リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

■ 海外に住む子ども達の心の健康をサポートする臨床心理士の会「With Kids」

海外赴任などで、慣れない言語を使い生活する中、お子さんの心の健康も気になりますよね。

「海外に住む子供達の心の健康をサポートする臨床心理士の会 With Kids」は、
18歳までのお子さんのメンタル面での相談を、日本語メールで受け付けているそうです。
一時帰国時の面接・電話相談や、日本国内の医療・教育・福祉等相談機関への紹介(無料)もされています。
サイトにあるフォームから、相談内容を送信できます。(匿名もOKとのこと)

詳細は下記サイトをご確認ください。
サイト:海外に住む子供達の心の健康をサポートする臨床心理士の会 withkids

(AK!)

■ 予約を取りやすい眼科(Ophta Part-Dieu Lyon)

眼科(ophtalmologique)の予約は、病気やけがなどの緊急以外は、通常半年かかると言われています。
フランスでは眼鏡やコンタクトレンズの購入にも保険が適用されますが、検眼に半年待たなければいけないのが不便でした。

下記の眼科は、ネット予約ができ、現在のところ最短1か月半で予約を取ることができるそうです。
Centre ophtalmologique Lyon – Ophta Part-Dieu
http://www.ophtalmo-lyon.com/
RDVophtalmo.pngRDVophtalmo2.png


英語を話せる眼科医もいるとのことです。
(情報提供:Aさん 2015/04/26)


(AK!)

■ 英語か日本語を話す小児科/一般医

子供が病気になった時、英語か日本語を話せる小児科/一般医の情報です。
(引き続き、情報をコメント欄までお寄せください。お待ちしております。)

リヨンで日本語のドクターを探すのは難しいです。
お医者さんだから、必ずしも英語が話せるわけではありません。
皆さん、辞書を片手にジェスチャー交じりで何とか乗りきっているようです。
先生から言われた内容を理解するのが大変かもしれませんが、あらかじめ症状から考えられるものを辞書で調べておくと良いでしょう。

Mixiアカウントをお持ちの方は、投稿者の記事をこちらのサイトをご覧いただけます↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2998807&id=62439993
(Mixi リヨンでママンの投稿/2011年05月に向けて)
※投稿者の皆様、貴重な情報をありがとうございました。



2区:
●Dr. Halpern Sarah-Jane (médecins allergologues アレルギー科)
04 78 92 41 34
sjhalpern@hotmail.fr
12 rue du Plat 69002 Lyon
http://www.pagesjaunes.fr/pros/55432552
英語を話せる若い女性の先生です。
花粉症の減感作療法ができます。
(情報:AK! 2015/02/23)

3区:
●Dr.Marcel Tocco
Generalist(一般医)
男性。NY出身のアメリカ人。てきぱきしているけど、子供に対してもとても優しくいい先生です。英語ok!
住所:18 Rue Servient 69003
電話:04.78.60.05.07
(情報:Mixi リヨンでママンの投稿より/2011年05月)

●Dr.Cecile Conalonierie
Generalist(一般医)
女性。フランス人ですが英語も上手に話します。若くてものすごく優しい先生。
住所:18 Rue Servient 69003
電話:04.78.84.14.95
(情報:Mixi リヨンでママンの投稿より/2011年05月)

●Dr. VU Thi-Minh-Chau
Medecine Generale-Acupuncture (鍼治療)
25, avenue Felix Faure 69003 Lyon
04 78 72 23 52
日曜、月曜休み。土曜も午前中やっているようです。
予約の電話は、英語の話せない秘書が出ることもあります。
(情報:CKさん 2015/02/15)

6区:
●Dr Stagnara (スタニャラ)
小児科。英語ok!
住所:46 cours Franklin Roosevelt 69006
電話:04 78 24 47 68
(情報:Mixi リヨンでママンの投稿より/2011年05月)

●Dr maisonneuve (メゾンヌーヴ)
小児科。英語ok!
住所:50 bd Belges 69006 LYON
電話:04 78 93 78 48
(情報:Mixi リヨンでママンの投稿より/2011年05月)

