃物でパトロール中の兵士を負傷させ,逮捕される事件が発生,また,報道によれば同9日,マルセイユ北部のカステラン地区において,警官に対する発砲事件が発生しています。

3 つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

4 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/


[関連情報]
■ 2015年1月16日付 渡航情報「欧米諸国等に対するテロの脅威に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)
■ 2015年1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」(リヨン領事事務所)‏

■ 2015年1月16日付 渡航情報「欧米諸国等に対するテロの脅威に関する注意喚起」(外務省 海外安全ホームページ)

~渡航情報(広域情報) ~
2015年1月16日
欧米諸国等に対するテロの脅威に関する注意喚起 (外務省 海外安全ホームページより)
情報サイト:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C015

1 パリ及びその近郊では,1月7日に左派系雑誌社「シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)」に対するテロ事件,8日に警察官等に対する発砲事件,9日にユダヤ食料品店等における人質拘束事案(10日付けスポット情報「フランス:パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案の発生に伴う注意喚起」等参照)が発生しました。フランスは,パリを含む一部地域のテロ警戒レベルを「攻撃の警戒」(2段階中の最上位)に引き上げ,スペインなど他の欧州諸国の中にも,具体的な脅威はないとしつつも,テロ警戒レベルの引き上げや警備強化の措置を講じた国も見られます。

2 今回の雑誌社に対するテロ事件に関してアラビア半島のアル・カーイダ(AQAP)が犯行声明を発出するとともに,イラクとレバントのイスラム国(ISIL)やイスラム・マグレブ諸国のアルカーイダ(AQIM)等イスラム過激派組織が実行犯を称賛し,今後も同様のテロ事件を欧米に対して行うよう扇動する声明を発出しています。
なお,ISILは,昨年9月,世界の(スンニ派)イスラム教徒に対して,米国,フランス,オーストラリア,カナダを始めとする対ISIL連合諸国の国民を攻撃するよう扇動する声明を発出していました(同年9月29日付け広域情報「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出に伴う注意喚起」参照)。

3 これらの組織との関連性は必ずしも明らかではありませんが,欧米諸国等では,昨年5月のブリュッセルのユダヤ博物館における銃撃事件,10月のオタワにおける銃撃事件(同年10月23日付けスポット情報「カナダ:首都オタワ市内における銃撃事件の発生に伴う注意喚起」参照),12月のシドニーにおける人質拘束事件(同年12月15日付けスポット情報「オーストラリア:シドニー中心部における人質拘束事案発生に伴う注意喚起」参照)等が発生しています。さらに,1月15日,ベルギーでテロ攻撃を計画していた容疑者が治安当局との銃撃戦の上検挙された事案も発生しています。
また,中東,アフリカ,東南アジアといった地域でも,昨年9月のアルジェリアの仏人誘拐事件(同年9月24日付けスポット情報「アルジェリア:イスラム過激派武装組織による仏人誘拐事件の発生に関する注意喚起」参照),フィリピンの独人人質の殺害警告(同年9月25日付けスポット情報「フィリピン:イスラム過激派組織による誘拐等の脅威に関する注意喚起」参照),11月のリヤド等における欧米人等に対する銃撃事件(同年11月27日付けスポット情報「サウジアラビア:欧米人等に対する銃撃事件の発生に伴う注意喚起」参照),12月のUAEのショッピング・モールにおける米国人殺害事件(同年12月9日付けスポット情報「UAE:ショッピング・モール外国人殺害事案等の発生に伴う注意喚起」参照)等が発生しています。
これらと同様の事件が今後も発生する可能性は否定できないことから,注意が必要です。

4 つきましては,海外に渡航・滞在される方は,以上の状況に十分注意し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に十分注意を払い,不審な人物や状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意を払ってください。

5 テロ対策に関しては、以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306

○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
           : http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)



関連情報
■ 2015年1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」(リヨン領事事務所)

■ 2015年1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」(リヨン領事事務所)‏

~渡航情報(スポット情報)~
1月7日付スポット情報「パリの雑誌社に対するテロの発生」
(件名)
フランス:パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起

(内容)
1.7日11時半頃(現地時間),パリ第11区で,左派系雑誌社「シャーリー・エブド(Chalie Hebdo)」をカラシニコフ銃等で武装した2人組が襲撃し,少なくとも警察官2名を含む12名が死亡,6人が負傷しました。現在も犯人は逃走中です。

2.また,オランド大統領は本事件をテロと断定しました。さらに同日,パリを含むイル・ド・フランス州におけるテロ警戒レベルが最高レベルである「攻撃の警戒」(alerte attentat)に引き上げられました。

