リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

旅行・観光

■ リヨン空港(Saint-Exupéry International Airport)からパールデュー(Part-Dieu)までのアクセス
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(イギリス/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:とうもろこし畑の迷路/2014年)」‏
■ 飛行機が大幅に遅れた場合に出来る、航空券の払い戻し
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:コルシカ島/2014年)」‏‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Perouges/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス(鉄道の旅)/2014年夏)」
■ 5区 ギニョルの館Galerie de la Bombarde
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(モルディブ/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スリランカ北部/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スリランカ南部/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Auvergne地方/2014年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:アヌシー、シャモニー/2014年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ディズニーランド/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(イタリア/2014年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:ジェノヴァ/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:ローマ/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:バレンシア/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:マヨルカ/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:バルセロナ/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:マルセイユ/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:カルカッソンヌ/2013年冬)」‏
■ 荷物がロストバゲージになったときの対応策
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:モンペリエ/2013年)」‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ニース周辺/2013年)」‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:エクス=レ=バン/2013年)」‏‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:アヌシー2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Thil/2013年)」
■ ヨーロッパ文化遺産の日(欧州文化遺産の日 9月の第3土日)
■ ローヌアルプのにある工場見学
■ 子連れ滞在向けホテル
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:カルカッソンヌ/2013年夏)」‏
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(クアラルンプール/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(バンコク/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(インドネシア バリ島/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:TREVOUX/Saint-Bernard/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:APAC Loisirs/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(東地中海クルーズ/2012年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(チュニジア/2013年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(ドイツ/2012年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!(ベルギー/2012年)」
■ アンケート「子連れ旅行体験談!」
■ リヨン郊外 子連れで観光!
■ リヨン市内 子連れで観光!
■ world-guides(英語)
■ リヨン観光案内所・リヨン観光局(日本語サイト)

■ リヨン空港(Saint-Exupéry International Airport)からパールデュー(Part-Dieu)までのアクセス

■ リヨン空港(Saint-Exupéry International Airport)
http://www.lyonaeroports.com/
空港地図ダウンロードサイト
http://www.lyonaeroports.com/eng/Access-maps-car-parks/Maps

・アクセスマップ
Access plan - Aéroport de Lyon
ターミナル見取り図
saint-exupery_international_airport_terminals.png
Rhônexpress、TGV
saint-exupery_international_airport_access.png
駐車場
saint-exupery_international_airport_parkings.png
ロードマップ(空港からリヨン市外へ)
saint-exupery_international_airport_road_access.png


■ ローヌエクスプレス
https://www.rhonexpress.fr/
リヨン市内へ向かう路面電車、リヨン中心部のパールデューまで30分程度。

・運賃表
https://www.rhonexpress.fr/presentation/?rub_code=57
大人片道16ユーロ程度、12歳未満無料。サイトでEチケットの購入もできます。(会員登録が必要)
※上記の料金は、2015年情報

・時刻表
昼間は15分に一本の間隔で運行。
空港からパールデューまで - Horaires au départ de l’Aéroport Lyon - Saint Exupéry
https://www.rhonexpress.fr/presentation/?rub_code=75
パールデューから空港まで - Horaires au départ de Lyon Part-Dieu
https://www.rhonexpress.fr/presentation/?rub_code=79

・サンテグジュペリ(Saint-Exupéry)空港マップ
Horaires navette au départ de l’Aéroport Lyon : Plan - Rhônexpress navette Lyon Saint-Exupéry
rhonexpress_plan_aeroport.png

・リヨンパールデュー(Part Dieu)マップ
https://www.rhonexpress.fr/presentation/?rub_code=82
rhonexpress_plan_part_dieu.png


■ Part-Dieuまで最安1.8ユーロ! (2015年9月現在)
バス30番とトラムT3を乗り継いで、最安価格でPart-Dieuまで来ることができます。
手持ちの荷物が少ないときに、試してみたいですね。
(参考:http://www.tcl.fr/Me-deplacer/Toutes-les-lignes/T3, http://www.tcl.fr/Me-deplacer/Toutes-les-lignes/30)
バス停は、このあたりです。(クリックで拡大)
bus30.png

※バス30番は廃線になりました。
(情報:2016/04/28)

(AK! 2015/09/18更新)


[過去の記事]
■ 空港から市内へのアクセス

リヨンのサンテグジュペリ空港から市内へのアクセス方法。

タクシーを利用する場合は、日中で約50ユーロ、夜間で約70ユーロが相場。

また、2010年8月9日に開通したローヌエキスプレスはとても便利です。
空港から市内Part Dieu 駅(TGV駅)を約30分、赤色の新しいトラムです。(車内にトイレなし)
乗り口は段差がなく、車内も広いのでベビーカーでも快適!
車椅子/ベビーカーのおけるスペースあり。
20130910Rhonexpress1.jpg
※シャトルバス SATOBUS(サトー・ビュス)はローヌエキスプレスの開通をもってサービスは終了されました。

「Rhonexpress/ローヌエキスプレス」の公式HPは、こちらをご覧ください↓
http://www.rhonexpress.fr/

空港のフライト(出発/到着)情報↓
http://www.lyonaeroports.com/eng/Traveller-s-guide/All-Flights-Information

Rhonexpressの終点Part-Dieu駅のインフォメーションサイトは、こちらです↓
http://www.gares-en-mouvement.com/fr/frlpd/accueil/

構内に荷物預かってくれる場所「CONSIGNES」があります。(有料)
料金は、大 9.50ユーロ、中 7.50ユーロ、小 5.50ユーロ
デポジットとして5ユーロ/24時間 (料金は、2013年情報)

パリや他県から日帰り観光される方など、荷物を置いて、身軽になってお出かけするのも良しですね◎

また、Part-Dieu駅の横に、芝生のスペースと小さな公園があります。
市内から空港へ向かう際、少し早めに到着するようなら、こちらで子供を遊ばせておくのも良いかも◎
20130910PartDieu_parc1.jpg
芝生のスペース
20130910PartDieu_parc2.jpg
小さな公園(※トイレはありません)

(K 2013/9/10)

タグ: 生活  公共交通  旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(イギリス/2014年)」

●ハンドル名: Rinさん

●旅行先 (国名・都市・地方名): イギリス

●手配を頼んだ旅行会社: Golden Tour(ネット予約)
http://www.goldentours.com/

●行程・利用交通機関:
リヨン→イギリス間は飛行機(Easyjet)利用。

Easyjetのサイト↓
http://www.easyjet.com/fr?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_term=easyjet&utm_campaign=FR_FR_Brand+%28desktop%2Ctablet%29&mid=909v9cc4f0&kword=easyjet

●旅行日数・時期: 2014年9月中旬、3泊4日

●連れていった子供の年齢(当時): 5才3か月、2才2か月

●子連れでお勧めのホテル・その理由:

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
(1)LEGOランド
http://www.legoland.co.uk/
ベビーカーのレンタル有。

行き方:
今回はツアーバスを利用。Golden Tourでネット予約できます。
http://www.goldentours.com/
1日券+バスで、大人 £32.76、子供 £28.98(※3歳以上)
ヴィクトリア駅(構内に店舗あり)の近くから高速バスが出ています。
もしくは自力で行くなら、BR(鉄道)もあるそうです。乗換え+降車後バスへ乗り継ぐ。

おすすめスポット!(地図参照)
⑬Castaway Camp
2歳でも楽しめる!!
その他、3、38、53も楽しかったです。

持っていくと良いもの:
防水のレインコートや替えの服を持っていくと良いでしょう。夏に行くなら、水着は必須!

●子連れでお勧めのレストラン:
「giraffe」
http://www.giraffe.net/
チェーン店ですが、美味しかったし、子供用の塗り絵やかわいいストローも出してくれて、サービス満点でした。

イギリスといえば、『フィッシュアンドチップス』!
ライオンキングの劇場の横のBARでたべましたが、ボリューム満点で、味も美味しかったです!

●その他:
ロンドン市内観光に、The Original Tourの2階建てバスを利用。
http://www.theoriginaltour.com/

「自然史博物館」はおすすめ!(無料)
http://www.nhm.ac.uk/

3−40分で回れるロンドン交通博物館(コヴェントガーデン)
http://www.ltmuseum.co.uk/

ディズニー映画「The Lion King /ライオンキング」のミュージカル!
http://www.lyceum-theatre.co.uk/


旅行準備に役立つサイト↓
http://magarikkyuuri.web.fc2.com/legoland.htm
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0126/478382.htm?g=09
上記のブログや情報が役に立ちました、ありがとうございました。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:とうもろこし畑の迷路/2014年)」‏

⚫︎ハンドル名: Kさん (40名くらいのグループ)

⚫︎旅行先 (国名・都市・地方名): フランス国内/Saint-Genis-Laval
20140918Labyland1 (5)
Lycée Horticole de Lyon Pressin
81 Chemin de Beaunant,69230 Saint-Genis-Laval (無料駐車場有)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社:  友人と企画した秋の遠足
http://mamanlyon.blog.fc2.com/blog-entry-555.html

⚫︎行程・利用交通機関:
自家用車で現地集合。リヨン市内から約40分くらい。

⚫︎旅行日数・時期: 2014年9月中旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 0から12歳くらい (約20名)

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由:
トウモロコシ畑の迷路は、大人も子供も楽しめます!

受付で支払いを済ますと、スタッフが簡単な説明と、答えを記入する紙を渡されます。
トウモロコシ畑の中には、あちこちに番号のあるプレートが立っていて、そこにはクイズ(子供用と大人用)や針を刺す(スタンプ代わり?)ところがあります。
20140918Labyland1 (3)
スタッフより、所要時間は約2時間と聞いていましたが、プレートを探し、且つ答えを解きながら、トウモロコシ畑をぐるぐる回るわけで、暑い日は1時間から1時間半が限界かも。。
20140918Labyland1 (4)
クイズや迷路は毎年変わるそうです。ちなみに今年は「宇宙」がテーマでした。
クイズはフランス語が分からないと(分かっても)難しいので、子供達はプレートを見つけるだけでも楽しいかも?!

⚫︎その他:
受付で、飲み物を購入可能です。
20140918Labyland1 (1)
受付の後ろのスペースが木陰でベンチがあり、ピクニックできました。
20140918Labyland1 (2)
トイレは、トウモロコシ畑から少し離れていますがあります。(※畑の中にはありません)
畑では、ベビーカーを押してる人もいましたが、舗装されていない道なので歩きにくいと思います。子供が疲れた場合は、外にいったん出て休憩しても良いと思います。(※再入場可)
迷路を終えた子供達は、賞状?をもらえます。
20140918Labyland1 (6)
クイズの用紙、賞状(右上)

その他、詳しくはサイトをご覧ください↓
http://www.labyland.com/
期間は、9月末まで。

持って行くと便利なもの
・畑の中は日陰がないので、帽子やサングラスなど日焼け対策。
・飲み物
・電子辞書 (クイズは全てフランス語なので)
・抱っこ紐  (歩くのに自信がない場合)

■ 飛行機が大幅に遅れた場合に出来る、航空券の払い戻し

先日 家族がリヨンに来た際、乗って来た飛行機が3時間以上遅れ、航空券の払い戻しを申請しました。

飛行機が予定時刻より大幅に遅れた、突然のキャンセル、そんな経験がある方がいると思います。「飛 行 機 乗 客 の 権 利 保 護 に 関 す る 規 則 」をご存知ですか?

2005年2月17日、航空会社による搭乗拒否、フライトのキャンセル、また、大幅な遅延から乗客を保護するEC規則(Regulation (EC) No 261/2004 of the European Parliament and of the Council)が発効されました。

下のリンクでEUの航空法の簡単な説明があります。
http://eu-info.jp/news/fp-air1.html

例えば、KLMオランダ航空は自社のHPにきちんと記載していますが、ほとんどの航空会社は記載していません。(例えば、Lufthanza)

「KLM」
http://www.klm.com/travel/jp_ja/customer_support/customer_support/refunds_and_compensation/index.htm

「Lufthanza」
http://www.lufthansa.com/online/portal/lh/jp/help_contact/!ut/p/c5/04_SB8K8xLLM9MSSzPy8xBz9CP0os3hnf0PLMI9QZzM_0wBnA0fnMDNHcyf3wABjE6B8JG55U1NidBvgAI4GBHR76Uel5-QnAV0ZDnI3fneA5PHY5OeRn5uqX5AbGlEZHJAOANO4xrw!/dl3/d3/L0lDU0lKSWdrbUNTUS9JUFJBQUlpQ2dBek15cXpHWUEhIS80QkVqOG8wRmxHaXQtYlhwQUh0Qi83X0NPMTlWSFVDNk41UEMwQUNWNkE3QkcyVVY2L0F0RXU6ODAzOTAwMDQvc2Euc2VhcmNoQWN0aW9u/?PC_7_CO19VHUC6N5PC0ACV6A7BG2UV6012478_command=selectFaqEntry&PC_7_CO19VHUC6N5PC0ACV6A7BG2UV6012478_faqEntryId=50&l=ja#

ご参考まで。

(情報提供: OAさん 2014/9/14)

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:コルシカ島/2014年)」‏‏‏

⚫︎ハンドル名: ILさん

⚫︎旅行先 (国名・都市・地方名): コルシカ島
http://jp.rendezvousenfrance.com/ja/discover/29175
201409148IL_Corsica (6)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: なし

⚫︎行程・利用交通機関:
リヨン→マルセイユ / ニース→リヨン (TGV利用)
マルセイユ→アジャクシオ/コルシカ島→ニース (SNCM船を利用)
アジャクシオ〜カルジェーズはバスで移動

SNCM船のサイト↓
http://m.sncm.fr/msw/m.consumer.index.do?locale=fr_FR&languageCode=FRA

⚫︎旅行日数・時期: 2014年7月末、2週間

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 4才、2才

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由: 主人の学会のため
バカンス用の貸しアパートを手配し、2週間 同じところでゆっくりしました。
オーナーがとても良い方で、主人の学会のある会場まで、いつも車に乗せてくれました。
201409148IL_Corsica (4)
貸しアパートは、カルジェーズのOffice de tourismのサイトから電話で予約しました。
http://www.cargese.net/fr/office-de-tourisme-cargese-corse-du-sud.html
※現在サイトは閉鎖されているようです。

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由:
コルシカ島は、まさに海に中に山がある。優雅な2週間を過ごしました。
201409148IL_Corsica (1)

観光船にのりました!
201409148IL_Corsica (2)
201409148IL_Corsica (3)
(船から見えた景色)


⚫︎子連れでお勧めのレストラン:
アパートだったので、自炊しました。近所にスーパーあり

⚫︎その他:
島へ渡るのに、SNCM船を利用したのがとても良かったです。
飛行機よりも経済的、子連れにはオススメです!
マルセイユ→アジャクシオ/コルシカ島 (夜間)
アジャクシオ/コルシカ島→ニース (午後)
※コルシカ行きの船は着くところも色々あります。マルセイユ→コルシカ島ではなくてマルセイユ→アジャクシオと書いたほうがいいかな〜。

船内には、お部屋(ベッド、シャワー付き)があり、ちょっとしたホテル、とても快適でした。

また、ニース行きは日中(午後)だったので、船内でスタッフのおじさんが子供向けにダンスなど披露してくれ、楽しませてくれました。

ゆるキャラまでいます。
201409148IL_Corsica (5)
子供達に、色鉛筆などのプレゼントもありました。

その他、コルシカ島行きの船は こちら↓
http://www.ferryto.jp/ja/corsica.html

・持って行けば良かったなと思うもの
貸しアパートは調味料も何もないので、少し調味料を持って行けばよかったかなと思いました。トイレットペーパーも荷物に余裕があれば。

・実際持って行って良かったもの
タッパーウェアは船でピクニックするのに持って行ったのですが、滞在中も食料保存するのに大活躍でした。あと輪ゴムも便利です。
オムツは全部持って行ったので買いませんでした。

今度行くことがあったら車で島を周りたいです!


コルシカ島の旅行準備に役立つサイト↓
http://www.mytravelunpacked.com/#!corsiatop/c18eg
http://www1.odn.ne.jp/cah02840/CORSICA/VISITE/transport.html
http://kanabo73.exblog.jp/11459348
http://blog.livedoor.jp/brunnerfamily/archives/51512909.html
http://davidpain.exblog.jp/13644970/
上記のブログや情報が役に立ちました、ありがとうございました。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Perouges/2014年)」

ハンドル名:Kさん

旅行先:Perouges

国名・都市・地方名:フランス国内/ Perouges

行程・利用交通機関:日帰り/リヨンから車で片道約30分(高速を利用)

旅行日数・時期:2014年6月

連れていった子供の年齢(当時):3歳2ヶ月

子連れでお勧めの観光地・その理由:
車でリヨンから日帰り出来るところ。
Perougesの村自体は小さく公園もないし、子供は楽しくないかもしれませんが、Grand Parc Miribel Jonageなどと合わせて行くと良いかと思います。

私たちは、午前中にThilの「Cueillette de Fraisochamp」農園へ行き野菜・果物狩り。お昼は、農園から車で約5分の「Grand Parc Miribel Jonage」へ立寄りピクニックをし、午後 サクッとPerougesの村を観光&ガレッドを食べて帰りました。(公園からPerougesは、車で約40分)

Perougesの観光局サイト↓
http://www.perouges.org
20140823Perouges.jpg
中世の面影をそのまま残す、石造りの小さく可愛らしい村。映画「三銃士」をはじめ、数々の時代劇・映画のロケ地となっているそうです。
20140823Perouges_Map.jpg
20140823Perouges_Office Tourisme
村に入る手前に、観光局があります。すぐ横の建物にきれいなトイレあり。
20140823Perouges_view.jpg

20140823Perouges_view2.jpg
村の中は、ゴツンゴツンの石畳の道なので、ベビーカーは不便。抱っこ紐を持って行くか、歩ける年齢の子供なら歩いてもらわないと大変です。
20140823Perouges_Tabacs.jpg
ハガキやお土産を買うならTABAC (外観も可愛い!)
20140823Perouges_Galette.jpg
ガレットが有名。
20140823Perouges_Galette2.jpg



■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス(鉄道の旅)/2014年夏)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (鉄道の旅編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店 (電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 鉄道の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎旅行計画にあたって
☆鉄道の旅
スイスは車がなくても、鉄道が充実しているので「鉄道の旅」がオススメです!
電車の時刻が正確で、インターネットのスイス国鉄のHPで時刻表を確認できる。
駅は、エレベーターやスロープが充実しているので、ベビーカー移動でも心強い。
さらに、電車の中で子供向けにplay ticketというおもちゃの切符ももらえます。

ジュネーブからグリンデルワルトへ向かう際、乗換することに気がつかず乗り過ごしてしまいましたが、車掌さんに聞いたところ、都合の良い乗換場所を教えてくれ、乗り過ごしたお陰で車窓から素敵な景色も眺められたのでラッキーでした。
どの駅でも乗り継ぎは、とてもスムーズ。初めて訪れる外国人でも分かりやすく表示があるので、乗換時間が短くても迷うことはなかったです。
車掌さん、及び地元の乗客の多くが2~3カ国語を話せるので驚きました。グリンデルワルトは日本人も多かったし、とにかく旅しやすい国でした。

鉄道の旅と簡単に言うのは良いけれど、旅行するには下調べがある程度必要… どこに行く?何日必要?鉄道パスといっても色々あるし、どれがお得なのか分からない。そんな時間がない 子育てママ必見なのは、旅のプロにお願いすること!
今回は、HIS チューリッヒ支店に電話をし、こちらの要望(リヨン発着の電車の旅、3歳の息子と70歳のおばあちゃん連れで平日の4日間程度、無理ない旅程でスイスの山を楽しみたい)を伝えたところ、グリンデルワルト4日間の滞在+スイストランスファーカード利用をお勧め頂きました。

私たちが、今回HIS チューリッヒ支店(http://www.his-swiss.ch)で手配をお願いしたのは↓
[内容]
・スイストランスファーカード 
1等車 大人1名様分 222スイスフラン x2名様
2等車 大人1名様分 139スイスフラン x2名様
※スイスに入国された際の国境駅~目的地まで1往復可能。
往路、復路ともに一日限り有効で目的地まで最短コースを選ぶことが条件(途中下車可)。子供はファミリーカード発券で無料。

・ユングフラウVIPパス 
1名様分 200スイスフランx2名様 

・各種手数料
スイストランスファーカード、ユングフラウVIPパス発券手数料(1名様20スイスフラン)
国際書留料金20スイスフラン

支払方法は、国際振込み、クレジットカード利用可。
(振込みの際の手数料、クレジットカードをご利用の際は合計金額の3%のクレジットカード手数料をお客様負担。)

☆鉄道チケットの種類に関して詳しくは、こちらを参照↓
おトクな交通パス - スイス政府観光局
(スイス政府観光局のサイトより)

以下、子連れだと便利な鉄道情報です。
⚪︎ファミリー車両
ファミリー車両 - スイス政府観光局
2012年からは「チッキパーク(Ticki Park)」という名で親しまれているファミリー車両のプレイルーム。色とりどりの動物のイラストが特徴的で、滑り台や舟の形をした遊具が設置されていま す。利用料金はもちろん無料です。

外からみたファミリー車両
ファミリー車両(Family coach)は主な都市間をつなぐスイス国鉄/SBBの長距離路線、インターシティ(IC/ICN)に連結されています。列車の最前部もしくは最後尾に連結されており、列車にポップなイラストが描いてあるので、すぐにファミリー車両だとわかるようになっています。ファミリー車両の1階の半分は 自転車やベビーカーを積載するスペースとトイレ、そして2階は遊具が設置されたプレイルームになっており、そこで子どもたちは移動中でも到着駅まで、思う存分好きなだけ遊ぶことが出来ます。ファミリー車両は子どもが中心。子どもが思いきり騒いでも問題ありません。

⚪︎ファミリーカード
スイスファミリーカード - スイス政府観光局
 「スイスパス」「スイス・フレキシー・パス」「スイスカード」そして「半額カード」と同時に購入すれば 無料の「ファミリーカード」を発券してくれます。

⚪︎ジュニア・カード
 子供が1人でもいるファミリーには、大変お得なカードです。
 (但し、5歳までの子供は、親が同伴する場合は「無料」ですが、子供の座席指定券を取得する場合には、5歳までの子供でも「ジュニア・カード」が必要となります)
 6歳~15歳までの子供には、親が同伴する場合でも必要となります。
 このカードを取得しておくだけで、親と同伴する16歳未満の自分の子供は、「何人でも無料」となります。(16歳の誕生日前日まで有効です)
※「ユーレイルパス」にてスイス国鉄を利用する場合には、併用は出来ません。
 私鉄の登山電車、ロープウェイ、ゴンドラなどでは、無料または、割引き乗車券が購入できます。

⚪︎ライゼゲペック(スイス・バゲージ) Baggage Switzerland 託送サービス
スイス国内のラゲージサービス - スイス政府観光局
スイス国内の駅から駅へ荷物を直送することができます。チッキと呼ばれる託送サービス。目的地まで乗り換えが多い時や、途中下車で観光しながら目的地へ移動する予定の時には、大きな荷物を先に送っておけるこのサービスはかなり便利です。ただし通常便は、預けた日から翌々日の到着となるので、預けるタイミングや荷物の分け方など、計画的に考えて利用しましょう。料金が倍額になりますが、当日の受け取りが可能な特急便サービス「ファストバゲージ」もあります。

⚪︎インターネット時刻表
SBB: Online timetable.
所要時間、乗換ルートなど基本的な情報はもちろん、自分で選んだ区間や期間で情報を抜粋し、PDFでオリジナル時刻表を作ってくれる機能や、駅の情報、宿泊情報、天気予報、地図検索などのうれしい機能もあります。遅延や事故情報などがタイムリーに表示される列車運行情報サービスが新たにスタート。
SBB Timetable (インターネット時刻表/英語)

☆服装と子連れ持ち物
7月とはいえ、山はお天気に左右されるので、服装は着脱できる洋服が便利。
お天気が良くても朝早い時間帯は冷えるので、半袖+長袖+ジャンパーが必要。(暑くなるにつれて脱いでいく)
ユングフラウヨッホへ行くなら、防寒着も必要。サンダルなどもっての外です。
子供用なら、手袋があっても良い。荷物に余力があるなら、長靴もあると雪遊びができる。
ハイキングをするなら、山登り用の靴。(グリンデルワルトでもたくさん売っています)
雨ということもある為、レインコートや雨具を持って行きましょう。
それ以外に、帽子、日焼け止めクリーム、タッパ、子供の好きなお菓子など
※キッチン付きのホテルだったので、カレールーやパンケーキの素、お米やフリカケなど持っていき、現地で野菜/肉など購入し、夕飯は作っていました。
塩・胡椒、油がなかったので、油は小さなバターを購入して代用しましたが、塩・胡椒は小分けにして持って行っても良かったです。

☆物価 (スーパー) 1スイスフラン(CHF)= 約1.2ユーロ
・ミネラルウォーター(エビアン大) CHF1前後
(小さいサイズでも、あまり値段が変わりませんでした)
・オムツ
その他、スーパーで売っている果物や野菜はフランスより ほんのちょっと高い程度か同じでした。
レストランは、それなりに物価の高さを感じます。

以下、電車マニアの男子たちへ。スイスへ行くと、こんな電車に巡り合えます。
<登山電車>
20140819Suisse Train (2)
20140819Suisse Train (3)
20140819Suisse Train (4)
20140819Suisse Train (6)
20140819Suisse Train (9)
20140819Suisse Train (5)
20140819Suisse Train (7)
20140819Suisse Train (1)
20140819Suisse Train (8)
<の>
20140819Interlaken Train
20140819Interlaken Train2
<ベルンのトラム>
20140819Bern Tram (2)
20140819Bern Tram (1)
<ジュネーヴの電車&トラム>
20140819Geneve Train
20140819Geneve Tram

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (グリンデルワルト編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店 (電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 電車の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由
ホテル アイガー /Hotel Eiger
住所: Hauptstrasse, 3818 グリンデルワルド
HP: http://www.hoteleiger.com/en/
(ホテルは、Booking.comで予約。6歳以下のベッドなしなら無料)
20140819Hotel Eiger_Grindelwald
ホテルは、アパートメントタイプなので、子連れには最適!
駅から徒歩5分くらい。レストランも併設していて、お部屋でご飯を作るのが面倒なら、下に食べに行くことも出来るのでオススメです。スーパーも徒歩圏内に2軒あり。
ミニキッチンには、電気のコンロ2つ、オーブン、冷蔵庫、一通りの食器類、ワインオープナーなどあり。(ただ、マイクロウエーブはありませんでした)
館内に、子供の遊び場、フィットネス施設、サウナ(14歳以下の子供と一緒に利用する場合は17時まで)、美容院、コインランドリー etcがあります。
20140819Asobiba_Hotel Eiger

20140819Fitness_Hotel Eiger
また、宿泊客に発行しているゲストカードにより、市内バスの利用(無料)、スイミングプール、スケート場等、近くのスポーツセンターの無料入場券を提供しています。
20140819Guest card_Grindelwald
コインランドリーは、洗剤がなければ2フランだった気がします(レセプションで購入可)。洗濯ネットとソープは、荷物に余力があれば持って行ってもいいかも。


⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由
(1)グリンデルワルト/Grindelwald
20140819Station_Grindelwald.jpg
グリンデルワルトの駅
20140819Station Office1_Grindelwald
(駅の窓口の営業時間) 06:10-19:30

小さな村なので頑張ればどこでも歩けます。私たちはベビーカーを持って行きましたが、駅周辺は問題なく使えました。
駅前の高台?に小さな公園あり。アイガーを眺めながら遊べます!
20140819photo spot_Grindelwald
顔出しパネルで、ハイポーズ!