8区:
Dr. schreyer (小児科)
04 78 00 22 98
43 rue Villon 69008 Lyon
入り口を入って、右奥のドアです。
http://www.pagesmed.com/fr/pediatres/lyon-69008/scm-docteurs-henry-claris-et-schreyer
男性の先生で、フランス語・ドイツ語・英語で対応してくれます。
(情報:AK! 2014/02/11)

その他:
●P.M.I (Protection Maternelle Infantile) =保健所
子供の病気以外で、定期健診や予防接種なら、PMI(保健所)でもやってくれます。しかも無料!(※要予約)
英語を話すかは分かりません。
各区にありますので、下記のサイトから、自宅から近いところへお問い合わせ下さい。
http://allopmi.fr/rhone-69/lyon.html
(情報:Mixi リヨンでママンの投稿より/2011年05月)

■ 急病時に医師を自宅へ派遣 SOS Médecin Lyon

「急に子供が発熱して吐いた」「謎の発疹が全身に現れた」など、
かかりつけ医の予約を待っていられない事態が起こった場合に、
24時間、365日、いつでも医師を派遣してくれます。
フランス語での電話予約が必要です。

■ 医師派遣の予約サイト
SOS Médecin Lyon
http://www.sos-medecin-lyon.fr/visites-a-domicile/
電話番号:04 78 83 51 51

電話は混んでいるとすぐにはつながりませんが、根気よくかけ続けてください。
休日でも当日のうちに対応してもらえます。
電話予約では、下記の項目を聞かれます。
・連絡先の電話番号(携帯番号も可)
・氏名、医療を受ける人の年齢など個人情報
・住所、ドアコード
・病気の症状など

予約が取れたら、下記のものを準備して医師の到着を待ちます。
・健康保険証(carte vital)、ミチュエルのカードなど
・病気の症状の記録、気になる点など
・子どもの場合は母子手帳(Carnet de santé)

医師が到着したら、問診、触診などで様子を見て、薬が必要であれば処方箋を書いてくれます。
処方箋にある医薬品は、近くの薬局(pharmacie)で購入できます。
支払いは、カード払いも可能です。
価格の目安はこちら。
http://www.sos-medecin-lyon.fr/les-tarifs-sos/

参考までに。
- 土曜日の明け方から、1歳の子どもが吐いて熱を出した。
- 5時間以上嘔吐が止まらないので、SOS Médecinに10時半頃電話。
- 混んでいたためなかなか繋がらず、30分程度粘り、午後以降で予約が取れた。
- 15時頃、お医者さんが到着。急性胃腸炎(ガストロ)と診断、処方箋をもらう。
以上で費用は58€でした。
(一旦全額支払い、後日、保険適用分が戻ってきます。)

■ 一般医の救急外来
SOS Médecin は、外来診療も受け付けています。
お医者さんは毎回違いますが、かかりつけ医の予約が取れない夜、急に処方薬が必要となった場合などに利用できます。

LES CONSULTATIONS - SOS Médecin Lyon | SOS Médecin Lyon
http://www.sos-medecin-lyon.fr/sos-medecins-et-son-centre-de-consultation/
電話番号:04 78 83 51 51
住所:289 rue Garibaldi, 69007 Lyon
   (地下鉄D線-Garibaldi駅降りてすぐ、Pharmacie Gambetta斜め向かい)
   ガラスの壁面が手前側に斜めにせり出している、特徴的な建物です。
   入口のインターホンで「SOS Médecin」を呼び、ドアが開いたら入って右手のエレベーターで5階です。
診療時間:平日昼間 10h - 19h
     平日夜間 20h - 24h
     土曜日 10h - 24h
     日曜祝日 10h - 24h

参考までに。
- 朝から夕方にかけて、原因不明のじんましんが全身に広がり、感染症を疑い受診。
- 問診、触診後、じんましんを抑える塗り薬と飲み薬を処方。
- 皮膚科への紹介状と、電話で直接数日後の皮膚科予約をしてもらう。
かかりつけの一般医の予約は数日かかるところ、夕方の電話で当日夜の受診ができました。
また、 皮膚科は一般医からの紹介により、保険適用で受診できます。

(AK!)