3.現時点では,犯人像は明らかになっていませんが,「シャーリー・エブド」社はイラクとレバントのイスラム国(ISIL)の指導者バクダーディーの風刺画をツイッターに掲載しており,また,犯人らは,犯行時「アラー・アクバル(神は偉大なり)」,「預言者に対する復讐をした」と叫んだと報じられています。
2014年9月,ISILは,米国を始めとする「連合」によるISILへの攻撃を批判するとともに,カナダを含む世界の(スンニ派)イスラム教徒に対して,米国,フランス,オーストラリア,カナダを始めとする対ISIL連合諸国の国民を攻撃するよう扇動する声明を発出しています(9月29日付け広域情報「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出に伴う注意喚起」参照)。

4.ついては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

5.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/



[関連情報]
- 外務省 海外安全ホームページより
フランス:パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起 (1月7日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2015C006
フランス:パリ南部近郊における発砲事件の発生に伴う注意喚起 (1月9日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2015C007
(関連する内容抜粋:7日に発生した左派系雑誌社「シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)」に対するテロ事件に関し,報道によれば,フランス治安当局は実行犯3名の身元を特定し,うち1名とされる人物は警察に出頭しましたが,指名手配している2名は現在も逃亡中)
フランス:パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案の発生に伴う注意喚起(1月10日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id={%countrycd%}&infocode=2015C010
(関連する内容抜粋:パリ北東部セーヌ・エ・マルヌ県ダムマルタン=アン=ゴエル市に所在する広告制作会社において,人質立てこもり事案が発生。2人の実行犯は,「シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)」に対するテロ事件の犯人であることがフランス当局により確認。パリ東部20区のポルト・ド・ヴァンセンヌ(Porte de Vincennes)ユダヤ食料品店における人質立てこもり事案も含め、9日午後5時頃(現地時間),治安当局の突入があった結果,上記の3人の実行犯は死亡、人質のうち4名が死亡。他方,本事案の関係者が逃亡中とも報じられているので注意。)
- 在フランス日本国大使館 新着情報より
パリ連続テロ事件:パリ第20区のユダヤ食料品店で銃撃・立てこもり事件発生などについて (1月9日)
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/pdf/Paris_20_hitojichi_201501.pdf
(関連する内容抜粋:7日にパリ第11区の左派系雑誌社「シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)」をカラシニコフ銃等でテロ攻撃した犯人は,現在,セーヌ・エ・マルヌ県ダムマルタン=アン=ゴエル市の会社に侵入し,人質をとって立てこもっています)
- リヨンでの追悼集会についての記事
「私はシャルリー」 仏新聞社銃撃、追悼集会に計10万人超 写真13枚 (国際ニュース:AFPBB News)
http://www.afpbb.com/articles/-/3035898
追悼集会の様子「Je suis Charlie rassemblement de Lyon」(youtube動画)
https://www.youtube.com/watch?v=5jh4O-Xi-_E
11日追悼行進の様子「Je Suis Charlie Hebdo. Marche républicaine à Lyon」(youtube動画)
https://www.youtube.com/watch?v=Wp8V3jDMu68

■ 空き巣対策

最近の空き巣の傾向として、ドアノブのカバーをバール等でこじ開けた後、鍵を破壊し、家に侵入するケースがあるそうです。
鍵穴が写真のようなタイプの場合、ドア内側の鍵の上下にあるネジがしっかり閉まっているかを再度確認してください。
ネジが緩んでいる場合は、ドア外側の隙間からカバーをこじ開けられるおそれがあります。
ノエルのバカンスで、家を留守にする方も多いと思うので、十分お気を付けください。

20141219_Chian key
(情報提供:K.M. 2014/12/19)

ローヌアルプ州 治安・安全情報は、在リヨン領事事務所のサイトをご覧ください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html#chian_houkoku

■  2014年10月 治安・安全情報 (在リヨン領事事務所より)

平成26年10月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より9月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014sep.pdf

日系企業、補習授業校、日仏友好協会等関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。

なお、これまで一般情報(新聞プログレ紙等)をベースに毎月送付させていただいてきた「治安・安全情報(リヨン及びローヌアルプ州)」について、今後抜本的にリニューアルを行い、治安情勢に係る傾向と分析を交えた御案内にさせていただくことを考えております。
頻度としては、概ね四半期に一度の資料送付とさせて頂きます。
なお、当事務所は、定期的に管区内の警察・治安機関と意見交換や積極的な情報収集を行っておりますところ、御相談・御照会がございましたら、お気軽に当事務所までお尋ね下さい。
フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