(2)クライネ・シャイデック/Kleine Scheidegg
http://www1.myswiss.jp/alps/06/k_scheidegg.htm
20140819Kleine Scheidegg
色んな登山鉄道の接続駅。ユングフラウヨッホへ行く場合は、ここでユングフラウ鉄道に乗り換えます。
クライネ・シャイデックには、お土産屋、公衆トイレ(オムツ替え台)もあり。
20140819Toilet1_Kleine Scheidegg
20140819Toilet2_Kleine Scheidegg

山岳ホテル&レストラン「⚪︎⚪︎」に遊び場があり、息子はかなり遊んでいました。
20140819Asobiba1_Kleine Scheidegg
20140819Asobiba2_Kleine Scheidegg

20140819Photo spot_Kleine Scheidegg
顔出しパネルで、ハイポーズ!

(3)ユングフラウヨッホ /Jungfraujoch
http://www1.myswiss.jp/alps/06/jungfrau/alp-jung_joch.htm
クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換え、いざ ユングフラウヨッホへ!
20140819Jungfraubahn.jpg
頂上へ着く前の2箇所の駅で写真ストップ。(5分休憩、トイレあり)
20140819Jungfraujoch.jpg
頂上に着くと、日本の郵便ポストがあります。ここから投函すると、ユングフラウの消印付き!(3日後には日本につきました)
20140819Post_Jungfraujoch.jpg
スフィンクス・テラス、氷の宮殿、プラトー(展望台)があります。
20140819Top of Europe
スフィンクス・テラス(Sphinx Terassen)は、360度パノラマです!ただし、エレベーターで一気に3571mへ上がるので、駅に着いた時点で高山病の気配がみられたら、子供連れは少し考えた方がいいかもしれません。

氷の宮殿(Eispalast)では、氷の彫刻が見られます。世界遺産に認定されている雄大なアレッチ氷河の深部を体感することができる珍しいスポットです。
20140819Eispalast1.jpg
20140819Eispalast2.jpg
氷河の中を歩くので、当然のごとく 寒いです。他に着る機会がなくとも、子供用の防寒服は忘れずに。個人的には手袋はあった方が良かったかな。長靴までは不要ですが、荷物じゃなければあっても良し◎
スフィンクス・リフトと氷の宮殿の間に、Alpine Sensationという通路があります。薄暗いので息子は少し怖がっていました。

プラトー(Plateau)展望台は、行くなら早い時間帯に。
20140819Jungfraujoch (2)
某雑誌に、まずスフィンクス・テラスからと順序があったので、その通りに動いたら、10時すぎ ようやくプラトーに辿り着いた所で、雲が出始め、肝心のユングフラウヨッホが見えませんでした。さっきまで、見えてたんだけどねぇという人がいて、リベンジに3日目、早朝ヨッホで再びプラトーへ一番乗りで来たら、壮大な眺めでした!
短い距離ですが雪中を歩くので、子供には防寒服、手袋、長靴などあると良いでしょう。

スキーやスノボーなど、山頂で出来るアクテビティあり!
やりませんでしたが、標高が高いので、体力ないと難しいと思います。。

構内には、売店やレストラン、カフェテリアがありましたが、物価が高いというスイスを代表する驚きの価格表記、 辛ラーメン+お湯(約7.1ユーロ)、お湯だけ(約3.9ユーロ)!!!
20140819Cafe_Jungfraujoch.jpg
頂上でご飯が食べたいなら、サンドイッチを予め購入していくか作って持っていくかをオススメします。

というわけで、子連れでユングフラウヨッホを楽しむなら、
20140819Map_Jungfraujoch.jpg
地図↑
1)、⑨プラトー /ユングフラウヨッホを背景に写真をパシャリ。ちょぴり雪もさわれる!(天気が良ければ)
2)、④スフィンクス・テラス /トップ・オブ・ヨーロッパの前で写真をパシャリ。
3)、⑦Alpine Sensation
4)、⑧氷の宮殿
5)、お土産屋やレストランへ …の順番でしょうか。
体力のある方は、⑤雪遊び場(Aletschgletscher)でスキーやスノーボードを楽しまれるのも良いと思います。
20140819Highking.jpg
ハイキングをするなら、Eigergletscher駅で降りて、クライネ・シャイデックまで。大人の足で1時間くらい。3歳児には少しハードルが高いと思います。(私はおばあちゃんに預けて一人ハイキングしました)
20140819Highking2.jpg
20140819Highking3.jpg
高山病もなく、元気にしてた息子でしたが、2時間 山頂をたっぷり楽しんだ後、帰りの電車に乗った途端に寝入っていました。疲れたようです。
帰りの電車(ユングフラウヨッホ~クライネ・シャイデック間)で、ユングフラウ鉄道限定チョコレートが1人1個もらえます!

(4)ボルト(フィルストへ行く途中) /Bort
20140819Gondra_Grindelwald.jpg
まず乗り込むゴンドラリフトは、全面が見える為、子供が怖がるかと思いきや大喜び!
終点駅フィルストの途中「ボルト」駅に遊具のある公園があります。
20140819Park_Bort.jpg
また、今回は時間がなくてしませんでしたが、フィルストからボルトにかけて、なだらかな坂道なので子連れでハイキングするのもオススメ!実際に、家族連れがハイキングしている姿を多く目にしました。
20140819First.jpg
フィルスト/First

(5)ミューレン/Murren
ミューレン - スイス政府観光局
20140819Park_Murren.jpg
駅から坂道を上がって観光局のある広場に、公園があります。
電車の中から見て、ミューレンから次の駅(Winteregg)まで、なだらかな道が続いているので、子連れでハイキングに良さそう、実際に家族連れも多く歩いていました。
Winteregg駅にレストランがあり、眺めが良いので、時間があればお昼かお茶が出来たら良いと思いました。
また、ミューレンから乗り換えて、アルメントフーベルへ行くと、新たに作られたアドベンチャープレイランドがあるそうです。

(6)シーニゲ・プラッテ /Schynige Platte
http://www1.myswiss.jp/alps/06/jungfrau/alp-schynige.htm
20140819Train Schynige Platte
晴れている日がオススメ!ヴェルダースヴィール駅からレトロな列車に乗りながら山頂へ向かう途中に、インターラーケンの湖やユングフラウ、メンヒ、アイガーが次々 見えてきます。子連れだからオススメというわけではなく、とにかく景色が良いので一見の価値あり。
20140819View_Schynige Platte

20140819View2_Schynige Platte
頂上では、山岳ホテル「Schynige Platte」と併設しているのでレストラン&カフェで休憩するのもよし。キレイなトイレが利用でき、オムツ替え台もありました。
20140819Restaurant_Schynige Platte

20140819Toilet Restaurant_Schynige Platte
今回は行きませんでしたが、高山植物園もあるそうです。


⚫︎子連れでお勧めのレストラン・その理由
グリンデルワルト/「Hotel Eiger」のレストラン
日本語観光局の方からオススメ頂きました。

グリンデルワルト/パン屋
20140819Pan_Grindelwald.jpg
毎朝7時から開いているようです。朝は、ここでパンを買って列車に乗るか、パン屋と併設されているレストランで朝食を取りました。

クライネ・シャイデック/ 山岳ホテル&レストラン
20140819Hotel Restaurant_Kleine Scheidegg
アイスクリームパフェで10フラン(約12ユーロ)。レストランの横に子供の遊び場があり、息子の一番のお気に入りで2度も行きました。
20140819Restaurant_Kleine Scheidegg


⚫︎その他
親子で楽しめるアクティビティ
⚪︎グリンデルワルト/ミニゴルフ
20140819Mini golf_Grindelwald

⚪︎インターラーケン/Heimwehfluh
http://www.heimwehfluh.ch
⚪︎Pfingstegg /滑り台Rodelbahn
http://www.pfingstegg.ch

⚪︎Mannlichenからハイキング
家族で楽しくハイキングできるコースがあるようです!

⚪︎アルメンフーベルからミューレンへと続く子供向けのアドベンチャー・トレイルを家族みんなでトレッキングすると楽しそう。

天候が悪い場合、
⚪︎グリンデルワルト/ sportzentrum grindelwald(スポーツセンター)
住所: CH-3818 grindelwald, switzerland
電話: + 41 (0)33 854 12 80
http://www.indoorseilpark.ch
スイミングプール、スケート場
ホテルから徒歩2分くらいの場所にあるスポーツセンター。ゲストカードで無料。

⚪︎インターラーケン/ JUNGFRAUPARK INTERLAKEN
http://www.jungfraupark.ch
Mysty Landやインドア スキーなどあり

⚪︎インターラーケン/ Verkehrshaus
https://www.verkehrshaus.ch/fr

⚪︎ラウターブルンネン/ Truemmel-Bach-Faelle
http://www.truemmelbachfaelle.ch
20140819Truemmel-Bach-Faelle.jpg
雨が降った方が水量が増し見応えあるとオススメ頂きましたが、 息子が怖がりそうなので、今回は行きませんでした。
20140819Locker_Grindelwald.jpg
駅前のロッカー

☆ユングフラウVIPパス に関して
ユングフラウVIPパスとは、ユングフラウ鉄道グループ主要路線に3日間乗り放題のパス。スイス三大名峰の1つユングフラウヨッホ1往復も含まれている。(子供は無料)
グリンデルワルトの日本語観光案内所でも購入可能。
4日滞在の滞在で、2回 ユングフラウヨッホを往復、下記のパス有効範囲の山を堪能して来ました。また滞在中 1日は雨でしたが、電車好きの息子を連れ、目的なく色んな電車に乗りならがグリンデルワルト周辺を周遊、雨の日の鉄道も楽しむことが出来ました。

ユングフラウVIPパス有効範囲 (2014年5月1日~10月26日の連続した3日間)
-クライネシャイデック=ユングフラウヨッホ
-インターラーケン=グリンデルワルト/ラウターブルンネン
-グリンデルワルト/ラウターブルンネン=クライネシャイデック
-ヴィルダースヴィル=シーニゲプラッテ(5月29日~)
-グリンデルワルト=フィルスト(5月3日~)
-インターラーケン=ハーダークルム(4月18日~)
-ラウターブルンネン=グリュッチアルプ=ミューレン
-グリンデルワルト=グロッセシャイデック(5月24日~)
<以下の路線の乗車券は50%割引>
-グリンデルワルト=メンリッヒェン(5月29日~)
-ウェンゲン=メンリッヒェン(5月17日~)

20140819Jungfrau VIP Pass
ユングフラウVIPパス ユングフラウ鉄道限定チョコレート

☆参考になったHPと本など
http://www.geocities.jp/kozurevacation/swisskozuretrail.html
http://homepage3.nifty.com/k-kozu/swiss/swis.htm
http://4travel.jp/travelogue/10253751

上記のサイトや個人ブログがとても参考になりました。ありがとうございました。

「グリンデルワルト日本語観光案内所」
http://www.jibswiss.com
グリンデルワルト駅から、徒歩30秒。
営業時間:9時00分~12時00分/午後2時00分~午後6時00分(スイス時間) 

グリンデルワルト到着後にすぐに立ち寄らせて頂き、たくさんのアドバイスをいただきました。お陰で家族で楽しい旅行が出来ました。日本語観光案内所の皆様、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
20140819Photo-Grindelwald.jpg

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (ベルン/ジュネーブ編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店(電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 電車の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由
ベルン: 宿泊していません。

ジュネーヴ: 「Hotel Admiral」
住所: 8 Rue Pellegrino Rossi,1201 Geneva,Switzerland
電話: +41 22 906 97 00
email: info@hoteladmiral.ch
HP: http://www.hoteladmiral.ch
子連れでオススメというわけではないですが、立地がよく(駅から徒歩3-4分)、ビュッフェ朝食も付いて110CHFと安く、レセプションの方も親切でした。

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由
☆ベルン/Bern
http://www.bern.com/fr/
(子連れ歩き方) ※数時間の滞在で自分が訪れた所をふり返って書いているだけです、きっと もっとオススメポイントもあるはず。
子供が元気なうちに、行きは駅から一気にバスに乗って「(1)クマ園」へ。
20140819baerenpark_Bern.jpg
観光後は引き続き、ニーデック橋の奥に続く急な坂道を上り「(2)バラ園」へ向かう。(徒歩5分程度、道がガタガタなのでベビーカーを押すのは大変でした)
20140819Rosengarten1_Bern.jpg
帰りは、メイン通りを歩いて、途中見所に寄りながら駅まで向かう。
息子は、バラ園を出てから力尽き、後はベビーカーで運ばれて行きました。
20140819Zeitglockenturm_Bern.jpg
ベルンのシンボル時計塔↑
20140819Bern1.jpg
噴水(ベルンに色々な噴水が100カ所あるらしい)↑

(1)クマ園 (無料)
http://www.baerenpark-bern.ch
20140819baerenpark1.jpg
子熊たちがじゃれあっている姿が可愛らしかったです。息子も喜んでいました。
川沿いだったので、ランチを持って来て食べている人も多かったです。すぐ横に、観光局とレストランもあり。

(2)バラ園 (無料)
http://www.rosengarten.be
20140819Rosengarten2_Bern.jpg
ガイドブックにも書いてあった通り、とても眺めが良かったです。写真を撮るならパノラマサイズで!
20140819View_Bern.jpg
公園があり、遊具が充実していました。トイレは、公園の隣のカフェ「Restaurant Rosengarten」の地下で借りれます。
20140819Parc_Bern1.jpg
20140819Parc_Bern2.jpg
20140819Parc_Bern3.jpg

(3)薬局「ZYIGLOGGE APOTHEKE」のショーウィンドウで見かけたプラレール(もどき)
20140819Platrail_Bern.jpg
電車好きの息子が見たら喜んだろうに、残念 昼寝中。。

☆ジュネーブ
(子連れ歩き方) ※1日の滞在で自分が訪れた所をふり返って書いているだけです、きっと もっとオススメポイントもあるはず。
コルナヴァン駅をスタート地点にするなら、モン・ブラン広場の方向へ向かいプチトランで街の見所をザッと見て回ろう!
戻ってきたら、渡し船乗り場(Paquis)から2番の船に乗り、レマン湖を対岸へ渡り大噴水を近くで見学。
20140819Get leau2
(大噴水 警察署の前に仮設トイレあり)
そこから歩いてもいいし(10-15分)、公共交通機関を上手に利用しながら「(1)自然史博物館」へ。館内で食事も出来ますし。お天気が悪ければ、午後はそのまま博物館で見学&遊ぶのも良し◎
午後も子供の体力が残っていれば、トラムに乗ってヌーヴ広場へ。
お天気が良ければ、宗教改革記念碑のある公園でひと遊び。
子供が昼寝タイムなら、そのまま坂を上って旧市街(石畳なのでベビーカーは△)の見所をゆっくり観光するのも良し、まだ元気で歩けるようなら、旧市街外れにある「(2)美術・歴史博物館」まで一緒に歩くのも良いと思う。

(1)自然史博物館 (Muséum d'Histoire Naturelle)
20140819Musse dhistoire natulle_asobi_Geneve
住所: 1 route de Malagnou,CH-1208 Genève
電話: (0)22 418 63 00
HP www.ville-ge.ch/mhng
開館時間:火曜〜日曜 10:00-17:00 ※休館日:月曜

子供も大人も楽しめる展示内容。時間があれば、一日中でもいたいくらいです。
館内に遊び場(玩具を使える)がありました。屋内なので天気の心配なし
20140819Musse dhistoire natulle1_Geneve
20140819Musse dhistoire natulle2_Geneve
入場無料!各階にトイレあり。

(2)美術・歴史博物館(Musée d'Art et d'Histoire)
20140819Musée dArt et dHistoire_Garden Geneve
住所: Rue Charles-Galland 2,1206 Genève
電話: (0)22 418 26 00
HP: www.ville-ge.ch/mah/

ここで見つけた、カフェテリアの横の子供向けスペース。
さすが美術館と思わせる、アーティスティックな絵本などが置いてある。
20140819Musée dArt et dHistoire_Geneve
20140819Musée dArt et dHistoire_Toilet Geneve
入場無料!トイレ、ロッカーあり。

(3)プチ・トラン
http://www.petit-train-geneve.ch/fr/
20140819Petit train_Geneve

(4)渡し舟
20140819Boat1_Grneve.jpg
ボート乗り場(Paquis)から、ジュネーブ名物の大噴水(Jet d'Eau)の近くを横切りながら対岸へ渡れる舟。
20140819Get deau_Geneve
※ジュネーヴのゲストカードで無料で乗れます。

(5)宗教改革記念碑の公園
20140819Park4_Geneve.jpg
宗教改革の中心人物たちを記念して造られた大きな壁像の横に遊具のある公園があります。
20140819Park1_Geneve.jpg
20140819Park2_Geneve.jpg
20140819Park3_Geneve.jpg

⚫︎子連れでお勧めのレストラン
・ベルン/ローズ・ガーデンの所にあるカフェテリア「Restaurant Rosengarten」
ベルンを一望、景色が良い!すぐ横に遊具のある公園もあり。

・ベルン/ 歩き疲れたところで見つけた市場のフルーツジュース屋。
場所が定かではないが、ベーレン広場の市場だったと思う。
ジュースは中サイズで4ユーロ、大サイズで6ユーロ。美味しくて、一気に飲み干しました。

・ジュネーヴ/ Muséum d'histoire naturelle内のフードパーク
20140819Musse dhistoire natulle_Restaurant_Geneve
子連れで簡単に食事したい場合はオススメ!博物館を見ている途中で立ち寄れます。(館内でピクニック×)


⚫︎その他 (知ってて便利/お得なこと)
・ベルン/コインロッカー
20140819Locker_Bern.jpg
今回、ベルンには宿泊せず、途中下車で3-4時間の短い滞在だった為、駅に隣接している(観光局のすぐ横の建物)コインロッカーに荷物を預けました。ちなみに2014年7月情報では、コインロッカーはここの1箇所のみ。
ベルンは12:30頃到着、ロッカーの場所はすぐに見つかったものの、大きいサイズ(スーツケースサイズ)の空きがなくて、20-30分待ちました。
私たち以外にも、何人も待っている人達がいました。もしかしたら午前中なら、まだ空きが見つかりやすいかもしれません。。

・ジュネーヴ /ジュネーヴ交通パス(Geneva Transport Card)
http://www.geneve-tourisme.ch/en/useful-information/how-to-get-around/geneva-transport-card/
ジュネーブのホテルに滞在した人のみ貰えるカードで、市内の公共交通機関(路面電車やバス、地方電車、ボートなど)がすべて乗り放題になります。ジュネーヴに滞在している間はずっと有効。宿泊施設に最初にチェック・インする時には、忘れずにカードを入手してください。

・ジュネーヴ→リヨンの電車のチケットを購入するなら
ある程度時間が決まっているなら、フランスでチケットを購入する事をオススメします。
というのは、旅行中の子供の体調もあるし、当日にならないと帰りの時間が分からなかったので、現地(ジュネーヴ駅)で購入したのですが、フランスのSNCFのサイトで尚且つ子供カード(enfant+)を利用し3人で35ユーロが、ジュネーブでスイス国鉄で購入するとCHF92(約110ユーロ、子供は無料)!!
フランス側(ジュネーヴから最初はバスで国境を越え、フランスのSNCF駅へ。そこから電車でリヨンへ向かう)に到着した際、窓口の人に説明したら、なんと バスの乗車分を引いた差額(15ユーロ)が返金されました。何でも言ってみるものです。

・治安情報
スイス=ヨーロッパで一番安全と思ったら大間違い!スリはツーリストを狙っています。こちらを参照↓
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C384
未遂でしたがジュネーヴ駅構内でスリに遭いかけました。詳しくはこちらを。


☆参考になったHPと本など
スイス政府観光局
スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局 - スイス政府観光局
天気予報サイト
http://www.wetteronline.de/wetter/grindelwald
「るるぶ スイス」の本
http://www.rurubu.com/overseas/list.aspx?CountryCD=E12

上記のサイトや本の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

■ 5区 ギニョルの館Galerie de la Bombarde

5区の旧市街で、子連れで立ち寄りたいスポット「ギニョル(Guignol)の館」を発見!
20140817Galerie de la Bombarde2
メトロ「Vieux lyon」駅を背にして、Saint-Jean教会を通り越し、石畳の道を少し進んだ左手にある店舗です。
(無料で入れます)
20140817Galerie de la Bombarde1
入り口のところに、ギニョルの顔出しパネルがありました。記念写真をパシャリ!
20140817Galerie de la Bombarde3
中でも写真撮影可能だそうです。

<営業時間>
http://guignol-lyon.com/
20140817Galerie de la Bombarde4


■ アンケート「子連れ旅行体験談!(モルディブ/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:スリランカ&モルディブ
「モルディブ編」

●手配を頼んだ旅行会社:
現地手配で、各種オプショナルツアー

●行程・利用交通機関:
リヨン→スリランカ(南部)→モルディブ→スリランカ(北部)→日本
飛行機(所要時間と予算)
今回は、スリランカより往復(乗換えなし/約1時間)しましたが、
リヨン⇔モルディブ(マレ)は、トルコair イスタンブール乗換/約14時間、エミレイツair ドバイ乗換/約13-14時間もあり。

●旅行日数・時期:2014年3月下旬から4月上旬/20日間

●連れていった子供の年齢(当時):2歳11ヶ月~3歳

●子連れでお勧めの観光地・その理由:「モルディブ」
8日目 コロンボ・バンダラナイケ国際空港→マレ国際空港(モルディブ)/マレ市内→マーフシ島
9~12日目 マーフシ島&オプショナルツアー
13日目 マーフシ島→マレ市内/マレ国際空港(モルディブ)→コロンボ・バンダラナイケ国際空港

まずは島選び!!
今回は、家族で手軽に宿泊出来てモルディブの海を楽しもう!をテーマにローカル島「Maafushi/マーフシ」を選びましたが、ガイドブックによると子連れにやさしいリゾート(子供料金が無料/割引、キッズクラブが充実/クリニックの設備が充実など)もあるそうです。
例えば、「センターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブ」などガイドブックやこちらのサイト(http://www.oceanmate.co.jp/maldive/md_family.htm)をご参照ください。

○マレ島の市内観光
・フィッシュマーケット
20140809SK_Fishmarket2.jpg
見ごたえあります!住んでいたら毎日通いたくなる市場です。
この市場の2階で食事ができ、ローカル席(ACなし)とVIP室(ACあり、やたら暗い)があり、私たちは外国人だったからかVIP室に通されました。
20140809SK_Male_vegetable market
野菜市場

・マーレ島東岸にある人工ビーチエリアにある遊び場
20140809SK_Male_Beach.jpg
20140809SK_Male_Parc1.jpg
マレ市内で時間があれば立ち寄るのも良し。桟橋から徒歩6-8分?
暑いので午前中がよいでしょう。遊び場の横にカフェ&レストラン(BREAKWATER)があります。リゾート価格ですが美味しかったです。トイレあり

20140809SK_Male parc2
マーレ市内の空港行きの船乗り場の横にあった公園

○マーフシ島
モルディブの中でも地元民も住んでいるローカル島。他の島に比べ、物価は安いようです。
20140809SK_Maafushi_beach.jpg
外国人ビーチ
モルディブはイスラム教徒の国なので、地元の人の前では肌の露出は控える必要があります。
このビーチも、水着で入れるのは外国人だけ(無料)。外から見えないようになっています。
ちなみに、地元の人は、ここと反対側のビーチで沐浴している姿を見かけました。
20140809SK_Maldives_isu.jpg
島の至る所で見かけた椅子。日中は暑いですが、夜になるとお散歩している人が多く、この椅子で寝転びながらお喋りを楽しく姿を多く目にしました。子供用サイズも発見!