■ 子供を診てくれる眼科医

子供を診てくれる眼科医のご紹介です。

Dr NORMAND
Centre hospitalier Saint Joseph Saint Luc
20 Quai Claude Bernard 69007 Lyon
Tel 04 78 61 81 81
数ヶ月待ちは当たり前なので、かなり早めに予約を入れなければなりません。
水曜休み。

(情報提供:MAさん 2014/11/2)

■ 英語を話せる歯医者

リヨン市内及び近郊で、英語の話せる歯医者さん情報です。

リヨン7区:
Dr Alexandre Berdugo
Chirurgien Dentiste

住所:100 Cours Gambetta (メトロD線、ガリバルディ駅前)
電話:04.78.72.65.83

Alexandre Berdugo先生は英語を話しますが、受付の女性は英語を話さないので、予約の電話はフランス語で頑張ってください。
また、同じ場所で営業されているDr Verneも大変評判が良いです。(しかし、英語は話しません)
予約がとれるのに3ヶ月かかるという話も聞くほどなので、気になることがあれば早めに連絡したほうが良いでしょう。

子連れ(ベビーカー)で行く際は、オフィスが2階(フランスの1階)でエレベーターがありません。
受付にお願いしてベビーカーを運ぶ手伝いをしてもらうなどした方が良いです。

(情報提供:KS)

■ 歯の矯正歯科

フランスでは16歳までの歯科矯正は、ほぼ100%健康保険が適用されます。(健康保険が認めた上限の費用を越えなければ)
子供が中学生くらいになったら、歯の矯正を考える親御さんは多いと思いますが、リヨンでオススメの矯正歯科医の情報です。

リヨン7区:
Cabinet d'orthodontie
Raphaël Filippi
住所: 209 Av.Jean-Jaurès, 69007
電話: 04.72.76.39.35

キャビネはRaphaël Filippi先生(英語可)ともう一人の先生がメインで行い、細かいケアはたくさんいるアシスタントがやってくれるので、あまり待たされることもなく、とても手際が良い。先生もアシスタントも受付もみんな親切でした。

ちなみに大人の場合は、健康保険は適用外ですが、ミチュアル(mutuelle)によって、全額ではありませんが一部が戻ってきます。
歯に装着する器具の種類によりますが、一番安いもので約5500ユーロ(大人の場合)。
日本の歯科矯正費用に比べたら安いです。
子供の歯の矯正をやっているキャビネは多いですが、大人も同時にやっているのは上記のRaphaël Filippi先生のキャビネ。

(情報提供:Kさん)

■ 英語を話せる産婦人科医

英語を話せる産婦人科医の情報です。

「Natecia」
産婦人科の先生: Dr. Anna LA MELA-JUMEL
住所:28 avenue Rockefeller 69008 Lyon (トラムT2 Ambroise Pare)
電話:04 72 78 65 66

若い女性の先生で、とっても親切です。時々専門用語は英語でなんと言うかはわからなかったりしますが、そういう用語以外はまったく問題なく全部英語でOK。超音波検診もこの先生がしてくれるので、別に超音波検診の予約を取らなくていいので楽ちんです。Nateciaの先生なので、検診、出産全てNateciaでになります。

他にもNateciaなら英語が話せるお医者さんがたくさんいらっしゃるようです。以下のウェブサイトで一人一人チェックするしかないのですが、経歴、専門、料金などの情報も載っているので、お医者さん探しには役に立ちます。
http://www.noalys.com/index.php/liste-praticiens-natecia-lyon.html

上記リスト内のDr. Catherine CORTEYは、English Speaking Mums ウェブサイトでもリストされていました。

※どのオフィスもだいたい受付はフランス語しか話せない場合が多いのでご注意!

(Mixi リヨンでママンの投稿より/2010年10月)
※投稿者様、貴重な情報をありがとうございました。