平成26年10月17日

在リヨン領事事務所長
小林 龍一郎

在リヨン領事事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 安対ネット(渡航情報(広域情報):「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出等に伴う注意喚起」)

今般、外務省から、イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出等に伴う注意喚起 (広域情報)」が発出されましたので、ご参考までに送信いたします。

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。


1 22日(日本時間),シリア・イラクにおいて活動するイスラム過激派武装組織イラクとレバントのイスラム国(ISIL)は,米国を始めとする「連合」によるISILへの攻撃を批判するとともに,欧州,米国,豪州,カナダ,モロッコ,アルジェリア,ホラサーン(注:アフガニスタン等の地域の旧称),コーカサス,イラン等世界の(スンニ派)イスラム教徒に対して,米国,フランス,オーストラリア,カナダを始めとする対ISIL連合諸国の国民を軍人,民間人問わず攻撃するよう扇動する声明を発出しました。

2 また,上記声明の後,アルジェリアでは,ISILへの支持を表明しているイスラム過激派武装組織が,拉致したフランス人の解放と引き替えにISILに対する軍事作戦を停止するよう,仏政府に要求しました(9月24日付けスポット情報「アルジェリア:イスラム過激派武装組織による仏人誘拐事件の発生に関する注意喚起」参照)。更に,報道によれば,23日フィリピンにおいて,別のイスラム過激派武装組織が,身代金を支払うとともに米国への支援をやめなければ人質のドイツ人を殺害する旨,独政府に警告しました。

3 こうした中,アラブ5か国と共にシリア内のISIL等の拠点に対して空爆を開始した米国政府は,上記も踏まえ,アルジェリア,ヨルダン,レバノンの自国民に対する注意喚起を発出しています。

4 ついては,海外に渡航・滞在される方は,以上の状況に十分注意し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。公共の場所に滞在する際や交通機関利用時には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意を払ってください。

5 テロ対策に関しては、以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306

○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
           : http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 2014年9月 治安・安全情報 (在リヨン領事事務所より)

平成26年9月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より8月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014aug.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,各地で依然として,暴力を伴った盗難・強盗事件が発生していたり,窃盗団による空き巣犯罪などが発生しています。

当事務所では、定期的に警察などを訪問して治安関連情報を収集しておりますが、9月4日にリヨン市第3区・第6区警察署長を表敬した際に,同所長から,空き巣犯罪の対策には,家やガレージの戸締まりをしっかりとすることはもちろんのこと,犯人の現行犯逮捕のためには,ご近所の方々との友好な付き合いを維持することも重要であると案内を受けました。

当地地方紙のプログレ紙でも,空き巣が近所の住民により発見され逮捕に繋がったという例が報じらることもありますので,皆様も友好なご近所づきあいにご努力下さい。

日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。

フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

平成26年9月9日

在リヨン領事事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2014年8月 治安・安全情報 (在リヨン領事事務所より)

平成26年8月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より7月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014juillet.pdf

領事事務所からのお知らせ

○平成26年8月1日より、当事務所の和文呼称が「在リヨン出張駐在官事務所」から「在リヨン領事事務所」へ変更になりました。 

○外務省海外旅行登録「たびレジ」

外務省は,海外を旅行する日本人のために新しいシステムを始めました。
たびレジは,海外旅行や海外出張される方が,旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。メールの宛先として,ご自身のアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。

なお,登録していただいた情報は上記の目的以外には利用しません。また,帰国してから1ヶ月(希望された場合には1年)後には,すべての個人情報を消去します。詳しくは,個人情報保護方針を参照してください。
※海外でメールを受信する際には通信料が必要となる場合があります。
※携帯する機種によっては、メールが受信できない場合があります。詳しくは各社サイトでご確認いただけます。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

平成26年8月11日

在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ リヨン子連れの治安・防犯・トラブル(2014年)

下記は、2014年に子連れリヨン在住者が実際におきた被害事例です。
今後、このような被害に遭わないよう、皆さん、くれぐれもお気をつけください。


○ケース1
今年の春、6区のRue Boileauを夕方歩いていたら、前方から歩いてきた東欧系男性とすれ違う手前で、あたかも今道から指輪を拾い凄く喜んでいる感じの芝居をし、これは金の指輪だと言って見せてきて、自分は駅に住んでいる為、警察に取り調べられた際、面倒な事になると困るので君にあげると言い、家族にあげて下さいと何度断っても、家族も友達もいないと言い、無理やり指輪を押し付け、暫くして後ろから追いかけて来て、食べ物を買うお金が無いと言ってお金を要求されました。指輪を返してもパンを買うお金をくれとお金を要求されました。
友人もマセナの辺りで同じ目に遭ったそうです。
外国人の友人はどの辺かは知りませんが、数回遭ったそうで、男性の時と女性の時があるそうです。
(2014年春)