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
「Narnia Maldives」
スタッフの方が皆さん大変親切でイケメン揃い(笑)、子供にも優しいお兄さんばかりでした。
お部屋の前のスペース(レセプション&レストラン)が一面砂浜なので、砂場感覚で子供は喜んでいました。
息子がいつも部屋を砂まみれにしていたのですが、嫌な顔せず、綺麗に片づけてくれました。
オプショナル申込みは、子供の体調も考慮し、当日の朝(8時まで)にお願いしたのですが、快く対応してくれました。(本来は前日までに申込む必要あり)
宿泊料 約US$110/1泊(税込,朝食込)
20140809SK_Narnia Maldives_room


●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
「Rehendhi」
マーフシ島の海辺沿いにあるオープンカフェ・レストランです。(予算/US$15-20)
他にもホテルに併設されているレストランも何カ所か利用しましたが、立地/価格的にも1番オススメです。
20140809SK_Maafushi_sunset.jpg
サンセットの時間帯が、空がピンク色に染まり、とても美しいです。子連れのお客さんも多く、食事を待つ飽きた子供たちが、砂浜で一緒に遊べて良かったです。


●その他:
・持っていくと良い物
お砂場道具(あったら喜ぶ。マーフシ島の場合は、現地でも購入可)
シュノーケリング セット(ホテルでも大抵貸出ししています/有料)
水着とラッシュガード (とにかく日差しが強いので大人も子供も必須!)
洗濯物干し(水着を何枚も持っていっても良いですが、ちょっと干しておけば半日で乾きます)
あと、気を付けていても日焼けするので、子供の肌を守るためにも日焼け止めと保湿ジェル/クリームはお忘れなく!

・ビザに関して
事前にビザを取得する必要はありません。モルディブ到着の際に下記の条件を満たす全ての誠実な渡航者へ、最大30日間有効の無料の観光ビザが発給されます。
http://www.maldivesembassy.jp/jpn/cat_006/34

・マレ国際空港からマーフシ島への行き方
マレ国際空港に到着したら空港を出てすぐ目の前にあるスピードボート(US$ 1)に乗ってマレ島へ移動します。
20140809_Ferry Maldive
(マレ国際空港とマレ島は少し離れています)
到着後、桟橋からマーフシ島行きの桟橋ヘ移動。歩いていけないこともないですが(徒歩なら大人の足で30分程度)、荷物もあるのでタクシー(US$ 8程度)をおすすめします。現地通貨でも米ドルでも支払可。
マーフシ島行きのローカルフェリーはMVR53、一日一便15時のみですので乗り遅れないよう注意してください。所要時間/1時間半
チケットオフィスで頼めば無料で荷物を預かってくれます。トイレあり。
20140809SK_Timetable_Maafushi.jpg
船内にはスナックや飲み物も少々売られており、トイレもありました。
私が乗った時は、それほど揺れませんでしたが、乗り物酔いしやすい方は酔い止めを飲んだ方がいいかも。

・通貨
モルディブ・ルフィアRf(Maldives Rufiyaa)とラーリLa(Laari)ですが、スーパー、タクシーでも大抵どこでもUSドルで支払いが出来ます。

・日帰りオプショナルツアー
宿泊しているホテルでオーガナイズしています。料金は、ホテルによって異なるらしい。
以下の料金は大人二人参加の場合の一人当たり ※乳幼児無料。料金が集まる人数によって異なります。

ピクニック・アイランド US$55+ランチ(US$10)+入島料(US$11) 
リゾート・アイランド(3星クラス)US$55+入島料(US$25) ランチは島内でUS$10程度で食べれました。
※リゾート・アイランドも色々ありますが、三ツ星クラスの島だと、だいたいUS$50~55+入島料(US$25~30) 
今回行きませんでしたが、ドルフィン・サファリ(US$55)+、フィッシング(US$55)+、スノーケリングツアー、ダイビングなどもあります。

ホテルで出会ったバングラデシュ人の家族に勧められ参加したピクニック・アイランドツアーは、海も遠浅で、お魚が足元を泳いでいて子供がとても喜んでいました。
20140809SK_Piquenique island
ピクニック・アイランドの海(天国??)
20140809SK_Piquenique island_Lunch
ランチのバーベキュー(これで 一人US$10)

・参考になったHPの紹介
http://maafushi.blog.fc2.com/
http://kitagawa.ws/maldivesmale/

上記のブログ情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

そして、旅行の相談にのってきれた友人OMさん、現地でお世話になったSさんファミリー、旅行中に出会った多くの方々のお陰で楽しい旅行が出来ました。この場を借りて御礼申し上げます。

スリランカ南部/北部編もあります〜

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スリランカ北部/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:スリランカ&モルディブ
「スリランカ(北部)編」

●手配を頼んだ旅行会社:ザ・リッチモンド
http://www.therichmondhousekandy.com/jpn/
(一部の区間を車の手配とキャンディのホテルをお願いしました)

●行程・利用交通機関:
リヨン→スリランカ(南部)→モルディブ→スリランカ(北部)→日本
飛行機(所要時間)
リヨン⇔スリランカ(トルコair)イスタンブール乗換え、モルディブに1ストップで約16時間 
※直行便はありませんが、トルコでちょっと休憩でき、子連れにはちょうどよい時間帯でした。他にもエミレイツairが乗り継ぎ良かった(ドバイ乗換/約13時間)。
スリランカ⇔モルディブ(スリランカair) 乗換えなし/約1時間
※毎日3-4便あるので予定を立てやすかった。
スリランカ⇔日本(スリランカair) 乗換えなし/約9時間半

●旅行日数・時期:2014年3月下旬から4月上旬/約20日間

●連れていった子供の年齢(当時):2歳11ヶ月~3歳

●子連れでお勧めの観光地・その理由:「スリランカ(北部)」
13日目空港→ニゴンボ
14日目ニゴンボ→クルネーガラ経由→ダンブッラ
15日目ダンブッラ→シギリヤ→キャンディ
16日目キャンディ(ヌワラ・エリヤ日帰り)
17日目キャンディ(ピンナワラ日帰り)
18日目キャンディ→コロンボ
19日目コロンボ→空港へ

※バックパック旅行だったので、移動方法は一部の区間を車を手配する以外、ローカルバスや鉄道、スリーウィーラーを利用。

○ニゴンボ/Negombo
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C
20140809SK_Negombo1.jpg
浜辺で開かれる魚市場/Fish Marketの一帯は、子供も大人も見ごたえあり!
20140809SK_Negombo2.jpg
20140809SK_Negombo3.jpg
早い時間に行けば、海から揚がってきたばかりの魚を干している姿も見れる。
走り回る子供は、泥水にはまらないよう気を付けて!(うちの子はやり靴が魚臭くなりました・・)

移動:ニゴンボからACバスでクルネーガラのバスターミナルへ
クルネーガラからダンブッラは普通バスへ乗り換える。ちなみにクルネーガラのバスターミナルは大きいので、バスの乗り場を探すのに苦労した。(ニゴンボから車チャーターでも良かったかな)


○ダンブッラ/Dambulla
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%A9
20140809SK_Dambulla1.jpg
この町の見どころは「黄金寺院(世界遺産)」
20140809SK_Dambulla2.jpg
子供が見たところで、石窟寺院でたくさんの仏陀が見れるだけで何の面白味はないかもしれませんが、多くの地元小学生達が遠足で来て、息子がしきりに話しかけられていて、スリランカ人と交流を深めるチャンスでした。
野生のサルがいっぱいいるので、十分に気を付けて!(襲ってくる猿もいます)
20140809SK_Dambulla3.jpg


○シギリヤ/Sigiriya
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%83%A4
20140809SK_Sigiriya1.jpg
スリランカ観光のハイライトとも言える「シギリヤロック(世界遺産)」
前日に3歳の誕生日を迎えたばかりの息子に、果たして登れるのだろうかと心配していたけれど、途中休憩もいれつつ、登頂することが出来た!
息子にとって、最後まで一人で登りきったことは、大きな自信に繋がったようだ。
必要な物:帽子、水、タオル
今回はなかったが、時期によっては蜂が出るようなので気を付けてほしい。
ベビーカー:× 抱っこ紐:体力に自信があるなら・・大人が一人で登るのもキツイです。急な個所もあるのでおススメはしません。
20140809SK_Sigiriya2.jpg
途中の階段
20140809SK_Sigiriya lady
シギリヤ・レディ
20140809SK_Sigiriya3.jpg
頂上
20140809SK_Sigiriya map
地図

移動:ダンブッラからキャンディまで車をチャーター(ザ・リッチモンドhttp://www.therichmondhousekandy.com/jpn/
8時半出発→9時頃 シギリヤ観光→12時頃 ランチ「Udara Gajashakthi Restaurant」(シギリヤ近く)→ホテル「ヘリタンス・カンダラマ(建築家ジェフリー・バワ)」観光→スパイス&ハーブ・ガーデン観光→18時頃 キャンディ

ホテル「ヘリタンス・カンダラマ」
http://www.heritancehotels.com/kandalama/
20140809SK_Heritance Kandalama
建築家ジェフリー・バワが手掛けたホテルの一つ。せっかくなので寄り道してもらい連れて行ってもらいました。宿泊せず、お茶するだけでもok!

スパイス&ハーブ・ガーデン
20140809SK_herb garden
ドライバーさんがシギリヤとキャンディ間で立ち寄ってくれました。スリランカではここに限らず何か所かあるそうですが、たまたま日本語で説明してくださる方がいて、大変勉強になり興味深かったです。その間、子供はパパと待たされていて庭をグルグルまわっていました・・。
お土産ショップも併設されているので、帰りがけにお買い物もできます。

スリランカのスパイス&ハーブ特集
参考:オーガニック/フェアトレードスパイス|スパイス・ハーブのネット通販専門店 SPICE LUCK-スパイスラック
   スリランカのスパイス事情 2 まこのハーブワールド |ちゅーピーママ

○キャンディ/Kandy
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3_(%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB)
キャンディ観光のメインは「仏歯寺」 (料:Rs.1000 ※カメラ撮影料込)
20140809SK_Temple of the Tooth Relic
行くなら、プージャ(仏への礼拝)の時間を事前にチェックして!仏歯寺では1日3回のお祈りの儀式が行われています。
プージャ時間のみ、聖なる仏歯のおさめられた部屋が開くそうです。
注意すること:服装と写真の撮り方

お疲れママにおススメなショップ↓
ハーバルショップ「Bowatte」
住所:144 Colombo St. Kandy (クイーンズ・ホテルから徒歩約5分)
色んな種類の天然ハーブオイルや石鹸等が置いてあるので必見!!
子供が使っても安心な製品も置いてあるので、お店の人にどんな物が欲しいかを伝えれば用意してくれます。

「○○(名前を忘れた)」
住所:Kandy City Centre, Dalada Veediya (クイーンズ・ホテルから徒歩約3分)
ショップの名前を忘れましたが、ガイドブックにある「ショップ・マー」も入っているショッピングセンター。
お土産に買っていきたくなる、おしゃれなコスメショップ。
キャンディ・シティ・センターの2階?スタッフの方が日本に留学していたという、日本語が上手なお兄さんでした。

○ヌワラ・エリヤ(キャンディから日帰り)
20140809SK_Nuwara Eliya
行きは電車(RS.400)を利用、駅から市内のバスターミナルへ バスを利用
帰りは、市内のバスターミナルから、ACバスを利用
20140809SK_Train_Nuwara Eliya
キャンディ駅からNanu Oya駅へは、電車で4時間。1~3等まで全席指定
※私たちは当日チケットを購入しましたが、1等は空席なし、2等以下でも隣席がなく、車内で席を交換してもらいました。当日だと乗れない可能性もあるので前日までに購入するのをおすすします。
電車の旅は、大変おすすめです!旅行者同士や現地の人と交流がもて、電車に乗っていた4時間はあっという間でした。
でも、片道4時間は長いので、時間があれば1泊2日にするか、キャンディからスリランカ南部へ抜けていくルートにするのも良いと思います。
帰りのバスはずっと山道だったので、車酔いする人には悲惨かも。。

ヌワラ・エリヤのお茶に関して↓
http://ocha.tv/varieties/blacktea_varieties/nuwaraeliya/
大小のお茶の工場があります。今回私たちが訪れたのは「MACKWOODS LABOOKELLIE」
スタッフが工場内を英語で説明してくれ、終わったら喫茶店?でお茶(無料)とケーキ(有料)が楽しめます。
もちろんお土産ショップも併設されているので、産地直送のお茶/オリジナル パッケージなど購入可能です。綺麗なトイレあり


○キャーガッラ/ピンナワラのゾウの孤児院(キャンディから日帰り)
20140809SK_Pinnawala Elephant Orphanage
象の孤児院に行くつもりが、もう一つのマキシムへ・・
20140809SK_Elephant 2
20140809SK_Elephant Safaris
象に乗れたり、象と水浴び体験をさせてもらえたりするので、子連れだったらおススメ(かな)。でも、あくまでもピンナワラのゾウの孤児院ではありません!事前にネットで調べて行ったはずなのに、キャーガッラのバス停で降りた後に乗ったスリーウィーラーのお兄ちゃんに、象に乗りたいか?の一言で連れて行かれました。
象ライディング中、スタッフのおじさんにカメラを渡せば写真もバシバシ撮ってくれるので、家族3人一緒に乗ることが出来ました! ・・がスタッフ(水浴びの)によっては、「もっとチップ」と必要以上に言ってくる者もいます。高い入場料と心づけを渡しているのだから、あとははっきり断って良いと思う
20140809SK_Elephant.jpg
結局、最初の目的地だったピンナワラのゾウの孤児院に行きたくて移動。(2-3km離れています)
象が園から川へ水浴びに行く移動中(道路を横切る時間がある)見かけた、「象が横断する!」のサイン。

#キャンディからコロンボへ移動
鉄道を利用。一日に何本かあり便利です。キャンディ発の時刻表↓
20140809SK_Time table2_Kandi

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
Sundaras Resort(ダンブッラ)   
20140809SK_HTL Dambulla
住所:189 Kandy Road, 21100 ダンブッラ
黄金寺院から徒歩5分と立地がよく、レセプションの人も親切、お部屋も清潔でした。宿泊料 約US$45(税込、朝食込)
お食事は朝食付き、夕食もホテルのレストランでとれ、美味しかったです。(あまり何もない所ですが、ホテル周辺にもゲストハウス兼レストランもあり)

The Richmond (キャンディ)
20140809SK_HTL The Richmond1
住所:195/56, RIchmond Hill Place, Heerassagala, Kandy, Sri Lanka 
TEL&FAX:+94-81-2218495 
E-mail:info@therichmondhousekandy.com(日本語可)
http://www.therichmondhousekandy.com/jpn/
以前スリランカを旅行したことのある友人の勧めで宿泊しました。オーナーご家族が日本に住んでいたことがあり日本語も上手で、大変親切にしていただきました。
車をチャーターした際、ドライバーのお兄さんがホテルのスタッフもしていたので、息子が懐き大変お世話になりました。
ホテルの場所が丘の上でお部屋からの景色がとても良かったです。朝も夜もホテルでお食事を頂き(ビュッフェ)、とても美味しかったです。

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
○キャンディ/Kandy
「devon Restaurant (Pvt)Ltd.」
ビュッフェなので、好きなものが選べる。トイレは同じ階にある隣のレストランにあり。
子供の遊ぶスペースが隣接されています。
20140809SK_Food cort_Kandi


●その他:
・持っていくと良い物
トイレットペーパー (現地購入可)
おむつ (現地購入可だが、割高なのでスーツケースに余裕があれば)
お尻ふき/お手拭き
紙/プラスティック コップ (とにかく暑いので水分補給は怠らず。ボトルの水を分けるときにあったら便利だった)
使い捨てのスプーンやフォーク (大抵のレストランでは出てくるが、地方だとなかったり、汚かったりする)
意外だったのが、多くの人が日傘(普通の傘だったけれど)を差していたこと。
無いようなら、帽子とサングラスは必須。
日頃の子育ての疲れを癒すため「アーユルヴェーダ」も体験してきてください♪
「アーユルヴェーダ」って何? 
参考:アーユルヴェーダ - Wikipedia
   旅人舎スリランカ専門館 ホテル案内(本格アーユルヴェーダトリートメントがうけられる施設について)

モルディブ編へつづく〜

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スリランカ南部/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:スリランカ&モルディブ
「スリランカ(南部)編」

●手配を頼んだ旅行会社:
現地手配で、ミリッサ発「ホエール&ドルフィンウォッチング」
現地手配で、ティッサマハラマ発「ヤーラ国立公園のサファリ」

●行程・利用交通機関:
リヨン→スリランカ(南部)→モルディブ→スリランカ(北部)→日本
飛行機(所要時間)
・リヨン⇔スリランカ(トルコair)イスタンブール乗換え、モルディブに1ストップで約16時間 
※直行便はありませんが、トルコでちょっと休憩でき、子連れにはちょうどよい時間帯でした。他にもエミレイツairが乗り継ぎ良かった(ドバイ乗換え/約13時間)。
・スリランカ⇔モルディブ(スリランカair) 乗換えなし/約1時間
※毎日3-4便あるので予定を立てやすかった。
・スリランカ⇔日本(スリランカair) 乗換えなし/約9時間半

●旅行日数・時期:2014年3月下旬から4月上旬/20日間

●連れていった子供の年齢(当時):2歳11ヶ月~3歳

●子連れでお勧めの観光地・その理由:「スリランカ(南部)」
1日目空港→コロンボ
2日目コロンボ→ゴール
3日目ゴール→ミリッサ
4日目ミリッサ
5日目ミリッサ→マータラ経由→ティッサマハラマ
6日目ティッサマハラマ→マータラ経由→ミリッサ
7日目ミリッサ→ゴール、コロンボ経由→空港近辺(翌朝モルディブへ)
※バックパック旅行だったので、移動方法はローカルバスや鉄道、スリーウィーラーを利用。

○コロンボ/Colombo
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%9C

Vihara Maha Devi Park(通称ビクトリア公園)
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo1
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo3
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo4
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo2
コロンボ唯一の公園らしいですが、遊具のところは、日影がないので暑くなる前(10時頃?まで)の時間帯がおすすめ。

ビクトリア公園からスリーウィーラーで5分圏内にあるスーパーマーケットと隣接しているフードパークURBAN KITCHEN内の遊び場。
20140809SK_URBAN KITCHEN
食事中に託児サービスあり。冷房がガンガン効いてているので、1枚着せられる服を持っていくとよいでしょう。トイレあり。

お疲れママにおススメなショップ↓
「Siddhalepa SPA」
住所:33,Wijerama Rd,Colombo 07
アーユルヴェーダ オイルや、スーパーでは売っていない可愛い石鹸やスリランカコスメがいっぱい!

○ゴール/Galle
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB_%28%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB
20140809SK_Galle.jpg

スリランカで一番おすすめの公園:Dharmapala Park
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (1)
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (2)
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (4)
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (3)
場所は、ゴール鉄道駅の目の前。インフォメーションセンターが園内にあります。
20140809SK_information center_Galle
現地の人は入園料がいくらかかかるようですが、インフォメーションセンターを利用すると言ったらフリーで入れてくれました。
園内はトイレもあり(ティッシュ持参)、売店もあるので、少し割高ですが飲み物やお菓子、アイスも買えます。
お昼時には、お弁当(もちろんカレー!)も販売していました。木陰もあるので、ピクニックに最適。
ゴールで電車/バスの時間待ちの時には、お勧めです。

○ミリッサ/Mirissa
「ホエール&ドルフィンウォッチング」
20140809SK_Wheel watching
参考:http://www.yathrajapan.com/2013/10/blog-post_8263.html
11月から4月の半ばの間がシーズンという、ホエール・ウォッチング。
事前に現地の旅行会社に状況を問い合わせたところ、今年はあまり見れないと言われましたが、1頭でも息子に見せれたらというおもいでのぞんだ当日、なんと5-6頭の鯨に遭遇!またイルカも群れをなして何度も船の横を泳いでくれるというラッキーが重なりました。
予約方法は、旅行会社でツアーを組むのも良し。またゴールへ行くと、現地のホテルや旅行会社で1泊2日のツアーをたくさん見かけます。
私たちは、ミリッサまで行き、ホテルで翌日のツアーをお願いしました。料金は、3500Rp×大人一人、幼児無料(朝食付き)

ミリッサの出会い
20140809SK_Mirissa beach1
同じく2歳児の息子を連れて旅行している韓国人家族と出会いました。
幼稚園に入る前の時間がある今、子供に広い世界を見せたいと、会社を辞めて世界一周旅行をするファミリー。彼らとの会話の中で、
「子連れ旅行って、本当に大変。移動は、ベニーカーと100kg近い荷物背負ってる(苦笑)。
でも、子連れでしか味わえない多くの感動と、たくさんの出会いがあるから旅を続けられる。」
彼らは、子供の予防接種や病気の度に、韓国へ戻ることもあるけれど、約1年かけてアジア→オセアニア→中東→ヨーロッパ諸国→カナダを旅するらしい。
引き続き楽しい旅行を続けながら、リヨンへも是非立ち寄って欲しい!

フィッシャーマン
20140809SK_Fisher man
スリランカ南部にはフィッシャーマン(伝統漁をしている漁師)がいるとの噂を聞いて、現地の人に場所を訪ねるが聞く人聞く人違う答え…。探す時間もないし、少し心残りになりながらミリッサからゴールの移動を海岸沿いが見えるローカルバスにしたところ、車内から発見!(写真では遠すぎて見えず)
ただし、ローカルバスは、ヤンキー兄ちゃんが ものすごい勢いで運転してるので、ゆったり車窓の風景を眺めている余裕はあまりないです。

○ヤーラ国立公園/Yala National Park
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%A9%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
20140809SK_Yala National Park
「サファリ」
旅行会社でツアーを組むのも良し。今回は、ミリッサからマータラ経由でティッサマハラマ‎へ(バス移動)
到着日に、ティッサマハラマのホテルで翌日のツアーを聞いて手配する。(=現地手配可能)
料金は、自分たちでチャーターする場合、5時出発~10時まで、6500Rp×大人2名、幼児無料
乗り合いがある場合は、人数にもよりますが安くなります。
この日あったツアーを参考まで(大人6人):5時出発~12時まで、5500Rp×大人2名、幼児無料
20140809SK_Yala National Park2
(同じツアーの人から送っていただいた写真)

動物は、少し遠くから眺めるようになるので、望遠レンズのあるカメラがあったら便利!園内はトイレなし。
スリランカ・ヒョウ、ゾウ、ハイイロオナガザル、水牛etc...に出会えます。
この日はラッキーで、滅多に遭遇できないというスリランカ・ヒョウを間近で2頭も見ることが出来ました!