◯ケース2
夏に息子と日本から来た母を連れてスイス旅行に行きました。
結果的に未遂でしたが、スリに遭いました。
事件がおきたのはジュネーブ駅の構内。ベルンから電車に乗って来て、到着後 母が孫を連れて先にスロープ(リヨンのパガデュ駅のようにホームが2階にあり、スロープで地上階へおります)で1階へ行き、私が空のベビーカーと大きなスーツケース(=両手が塞がっている状態)、背中にリュックを背負い、後を追ってゆっくり向かっていました。
急いでいなかった為、他の乗客はすでに降りた後で、私が最後でした。(=後ろには誰もいない状況)
スロープを降りきる直前で、背後に気配を感じたので、振り返ると、すぐ後ろに東欧系のカップルがいて、見るからにアジア人の私に「イタリア語が出来ますか?」とフランス語で聞き、「No」と答えたら、仕方ないなって顔して去って行きました。
その瞬間に、カバンのチャックが空いていることに気がつき、お財布を入れている場所(大きなポケットは子供用品、ガイドブックやらでいっぱいなので、ついつい取り出しやすいポケットに入れていて)だったので、100%の確信はなかったものの後悔したくなかったため、母親に荷物を預け、ゆっくり駅の出口へ向かう行くカップルを追いかけ、私の財布がないのでカバンを見せてもらうと言ったと同時に、男性のカバンを開いたところ、発見されました。
(財布を発見できたのと、危害を加えられなかったので、結果的には良かったのですが、万が一もあるため、この行動が良かったかどうかは判断しかねます)

その後、もう夕方(だいたい19:00)だったので疲れていたし、息子と母を一旦ホテルへ連れて行き、改めて私一人で警察に報告へ行きました。
(しかし、ジュネーブ駅構内の警察は、18:00で閉まり、翌日 土曜日は12:00から)

警察には報告出来ず、仕方がないので仮設であったインフォメーションセンターに せめて今後の注意を呼びかけようと話をするため順番待ちをしていたら、再び犯人たちに遭遇。(=この時点で20:00。犯行後、1時間しかたっていない)
私の後ろをカップルで通り過ぎて行ったので、大きな声で、「この人たちが、さっき私の財布を取ったんです(仏語)」と言ったのですが、走って逃げる様子もなく、悠然と歩き去って行きました。間違いなくプロです。常に次のターゲットを探しています。

その後の対応と対策:
1)、その日の晩、主人に電話し、状況・犯人の特徴を全て説明、仏語に訳しメールで送ってもらい、ホテルで印刷、翌日 リヨンへ帰る直前に警察へ届けました。
(しかし、混み合っていて時間もなかったため、他に待っていた人に託していったのですが、受け取った担当者からすぐ折り返し電話がきました。)
あとは、リヨンへ戻ってから警察とメールでやりとり。
インターネットから地図をコピーし、犯行現場、犯人の詳細、当日の私たちの服(写真)などを送ることで、犯人の特定つ繋がりよう協力しました。

2)、ジュネーブ及びリヨンの領事館へ報告。
毎月の「治安・安全情報」に載ることで、今後 同じような被害がおこらないように、たとえ未遂であっても 報告すると良いでしょう。
また、ご旅行される方は、必ず事前に現地でおきやすい「被害例」などを確認しておく。危ないと聞いているところなら、初めから注意しますが、安全と思っている所こそ落とし穴です。

3)、貴重品は、取りやすい所にしまわない。
子連れだと荷物が多いので、と言い訳でしたが、嫌な思いをしたくない方は、貴重品はの管理、お金は分散しておくなど気をつけれることはした方が良いでしょう。
(2014年7月)

■ 2014年7月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

平成26年6月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より6月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014juin.pdf

フランスでおきた邦人犯罪被害事例↓
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/pdf/higairei_06.2014.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,7月は,毎年バカンス中の留守宅への空き巣が増加傾向にあります。

休暇等を利用し,長期間ご自宅を留守にする場合は,電話の転送サービス,警察による見回り強化の依頼(http://www.interieur.gouv.fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Operation-tranquillite-vacances)等,空き巣対策を行った上で,ご旅行等に出られることをお勧めいたします。

また,空き巣が発生した場合は,近隣の住民の第一報が犯人逮捕のきっかけとなっていることがよくありますので,よりよいご近所づきあいを続けることが空き巣対策にも繋がるということが言えます。