#マータラ情報
途中経由したマータラの町では海岸沿いに公園があり(バスターミナルから徒歩2分)ましたが、かなり遊具は壊れていました。乗換えの合間に息子はひと遊び。
トイレは、バスターミナルにあり(きれいではありません)
20140809SK_Park Matara


●子連れでお勧めのホテル・その理由:
予算と条件:1泊の予算が3人で30-40euro、3歳以下は無料の宿を選びました。
また移動が公共交通機関だったため、駅やバス停/もしくは観光地からあまり離れすぎないところ。
予約方法:booking.comかagodaを利用。
http://www.booking.com/
http://www.agoda.com/ja-jp/

Fort Inn Guest House(ゴール)
住所:NO.31, Pedler Street, Fort, 80000 ガル
子連れだからお勧めというわけではありませんが、旧市街だったので、短い滞在時間で観光するのにとても便利でした。鉄道駅/バスターミナルからスリーウィーラーで5分程度。
お部屋が2階からなので、ベビーカーがある場合は玄関に置いておくか、畳んで階段で持ち運ぶしかない。宿泊料Rs.6500、(税込,朝食込)

Tithira Guest House(ミリッサ)
20140809SK_HTL Mirissa
住所:Rathnagiri,Udupila,Mirissa, 81740 Mirissa South
オーナーがとても親切!また訪れたい宿の一つです。ここで、ホエール・ウォッチングを手配しました。宿泊料 約US$30(税込)
20140809SK_Mirissa massage
ホテルの近所にあったマッサージ屋でおすすめ。全身マッサージ 1時間で約10ユーロ程度。

Tissa Resort(ティッサマハラマ)
住所:Debarawewa,Tissamaharama
オーナーがとても親切!子供がいて、息子がたくさん遊んでもらいました。ここも、また訪れたい宿の一つです。
お食事は、全食ホテルでお願いしました(アラカルトあり)。良心的な価格でとても美味しかったです。時間があれば、最低2泊はしたかった!宿泊料 約US$40(税込、朝食込)
マーティラからローカルバスで移動するなら、ティッサマハラマのバスターミナルへ着く前(新市街)に下車。
また、マーティラへ行く場合は、バスが混む為、ターミナルから乗った方が良い。


●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
○コロンボ/Colombo
「フードパークURBAN KITCHE」
ビクトリア公園からスリーウィーラーで5分圏内にあるスーパーマーケットと隣接しています。
スリランカ料理に限らずアジアンフード。ツーリスト価格というわけではなく、美味しかったです。食事中に託児サービスあり。トイレあり。
20140809SK_Menu_URBAN KITCHEN

「Crescat Boulevardモールのフードコート」
https://www.facebook.com/CrescatBoulevard
フードコートなので、営業時間を気にしなくてよい。
タイ料理屋(持帰り可)とフルーツジュース屋は、オススメ。

「焼き鳥 日本橋」
スリランカ料理に飽きたら・・、ほっとする味。ハッピーアワーがあるので要チェック!「つくね鍋」がイチオシみたいです。
その他、中華なら「Moon River」、タイ料理なら「Siam House」コロンボ市内は、アジア料理が美味しく食べれます。
Moon River: http://www.yamu.lk/place/moon-river.html
Siam House: http://www.siamhouse.lk/Main-restaurant.html

○ゴール/Galle
「アイスクリーム屋 Dairy King」
20140809SK_Dairy King_Galle1
全て手作りアイスという日本のガイドブックにも載っている店、商売熱心な親切なおじさんがいました。
とにかく日中暑いので、観光の合間に休憩がてら!トイレあり。

○ミリッサ/Mirissa
I&I Restaurant
20140809SK_Mirissa restaurant
道路沿いにあるローカルフード店。子連れだけにおススメというわけじゃなく、多くの旅行者&地元客が利用していた。
ヨーロッパフード(ステーキやフライドポテト)からスリランカ料理(カレー)まであり、子供にも選びやすかった。何を食べても安くて美味しかった。フルーツジュースは毎食欠かせませんでした。トイレなし
20140809SK_Mirissa Kiyosk
キヨスク
I&I Restaurantの隣にあるキヨスク。町に観光案内所がないのかと尋ねたところ、このキヨスクだよと言われました。とにかく親切なお兄ちゃんがいます。

●その他:知っててお得情報
・ビザに関して
観光ビザ必要(2回入出国可.30日間滞在)
http://www.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/center.jsp;jsessionid=Hgg8TMgh8D7h84HKt6l9JM2Z0YTS6F2hJ1gBWyzkLByT7WYJ6Kk6!-711060161?locale=ja_JP
※あらゆる国籍の12歳未満の子供は無料。(2014年3月現在)

・ベストシーズン
南西部が11月から4月、北東部が5月から10月頃
しかし、最近は雨季が早かったり遅かったりで年によって違うそうなので、あくまでも目安だそうです。
ちなみに滞在期間が雨季直前だった為、旅行直前に何度もスリランカの天気予報をチェックしていきましたが、全く当たらず晴れの日が多かったです^^;

・子供用品を買う場合
スーパーマーケット(Cargills Food Cityをよく見かけた)も地方に行っても大抵どこでもありました。スーパーがない場合はキヨスクがあり。

・病院
1)、スリランカで一番大きな病院。外科ならこちらへ(風邪などでも大丈夫です)
ランカホスピタル:Lanka Hospitals
http://www.lankahospitals.com/#

2)、北海道大学と交流のある病院。
ナワロカホスピタル:Nawaloka Hospitals
http://www.nawaloka.com/

3)、赤ちゃん・妊婦専門の病院。
ナインウェルスホスピタル:NINEWELLS HOSPITAL
http://www.ninewellshospital.com/

※医師は必ずガバメント・ホスピタルで働かなくていけないので、日中(9~16)時は上記プライベート・ホスピタルにはほとんど医師がいないそうです。
ちなみに現地に住む友人曰く、スリランカでは風邪や熱といえば、どの医師もパナドールを処方するそうです。パナドール(シロップもあります)は処方箋なくても薬局で購入可能。

・通貨
通貨単位はスリランカ・ルピー(Rs.)。1ユーロ=約Rs.170
※2014年3月の時点のレートです。

・移動
空港からのアクセス
コロンボ・バンダラナイケ国際空港→コロンボ市内へは、タクシー(だいたいRs.3000)かACバス(一人あたりRs.100)かローカルバス、スリーウィーラーがあります。
高速道路が出来て、道が混んでいなければタクシーで市内まで1時間弱で行けます。

バス(ローカルバスの車内風景)
20140809SK_Bus Mirissa
ローカルバスは、運転手の気質によるけれど、とにかく運転が粗いです。路線も多く頻繁に出ているし、何より安いですが、事故も多いようなのでオススメはしません。常に混んでいます。
子供料金なし。その代わり座席もないので、大きな荷物を持って乗車する場合も含め、座席を必要とする時は大人の料金がかかります。
ACバスは、少人数で快適。だいたい時間も正確だったように感じました。子供も大人と同様 1人料金がかかります。

スリーウィーラー
20140809SK_Toukutouku.jpg
コロンボでは、メーターのものもありますが(時々メーターが早く上がる場合は要注意!)、常に交渉が必要なので、相場の分からない旅行者には大変かもしれません。目安は、初乗り+1kmごとにRs.100増しのようです。

鉄道
スリランカの鉄道の旅はとてもオススメ!時間は多少ズレることもありますが、余裕をもってスケジュールを組んでいれば心配なし。料金は、大人と子供(2歳といったら大人の半額でした)。ただ、キャンディからヌワラ・エリアへ行く電車は、3等で子供も大人と同じ金額でした。
20140809SK_Train Sri Lank3
キャンディ〜コロンボ間
20140809_Sri Lank Train1
ゴール〜ミリッサ間

鉄道路線
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/スリランカの鉄道#/image/ファイル:Sri_Lanka_Railroads_Map.svg
時刻表
http://www.railway.gov.lk/web/index.php?lang=en
http://www.gic.gov.lk/gic/index.php?option=com_findnearest&task=train
※現在時刻表サイトはリンク切れのようです。

・参考にさせていただいた現地旅行会社のサイト↓
○HIS スリランカ支店
http://travel-srilanka.jp/
○YASMEEN TRAVELS ヤスミン トラベルズ
http://tours.yasmeen.jp/
○SRIEKO HOLIDAYS (PVT) LTD
http://srieko.com/
○SUDATH TRAVELS スダッツトラベルズ
http://www.sudath-travels.com/
ガイドブックがなかったので旅程を立てるのに大変参考になりました。ありがとうございました。
現地発のツアー、移動(車の手配)、その他現地ならではの貴重な情報を得ることができました。

・「お土産」参考サイト↓
http://www.tour.ne.jp/blog/travelko/76300/
http://etours.jp/srilanka/archives/features/zakka
http://www.ab-road.net/asia/singapore/singapore/guide/02251.html?sc_root=bw0m0002
http://ameblo.jp/pulchra-aroma/entry-11245693031.html
上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

・参考になったHPの紹介(スリランカ)
http://travel-srilanka.jp/
上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

スリランカ北部編へつづく

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Auvergne地方/2014年)」‏‏

●ハンドル名: Kさん

●旅行先: フランス国内 / Auvergne地方 (Saint-Pourcain Sur-Siouleを拠点)

●手配を頼んだ旅行会社: なし

●行程・利用交通機関: 自家用車

●旅行日数・時期: 7泊8日・ 7月下旬
今年は冷夏だったせいか、7月下旬でしたが、朝晩は涼しいくらいでした。
晴れていれば、屋外のプールにも入れる程度(水は冷たく感じる)ですが、曇/雨だったりすると、セーターを着てもいいくらい。外出の際に、雨具が必要!!

●連れていった子供の年齢(当時): 3歳3ヶ月

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
Saint-Pourcain Sur-Siouleに宿泊
(住所: saint pourcain sur sioule 4 rue charles louis philippe)
リヨンから車で約2時間半。

義両親の結婚40年のお祝いに、家族で集まりました。
Gîtes de Franceという、週単位(土曜から土曜)で、個人の別荘などを貸しているサイトを利用し宿泊先を決めました。

大きなお家で、リビング・ダイニング、バス・トイレの他に、寝室4部屋、広いお庭もあり、サッカー(=ゴール)やバドミントン(=ネット)が出来て、バーベキューセット、屋外プール、サウナ、卓球台がありました。
宿泊費には、一通りの家具、調理器具、ベビーチェア、ドライヤーなどは付いていますが、ベッドのシーツやタオル、シャンプー/石鹸/トイレットペーパーといった物は含まれていません。必要な場合は自分で持っていくか、借りる場合は別途料金がかかります。(※電気料は別)

こういう所を数家族かで一緒に借りるのも楽しいと思います!!

Gîtes de Franceのオフィシャル サイトはこちら↓
http://www.gites-de-france-ardeche.com/fr/

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
特に下調べせずいったので、最初に各町の観光局で情報収集。
Saint-Pourcain Sur-Siouleの宿泊先から、どこも30分圏内の観光地や公園/遊び場を訪れました。下記の情報の一部は、行かなかったところもありますが、観光局でもらったパンフレットのうち子供も楽しめそうな所を紹介します。

(1)Saint-Pourcain Sur-Sioule
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule

・町の公園(キャンプ場併設)
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc (1)
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc (2)
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc (3)
遊具、ミニ ゴルフ、自転車(KART, ROSALIE)やポニーを楽しめます。
宿泊している所から車で3分くらい。
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc Location1
Kart /30分 :1人 3ユーロ、2人 5ユーロ
Rosalie(大人2+子供2)/30分 : 6ユーロ、1時間 10ユーロ
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc mini golf
ミニゴルフ/ 大人 2.5ユーロ、子供(6-12歳) 2ユーロ、6歳以下 無料
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Poney
ポニー / 広場を一周回る程度(10分くらい) 3歳でも乗せてくれました。
http://www.eperondeverneuil.com/

Saint-Pourcain Sur-Siouleの街は大きくありませんが、教会など観光出来る見所あり。また今週末に自転車の大会があるそうで、町中 自転車のデコレーション♫
20140803Velo (1)
20140803Velo (2)

(2)Vichy市内と近郊
・プチ トラン (市内)
20140803Vichy ptiit train
どこの街でも子供に人気!街の見所を35分で見て回れるので便利です。料金: 大人 8ユーロ、子供 4ユーロ

・Le hall des Sources
20140803Le hall des sources1
20140803Le hall des sources2
温泉が湧き出ています。ちなみに飲む温泉です。処方箋がないと、飲めるのはCelestins(一種類)のみ。
空のペットボトルを持っていくと無料で持ち帰れます。

・公園 Parc Napoléon III
20140803Vichy_Parc3.jpg
20140803Vichy_parc.jpg
20140803Vichy_Parc mini golf
ミニゴルフ
20140803Vichy_expositopn.jpg
カジノの横の建物/ その日にやってたやっていた気球のエクスポジッション(無料)

(3)Gannet近辺
・VELORAIL de la Sioule
http://www.veloraildelasioule.com
20140803VELORAIL de la Sioule
子供は楽しんでいましたが、片道10km(往復20km)を炎天下の下、自転車こぐので大人は汗だくです・・
交代要員もいれ3-4人の大人が1台に乗ったほうがよいですね。帽子と飲み物はお忘れなく。出発地点にトイレあり。

・PALE POLIS
http://www.paleopolis-parc.com/fr/
恐竜好きなら

・Labyrinthe des Remparts
http://balado.planet.fr/idee-balade/auvergne/allier/labyrinthe-des-remparts/idb/6530
20140803Labyrinthe des Remparts (1)
トウモロコシの迷路。子供の対象年齢は特にないようですが、1時間近く歩いてくれる子供じゃないとキビシイかと思います。ベビーカー×。今回は、下見も兼ねて息子はおじいちゃん、おばあちゃんに預けて行きましたが、大人3人で30分ちょっとかかりました。(とにかく迷路なので2人は一緒にいた方がよい。)本気で遊べて楽しかったです。毎年違う形の迷路になっていて、リピーターも多いそうです。
20140803Labyrinthe des Remparts (2)
20140803Labyrinthe des Remparts (4)
持って行くと良いもの:帽子、飲み物  料金:一人2ユーロ
20140803Labyrinthe des Remparts (3)
受付の横に休憩スペース。チッピリ遊び場あり。飲み物買えます。

(3)LAPALISSE
http://www.lapalisse-tourisme.com
20140803Chateau de la palice
リヨンからの途中で立ち寄りました。Château de La Palice(ガイド付き/有料)と広大なお庭(無料)。
20140803Chateau de la palice train
お庭で古い電車を発見!喜ぶ息子。
20140803Lapal parc
お城が見える公園でひと遊び。(城から徒歩5分くらい)

(4)Charroux
http://www.charroux.com
フランスで一番美しい村とガイドブックにあったので行ってみました。村中にかわいいアルティザナがいっぱい。
20140803Charroux_Tokei.jpg
Maison des Horiloges (無料)
20140803Charroux_parc.jpg
村の入り口に小さな公園あり。(公衆トイレあり)

Charrouxから近かったので、Château de la Motheにも寄ってみました
20140803Chateau de la Mothe1
お城に入らなくても、すぐ手前の庭園まで無料で入れます。ピクニック出来そう。
20140803Chateau de la Mothe_parc
お城の後ろに公園?ちょっとした遊具あり。(一部壊れていたので要注意)

(5)
La Maison Aquarium (Jaligny sur besbre)
http://www.aquarium-valdebesbre.fr

Stade Aquatique (Bellerive-sur-Allier)
プールやサウナ、ジムナスティックあり。天気が悪くても心配なし!
http://www.stade-aquatique-vva.fr

(6)Saint-Pourçain-sur-Besbre
Le PAL (遊園地)
http://www.lepal.com/
今回は行きませんでしたが、行ってみたいところ。すごく近いわけではありませんが、リヨンよりかは近いので。(1m以下の子供は無料)

(7)Clermont ferrand
「Vulcania」
http://www.vulcania.com/
20140803Vulcania_Vulcania (1)
最終日、Clermont ferrand経由でリヨンへ帰りました。Saint-Pourcain Sur-Siouleから車で約1時間強(その途中でVolvicもあり)です。リヨンからだと高速を利用して約2時間。
20140803Vulcania_espace enfant (1)
20140803Vulcania_espace enfant (2)
20140803Vulcania_espace enfant (3)
20140803Vulcania_espace enfant (4)
火山についてのテーマパークで、家族連れが多かったです。大人も楽しめますが、子供向けには屋外の遊具、トラン?、屋内の遊び場やスペクタクルがありました。
20140803Vulcania_parc (1)
20140803Vulcania_parc (2)
20140803Vulcania_parc (3)
20140803Vulcania_train.jpg

●子連れでお勧めのレストラン:
・TRAITEUR DUMONT
41 Boulevard Ledru-Rollin, 03500 SAINT POURCAIN SUR SIOULE
http://www.payssaintpourcinois.fr/fr/Etablishment/537/TRAITEUR-DUMONT-AUX-PRODUITS-REGIONAUX-ST-POURCAIN
レストランではありませんが、Saint-Pourcain Sur-Sioule内のお肉屋さん。お惣菜やチーズ、ワイン、その他 お土産になりそうなのも売ってました。

・Salon de The et Cafe [Olimpia]
息子がお腹を空かせていたので、待たずに食べれて、場所も施設「Le hall des Sources」の前で便利でした。
お店の人も、孫が同じ年くらいと言っててとても親切で、トイレも綺麗でした。

・カフェテリア Le Bungalow
20140803Vichy_cafe.jpg
川沿いで木陰もあり気持ちよかったです。スムージーがおすすめ。

●その他
雨の日に最適!
「Kizou Aventures」
住所:Avenue de la Croix Saint-Martin,03200 Vichy
電話:04 70 32 70 17
HP: http://www.kizouaventures.fr/accueil.html
20140803Vichy_Kizou (2)
20140803Vichy_Kizou (6)
20140803Vichy_Kizou (3)
Vichy市内にあります。子供1名(3歳)+大人4名で、時間制限なしで10ユーロとお得で子供も大満足!
4歳?以上の子供の場合、1時間あたり、子供一人に対し7.5ユーロです。

観光局でゲットして!
・Pass' Allen (Musseなどの割引あり)
http://www.allier-auvergne-tourisme.com

・Summer tour (夏限定! レジャー施設の入場料など割引あり)
http://www.allier-auvergne-tourisme.com/activites/allier-summer-tour-2014/actualite-chequier-allier-summer-tour-5278-1.html

※終了したようです。

・Reflets d'Allier
http://m.allier.fr
イベント情報が載っています。

・一般的な観光情報は、以下の冊子から。
[Visites & Loisirs], [Goûtez l'Allier],[Guide Touristique]
http://www.bienvenue-a-la-ferme.com/allier
http://www.loisirsetculture03.fr
http://www.cc-donjonvallibre.fr


夏のお祭り情報!
FESTIVAL VITICOLE ET GOURMAND EN PAYS SAINT-POURCINOIS
日にち: Du 14 au 24 août 2014
開催場所:SAINT-POURÇAIN-SUR-SIOULE
詳しくはこちらを↓
​http://www.allier-auvergne-tourisme.com/festivals-manifestations/terroir-et-artisanat/festival-viticole-et-gourmand-en-pays-saint-pourcinois-533-1.html

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:アヌシー、シャモニー/2014年)」‏‏

●ハンドル名: SAさん 

●旅行先: アヌシー、シャモニー

●手配を頼んだ旅行会社: なし

●行程・利用交通機関
週末を利用し、お友達と自家用車で旅行しました。

1日目:午前中に、リヨン→アヌシー (高速を利用し2時間弱)
目的は、アヌシーに住む、チーズのスペシャリスト今井さんに会うこと。
到着後は、まず観光局へ。日本語の冊子あり。(トイレあり)
ランチは、Champ de Marsの辺りでピクニック。ここは、遊具が充実していて、子供達も大喜びでした。また白鳥を見たりと楽しい一時を過ごしました。
昼食後、午後はアヌシー湖のクルーズ、旧市街を散策。
クルーズは、1時間で子供達も大はしゃぎでした。
旧市街では小さな公園をみつけて、子供を遊ばせる。

2日目:アヌシーを拠点にという事以外、ノープランだったので、2時間でいけるシャモニーへ行くことにした。
帰りは、シャモニ→リヨン (高速で約2時間)

●旅行日数・時期
2014年7月中旬~下旬 (時々雨)

●連れていった子供の年齢(当時) :3歳6ヶ月、6歳1ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由
1、アヌシー (ベビーカー不向き)
*アヌシー湖のクルーズ
http://www.annecy-croisieres.com/
料金:大人14ユーロ、子供9.5ユーロ(3歳以下は無料) ※無料でもカードをもらう必要があります!もらわないと再びチケット売り場に並ぶ羽目になります。

*Champ de Marsの遊具のある公園

*旧市街
子連れに関わらず、美しい町なので、夜の散歩が楽しいです。
アイスクリーム屋が多いので、おやつがわりに!

2、シャモニー (ベビーカー:市内だけならいいけれど、山へ行くなら×)
*L'Aiguille du Midi
http://www.chamonix.com/aiguille-du-midi,80,fr.html
20140729SA_Chamonix.jpg
観光局

「モンタンヴェール登山鉄道」に乗る! (息子たちは大興奮でした)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%89%84%E9%81%93
20140729SA_Chamonix train1

登山鉄道から、今度はロープウェイに乗り換え、降りたところから300段以上の地獄の階段。しかも金網で下が見えるので恐ろしく、子供の手は離せません(高所恐怖症の人は無理かも・・)。ちなみに6歳の息子は疲れたくらいで歩きましたが、3歳の息子は抱っこでした。
20140729SA_Chamonix3.jpg
登山列車のすぐそばにあるロープウェイ
20140729SA_Chamonix4.jpg
ロープウェイを降りたところから氷山トンネルへ続く下り階段

メール・ド・グラス(氷河トンネル)に到着。トンネルの中には氷で作った家具(テーブル、椅子)や熊の氷像がありました。
20140729SA_Chamonix5.jpg
トンネルの真ん中にじゅうたんがあるので、滑りはしません。(長靴不要)
料金は、家族(大人2、子供2)82.5ユーロ、大人 27.5ユーロ、子供 23.5ユーロ(4-15歳)

*電車のオブジェ
登山列車の終着駅にあります。オブジェといっても、乗れるので、子供たちが順番待ちでにぎわっていました。
20140729SA_Chamonix train station
終着駅

*Luge de Chamonix (遊園地)
http://www.chamonixparc.com/index.php/fr/ete.html
20140729SA_Luge de Chamonix 
滑り台(Toboggans)に、とにかく子供たちが大喜びでした!  (トイレあり)


●お勧めのレストラン
アヌシー旧市街 「Le Freti」
http://www.lefreti.com/
20140729SA_Raclette.jpg
19時に開店でしたが、その前から並んで満席でした。チーズフォンデュが美味しかったです!

●その他
*7月(夏)でしたが、今年は雨の日が多く、例年い比べ涼しい方だったと思うので、
子供の服装は、長袖下着+ロンT+トレーナーで、暑かったら脱がせるくらいでちょうど良かったです。特に、朝晩は冷えました。
シャモニーの山の上は、冬のコート持参。スニーカーで十分。
山なので、気候の変化が激しいです。

*私たちはシャモニーに宿泊しませんでしたが、シャモニ-周辺宿泊者専用ゲストカ-ド「La carte d'Hotel」をもらえるそうです。利用方法は、こちらを参照↓
ゲストカードを最大限利用して モンブランエキスプレスの車窓を何倍も楽しむ旅|シャモニー(フランス)の海外現地ガイド記事|海外旅行情報 エイビーロード

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ/2014年)」

【 ハンドル名 】:Rinさん

【 旅行先 】:フランス国外

【 国名・都市・地方名 】:西地中海

【 手配を頼んだ旅行会社 】:Costaの公式サイト
コスタのサイト(仏語)で、フラッシュトラフィック(早割)を利用して申し込みました。
内側の部屋(窓なし)で予約したのですが、人が多かったからかアップグレードされていて、同じ料金で窓付きのお部屋でした。4人で費用はおおよそ1400ユーロ(保険込、オプショナル別)。

【 行程・利用交通機関 】: コスタの船
リヨンから出発地(マルセイユ)へは自家用車で行きました。港のパーキングで駐車場代がかかります。(合計 98ユーロ)

【 旅行日数・時期 】: 7泊8日 /5月上旬
マルセイユ→サボナ→ラスペティア→ローマ→ナポリ→船→バルセロナ→マルセイユ

【 連れていった子供の年齢(当時) 】:1歳10ヶ月と4歳11ヶ月

【 子連れでお勧めのホテル・その理由 】:

【 子連れでお勧めの観光地・その理由 】:
1日目: マルセイユ出発
マルセイユのはずが、前日まで海が荒れてた影響で出発地がトゥーロンへ変更。
マルセイユからトゥーロンへは、クルーズ専用のバスに乗って移動しました。

2日目: サボナ
http://www.cruiseplanet.co.jp/land/savona.html

港から市街まで徒歩10分程度。ゆっくり家族でお散歩しました。
日曜だったので、お店も閉まっている所も多かったです。

3日目: ラスペティア
船のオプショナルを利用し、「ピサ半日ツアー」に参加しました。
※ピサは、8才以下の子供は塔の上に登れません。
午後は、船でプールに入ってゆっくり過ごす。

4日目: ローマ (チベタベッキア)
船のオプショナルを利用し、「ローマ終日観光(昼食付)」に参加しました。大人90ユーロ、子供70ユーロ、2才以下 無料。
バチカンからスタート、バス乗り降りしましたが、けっこう歩きました。
ベビーカーがあっても大変ですが、なくても大変。ローマ観光は子連れには、少々ハードな気がします。お決まりのトレビの泉でコインを投げてきました。

5日目: ナポリ
港から市街へ歩けます。しかし、下船した所で客引きのタクシーが多く、少し緊張しました。治安が悪いと聞いていましたが、特に嫌な目に遭うことはありませんでした。
ただ、盗難防止の為か、他の外国人観光客もバックを前に持つ光景を目にしました。
食事は、安くて美味しい!大きなピザが2ユーロでした!
お城があり、ラピュタのようでした。

6日目: 船の中

7日目: バルセロナ
下船後、市内への移動はタクシー (港から市内は短い距離です)
サグラダファミリアとカサ・バトリョは、旅行前にインターネットで予約しました。
11:00の予約で、少し時間があったので、サグラダファミリアの前にある公園で子供達を遊ばせました。(一番喜んでいました)
ランチをタパスのお店で済ませ、引き続き、カサバトリョを観光。その後は息子がぐずり、バルセロナではここまで…。

8日目: マルセイユ到着


【 船のサービス】:満点!
今回は日本人の乗務員さんがいてラッキーでした。初日はクルーズのオプショナルの相談で質問攻めでした(笑)

船には、キッズプログラム(3歳~)があります。飛び入りは受付しないので、事前申込みが必要。
3歳以下の子供向けの遊び場はありませんでしたが、子供用の浅いプールがあります!
プールはとにかく充実していました。レストランの所にも室内プールあり。水着はお忘れなく!
ベビーシッターのサービスはなし。

食事は、朝と昼(船にいる時)は、ビュッフェを利用。ビュッフェでとって、お部屋に持ってきて食べることも出来ました。

服装は、1週間の滞在でフォーマル日は一回。船内でパーティーがあります。

その他、色々ショーやコンサートが開かれていて、コメディアンのショーを見に行きました。言葉は分かりませんでしたが、娘は楽しんでいたようです。
また、ショッピングで、ブランド品のアウトレット日があり、安く購入出来ました。

【 その他 】:
サグラダファミリアの事前予約
http://visit.sagradafamilia.cat/?lang=en#tickets

カサ・バトリョの事前予約
http://bcnshop.barcelonaturisme.com/ECV2_Turisme_de_Barcelona/Front/BCNShop/Venta/Disponibilitat_Producte/_vf-SMlY1yItM-U_l9RgLJgsyU0uRJi84ADMp1rsdO545b3m56MNEp8-Qzih5AgReITlExYXnPFA

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ディズニーランド/2014年)」

【 ハンドル名 】:Rinさん

【 旅行先 】:フランス国内

【 国名・都市・地方名 】:ディズニーランド・パリ
公式サイト: http://www.disneylandparis.com

【 手配を頼んだ旅行会社 】:夫の会社にプレゼント(先着100組)
費用(450ユーロ)に、家族全員のTGVの往復チケット、ディズニーランド・ パークとウォルト・ディズニー・スタジオの共通チケット、ホテル(朝食付)込み。

【 行程・利用交通機関 】: TGV
リヨン⇔ディズニーランド・パリ内の駅(マルヌ=ラ=ヴァレ=シェシー駅) /2時間弱
http://ja.wikipedia.org/wiki/マルヌ=ラ=ヴァレ=シェシー駅

【 旅行日数・時期 】: 1泊2日 /4月下旬

【 連れていった子供の年齢(当時) 】:1歳9ヶ月と4歳10ヶ月

【 子連れでお勧めのホテル・その理由 】:

【 子連れでお勧めの観光地・その理由 】:
⚪︎Princess Pavilion
プリンセスと一緒に写真が撮れ、サインも貰えます!
当日の朝に整理券が配られます。女の子のママさんは、朝一で並びましょう!
中に入ると、お部屋が二つあり、各部屋にプリンセスが待っています。
どのプリンセスがいるかは、直前まで分かりません。ちなみに、この日は白雪姫とオーロラ姫でした。
女の子はドレスを着て(持参、もしくはパーク内で購入)、写真を撮っている子がほとんどでした。
写真は販売しています。1枚 15ユーロ、2枚 18ユーロ。2枚買っちゃいますね…
サイン貰えるので、ノートを持参すると良いでしょう。パーク内でもサイン帳が売っていて購入可能。

⚪︎その他のアトラクション
Toy storyのアトラクションや、ピーターパンの世界が楽しかったです。
アリスの迷路は日本のものとは違いました。

⚪︎パレード
パレードが終わった後、写真も撮れますが、サインも貰えます!
ノートをお忘れなく!!

【 子連れでお勧めのレストラン 】:
⚪︎レミイのレストラン
ランチに利用しました。ビュッフェスタイル。
主人公のレミイが各テーブルをまわって来てくれます。

⚪︎Café Mickey
混んでいるので、事前予約が必要です! (今回は満席でした)
各テーブルにディズニーのキャラクターがまわって来てくれるそうです。
また、お誕生日の子はケーキとキャラクターたちでお祝いしてもらえるスペシャルプランがあるようです。

⚪︎その他
パークとホテルエリアの間に、マクドナルドやスタバなど軽食屋もありました。

【 その他 】:
ディズニーランド・パリへのアクセス↓
http://disney-land-paris.info/access.html

参考サイト
http://dlpwds.free.fr/if_mania.html
http://ameblo.jp/rarufu15/entry-11786873726.html

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。



■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年)」

●ハンドル名:AIさん

●旅行先
グリンデルワルト(スイス)

●手配を頼んだ旅行会社
なし

●行程・利用交通機関
マイカー移動
リヨン→グリンデルワルト(約400km、1時間に1回休憩を入れながら約6時間) 

●旅行日数
2014年5月下旬 3泊4日

●連れて行った子供の年齢(当時)
2歳11か月
ベビーカーで行動

●子連れでお勧めの観光地・その理由

子連れでもしやすいハイキングがオススメです。
日本語観光案内所で相談して子連れで可能なハイキングコースを楽しみました。

1.クライネシャイデック
グリンデルワルトからクライネシャイデックまでは電車で。

DSC03834.jpg

クライネシャイデック展望台ではまだ雪が沢山残っていたので、思いがけず雪遊びができました。

DSC03815.jpg

下山時、途中下車してブランデック(Brandegg)から下山ハイキング。
下車してすぐに滑り台があったので、早速子供は遊びます。

DSC03837.jpg

所々で牛や羊、ヤギに出会えます。
柵の鉄線には電気が流れているのでご注意を。

DSC03861.jpg

2.フィルスト
ロープウエイを乗り継いで展望台へ。

DSC03904.jpg

下山時、途中のボルト(Bort)で下車しました。
下車してすぐに子供が喜ぶ遊具エリア。
滑り台にブランコ、雪解け水?での水遊び。充実しており子供はご機嫌でした。
雪渓にお花畑という絶景のロケーションで大人も満足です。

DSC03921.jpg

舗装されているハイキングコースだったので歩きやすかったです。
子供は歩いたり、ベビーカーに乗ったり。
斜度が少しきつい所もありましたが、ベビーカーで下山できました。
背負子があるならその方が楽かもしれません。

DSC03938.jpg

3.メンリッヘン
雪渓を横目にローブウェイで登ります。
ロープウェイの下を見るとかわいいマーモットの姿を見つけられました。

快晴ならば雄大な山々が見れるそうです。
あいにくの曇りでしたが、子供は雪に触れて満足してました。

DSC04021.jpg

●その他
1.スイスの高速で利用したサービスエリアでは、レストラン内に子供向け遊具があったので、
 移動で退屈してる子供にはリフレッシュできる場となりありがたかったです。

2.子連れでも良かったレストラン
〇ホテル・グラシエ/Hotel Glacier
日本語観光案内所で紹介してもらったスイス料理のレストラン。
チーズフォンデュやラクレットなど、どれも美味しかったです。
テラスからは名峰アイガーが臨めます。
子供にはぬり絵と色鉛筆を貸してくれました。

〇ホテル・シュピンネ/Hotel spinne
「Marcato」というイタリア料理レストラン。テラス席、室内と席数が多く広いレストラン。
子連れ客が多かったので気楽に過ごせました。サラダ、パスタ、どれも美味しかったです。

3.今回は利用しませんでしたが、グリンデルワルト駅前に遊具が設置された公園やメインストリートの中ほどにミニゴルフ場などもあるようです。

4.物価は高いですが衛生面や交通の利便性、食べ物の美味しさなどどれも水準が高く、
子連れでも快適・安心に過ごせました。

●参考になったHP
○日本語観光案内所
http://www.jibswiss.com/
案内所ではレストランの相談、予約、ミール券の購入やハイキングコースの相談で利用しました。
日本人の方が親切に対応してくれました。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(イタリア/2014年)」

●ハンドル名:AIさん

●旅行先
トリノ、ミラノ(イタリア)

●手配を頼んだ旅行会社
なし

●行程・利用交通機関
全てマイカー移動。
リヨン→トリノ(約3時間) トリノ泊
トリノ→ミラノ(約1時間) ミラノ2泊
ミラノ→リヨン(約4時間半)

●旅行日数
2014年5月上旬 3泊4日

●連れて行った子供の年齢(当時)
2歳10か月
ベビーカーで行動
全て徒歩移動しましたが、ミラノでは地下鉄入り口にエレベータが見受けられませんでした。
ベビーカー利用者が階段を利用している様子を見たので、エレベータは設置されてないかもしれません。

●子連れでお勧めの観光地・その理由

1.自動車博物館 (トリノ)
フィアットの創始者により創設された自動車博物館。
ヨーロッパのクラッシクな車からF1まで3フロアに渡って幅広く展示されています。
子供だけでなく車好きなパパも喜ぶかも?!
入口すぐのミュージアムショップには子供が喜ぶミニカーや自動車関連のグッズがあります。

DSC03546.jpg

DSC03575.jpg

【Museo Nazionale dell' Automobile】
HP : http://www.museoauto.it/website/
駐車場 : 博物館前の路上駐車エリア、もしくは周辺に路上駐車。私達は近くの病院の駐車場(有料)を利用しました。


2.モッレ・アントネッリアーナと国立映画博物館
167.5mの建物上部に展望台があり、高速エレベータで上がれるので展望台のみ利用しました。
トリノの街やアルプスの絶景が楽しめます!
ベビーカーはエレベータ乗り場に置いておき、エレベータへ。
建物の中心にあるエレベータは四面ガラス張りなので、吹き抜けになっている映画博物館内の様子も楽しめます。

DSC03599.jpg


3.市立自然史博物館 敷地内の公園
子供はやっぱり公園遊びが大好きです。
遊具がいろいろ揃ってます。

DSC03625.jpg

DSC03629.jpg


4.コモ湖
ミラノから車で約1時間のところにある湖水地方。
静かでのんびりとした雰囲気です。
ケーブルカーに乗車して、高台に上がりました。
子供はケーブルカーに喜んでました。
遊覧船もあるようです。

DSC03647.jpg

DSC03668.jpg



■ アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2013年)」

●ハンドル名 NJさん 

●旅行先 : スイス (ツェルマット、サンモリッツ、グリンデルワルド)

●手配を頼んだ旅行会社 :なし

●行程・利用交通機関 :自家用車で移動

●旅行日数・時期 :2013年8月

●連れていった子供の年齢(当時) :6ヵ月(離乳食を始める直前)

●子連れでお勧めのホテル・その理由
グリーンデルワルトにある「アルペンホフ ホテル (Alpenhof Hotel)」
オーナー夫婦がとても優しい!子供ができる前にも同じ宿に宿泊したことがあり、リピーターです。
子供が寝てしまい夕食を取れなかったとき、私たちのためにお食事を用意してくれました。ベビーベッドも借りれます。

●子連れでお勧めの観光地・その理由
ツェルマット(最低3泊~)
理由:子連れでも気軽にハイキングできます。(初心者コースや、もっとなだらかなコースもあり)
グリーンデルワルト (最低2泊~)
理由:ツェルマット同様、子連れでも可能なハイキングコースあり。

●その他
・スイスは物価が高いので、スーパーで少し食糧を買って、日中はレストランを利用せず軽食をタッパにいれて出かけた。
※スーパーが充実しています。
・持っていくと良いもの:タッパ、果物ナイフ、湯沸かし器、コップ
・服装(8月)は、半袖の上に羽織もの、帽子必須。朝晩は冷え込むので、ジャケットがあると良い。
・ツェルマットは、車で直接村に行くことが出来ないので、手前のテーシュの村に駐車させ、ツェルマット・シャトルを利用し村へ行く。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:ジェノヴァ/2013年)」‏‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Royal Caribbean‎ 西地中海クルーズ(スペイン、イタリア)
「‎ジェノヴァ編」

●行程・利用交通機関:
マルセイユ→バルセロナ→マヨルカ島→バレンシア→船→ローマ→‎ジェノヴァ→マルセイユ
リヨン→マルセイユ間は、TGVを利用

●旅行日数・時期:2013年5月中旬/7泊8日

●連れていった子供の年齢(当時):2歳1ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:

世界遺産指定のガリバルディ通り・Via Garibaldi
ドーリア・トゥルシ宮殿(Palazzo Doria Tursi:現在はジェノヴァ市の市庁舎)は無料で館内の博物館に入場可能。ジェノヴァ出身のバイオリニスト、ニコロ・パガニーニ愛用のバイオリンが保管されている。トイレもあり。
20140501Genova7.jpg
赤の宮殿(Palazzo Rosso)
20140501Genova8.jpg
白の宮殿(Palazzo Bianco)
20140501Genova6.jpg
ドーリア・トゥルシ宮殿(Palazzo Doria Tursi)
20140501Genova5.jpg

20140501Genova2.jpg
ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)
20140501Genova1.jpg
サン・ロレンツォ教会(Cattedrale di San Lorenzo )
20140501Genova3.jpg
新世界アメリカ大陸発見のコロンブスの家
20140501Genova4.jpg
博物館の前で記念写真のみ、中には入りませんでしたが、すぐ横に、ちょっと休憩&子供が走り回れるスペースあり
20140501Genova10.jpg
ポルト・アンティコPorto Antico(旧港)
20140501Genova13.jpg
ガレー船ネプチューン号(毎日一般公開、5ユーロ)
20140501Genova parc
旧港の市場が開いているあたりに、小さな子供の遊べるスペース(遊具)あり!

水族館「アクアリオ/Acariio」
今回、時間がなくて行けませんでしたが、もう一日あったら行ってみたかったです...


●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
ちょうど日曜日で、しかも時間も14時近く、、チョイスが少なかったため、とりあえず開いているお店で食べましたが、おさえておきたいのは ジェノヴァ名物「ペストPesto」(ジェノヴァ風バジリコソース)のパスタ!と同じくジェノヴァ名物の「フォカッチャFocaccia」
20140501Genova pizza


●その他:知っててお得情報
参考になったHP (ジェノバ)
http://www.japanitalytravel.com/guide/genova.html
http://italiashio.exblog.jp/13574621

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

~西地中海クルーズ2013(完)~

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:ローマ/2013年)」‏‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Royal Caribbean 西地中海クルーズ(スペイン、イタリア)
「ローマ編」

●行程・利用交通機関:
マルセイユ→バルセロナ→マヨルカ島→バレンシア→船→ローマ→‎ジェノヴァ→マルセイユ

●旅行日数・時期:2013年5月中旬/船中7泊8日
お昼から夕方にかけて雲行きがあやしくなり、一時雨が降ることもあった。
観光しながら雨宿り。

●連れていった子供の年齢(当時):2歳1ヶ月 /ベビーカー持参
ベビーカー:△
ローマ市内のメトロは、地上でバスを利用するより早くて便利ですが、エレベーターない。
観光場所が多いので、ずっと歩かせるにはシンドイし、かといって石畳も多いのでベビーカーに乗ってるのもお尻が痛いだろうし。。

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
20140501Roma (3)
ローマに関しては、母の希望で映画「ローマの休日」を訪ねて歩きました。
出航時間が気がかりで、全部周りきれませんでしたが、ここは押さえておきたいですね↓

★トレヴィの泉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%81%AE%E6%B3%89
20140501Roma (2)
日本人的には有名?! すごい観光客・・

★サンタ・マリア・イン・コスメディン教会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E6%95%99%E4%BC%9A
20140501Roma (1)
「真実の口」を見ずにローマは去れません。でも、やっぱりここも並びます・・

★コロッセオ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%AA
とにかく並ぶので、ローマ・パス(共通チケット)を購入して別ルートを使うか、コロッセオと共通のチケットでもある、パラティーノの丘かフォロ・ロマーノ見学後に行く方が良い。
なお、パラティーノの丘かフォロ・ロマーノも日中は日陰がないので熱射病対策を!
それでも時間がなければ、外観だけでも!!

★サン・ピエトロ大聖堂
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%88%E3%83%AD%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82
20140501Roma batiqun
コロッセオに匹敵するほど並ぶ場所。前売りチケットもないので、ひたすら順番を待って並ぶだけ。
時間がない場合は、サンピエトロ広場だけでも良いのでは?!
ちなみに、ここで葉書を投函すると、ヴァチカン市国の消印がつく。
公式HP:http://w2.vatican.va/content/vatican/it.html

★ヴァチカン美術館
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%B3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8
小さな子供には面白くない博物館、、私は行ったことがあったので、今回は母のみ。
その間、サンピエトロ広場や近辺を散歩していました。サンピエトロ広場の前のお土産屋にトイレあり。
チケットは、60日前からオンライン購入可能。
公式HP:http://mv.vatican.va/

●その他:知っててお得情報
・港(チビタベッキア)から市内へのアクセス
行き方は2通り。自力で行くか、船のオプショナルを利用するか。
距離があるので、トランスファーだけお願いしてもけっこう高くつく。
自力でローマ市内へ行く場合、ローカル電車で1時間(だったか1時間半だったか)。待ち時間もあるので、やはり時間かかります。
電車で行く人は、皆同じように流れて行くので、心配しなくてもついていけば良いでしょう。
チケットは駅で往復で購入(片道で買っても料金があまり変わらない)。このチケットがあると、ローマ市内の公共交通機関もフリーになる。料金:12euro
※ローマ市内に着いた時に、必ず帰りの電車の時間をしっかり見ておいてください。

・観光と移動方法
船のオプショナルを利用するならこちら↓
http://www.royalcaribbean.com/findacruise/destinations/shoreExcursions/subGateWayByPort/search.do;jsessionid=00009BNdBxkwqiMplbd77avCDOT:10ktmerri?LocationCode=ROM&DestinationCode=EUROP

ローマ・パス
http://www.romapass.it/
このチケット、3日以上滞在する人ならお得というけれど、コロッセオに行くなら絶対にお得!時間はお金にはかえられません。

ヴァチカン美術館のチケット
http://biglietteriamusei.vatican.va/musei/tickets/index.html
1~10人分まで、60日前からオンライン購入可能。

観光バス(乗り降り自由)
http://www.amoitalia.com/roma/110open.html
ローマ市内の観光バス会社は、たくさんあります。上記は日本語のオーディオガイド付き。
バスは大抵15-20分おきに巡回すると言いますが、道が混んでいるとなかなか来ません。
今回、他社の観光バスを利用しましたが、急いでいるのに都合よくバスが来なかったり、徒歩であるけない距離じゃないと思うとけっこう歩きました。
観光バスチケットがあると、公共交通機関が同時にフリーになりました。

・参考になったHP (ローマ)
http://www.amoitalia.com/roma/roma.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1483391239
http://kidstravel.seesaa.net/article/131447924.html
http://nebichan.blog55.fc2.com/blog-entry-829.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/7407/
http://www.jal.co.jp/tabi/modelplan/inter/eur/rome/

上記のサイト、ブログ情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

ジェノヴァ編」へつづく

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:バレンシア/2013年)」‏‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Royal Caribbean 西地中海クルーズ(スペイン、イタリア)
「バレンシア編」

●行程・利用交通機関:
マルセイユ→バルセロナ→マヨルカ島→バレンシア→船→ローマ→‎ジェノヴァ→マルセイユ

●旅行日数・時期:2013年5月中旬/船中7泊8日
バカンスシーズン前だったので、船内も寄港地の観光も混みこみではなく、ゆったり楽しめました。
お天気に恵まれ、寄港地でも暑すぎずでちょうど良かった。

●連れていった子供の年齢(当時):2歳1ヶ月 /ベビーカー持参

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
※オススメ度は子連れの場合であって、星数も勝手に付けているだけなので、ご参考まで。

・La Glorieta公園 Puerta de Marの横 (オススメ度 ☆☆☆☆)
市内観光を終え、トランスファーの車に向かう途中、たまたま立寄った公園。2-3歳児が楽しめそうな遊具がありました。
20140501Balencia7.jpg
ちょっとだけ遊ばせるつもりが、地元の子と意気投合し、素敵な1時間を過ごしました。(個人的な思い出あり)

・バレンシアの大聖堂の前の広場
20140501Balencia1.jpg
お土産向けのマルシェがやってます。
20140501Balencia3.jpg

20140501Balencia2.jpg

・ラ ロンハ (La Lonja de la Seda)
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ
20140501Balencia6.jpg
世界遺産!中庭でのんびりできました。(トイレあり)
20140501Balencia5.jpg

・中央市場
20140501Balencia marche1

20140501Balencia marche2


●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
・中央市場
20140501Balencia marche3
パエリアの発祥地というバレンシア(ここに来るまで知りませんでした)で、やはり「パエリア」食べたいねということで、市場内のパエリア屋さんで量り売りを購入。スプーンも頼めば貰えます。でも、味が印象に残ってないということは、大した事なかったかな⁈

●その他:知っててお得情報
・港から市内へのアクセス
船のオプション:半日観光で35ユーロ(US$50)くらい。
港⇔市内のトランスファー:手配/US$12
思いの外、船着き場と市内が近かったので、ローカルバスを利用しても良かったかも。
子連れだとモタモタしてバスに乗る順番を並ぶだろうし、船のトランスファーサービスより本数が少ないので、行きはいいけれど、特に帰りは時間ぎりぎりになる可能性大。

・観光局に日本語(熊本弁)がとっても上手なスペイン人スタッフがいました。
また、日本語のパンフレットや冊子など充実しています。

・観光バスのサイト
http://shop.visitvalencia.com/en/guided-tours/guided-tours-bus-turistic

参考になったHP (バレンシア)
http://tokuhain.arukikata.co.jp/valencia/2012/04/bioparc.html
http://4travel.jp/travelogue/10651770

上記のサイト、ブログ情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

ローマ編」へつづく

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:マヨルカ/2013年)」‏‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Royal Caribbean‎ 地中海クルーズ(スペイン、イタリア)
「マヨルカ島編」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%AB

●行程・利用交通機関:
マルセイユ→バルセロナ→マヨルカ島→バレンシア→船→ローマ→‎ジェノヴァ→マルセイユ

●旅行日数・時期:2013年5月中旬/船中7泊8日
お天気に恵まれ、寄港地でも暑すぎずでちょうど良かった。
ベビーカーok!

●連れていった子供の年齢(当時):2歳1ヶ月 /ベビーカー持参

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
※オススメ度は子連れの場合であって、星数も勝手に付けているだけなので、ご参考まで。

★Catedral de Santa Maria de Mallorca/カテドラル (オススメ度 ☆☆☆)
20140501Palma catedral
暑かったので、涼しかった。トイレあり。

カテドラルの階段下にある公園 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
20140501Palma parc
日中でも日陰になり、眺めがよく、ここで思いっきり遊ばせて、帰りはベビーカーで昼寝。

カテドラルの横道から入った旧市街の庭園(オススメ度 ☆☆☆☆)
20140501Palma3.jpg
たまたまかもしれませんが、庭園入口にハーブを弾く女性がいて、音楽を聴きながらゆっくりしました。
20140501Palma4.jpg

20140501Palma2.jpg

★Castillo de Bellver/ベルベル城
http://en.wikipedia.org/wiki/Bellver_Castle

●その他:知っててお得情報
・港から市内へのアクセス
20140501Palma1.jpg
ローカルバスが港の横から出ています。(船のトランスファーサービスはなし)
市内に出るのは全く難しいこともないので、市内の散策楽しんできてください~

・観光と移動方法
船のオプショナルを利用するならこちら↓
http://www.royalcaribbean.jp/cruise/rci/areainfo/port_info.do?regionCode=T.ATL&portCode=PMI
ちなみに私の母は、この日別行動でオプショナルを利用し、フラメンコを見に行きました。大満足だそうです。

観光バス情報↓
http://www.city-sightseeing.com/tours/spain/palma-de-mallorca.htm
http://www.mallorcatour.com/mallorca-eng.html

・参考になったHP (マヨルカ島)
http://www.spain.info/ja/que-quieres/ciudades-pueblos/provincias/mallorca.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/400592/

上記のサイト、ブログ情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

バレンシア編」へつづく

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:バルセロナ/2013年)」‏‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Royal Caribbean 地中海クルーズ(スペイン、イタリア)
「バルセロナ編」

●行程・利用交通機関:
マルセイユ→バルセロナ→マヨルカ島→バレンシア→船→ローマ→‎ジェノヴァ→マルセイユ

●旅行日数・時期:2013年5月中旬/船中7泊8日
バカンスシーズン前だったので、船内も寄港地の観光も混みこみではなく、ゆったり楽しめました。
お天気に恵まれ、寄港地でも暑すぎずでちょうど良かった。

●連れていった子供の年齢(当時):2歳1ヶ月 /ベビーカー持参

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
※オススメ度は子連れの場合であって、星数も勝手に付けているだけなので、ご参考まで。

☆Sagrada Familia/サグラダ・ファミリア(オススメ度 ☆☆☆☆)
世界遺産/アントニ・ガウディの傑作!これを見ずにバルセロナは語れない。子連れで見学が大変であれば外観だけでも!
当日券売り場で並んでチケットを購入するとなると時間がかかるので、こちらのサイトから事前購入可。インターネット予約方法↓
http://www.ticketmaster.es/nav/es/index.html
http://visit.sagradafamilia.cat/?lang=en#home

そして、サグラダ・ファミリアの前にある、世界遺産を眺めながら遊べる公園(オススメ度 ☆☆☆☆☆)
20140501Balcelona parc
アクセス:地下鉄2、5号線Sagrada Familia駅 徒歩1分

★Parque Güell/グエル公園(オススメ度 ☆☆☆☆☆)
世界遺産/アントニ・ガウディの建築の一つ。
子供が好きそうな建築がいっぱい!!また丘の上には見晴らしの良い公園もあり。
アクセス:地下鉄3号線Lesseps駅 徒歩20分

★Mercat de Sant Josep/ボケリア市場 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
20140501Balcelona marche1
観光にもお食事にもおススメ!
バルセロナの美味しいものが、いっぱいあります。子供も大好きフルーツジュースが安くておいしいので必見!!
20140501Balcelona marche2

★旧市街(ランブラス通り付近)
コロンブスの塔
港から市内に到着。バスを降りて、ランブラス通りに入るところで見えてきます。ハイチーズ(写真)!!