ご旅行を予定している地域の危険情報等は外務省海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html)でご確認の上,楽しいバカンスをお過ごし下さい。

フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

平成26年7月4日
在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■  2014年6月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

平成26年5月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より5月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014mai.pdf

フランスでおきた邦人犯罪被害事例↓
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/pdf/higairei_05.2014.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,空き巣,強盗,ひったくり,スリ,車上荒らし等が多く報道されております。
一部地域では,若者による警察当局に対する攻撃が行われておりますので,在留邦人の皆様も巻き込まれないよう十分ご注意下さい。
 
日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。

フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

平成26年6月13日

在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2014年5月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

平成26年4月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より4月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014avr.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等で,市内の多くの場所で,携帯電話やクレジットカードの強盗に合うという犯罪が報道されています。 14歳から30歳程度の若者や酔っ払いが,犯人であることが多いようです。
 また,警備員を装って,金品をだまし取る種類の犯罪も増えております。犯人の手口は日々巧妙になり,「想像もしない方法」で心のスキを作り,そのスキを狙って鞄等を盗んでいきますので,ご注意下さい。
 皆様は「想像もしない方法」に対する対策はないのではないかと思われるかもしれませんが,犯人は,あらかじめ,人々を観察して,めぼしいターゲットを決めてから犯行に及びますので,「見知らぬ人を容易に信用しない」,「危険な場所には近づかない」等に注意し,自分の周りで何が起こっているか常に把握し,危険には近づかないよう心がけて下さい。
(外務省「海外安全虎の巻」にも安全のための心がけが記載されておりますのでご参照下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_01.html)

日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。
フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。
当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。


在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2014年4月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

平成26年3月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より3月分をダウンロードしてください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014mar.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等で,市内の多くの場所で,酔っ払いや若者によるトラブルが報告されています。
 夏時間となり,これからよりいっそう日が暮れるまでの時間が長くなりますが,夕方・夜間の町の散策は,酔っ払いや若者達の争い等に巻き込まれないよう,身の回りに注意しつつ行動して下さい。
日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。
フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。
当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2014年3月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

平成26年2月分の治安・安全情報

下記の「治安報告書」より2月分をダウンロードしてください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014fev.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等ではここ数年,空き巣の被害件数の顕著な増加が報告されています。
治安安全情報の中にもいくつか案内されておりますが,中・東欧出身の犯罪グループによる,ドアの鍵を壊して侵入するタイプの空き巣が多いようです。家やガレージの戸締まりを徹底するとともに,日頃から目立たない行動を心がけ,犯罪に巻き込まれないよう注意して下さい。
日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。

フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。
当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。


在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2014年2月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

在留邦人の皆様,

平成26年1月分の治安・安全情報
下記の「治安報告書」より1月分をダウンロードしてください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014fev.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等ではここ数年,空き巣の被害件数の顕著な増加が報告されています。
 治安安全情報の中にもいくつか案内されておりますが,中・東欧出身の犯罪グループによる,ドアの鍵を壊して侵入するタイプの空き巣が多いようです。家やガレージの戸締まりを徹底するとともに,日頃から目立たない行動を心がけ,犯罪に巻き込まれないよう注意して下さい。

日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。


フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

平成26年3月10日

在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2014年1月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

在留邦人の皆様,

平成26年1月分の治安・安全情報
下記の「治安報告書」より1月分をダウンロードしてください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014jan.pdf

 リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等ではここ数年,空き巣の被害件数の顕著な増加が報告されています。
 家やガレージの戸締まりを徹底するとともに,日頃から目立たない行動を心がけ,犯罪に巻き込まれないよう注意して下さい。

日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。


フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページhttp://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。


平成26年2月12日
在リヨン出張駐在官事務所領事班
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

■ 2013年12月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

在留邦人の皆様、

平成25年12月分の治安・安全情報
下記の「治安報告書」より12月分をダウンロードしてください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html

 リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,フランスと日本を比較すれば,人口は日本のフランスの約2倍であるにもかかわらず,犯罪認知件数はフランスの方が日本より2倍も多いという事実があります。
 この事実は,我々が犯罪に巻き込まれる可能性が高いことを示しており,日頃から犯罪に合わないための心がけを行っていただくことがあることを示しております。
 つきましては,犯罪の傾向や発生地域の情報をご参考の上,皆様の安全対策のご参考として下さい。

日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。

フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページhttp://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。
 当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。


平成26年1月16日
在リヨン出張駐在官事務所領事班
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。