ランブラス通り
コロンブスの塔からカタルーニャ広場までの通りに大道芸人がいっぱい!子供も喜んでいました。

レイアール広場
音楽が聞こえてきたので、何気なく立ち寄ったら、バルセロナ市民が民族舞踊「サルダーナ/SARDANA」を踊っていました。私たちも一緒に踊る♪

ゴシック地区
旧市街の中心地。ゴシック建築が集まり歴史を感じる場所ですが、石畳なのでベビーカーは押しにくい。
20140501Balcelona post
可愛いポストを見つけました↑

時間があれば、その他バルセロナ市内の世界遺産↓
★Palau de la musica catalana/カタルーニャ音楽堂(世界遺産)
アクセス:地下鉄1、4号線Urquinaona駅 徒歩5分

★L'Hospital de la Santa Creu i Sant Pau/サン・パウ病院(世界遺産)
アクセス:地下鉄5号線Sant Pau/Dos de Maig 駅 徒歩5分

★アントニ・ガウディの作品群(世界遺産)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81%E7%BE%A4

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
スペインに来たからには、魚介類いっぱいのパエリヤ。人から聞いたおススメ店も行ってみたかったですが、何といってもお昼にゆっくりかける時間がなかったので、ボケリア市場内のお店で食べました。
2人前(18ユーロくらい)を大人2+子供と食べましたが、ボリュームいっぱいでした。
20140501Balcelona paeria

●その他:知っててお得情報
・バルセロナ カード
本気でバルセロナを観光する人にお勧め!
・港から市内へのアクセス
船のオプション:半日観光で35ユーロ(US$50)くらい。
港⇔市内のトランスファー:手配/US$12
思いの外、船着き場と市内が近かったので、ローカルバスを利用しても良かったかも。
子連れだとモタモタしてバスに乗る順番を並ぶだろうし、船のトランスファーサービスより本数が少ないので、行きはいいけれど、特に帰りは時間ぎりぎりになる可能性大。

・観光と移動方法
バルセロナは観光バスが高い目ですが、初めての人には便利だと思います。参考まで
http://www.veltra.com/jp/europe/spain/barcelona/a/8370
http://www.totteokiinfo.com/turismo/detalle.php?id_turismo=34

もしくは、公共交通機関も充実しているので、メトロを乗りこなせそうなら↓
http://www.tmb.cat/en/home

・治安
バルセロナは2度目でしたが、被害にあったことはありませんが、治安が悪いと聞くので十分に気を付けてください。
外務省のHP:http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/barcelona.html

参考になったHP (バルセロナ)
http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/blog-entry-55.html
http://ameblo.jp/what-he-wants/entry-11334628471.html
http://mamapicks.jp/archives/51952457.html
http://bbs.arukikata.co.jp/bbs/tree2.php/id/407053/-/parent_contribution_id/407053/
http://trendtraveler.com/archives/tag/%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%ad%e3%83%8a
http://www.catalunya-kankou.com/barcelona/safety.html

上記のサイト、ブログの情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

マヨルカ編」へつづく

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(西地中海クルーズ:マルセイユ/2013年)」‏‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Royal Caribbean 西地中海クルーズ(スペイン、イタリア)
「マルセイユ編」

●行程・利用交通機関:
マルセイユ→バルセロナ→マヨルカ島→バレンシア→船→ローマ→‎ジェノヴァ→マルセイユ

●旅行日数・時期:2013年5月中旬/船中7泊8日

●連れていった子供の年齢(当時):2歳1ヶ月 /ベビーカー持参
ベビーカー:ok (旧港しか行きませんでしたが問題なし)

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
旧港 (Vieux Port)
http://france-tourisme.net/s-Provence/s-Marseille.htm
20140501Marseille.jpg

20140501Marseille2.jpg

プチ トラン
http://www.petit-train-marseille.com
20140501Marseille train
旧港から出発していて、約1時間15分。料金: 大人 7ユーロ、子供(3-11歳) 3ユーロ


●今回 利用した船の紹介↓
20140501LEGAND bateau
船旅(船会社:Royal Caribbean  船:Legend of the Seas)

●手配を頼んだ旅行会社:Voyages MAR-SOL(リヨン7区にある旅行代理店)
住所:34, avenue Jean Jaurès, 69007, Lyon
電話 : 04.78.61.73.41
HP : www.marsolvoyages.com
たまたま通りかかってクルーズの事を聞いたら、つたないフランス語の私にも大変親切に対応してくれ、こちらの希望する条件に合わせたクルーズを紹介してくれました。後で聞いたら、英語も話せるそうです。

●料金
※お部屋のランクに寄って、金額が異なります。
トータル金額: 1991.37ユーロ (窓付きの部屋)
内訳は、大人料金 749.00×2人、子供料金(2歳以下は無料) 200.00×1人
飲み物代 (アルコールは別)188.37×1、保険(2種類から選べます) 35.00×3人

●船旅にした理由
・以前から一度乗ってみたいと思っていた!
・複数都市の周遊、荷物を部屋に置いたまま最小限の手荷物だけで観光できるので、子連れでも比較的身軽な旅行を楽しめる。
・移動、宿泊、食事が料金に含まれている上に、夜は移動、朝になると寄港地に到着と時間的にも大変効率的。
・子供の乗船料が無料なところ(※Royal Caribbean‎は14歳以下は無料と聞いていたけれど200ユーロかかった)
・スタッフはホスピタリティに溢れており、船には専属医師もいるとのこと、子連れでも安心。
・大人向け/子供向けそれぞれのアクティビティが充実している。
→終日クルージングの日でも飽きない。体調等を考慮して寄港地で下船or乗船したまま、の選択が可能。

(船旅のデメリット)
・出航時間を気にしながら観光しなくてはいけない。
観光地が、下船したところから近ければよいけれど、例えばローマへは電車で片道1時間するため、個人で観光する場合は、特に時間に気をつけなくてはいけない。
※エクスカーション(オプション観光)に参加する場合は、仮に遅れても個人の責任ではない為、船が待っていてくれるそうです。
・人により船酔いがある
終日船で過ごす日があり、船内に色々なアクティビティはあるものの、その日だけ天候が今ひとつで波が高かったため、中には船酔いしている人もいました。

●Royal Caribbeanクルーズを選んだ理由、良かった点
20140501Legend2.jpg
・MSCやCOSTAと同様、カジュアル客船なので子連れのファミリーでも気軽に参加できる。
・アメリカ客船、スタッフはだからかスタッフは陽気でフレンドリー
・料理が美味しい(キッズルームで会った他の乗客も、前回乗った某船会社より食事が断然美味しいと言っていました。)
ちなみに、朝食はフォーマルとビュッフェを選べます。
20140501Legend brekfast
昼食はビュッフェがあり、昼食と夕食の間にもプールサイドで軽食を提供。
20140501Legend brekfast2
夜は毎日レストランで同じウエイターの方が一週間担当してくれました。最近、日本へも寄港する船がスタートしたそうで、担当してくださったスタッフの皆さんは、とても日本びいき!中には日本語をちょとだけ話す人もいました。
20140501Legend dinner3
20140501Legend dinner4
20140501Legend dnner2
20140501Legend dinner5
・サイトにはキッズメニューありと記載されていますが、実際はなかったものの(船による?)、大人の料理の中から子供の食べやすそうなものを選んで用意してくれました。料理の味もサービスも100%満足。
20140501Legend dekki
・船には、プール(子供用はありません)、ミニゴルフ、ロッククライミング、フィットネスクラブ、スパ(有料)、映画、劇場、カジノなどあり、子供も大人も楽しかったです。
・3歳以上の子供は、キッズプログラム(無料)があり、親は同伴しなくて良いらしい。
http://www.royalcaribbean.fr/croisiere-royal-caribbean-international/croisiere-famille/Pour-les-enfants.html
・3歳以下の子供の為にはキッズルーム(無料)がある。(予約不要、親同伴、時間が決まっているので予め確認してください。)
http://www.royalcaribbean.fr/croisiere-royal-caribbean-international/croisiere-famille/Pour-les-bebes.html
20140501Legend enfant
・Fisher-priceの玩具の貸し出し (無料)。
・ベビーシッターサービスあり (有料)。
・きっと どの船に乗っても同じかと思いますが、とにかくホスピタリティに溢れていて、ルームサービスの方が毎日息子の為にタオルの動物を作って喜ばせてくれました。
20140501Legend room

●リヨンから出港地の利用交通機関
リヨンからマルセイユへは、TGVを利用
マルセイユのTGV駅から港へは、タクシーを利用。港のゲートの先に各船会社の船が停まっているので、運転手にどの船かを伝えてチェックインの手続きをする建物まで連れて行ってもらうとよいでしょう。メーター料金+荷物代も請求されます。
また、クルーズ旅行が終わった後は、上記の建物前にタクシーが来るので順番を待てば乗れます。
帰りは、タクシーで旧港へ寄って、ちょっと観光してから市バスでTGV駅へ向かいました。

●チェックイン
旅行会社の方のアドバイスで、なるべく早めにチェックインをすることをお勧めされました。後になると混んでくるからだそうです。
建物に入ると、荷物チェックがあります。(気がつきませんでしたが、荷物制限があるようです)
空港のカウンターのようにIDカード(パスポート)の確認が必要。チェックインの後は一人1枚づつカードをもらいます。これがドアの鍵にもなるし、寄港地で下船/乗船する際に必要となるのでなくさないように!
20140501Legend card

●出港地/寄港地の様子
お天気にも恵まれ、季節としては暑くなる前で快適でした!
無理せずゆったりした旅行をと思いながら、ついつい欲が出て、寄港地では 時間の限りめいいっぱい観光してしまいました。 (各寄港地の情報は次のページをご覧ください。)

●子供の為に持って行くと便利なもの
・オムツ&お尻ふき (寄港地で買えますが、船内では売っていません)
・既製品の離乳食 (寄港地で買えますが、船内では売っていません)
・着脱できる服 (外が暑くても船内、特にお部屋はエアコンがきいています)
・タッパ やジップロック (船内の食物を持ち出してはいけないのですが、朝食で頂いたパンなどを、子供が急にお腹が空いた時に備えて)
・洗濯干し (ランドリーサービスもありますが、ヨダレかけなど小さなものなら洗ってバスルームに干せます)
・ビニール袋 (たくさんあると便利)
・水着
・フォーマルな服 (パーティーのある日があります)


日本語:http://www.royalcaribbean.jp/cruise/rci/index.do
フランス語:http://www.royalcaribbean.fr/?cid=SEA_SN%20-%20Branding_Royal%20Caribbean%20-%20Marque_royal%20caribbean

●参考になったHP 
http://france-tourisme.net/t-cruise/t-cruise1.htm
http://www.geocities.jp/kozurevacation/osusumecruise.html
http://cruisetravel.web.fc2.com/company.html
http://hiromam.exblog.jp/21194930/
http://minoko.o.oo7.jp/mediterranean1-2.html
http://4travel.jp/travelogue/10594404
http://mochida.net/travel/travel.html


上記のサイト、ブログの情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

バルセロナ編」へつづく

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:カルカッソンヌ/2013年冬)」‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:カルカッソンヌ(国内)

●手配を頼んだ旅行会社:なし

●行程・利用交通機関:
TGVでリヨンのPart-dieu駅より片道3時間半

チケットは、SNCFサイトより予約↓
http://www.sncf.com
(3週間以上前に予約&購入すると安いです)

●旅行日数・時期:2013年12月
冬は観光シーズンではありませんが、旧市街や街中で子供向けの無料/有料イベント、冬限定の遊園地やスケート場が何箇所かにあり、楽しめました。

●連れていった子供の年齢(当時):2歳8ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
○冬限定のアトラクション/ 2013年12月6日から2014年1月5日
※1~4は、全て歩いていける場所にあります。

1、遊園地/有料
場所:Place General de Gaulle
場所:Portail des Jacobins
場所:Square André Chenier(駅前)
20140129Carcassonne Square André Chenier1
ベルサイユ宮殿にも献上された?というカルカッソンヌ周辺産の大理石↑
20140129Carcassonne Square André Chenier2

2、遊園地+Marché de NOEL/有料
場所:Square Gambetta (公衆トイレあり)
20140129Carcassonne Square Gambetta1
20140129Carcassonne Square Gambetta2
20140129Carcassonne Square Gambetta3

3、スケート場(La Patinoire)/有料
場所:Place Carnot
20140129Carcassonne La Patinoire
料金:貸し靴 4ユーロ+1時間あたり2ユーロ

4、子供向けイベント
20140129Carcassonne weekend depaysant1
20140129Carcassonne weekend depaysant2
20140129Carcassonne event 29DEC

○パパノエルと会える 汽車の旅!
http://www.carcassonne.fr/carcassonneville.nsf/vueTous/56072D1A2A0B7DDDC1257C270053DF55
※現在このイベント情報ページは閉鎖されています。
参考:Agenda des manifestations | Site officiel de la Ville de Carcassonne

料金:大人 22ユーロ、子供(4~12歳)は割引、3歳以下 5ユーロ
20140129Carcassonne train pere noel1
汽車が到着、子供も大人も大興奮!

以前はSLを利用していたようだが、去年故障?したらしく、SNCFの古い車両をつなげて走っていた。なかなか趣がある。
汽車の中で、スタッフがお菓子を子供たちに渡しにやってくる。その後、車内のアナウンスでパパノエル(サンタさん)が電車の横を車に乗って現れるなどのパフォーマンスや、車内で子供向けのアトレエあり。
20140129Carcassonne train pere noel atelier

目的地の村「Quillan」へ到着。
20140129Carcassonne train pere noel2
パパ&ママノエルと汽車の前で記念写真。子供以上に、我が子の写真を撮りたい大人が興奮(笑)
1時間ほど自由時間。駅横の会場で、Marché de NOELを開いていたので覗いてみたら、日本人の人が書道のアトリエを開いていてビックリ?!
20140129Carcassonne train pere noel3
カルカッソンヌ近郊の村Moulinで活動されているとか。

片道1時間半の汽車の旅(帰りは1時間強)は、子供には少し長かったが、パパ&ママノエルと会え、子供達はみんな満足げな笑顔で帰っていった。


○プチ・トラン
20140129Carcassonne petit train
観光向けの電車で、Square André Chenier広場前から、ラ・シテまで連れて行ってくれます。
料金は、片道2ユーロ、往復3ユーロ。

●その他:
○カルカッソンヌから日帰りできる観光地
1、ベジエ/Béziers
20140129Béziers1
今回は用事があったついでに街を観光した。カルカッソンヌから車で1時間(高速利用)
リヨンからのアクセスは、TGVならカルカッソンヌ(トゥールーズ行き)の手前、ベジエ駅で下車。

カテドラル/Cathedrale St.Nazaire
20140129Béziers cathedrale st Nazaire
教会に入ると、上に行く階段があり(無料)、のぼったところから撮った写真↓
20140129Béziers cathedrale st Nazaire4
20140129Béziers cathedrale st Nazaire2
20140129Béziers cathedrale st Nazaire3
階段は狭く、かなり高いところまで上るので、小さいお子さん連れにはキビシイかも・・

街の真ん中の広場で、遊園地や出店がいっぱい!(大きな町じゃないのに、こんなに人が来るのだろうか・・)
20140129Béziers amusement parc1
20140129Béziers amusement parc2
20140129Béziers amusement parc3

ベジエの近郊(車があるなら)
20140129Béziers midi
ミディ運河(Canal du Midi)
20140129Kankou 29DEC
Étang de Montady

2、コリウール/Collioure
20140129Collioure1.jpg
元旦に家族で日帰り旅行。スペインとの国境近くにある海沿いの観光地。カルカッソンヌから車で2時間弱(高速利用)
リヨンからのアクセスは、TGVならカルカッソンヌ(トゥールーズ行き)の手前、ナルボン駅で乗り換えコリウールへ。
20140129Collioure parc
(海を見ながら遊べる公園)
20140129Collioure3.jpg
20140129Collioure UNI
(ウニ直売)
お店なんてやってないと思っていたけれど、さすが観光地。カフェやレストランは開いていました。
20140129Collioure shop
唯一、何店か開いていたお土産屋「La belle-iloise」に入ってみた。
魚の缶詰などを扱っているお店で、お土産にはもってこいの可愛らしいパッケージ。包装もしてくれる。

○カルカッソンヌでプライベートツアーを組むことが出来ます。詳細はこちらのサイトをご覧ください↓
www.sjpevasion.fr

○Marché au Gras
生産者から直売!カルカッソンヌ(と周辺)の美味しいものがいっぱい売られています。毎年、ノエル直前の日曜日に開かれているようです。(入場無料)
http://www.carcassonne.fr/carcassonneville.nsf/vueTous/7542BE94734A35F5C1257C2700574310
※現在このイベント情報ページは閉鎖されています。
参考:Agenda des manifestations | Site officiel de la Ville de Carcassonne
20140129Carcassonne Marché au Gras1
20140129Carcassonne Marché au Gras2


●参考になったHP
○観光局のオフィシャルサイト
http://www.carcassonne-tourisme.com/Carcassonne2.nsf/vuetitre/docpgeintrovisiter

○LA MAGIC DE NOEL
冬限定のイベント情報で、毎年同じ時期に、こちらのサイトでプログラムが見れます。
http://www.carcassonne.fr/carcassonneville.nsf/vueTitre/docVisiterAnimationsDecembre?opendocument&FR&Vivre&Culture%20/%20Animations&37&Les%20temps%20forts
※現在このイベント情報ページは閉鎖されています。
参考:Agenda des manifestations | Site officiel de la Ville de Carcassonne
(情報:2016/04/28)

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

■ 荷物がロストバゲージになったときの対応策

日本からフランス(シャルルドゴール経由)へ、エールフランス(以下、AF)を利用。
リヨン空港についてから、一つのスーツケースがロストバゲージと判明。

AFのカウンターで問い合わせるが見つからないまま。
その後も自宅より、毎日AFのカスタマーサービス(←だったっけ?)に電話するが2週間たっても見つからず。

※仮に見つからない場合は、海外旅行保険(保険内容によるので要確認!)に入っていれば、保険会社から保険金が下りるので、かならず到着時に航空会社のカウンターへ直接交渉すること。また、購入した物のレシートは荷物が見つかるまで捨てないこと。
また、AFを利用し、ロストバゲージされた場合は補償が受けられます。AFの補償額は800ユーロまで、中に2000ユーロ以上のものが入っていたという証明が必要。過去1年分のレシートが有効だったはずです。

3週間経つ日に、最後のチャンスと出発空港(私の場合は成田空港を利用)の荷物係りに連絡したところ、調べてくれ荷物は確かにシャルルドゴール空港へ到着しているとの情報を得て、さらにその2時間後に見つかったという連絡あり。

※注意: 紛失から21日経つと、探してくれないらしいです。

3週間、毎日電話しても全く回答なしだったのに、日本へ電話したらたったの2時間で見つかってしまった。
ロストバゲージに遭い見つからない方は、一度出発した空港へお問合せしてみてください。
すぐに見つかるかもしれません。

情報提供:匿名(2013年12月情報)

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:モンペリエ/2013年)」‏

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:モンペリエ(国内)

●手配を頼んだ旅行会社:なし

●行程・利用交通機関:
リヨンからニースへ(→ニース旅行記)引き続き、ニースから車でモンペリエへ移動。
モンペリエ→リヨンはTGV利用、片道1時間50分くらい。

チケットは、SNCFサイトより予約↓
http://www.sncf.com

●旅行日数・時期:2013年11月上旬
2泊3日滞在する。
コート・ダジュール地方に比べると寒いけれど、11月だし 当たり前かな・・
それでもお天気の良い日中なら、コートいらず。

●連れていった子供の年齢(当時):2歳7ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
動物園「Parc Zoologique Henri de Lunaret」
20140104Montpellier_Parc zoologique1
住所:50 avenue agropolis - 34090 Montpellier
HP:http://zoo.montpellier.fr/

子連れでモンペリエに行くならイチオシ!!
大人も子供も無料です!園内の地図は、入り口で0,5ユーロで購入できます。
20140104Montpellier_Parc zoologique map
開園時間は、こちらをご覧ください↓
http://zoo.montpellier.fr/3472-les-horaires.htm

20140104Montpellier_Parc zoologique2
20140104Montpellier_Parc zoologique5
20140104Montpellier_Parc zoologique3

しかし、この日は年に一度もあるかないか、猿が脱走したとかで開園時間が1時間遅れたため、動物園の向かいにあるフィットネス公園で時間をつぶしました。
20140104Montpellier_Espace de jeux fitness gate
普段は、大人のための公園(14歳以上)ですが、この日は私たちのように開園待ちをしていた子連れがいっぱい。
20140104Montpellier_Espace de jeux fitness1
このようなフィットネスのエリア(Espace de jeux fitness)が充実。

その他、行かなかったが水族館がある。
水族館「Aquarium Mare Nostrum」
住所:Allee Ulysse | Odysseum, 34960 Montpellier,
HP:  http://www.aquariummarenostrum.fr/

☆公園情報☆
街の中心(TGV駅から徒歩5分ちょっと)の公園↓
20140104Parc Montpellier1
20140104Parc Montpellier3
20140104Parc Montpellier2
観光局の近くです。

センターではありませんが、滞在先の近くの公園がとても広くて楽しめたので紹介↓
「Parc Rimbaud」
20140104Parc Rimbaud1

20140104Parc Rimbaud4

20140104Montpellier_Parc Rimbaud1

秋だったので、落ち葉がいっぱい。落ち葉にダイブする息子!
20140104Parc Rimbaud2

●その他(知っててお得情報):

子供向けのイベント&アトリエ↓
http://www.familiscope.fr/sorties-enfants-montpellier.htm
http://www.lepetitmoutard.fr/activites-enfants_39/Montpellier_2837/enfant.asp
http://www.ot-montpellier.fr/famille/

旧市街の気になったお店(子供向け)↓
20140104Montpellier_Shopping1.jpg

20140104Montpellier_Shopping2.jpg

その他、観光情報はこちらを参照↓
http://www.ot-montpellier.fr/jp/

上記のサイトの情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ニース周辺/2013年)」‏

ハンドル名:Kさん

旅行先:ニースと周辺の村(国内)

手配を頼んだ旅行会社:なし

行程・利用交通機関:
TGVでリヨンのPart-dieu駅より片道約4時間半

チケットは、SNCFサイトより予約↓
http://www.sncf.com
(3週間以上前に予約&購入すると安いです。また子連れで1年間に何度もTGVを利用する機会があれば Ma carte Enfant +がお得!)

旅行日数・時期:2013年11月上旬
子連れ旅行のマストといえば「ニース!」と多くの友人が言う。
今回はToussaintのお休みを利用し、現地で義両親と合流。ニースと周辺の村を車で訪れました。夏と違い観光客も多くなく、車の移動・パーキングも比較的簡単で子連れ旅行には◎。さらに11月なのに南仏は温かい!お天気も5日間の滞在中、一日だけ雨/曇り以外は快晴!晴れの日はロンTのみで十分でした。

11/1 リヨン→ニース(正午到着)

11/2 終日 マントン
(大きな町ではありませんが、1日は必要と聞いていたので、ゆっくりできました。)

●マントン(ベビーカー利用:○ ※旧市街を除く)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3
20140104Menton.jpg
ニース→マントンは車で片道30分(高速道路利用)
イタリアとの国境近くのレモンの町マントン。実際、街のあちらこちらでイタリア語が聞こえてきました。

○ジャン・コクトー美術館(Musee Jean Cocteau)
料金:8ユーロ
http://jp.rendezvousenfrance.com/discover/39855

○市庁舎(Mairie)
『結婚の間』の壁画装飾はジャン・コクトーの作品。
残念、土曜日はしまっているそうです。。見に行きたい人は事前に開いている日時を確認して!

○市場(Halles Municioales)
20140104menton marche
午前中のみやっています。マントンの美味しい物が見つかりますよ!
マントン名物といえばレモン、お土産にレモンジャムを購入(4ユーロ前後)。

○旧市街
狭い路地が交差する旧市街、レストランやかわいいお店があります。階段を上ったところにある高台(Place St Julien、お墓の横)からの景色が最高!
20140104Menton view
旧市街から高台へいく場合、階段なのでベビーカーは難しいです。抱っこ紐か、歩ける年齢なら歩かせて。もしくは車で高台へ

○Jardin botanique
20140104Menton jardin
入園料 6ユーロ
お義母さんの希望で訪れましたが、時間があれば散策程度に。ブタニックの入り口へ行くのに階段を下るため、ベビーカーは不向き。

○子連れにおススメ!
Petit train touristique観光用ミニ電車
料金 : 大人 7 €、 子供(9歳以下) 3€

海岸沿いの公園
20140104menton parc

Menton fete [LA PETITE ENFANCE]
観光局でもらった情報誌に載っていたが、おもしろそう!
日程が合えば行ってみたかった(11/30)。11月末に旅行する方は要チェック!


11/3 午前 エズ村、午後 ニース
(ニースの花市場が日曜日のみなので、午前中できるだけ早めにエズ村へ出発。正午にはニースへ戻ってこれるような予定で動きました。市場でパンやフルーツを購入、ニースが一望できる城跡公園でピクニックしました。)

●エズ村 (ベビーカー利用:×)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BA
20140104Eze map
「鷲の巣村」とも称されるエズ
ニース→エズ村は車で片道15分

高速を使わない道だと、途中で景色の良いスポット↓があるので、車で移動される方は是非ストップしてみてください!
20140104Nice view

観光局は、日曜日閉まっていますが、エズ村のお店は開いていました。
20140104Eze1.jpg

○熱帯植物園
20140104Eze jardin
料金:6ユーロ
植物園自体は小さいですが、絶景を見たいならおススメ!
20140104Eze view

●ニース(ベビーカー利用:◎)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B9
20140104Nice Colline du Château5

○花市場
http://jp.nicetourisme.com/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%B8%82%E5%A0%B4
20140104Nice Marche1
お花以外にも食料品やお土産も売っています。日曜日の午前中のみ
20140104Nice Marche2

○子連れにおススメ!
城跡公園(Colline du Château)
20140104Nice Colline du Château1
ここからの景色が抜群!遊具も充実していて、ピクニックには最高!(トイレあり)
20140104Nice Colline du Château2
20140104Nice Colline du Château3
20140104Nice Colline du Château4

城跡公園へは、Ascenseurエレベーター(無料)を利用できます。
20140104Nice Asceseur2

20140104Nice ascenseur
エレベーターの横に階段があり、そこから行くことも可能。途中の景色が抜群◎◎

Petit train touristique観光用ミニ電車 (約45分)
http://www.trainstouristiquesdenice.com/jp/index.php
料金 :大人 8 ユーロ、 子供(4歳から12歳) 4ユーロ、3歳以下は無料
乗り場は、プロムナード・デ・ゾングレ(Promenade des Anglais)。プチ・トランは城跡公園へ行き、頂上で一時解散(自由時間)あり。


11/4 午前 モナコ 午後 ニース
(お天気が悪いという予報だったので、室内で楽しめる場所を選びました。午前はモナコの海洋博物館&水族館、午後の息子の昼寝タイムにサクッとニース市内の美術館を観光。)
ニース→モナコは車で片道30分(高速道路利用)

●モナコ(ベビーカー利用:○)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B3
モナコ入国の際に、パスポートやIDの提示は不要。

○モナコ海洋博物館&水族館
http://www.oceano.mc/
20140104Musée océanographique de Monaco
料金:大人 14ユーロ、子供(4-12歳)7ユーロ、3歳以下 無料

20140104Musée océanographique de Monaco photo

20140104Musée océanographique de Monaco Salle dAnimations
子供向けのアトリエが開かれています。(※時間が決められているので現地でご確認ください)

天気が悪くなければ、今回行かなかったかもしれませんが、晴れていたらテラスからの景色がきれいだったと思います。
食事は館内のレストランを利用しました。社食といった感じでしたが(実際にお昼時は店内の半分はスタッフが利用していた)、値段も高くなく味も期待していなければ普通。
20140104Musée océanographique de Monaco parc
テラスに子供の遊び場があります!

その他、モナコにも観光用ミニ電車(Petit train)があります。
http://www.monacotours.mc/

料金 : 大人 7 €、 子供(9歳以下) 3€
●ニース市内の美術館
○シャガール美術館
http://jp.rendezvousenfrance.com/discover/30148
料金:9ユーロ ※第一日曜日は無料
20140104 Nice musee matisse
美術館に芝生のスペースがあります。子供が走れる広さも十分あり、カフェもできて、お天気が良いときはちょっと休憩にするのにおススメ!トイレあり。

○マティス美術館
http://www.musee-matisse-nice.org/
入館料 無料(2013年夏はエクスポジッションをやっていて10ユーロだったとか)

マティス美術館の前の広場(Jardin Public)でピクニックしている家族をたくさん見かけました。
また広場の横、Jardin du Monastère de Cimiezはとても美しい庭園があります。
20140104 Nice Jardin du Monastère de Cimiez1

20140104 Nice Jardin du Monastère de Cimiez2
さらに庭園の横に坂があるので上ると遊具のある公園ありました↓(トイレあり)
20140104 Nice Parc1

その他 今回は行きませんでしたが、
近代・現代美術館(Musee d'Art Moderne et d'Art Contemporain)やMusee des Beaux-Artsも無料で入れます。
事前に休館日を確認してください。


11/5 ニース→モンペリエへ
(モンペリエ編へつづく)

連れていった子供の年齢(当時):2歳6ヶ月

子連れにおススメホテル: Adagio Nice Promenade des anglais
アパートメントホテル(キッチン付き)、大人4名+幼児1名が泊まれる広さが条件。今回は車があったので、ニース市内であれば、中心地から少し遠くても構わないと思い探しました。
ホテルは、とてもキレイで快適。最上階だったので、車の音も聞こえず夜も静かでした。
中心地までやや距離はあるといっても、旧市街まで片道/徒歩30分程度。みんなで出かける時は、車で向かい市内のパーキングに駐車して観光しましたが、海沿いをお散歩するには申し分ない場所です。

他にもニースは、個人のアパートのレンタルが充実していて、今回は利用しませんでしたが、ご参考まで。
1、http://www.homelidays.com/FR-Locations-Vacances/110_Search/SearchList.asp?MODEAFFICHAGE=none&NBPERSONNES=&ADR_PAYS=FR&ADR_LOCALISATION=-&noregion=Non+disponible&IDX_LOCALISATION=0&DESTINATION=nice&JOURDEBUT=&MOISANNEEDEBUT=&JOURFIN=&MOISANNEEFIN=&date_debut=&date_fin=

2、Appart hotel : location d'appartement hôtel meublé - Réserver un appart'hôtel Appart'City pas cher
アパートメントホテルより部屋数も多く(条件によるが)、次回はお友達の家族とシェアして借りてみたいです。


その他(知っててお得情報):
○子連れにおすすめの公園情報↓
上記以外に、カステル公園、フェニックス公園、町の真ん中に出来たばかりの新しい公園(Promenade du Paillon/大きな遊具あり)など時間があれば訪れてみたかったです。
20140104 Nice Promenade du Paillon
公園情報の参考(ブルニエさんのサイトより):http://prunier.arcadevillage.com/ville/activites/parc.php

○交通機関↓
今回は利用しませんでしたが、友人たちの話で、ニースはバスが安くて、どこに観光しに行くにも便利!
ニースの街の中を移動はもちろん、ヴァンス(Vence)やサン・ポール・ド・ヴァンス(Saint Paul de vence)、エズ(Eze)、カーニュ・シュル・メール(Cagnes sur Mer)、トゥレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)へ行く時にバスを使われることをお勧めします。
1週間の乗り降り自由なチケットがあるそうです。最初に観光局でご確認ください。

その他、ニースには子供向けのアトリエがたくさんあります。
事前に調べていれば、当日参加も可能です↓
http://www.familiscope.fr/sorties-enfants-ateliers.htm?search_commune=nice


参考になったHP:
http://prunier.arcadevillage.com/ville/
http://www.mycotedazurtours.com/?page_id=6
http://jp.nicetourisme.com/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
http://www.france-tourisme.net/s-CotedAzur.htm
http://jp.rendezvousenfrance.com/discover/29189

ブルニエさんのHP及び、上記のサイトの情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:エクス=レ=バン/2013年)」‏‏

【 ハンドル名 】:RinさんとKさん

【 旅行先 】:フランス国内

【 国名・都市・地方名 】:エクス=レ=バン(AIX LES BAINS)

【 手配を頼んだ旅行会社 】:なし

【 行程・利用交通機関 】:日帰り /自家用車(高速使って1時間半程度)

【 旅行日数・時期 】:11月中旬
3連休でお天気が良い日だったので、リヨンから日帰りできてちょっと観光できる場所を訪れました。

【 連れていった子供の年齢(当時) 】:1歳と4歳、2歳半

【 子連れでお勧めの観光地・その理由 】:
湖畔はお散歩するのに、とても気持ちが良い場所でしたが、今回は時期が11月だっただけに、湖畔は風が強くて寒かったです。重装備するか、4,5月から9,10までの温かい時期に。特に夏がおススメ!
20131201_aix les bains1
20131201_aix les bains2


【 子連れでお勧めのレストラン 】:

【 その他 】:
観光局( Official tourism)は、街の中心にもありますが、湖畔の周辺もありました。
ここで、観光船の予約も出来ます。
http://www.compagniedesbateauxdulac.fr/

湖畔周辺:
・トイレが、無料で使えました。(オムツ替台なし)
・2箇所で子供の遊べる公園(遊具あり)があります。
20131201_Parc1 daix les bains

・行きませんでしたが、水族館があります。

街の中心:
・小さな町なので歩いてすぐに一周できてしまいます。
・湖畔で会った人に聞いた話では、ここのカジノ(※入る場合は身分証明書が必要)はフランスで最初につくられたとか。天井のモザイクが素晴らしい!
20131201_Casino daix les bains

・市役所(Hôtel de Ville)の近くにある広場の(坂を下った)後ろに、遊具のあるキレイな公園がありました。

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:アヌシー2013年)」

【 ハンドル名 】:Rinさん

【 旅行先 】:フランス国内

【 国名・都市・地方名 】:アヌシー湖周辺

【 手配を頼んだ旅行会社 】:なし

【 行程・利用交通機関 】:3泊4日 /自家用車

【 旅行日数・時期 】:3泊4日 /8月中旬

【 連れていった子供の年齢(当時) 】:1歳と4歳

【 子連れでお勧めのホテル・その理由 】:Le Pré du Lac 6
住所: 209 impasse des champs fleuris, 74410 サン・ジョリオ
少年自然の家みたいな雰囲気の場所で、幼児や子供向けの行事が毎日あって、選べる。また、湖も徒歩圏内で、サイクリングやテニス、プールなども宿泊者は自由に使えた。

【 子連れでお勧めの観光地・その理由 】:

【 子連れでお勧めのレストラン 】:

【 その他 】:

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Thil/2013年)」

ハンドル名:YGと Kさん

旅行先:Thilの農場「Cueillette Fraiseochamp」

国名・都市・地方名:フランス国内

行程・利用交通機関:日帰り/リヨンから車で片道30分
(地図:http://www.cueillettefraisochamp.fr/localisation.php)

旅行日数・時期:2013年9月中旬

連れていった子供の年齢(当時):3歳2ヶ月と2歳5ヶ月

子連れでお勧めの観光地・その理由:
子供と一緒に野菜果物狩りが出来、同時に普段食卓に並んでいる野菜がどのようになっているのか、自分で野菜や果物を取る楽しさを学ぶことが出来た。
(子供が小さい場合でも、大人も楽しめるので、マルシェに行く感覚で是非!入場料はかかりません)

20130923_Ferme (1)
農場の入り口。

20130923_Ferme (3)
本日の野菜が掲示板に載っています。

20130923_Ferme (2)
取った野菜や果物を置いて、移動する時に便利!子供達も一緒に積まれて移動してました(笑)

20130923_Ferme (8)
ミニ動物園?もあり。野菜果物狩りに飽きた場合はこちらへ。

20130923_Ferme (5)
20130923_Ferme (7)
20130923_Ferme (4)
農園の風景。かなり広いので早い時間に行くのがおすすめ!
野菜や果物以外に、色んな種類のお花もあり、量り売りしててお得!!

最後は、ここで会計を済ませて終了。(取った野菜や果物は量り売りします)
20130923_Ferme (6)
営業時間終わり間際は混み合うので、ちょっと早めに切り上げた方が良し◎

お店も併設していて、パンやチーズ、ソーセージやヨーグルトなども買えます。

持っていくと便利な物:
1、取った野菜や果物を入れるビニール袋や、大きな袋/カゴ。(現地にも無料のペラペラなビニール袋があります。もしくは2セントで購入も可)
2、ハサミ (トゲトゲのある野菜を取る時に便利!)
3、ナイフ (キャベツなどを取る時に便利!)
4、小さなスコップ (にんじん、ネギ、Betteraveをとる時に土を掘るため)
5、タッパー (イチゴなど潰れやすいものを入れる時に便利!アイスクリームのあいた箱をたくさん持って行き役立ちました。)
6、紐とか輪ゴム (お花を買うとき花束を束ねるのに便利!)
7、汚れてもいい服装と帽子 (日陰がありません。9月でもジリジリきました。夏場はご注意!)
8、長靴 ・替えの服(今回は必要ありませんでしたが、雨の降った翌日などだと、畑なので泥まみれに…)

※トイレはありますが、綺麗ではありません。トイレットペーパーは持参して!

農場の帰り道(出てから5分以内)に、ピクニックに最適なスペースがあります。
20130923Ferme_piquenique.jpg
※トイレはないので、農場を出発する前に済ませてくること。

農場の詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.cueillettefraisochamp.fr/index.php

「Cueillette de Fraisochamp」
住所:Route de Montluel 01 120 THIL
電話:04 78 06 27 28



追記:トイレの横に遊び場が出来ていました!(2014年7月28日)
20140728_Cueillette Fraiseochamp_jeux


タグ: 旅行 

■ ヨーロッパ文化遺産の日(欧州文化遺産の日 9月の第3土日)

ヨーロッパ文化遺産の日(欧州文化遺産の日)

情報サイト(Grand Lyon)
Journées européennes du patrimoine

毎年9月の第3週の週末は「ヨーロッパ文化遺産の日」として、
フランス各地の国の美術館や博物館などが無料ではいれます。
また、普段入れない国の建物(Hôtel de villeなど)も一般公開されます。

この機会にリヨンから車で日帰りできるところへ、無料観光はいかがですか?
以下の場所はいずれもリヨンから車で1時間半くらいの距離です。

1、グルノーブル
http://www.journeesdupatrimoine.culture.fr/fr/search/node/Grenoble
グルノーブル美術館など。
(あと料金はかかると思いますが、グルノーブル名物 球形のロープウェイにも乗れます)

2、シャンベリー
http://www.journeesdupatrimoine.culture.fr/fr/search/node/Chambéry
サヴォワ公城(現県議会庁舎)など

3、ボーヌ
http://www.journeesdupatrimoine.culture.fr/fr/search/node/Beaune
ホテル・デューとか

子連れならグルノーブルがオススメ!
ロープウェイに乗り、バスティーユ城塞でピクニックもいいですね。
ボーヌも葡萄畑を子供向けの電車が走っています。
すぐ横が葡萄畑なのでワイナリー巡りも出来ます^^
日曜日なので、レストランは期待できないため、昼食にピクニックはいかがですか?

■ ローヌアルプのにある工場見学

リヨンの観光局で、Visitez entreprises musés / ateliers en Rhône-Alpes というパンフレットを見つけました。
ローヌアルプのにある工場見学、イベント等の紹介がされています。ご覧ください↓

http://www.visites-entreprises-rhone-alpes.fr/
サイトは閉鎖されました。
(情報:2016/04/27)

(情報提供:TMさん)

■ ローヌアルプ工場見学情報サイト
Visitez entreprises musés ateliers en Rhône-Alpes - Google 検索
Visites d'entreprises et tourisme industriel en Rhône-Alpes
Entreprises à visiter - usines, ateliers, visite, journée porte ouverte, tourisme industriel -
Visites d'entreprises en Rhône-Alpes | Vi...
(情報:2016/04/27)

■ 子連れ滞在向けホテル

リヨンに子連れ旅行、住居が見つかるまでの仮住まいに、おすすめリヨン市内のアパートメントホテル!

1、「レジドホテル リヨン パールデゥー」
http://www.booking.com/hotel/fr/residence-lyon-part-dieu.ja.html?aid=323168;label=lyon-PA23WPMlteEQs49NCUNv6gS13732963402%3Apl%3Ata%3Ap1200%3Ap2260%2C000%3Aac%3Aap1t1%3Aneg;sid=fef7d1936438997d2b5d5e808724dccf;dcid=1;checkin=2013-10-02;checkout=2013-10-10;group_adults=2;group_children=1;age=2;group_rooms=5974502_80127886_0_42_3_0_0;srfid=3807354d01e742ae00626827363fb4cbbe712569X1


お部屋は、毎日掃除してくれてきれい!
バルコニーは無かったものの、広くていいお部屋でした。
コーヒーメーカーもあったので、カフェイン中毒な我が家にはありがたかったです(笑)
子供にも大人にも全てのスタッフが親切でした。
コインランドリーがあったので、洗濯もできて快適に過ごせました。

(KIさん/2013年4月)


2、「Citadines Part-Dieu Lyon」
http://www.citadines.com/fr/france/lyon/part_dieu.html

Part-Dieuから徒歩5分、最寄はメトロB線のPlace Guichard。
立地がよく、値段もお手頃!
6階の広いテラス付きのお部屋でした。キッチン、テレビ、ソファーベッド(昼間は片付けてソファーとして利用)にベビーベッドで、ちょうどいいくらいの広さ。とても快適でした。
朝食も別料金でつけることができ、地下に洗濯機もあるので、少し長い滞在にもオススメ!
また、お天気の悪い時は、室内の遊び場「Jardin Couvert」まで徒歩で行ける。
※Jardin Couvert→ http://mamanlyon.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

住所:91-95, rue Moncey,69003 Lyon
電話:04 78 14 90 00(予約は、 +33 1 41 05 79 05)

今回の予約は、こちらのサイトから↓
http://www.booking.com/index.en-gb.html?aid=339530&dcid=4&label=822_header_logo__v2-LgMAOgMAOQMALQMB&emk=41IUPMKXH

(UAさん/2013年9月)

タグ: 旅行  地域  生活 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:カルカッソンヌ/2013年夏)」‏

ハンドル名:Kさん

旅行先:カルカッソンヌ(国内)

手配を頼んだ旅行会社:なし

行程・利用交通機関:
TGVでリヨンのPart-dieu駅より片道3時間半

チケットは、SNCFサイトより予約↓
http://www.sncf.com
(3週間以上前に予約&購入すると安いです)

旅行日数・時期:2013年8月
夏の南仏、観光シーズンということもあり、たくさんの観光客がいました。。
シテ内は、フランス語、英語、スペイン語etc、そして日本語も聞こえてきました。

連れていった子供の年齢(当時):2歳4ヶ月

子連れでお勧めの観光地・その理由:
1、ラ・シテ (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
お城の周りを音声ガイド(日本語あり)と共に周遊できるPetit Train de La Cité (ミニ電車)は、子供も喜びます!
※5/1~9/30の間、10:00-12:00, 14:00-18:00
20130824Carcassonne la cite1
(正面)

20130824Carcassonne la cite2

2、ミディ運河 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
夏は、ミディ運河をボートでクルーズも楽しめます。
一番近場なら、カルカッソンヌ(SNCF)の駅を出てすぐ(10mくらい?)の場所にミディ運河クルーズの予約&乗船が出来ます。
20130824Carcassonne_midi.jpg

3、ラック・カバイヤック (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
Lac de la Cavalière
http://www.carcassonne-tourisme.com/Carcassonne_EN.nsf/vueTitre/docVisiterDetendre1Old
カルカッソンヌ市内から車で15分程度のところにある湖。夏になると、海水浴ならぬ湖水浴で賑わう。
湖で泳ぐ以外に、ボートも楽しめるし、湖畔をお散歩(大人の足で最低1時間はかかる)も出来る。
1日ゆっくりする時間があるなら是非!
20130824Carcassonne_Lac de la Cavalière

4、中世のお城巡り(ミニ・ハイキング)
今回は「Châteaux de Lastours」へ行ってみた。(日中は日陰がなく暑いので朝一がおすすめ!)
http://www.chateauxlastours.lwd.fr
料金:大人5 € (15歳以下 2 €)
4歳くらいになったら一緒に連れて行きたい!(オススメ度 ☆☆☆☆)
20130824Carcassonne_ Lastours

5、パーク・オーストラリアン(オススメ度 ☆☆)
LE PARC AUSTRALIEN DE CARCASSONNE
http://www.leparcaustralien.fr
息子と読んでいた本にカンガルーが出てきて、カンガルージャンプをしていたので、本物を見に行こうということで訪れてみた。
カンガルーを見た事がない人には良いかもしれないが、規模ははっきりいって小さく、動物も暑さでぐったり。。
20130824Carcassonne_parc AUR1
時間に合わせて、ガイドさんが無料で一緒にまわってくれる。また午後は、多少アトラクションもあるが、対象が4歳以上かな?という感じで、午前の1時間程度で帰ってしまった。
お昼ご飯も、園内でバーベキュー?が食べられる(別途料金)
料金:13歳以上 10ユーロ、4-12歳 7ユーロ
20130824Carcassonne_parc AUR2

6、ラック・ランピー (オススメ度 ☆☆☆☆)
Lac de Lampy
http://www.canaldumidi.com/Montagne-Noire/Lampy/Lampy.php
カルカッソンヌ市内から車で40-50分。主に地元の人ばかりしかいなそうな湖だったが、とても静かで湖畔の散歩やピクニックに最適!
水着を持っていけば、湖で泳ぐこともできる。
20130824Carcassonne_Lac de Lampy



お勧めのお土産屋:
どちらもラ・シテ内にあり、可愛らしい木の玩具をたくさん置いてありました。
それ以外に気になったのは、カルカッソンヌ剣士グッズ!木製に剣や盾など、男の子には必見!!
・Le petit bois (お店の看板なし)
13 rue Porte d'aude,11000
・Boutique joue-joue
20130824Carcassonne la cite3


その他:知っててお得情報
●駅からラ・シテまで走っているミニ電車。片道2ユーロ、往復3ユーロ。
駅を出て直進、公園が見えてくるのでその近く(道路沿い)から乗車できます。
その他、夏季だけかもしれませんが、レンタル自転車のサービスがありました(有料)。駅を出て直進、公園の手前です。

●博物館や有料施設に入る際、入場券と一緒にpass(各地の施設が1〜2euro割引される)をもらえます。1年間有効。

●駅前(橋を越えて30mくらい、観光局のある辺り)に子供を遊ばせられる、小さな公園あり。
20130824Carcassonne parc1

●ラ・シテへ歩いて向かう途中、遊歩道の橋が見えてくる土手沿いにある、お城を眺めながら遊べる公園。
20130824Carcassonne parc2

●2013年夏のイベント情報↓
www.payscarcassonnais.com
www.festivaldecarcassonne.fr
20130824Carcassonne summer

●毎年、7月14日(革命記念日)の花火は必見!フランス中から観光客が集まります。(無料)
http://ameblo.jp/la-france-jiyugaoka/entry-10701209591.html
※特にこの時期は、ホテル/キャンプ場も早くから予約しないといっぱいになるそうなので、お気をつけください。


参考になったHP
●カルカッソンヌはどこ?
http://jp.franceguide.com/カルカッソンヌ.html?NodeID=1&EditoID=33435

●二つの世界遺産
1、ラ・シテ
http://ja.wikipedia.org/wiki/歴史的城塞都市カルカソンヌ
http://www.food-travel.jp/france/day4/carcassonne.html
※ラ・シテは一部を除いて無料で入ることが出来ます。

2、ミディ運河
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミディ運河
※夏は、ミディ運河をボートでクルーズも楽しめます。

●観光局のオフィシャルサイト
http://www.carcassonne-tourisme.com/Carcassonne2.nsf/vuetitre/docpgeintrovisiter

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(クアラルンプール/2013年)」

●ハンドル名:Kさん

旅行先:クアラルンプール(マレーシア)

●手配を頼んだ旅行会社:なし

●行程・利用交通機関:
今回、日本へ一時帰国中の東南アジア旅行(日本→バリ島→タイランド→マレーシア→日本)でしたが、リヨンから直接行く場合は、エールフランスやKLM、ルフトハンザ、エミレーツなどが乗換え1回であります。

旅行日数・時期:2013年3月中旬/3泊4日

●連れていった子供の年齢(当時):1歳11ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
マレーシア(クアラルンプール)

子連れオススメ:
○バード・パーク (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
種類の鳥が放し飼いにさている、アジア最大の鳥公園。
間近で鳥を見ることが出来、直接(園内で購入した)餌をあげることもできる。
20130805KL_BirdPark1.jpg
20130805KL_BirdPark2.jpg
20130805KL_BirdPark3.jpg
オウムなど自分で選んだ鳥を肩にのせて、写真撮影をしてくれる場所がある(有料)↓
20130805KL_BirdPark4.jpg


今回は自分たちで公共交通機関を利用し主要な場所の観光をしましたが、「KL Hop-on Hop-offバス」を利用するのも良かったかも◎(日本語あり)
http://www.myhoponhopoff.com/

20130805KL_Tours Petronas
ペトロナス・ツイン・タワー / Petronas Twin Tower(※タワーに昇るのは有料)
20130805KL_Menara Kuala Lumpur
KLタワー(※展望台は有料)


●子連れでお勧めのホテル・その理由:
「Ancasa Hotel & Spa, Kuala Lumpur」
住所:Jalan Tun Tan Cheng Lock P.O Box 12700, 50786
チャイナタウン近辺で泊まりたいという私の希望で選んだホテルで可もなく不可もなく、部屋は広い。
お部屋によっては、クアラルンプール・タワーなど夜景が眺められるようだが、私たちの部屋が反対側で電車のホームが真上から見える所に位置していた。ただ、息子が電車に興味を持ち、思いの外喜んでいたので、結果的には良かった。

予約はこちらのサイトから↓
http://www.booking.com/index.ja.html

20130805KL_Chinatown1.jpg
チャイナタウンの夜(ホテルから徒歩5分くらい)

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
セントラルマーケットの2階にあるフードコート (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
時間を気にせず、好きな時に好きな物を食べれるので、子連れには便利。エアコンがきいていて涼しい◎ホテルから比較的近かったこともあり、よく利用していた。

●その他:知っててお得情報
市内の移動は、
1、モノレール
市内の大きなポイントは網羅しているので、安くて大変便利。冷房も効いている。しかし、場所によってはエスカレーターが故障してたり… (リヨンでもありがち)
2、市バス
初めての土地だったので、難易度が高く利用しませんでした。
3、Goバス(無料バス)
いつ来るか分からないので、急いでいる時とラッシュ時はオススメできませんが、日中の暇な時間に市内をグルッと見て回るのにはいいかも。
20130805KL_Go bus

4、タクシー
最初にメーターを使うか、料金交渉を忘れずに。

到着時の市内アクセスは、
KLIAエクスプレス、KLIAトランジット、高速バス、タクシー
私が今回利用したのは、高速バスでKLセントラルまで行きます。いくつかバス会社があり、料金は片道RM8~と安い。

ショッピングモールが充実しているクアラルンプール。
外は暑いが、モール内は寒いくらいなので、着脱できる上着と子供の着替えはお忘れなく!

参考になったHP
http://www.malaysia-magazine.com/immigrate/child/子供とお遊び/
http://52983.blog10.fc2.com/blog-category-48.html
http://4travel.jp/overseas/area/asia/malaysia/kuala_lumpur/travelogue/10172764/
【ホップオンホップオフシティーツアー/KL市内巡回観光バス】HOP on HOP off【観光情報】 | マレーシアマガジン

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(バンコク/2013年)」

●ハンドル名:Kさん

旅行先:バンコク (タイランド)

●手配を頼んだ旅行会社:なし

●行程・利用交通機関:
今回、日本へ一時帰国中の東南アジア旅行(日本→バリ島→タイランド→マレーシア→日本)でしたが、リヨンから直接行く場合は、エールフランスやKLM、ルフトハンザ、エミレーツなどが乗換え1回であります。

旅行日数・時期:2013年3月中旬/3泊4日

●連れていった子供の年齢(当時):1歳11ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
○ローズ・ガーデン (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
バンコク郊外です。象に乗れます!
トイレ・売店あり
20130805BKK_Rose Garden
「ぞうさん」の歌を上手に歌えるようになった息子を、本物の象に乗せたい!という気持ちで郊外までタクシーで行きました。本物の象は、想像以上に大きかったのか泣いてしまう・・・

○サンプランリバーサイド (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
バンコク郊外です。象やワニのショーが見れます。※ショーの時間があるので予めチェックして!
(※ここでも象に乗れますが、ローズ・ガーデンに比べ割高)
交通手段は、市内からタクシー。ローズガーデンと近い(約2km)ので、行くならまとめて観光することをオススメします。園内にレストラン、売店、トイレあり。私たちは、ここで昼食を取ってから、ローズ・ガーデンへ行きました。
20130805BKK_SAMPRAN RIVERSIDE
象のショー、大人も子供も大興奮!
20130805BKK_SAMPRAN RIVERSIDE2
ショーの後、象と一緒に写真や、餌やり(餌は買う)が出来ます。

◯王宮 (オススメ度 ☆☆☆)
子連れでオススメというわけじゃないけれど、バンコクへ行くなら押さえておきたい場所。
午前はいつ行っても混んでいますが、子連れだと入場する際、先に通されます。
ベビーカーを持って行きましたが、混んでいるし、階段もあったりで邪魔になりました。
服装の注意!短パン、ミニスカートははかせない事。帽子とお水を忘れずに!
トイレあり。有料ではありませんが、Donation(寄付)と書かれたBOXがあります。
20130805BKK_Wat Phrakeaw

市内の移動は、タクシー(どこでも拾える、メーター)、モノレール(便利で早い)
トゥクトゥクを試しに乗りましたが、排気ガスを吸う上に、タイ語が話せないとボラれることもあり。
その他、チャオプラヤ川を渡るのに、ボートも利用しました。※乗り降りの際、少し危ないです。
20130805BKK_TukTuk.jpg
トゥクトゥク
20130805BKK_Wat Arun
寺院Wat Arun(ボートから撮影)


●子連れでお勧めのホテル・その理由:
このホテルを利用しませんでしたが、こんなサイトを見つけました、ご参考まで↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/402744/

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
現地の料理が子供には辛いかなと心配しましたが、息子はよく食べていました。
特に「タイスキ」はオススメ!
MKの支店をはじめ、各地に「タイスキ」レストランがあります。

こんなサイトを見つけました、ご参考まで↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/409433/

●その他:知っててお得情報
物価はフランスの1/3くらい。通貨はバーツ。(2013年現在)
両替は、バンコク市内なら町中の至る所に銀行の両替所があります。

到着時の市内アクセスは、
1、スワンナプーム空港→市内
エアポート・レール・リンク(ALR)は、バンコク市内まで最短約15分。
その他、リムジン、バンコクナビリムジン、市内バス、タクシーがあります。

2、ドンムアン空港→市内
空港を出てすぐの所にタクシー乗り場があり、メーター+高速料金で市内まで連れて行ってくれます。

トイレ事情
地下鉄(MRT)、高架鉄道(BTS)の駅、水上バスの船着場にはありません
公衆トイレは有料(3~5バーツ)
紙がないこともあるので、ティッシュペーパーは持参するのが良いでしょう。


参考になったHP
http://allabout.co.jp/gm/gc/403229/
http://allabout.co.jp/gm/gc/401523/
http://www.kozure.net/area/bangkok/sightseeing_suburb.htm
http://ameblo.jp/kiiro-12/entry-10724994290.html

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(インドネシア バリ島/2013年)」

●ハンドル名:Kさん

旅行先:バリ島 (インドネシア)

●手配を頼んだ旅行会社:なし

●行程・利用交通機関:
今回、日本へ一時帰国中の東南アジア旅行(日本→バリ島→タイランド→マレーシア→日本)でしたが、リヨンから直接行く場合は、エールフランスやKLMが乗換え1回であります。

旅行日数・時期:2013年3月上旬/6泊7日

●連れていった子供の年齢(当時):1歳11ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
ウブドとサヌールに滞在しましたが、どこも100%オススメ◎◎
ベビーカー利用は、ウブドは△、サヌールは○。

バリ人は、大変子供好きなので、レストラン、お店、マッサージ屋どこにいっても、スタッフが子供の相手をしてくれ、ゆっくり出来ました。
子供にも、ママにも、まさに地上の楽園!
20130805Bali_Sunrise.jpg
朝日(サヌール)

バリ島内の移動は、タクシーか専用車の1日チャーター

ウブドは、日本のような組織化されたタクシー会社が存在しません。
その代わり、日本で言う個人タクシーがたくさんあります。(白タクともいうかもしれません(笑)でも99%安全と現地に住む友人談。)
ウブド発、あるいは、ウブド圏内での移動は、よいドライバーさんを見つけることのが吉。
オススメのドライバーさんはSetaさん。親切で安全運転、ちょっと日本語と英語も話します。ウブドに住む友人から紹介してもらいました。

もしくは、現地ツアーが充実しているので、それらを利用するのも良し◎
(空港の入国ゲート付近に、日本語で書かれたパンフレットがたくさんあります)

20130805Bali_Desa Tegallalang
ライステラス(ウブド)
20130805Bali_Barong.jpg
バロン(タマン・アユム)
20130805Bali_UBUD.jpg
寺院(ウブド)
20130805Bali_ULUWATU.jpg
ウルワツ寺院
20130805Bali_Keche.jpg
ケチャ・ダンス(ウブド)
20130805Bali_sunset.jpg
夕日(サヌール)


●子連れでお勧めのホテル・その理由:
「Segara Agung Hotel (サヌール)」
Address: Jalan Duyung No.43 Semawang Sanur Bali Indonesia
海に面した大型リゾートホテルから、ちょっとだけ入った所ですが、海まで徒歩2-3分。こじんまりしたホテルで、とても清潔、スタッフも皆優しく、子供といつも遊んでくれました。家族で大満足でした。
メールでの問い合わせ時も、返信が早く、英語可。
最終日のホテルから空港までのトランスファーも、前日までにホテルのフロントで予約ok。

予約は、こちらのサイトから↓
http://www.segaraagung.com/pages/home.php

20130805Bali_Hotel1.jpg


●食事
何を食べても美味しかった!旅行前は、衛生面で子供への食事を心配していたけれど、辛いもの以外、とにかく何でも食べていた。特にスイカのフレッシュジュースにはまり、食事と一緒に必ず!(子供にお勧めは出来ませんが、息子はお腹を壊しませんでした)
お水は、大人も子供も必ずミネラルウォーター購入。
買わなかったけれど、スーパーへ行けば、離乳食や子供用のお菓子も売っています。
20130805Bali_FOOD.jpg

20130805Bali_IBU OKA
豚の丸焼き
20130805Bali_Yatai.jpg
屋台/バクソー
20130805Bali_Yatai2.jpg
屋台/肉まん


●その他:知っててお得情報
物価はフランスの半分くらい。年々上昇中とのこと。(2013年現在)
通貨はインドネシア・ルピア
両替は、空港でも市内でも可能ですが、空港レートは若干高め。町中の両替所はたくさんありますが、レートが良すぎるところは注意した方が良いとか。。
ビザが必要!! 到着時に空港で取得可能。査証料金$25
http://kbritokyo.jp/visa/?lang=ja

虫刺されに注意!
雨季は特にデング熱が流行っています。
現地の虫除け、刺された後にBokashi/ボカシオイルが便利!スーパーで購入できます。
成分は、ココナッツオイルとハーブです。(ボカシ名前は日本語から来ているらしい?!)

20130805Bali_FishSpa.jpg
息子も興味深々のフィッシュ・スパ!

参考になったHP
http://www.kutapesona.com/br_bali/kozure1.html

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:TREVOUX/Saint-Bernard/2013年)」

ハンドル名:YGと Kさん

旅行先:TREVOUX / Saint-Bernard

国名・都市・地方名:フランス国内

行程・利用交通機関:日帰り/リヨンから車で片道30分

旅行日数・時期:2013年7月

連れていった子供の年齢(当時):3歳と2歳3ヶ月

子連れでお勧めの観光地・その理由:
リヨンから近くて避暑できそうな所を探しました。

TREVOUXの観光局サイト↓
http://tourisme-trevoux.com/

まず到着してから、すぐに観光局へ情報収集。(きれいなトイレあり)
スタッフのおばさんが親切に色々教えてくれ、その後 街歩き!
20130804TREVOUX.jpg

土曜日で、Marieの前の広場、教会の横で市がやっていた。(眺めよし◎)
20130804TREVOUX2.jpg

観光局から徒歩1分のソーヌ川沿に公園があります。お天気がよけば、ここでピクニックも良し◎

当日は風が強かった為、車で5分のお隣の街(Saint-Bernard)に移動。

午後(14h)から、Château de Saint-bernardを訪れました。
一番暑い時間帯だったので、庭園をお散歩するには帽子/日傘が必要でしたが、綺麗に整備されたお庭にたくさんの果物が実をつけていて、またお庭の奥が迷路のようになっていて、子供達を楽しませてくれました。

20130804SaintBernard1.jpg

20130804SaintBernard2.jpg

20130804SaintBernard3.jpg
(大きな蟻のモニュメント)

[Les Jardins du Château de Saint-bernard]
http://www.chateau-de-saint-bernard.fr/actu.php
大人: 3€ (※子供は無料!)
2013年のオープンは、4/15~6/30、9/1~9/15の間。


今回、時間がなくて行かなかったけど、観光局でオススメされたリヨン近郊の観光スポット↓
○TREVOUX/ Les Cascades (プール)
http://www.mairie-trevoux.fr/Decouvrir-Trevoux/Une-escale-touristique/Destination-Loisirs-nature/Les-Cascades

大人: 7.5€
子供: 4.5€ (※4才未満は無料!)

○MEXIMIEUX/ Dedale Jeux (迷路)
http://www.familiscope.fr/fiche-dedale-jeux-01.htm

大人: 6€
子供: 5€ (※4才未満は無料!)

○Villars-les-Dombes / Le parc des oiseaux(鳥の公園)
www.parcdesoiseaux.com

大人: 15€
子供: 12€ (※3才未満は無料!)

○St Didier sur Chalaronne / LES JARDINS AQUATIQUES(庭園)
http://musee.lesjardinsaquatiques.fr/

大人: 5€
子供: 2.5€ (※3才未満は無料!)

夏休みを引き続き楽しんで下さい!!

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:APAC Loisirs/2013年)」

ハンドル名:料理バカ

旅行先:APAC Loisirs

国名・都市・地方名:フランス国内

行程・利用交通機関:日帰り/リヨンから車で片道約2時間半
(今回は朝7:30出発、夜中に帰宅という強行日帰りでしたが、キャンプ場があるので泊まるのも良いと思います)

旅行日数・時期:2013年7月

連れていった子供の年齢(当時):2歳2ヶ月と1ヶ月

子連れでお勧めの観光地・その理由:
夏休みにピッタリの遊び場を見つけました!

小さな子供向けには、川を一部塞き止め、流れを緩やかにしている場所があります。そこで子供達を遊ばせました!(オススメ度 ☆☆☆☆☆)

他に、7才以上の子供が参加できるアクティビティ、Canoë Kayak (カヌー)、Escalade (ロック・クライミング)、Speleo (洞窟)、Via Corda、Canyoning(川滑り?)などが有料で楽しめます。
詳しくは、HPをご覧ください↓
www.ardeche-loisirs.com

カフェ&レストランもあるので、食事も出来るし、キャンプ場は3星(←ホテルのようにランクがあるようです)

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(東地中海クルーズ/2012年)」

●ハンドル名:AIさん

旅行
イタリア、ギリシア、トルコ、クロアチア

旅行形態
船旅 (船会社:MSCクルーズ 船:MSCデヴィーナ)

●手配を頼んだ旅行会社
IMA(MSCクルーズジャパン 特約店)

●行程・利用交通機関
・出港地のヴェネツィアまでAir Franceで1時間10分
空港と港間は公共のバスとトラムやタクシーを利用

・航路
東地中海クルーズ
出港/帰港地:ヴェネツイア
寄港地:バーリ(イタリア)、カタコロン(ギリシャ)、イズミール、イスタンブール(トルコ)、ドブロブニク(クロアチア)

旅行日数
2012年8月上旬 / 船中7泊8日
とにかくどこも日差しが強く、30度超えで暑い時期でした

●連れて行った子供の年齢(当時)
1歳1か月 (離乳食後期)
ベビーカーは持たず抱っこ紐で行動

●船旅にした理由
・ヴェネツィアの景色を船から楽しみたかった
・船室で荷物をほどけばあとは帰港するまでとにかく楽しむだけなところ
・複数都市の周遊でも、荷物を部屋に置いたまま最小限の手荷物だけで観光できるので、子連れでも比較的身軽な旅行を楽しめるところ
・移動、宿泊、食事が含まれた乗船料はコスト的にも時間的にも効率的と思ったところ
・子供の乗船料が無料なところ(※船会社に寄っては有料)
・スタッフはホスピタリティに溢れており、子連れでも安心なところ
・大人向け/子供向けそれぞれのアクティビティが充実しているところ
→終日クルージングの日でも飽きない。体調等を考慮して寄港地で下船or乗船したまま、の選択が自由なところ

※船旅のデメリットになるかもしれない点
・観光する場所が海に近い街になる
エクスカーション(オプション観光)で内陸の観光地へ行ける場合もあります
・人により船酔いがある
地中海は内海なのでほとんど揺れを感じず、子供も平気でした
揺れは天候、船の大きさ、船内の場所(中心ほど揺れにくいらしい)にもよるようです

●MSCクルーズを選んだ理由、良かった点
・カジュアル客船なので子連れのファミリー層が多そう(実際多かった)
・イタリア客船だからかスタッフは陽気でフレンドリー
・料理が美味しい(特にモッチリ生地のピザが気に入った)
※今回は1歳のためキッズプログラムを利用できなかったのが残念
 キッズプログラム以外にも子供が楽しめそうなウォータースライダーやゲームコーナーなどもありました。

●出港地/寄港地の様子
暑さや子供の体調を考え、ほとんどの寄港地で所要時間は半日のエクスカーションを選んで観光しました。
どこも暑かったので、ビュッフェ等で調達した氷を抱っこ紐に入れて保冷してました。

1.ヴェネツィア (イタリア)
ベビーカー:やや難(運河の橋に階段が多いようだった)
暑さ対策:必要

出港の景色を楽しむ乗客

20130725_voyageAI2.jpg
船から眺めるサンマルコ広場

20130725_voyageAI1.jpg



2.アルベロベッロ (イタリア、世界遺産)
ベビーカー:場所により可。(通りによっては階段がある)
暑さ対策:必要。建物の中以外、日を避ける所はない。
とんがり屋根「トゥルッリ」を載せた石造りのかわいい家が並ぶ村。家はお土産屋さんとしても利
用されている。

20130725_voyageAI3.jpg



3.オリンピア遺跡 (ギリシャ、世界遺産)
ベビーカー:やや難
暑さ対策:必要。日を避ける所は木陰のみ。
オリンピックの発祥地。ゼウス神殿や競技場等の古い遺跡が色々ある。

20130725_voyageAI4.jpg



4.イズミール (トルコ)
気温38度のため下船せずに船内の探検、マッサージを受けるなどしてリラックスして過ごす。


4.イスタンブール (トルコ)
・ブルーモスク
ベビーカ:不明 (モスク内は利用可能か不明。入口に階段あり)
暑さ対策:なしでもOK
内壁の青と白のタイルはとても美しい。

20130725_voyageAI5.jpg

・アヤソフィア宮殿
ベビーカー:可
暑さ対策:なしでもOK
ビザンティン様式のモザイクが見事。教会からモスクへと様変わりした経緯も興味深い。

20130725_voyageAI6.jpg

・グランバザール
ベビーカー:可
暑さ対策:不要(エアコンが効いてます!)
無数のお店がありお土産購入にも良いですが、見ているだけでも楽しい!


5.ドブロブニク (クロアチア、世界遺産)
ベビーカー:やや難(旧市街のメインストリートは可。城壁観光には急な階段や狭い通路あり)
暑さ対策:必要。特に城壁観光には日を避ける所がない。
「アドリア海の真珠」と呼ばれる街

【旧市街】 メインストリートにはお土産屋さんやカフェ等が沢山並ぶ。

20130725_voyageAI7.jpg

【城壁観光】
急な階段を上り、城壁へ。1周するのに2時間くらい。
城壁から海と歴史地区の眺望を楽しむ。

20130725_voyageAI8.jpg

20130725_voyageAI9.jpg


●食事
船内ではビュッフェ、ピザやハンバガーなどの軽食系、ダイニングなど複数の食事場所があり自由に選択可能
・朝
航海中はずっとビュッフェで子供が食べられるもの(パンケーキやヨーグルト、フルーツ等)をチョイスしてました。
・昼
観光後、船内に戻ってからの食事がほとんどでしたが、子供の空腹に備え、朝のビュッフェで調達したパンやバナナ等を持参して観光してました。
・夜
ダイニングで前菜~デザートまで食べましたが、子供の状態で中断、中座することもありました。
ダイニングの席は決まっているのですが、他の子連れ日本人客と同じテーブルでした。

●参考になった書籍やテレビ (海外では中々得にくいものかもしれませんが)
・クルーズ(日本 海事プレス社)
船旅の魅力を紹介。特定地域の特集や各船の特徴を横断的に見ることができます。
http://www.cruise-mag.com/

・はじめての海外クルーズを成功させる78の秘訣(実業之日本社)
タイトルのそのまま、秘訣がいっぱいです。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-42013-4

・世界の船旅(BS朝日 毎月曜21:00~)
各客船の雰囲気やサービス、寄港地の情報がわかります。
http://www.bs-asahi.co.jp/funatabi/

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(チュニジア/2013年)」

ハンドル名:Kさん

旅行先:チュニジア(チュニス)

手配を頼んだ旅行会社:トラベルサン
空港送迎、日帰りツアー(ドライバーと専用車手配)

TRAVEL SUN S.A.R.L.
住所:4, Rue Ibn Charaf 1002 Tunis Belvedere, TUNISIA
電話:216(国番号)-71-795-434
HP:http://travelsun.jp/

行程・利用交通機関:チュニスAir (約1時間半、乗換えなし)
http://www.tunisair.com.tn/

旅行日数・時期:2013年1月末~2月上旬/4泊5日
(日中、晴れていれば暖かいですが、朝晩は冷えました)

連れていった子供の年齢(当時):1歳9ヶ月

子連れでお勧めの観光地・その理由:
1、世界遺産「メディナ/旧市街」 (オススメ度 ☆☆☆☆)
Tunis2013_Medina1.jpg

石畳なので、ベビーカー不向き。
凱旋門から入って、メイン通り(ザイトゥーン)を歩いて観光。そのままカスバへ抜けたとことでタクシーを拾う(タクシー乗り場がある)か、専用車に待機してもらうと良い。
写真ポイント、凱旋門の噴水広場、チュニジアの扉(色んな色・形の扉があちこちにある)、テラスetc…
Tunis2013_Medina2.jpg
注意: 旧市街内で、テラスの場所を案内するという現地人が現れたら、まず最初にお金(案内料)の交渉を必ずすること。あとで嫌なおもいをする。
なお、テラスは大抵じゅうたん屋の屋上にあるが、自力で見つけるのは難しいので、誰かに聞くと良い。帰る際にお店の人にお礼(チップ)を忘れずに!


お土産に、ナッカーシャにアラビア語で名前を刻んでもらおう!
Tunis2013_Medina3.jpg
写真にあるお皿(一番小さいものなら1euro~ 大きさやクオリティによって金額が違う)に、自分の名前をアラビア語表記してもらえる!記念に息子の名前を入れてもらった。

レストラン: ランチならザイトゥーン・モスクへ続く道の手前にあるローカルレストランが安くて美味しくオススメ!

2、カルタゴ遺跡 (オススメ度 ☆☆☆☆)
タクシーかツアーの専用車があるなら、ベビーカー不要。遺跡間を歩く場合は、ベビーカー必要。道路は舗装されています。
トイレは、カルタゴ博物館、アントニウスの共同浴場、円形劇場にあり。
Tunis2013_Carthage_K.jpg
ビュルサの丘、カルタゴとローマの複合遺跡前より

3、シディブサイド (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
Tunis2013_Sidi bou said1

Tunis2013_Sidi bou said5

Tunis2013_Sidi bou said2


場所によって石畳なので、ベビーカー不向き。
元祖カフェ「カフェ: カフェ・ド・ナット(写真下)、景色抜群のカフェ・シャブアーン。
Tunis2013_Sidi bou said cafe

レストラン: ダル・ザルーク 
景色良し!要予約。

4、シディブサイドの丘の下のヨットハーバー (オススメ度 ☆☆☆☆)
Tunis2013_Sidi bou said4


5、ベルベデール公園 (オススメ度 ☆☆☆☆)
観光地というわけではないので、時間があれば。
市民の憩いの場、小さな動物園も併設されています。


その他:知っててお得情報:

チュニジア人は、大変子供好きなので、子連れには旅行しやすいと思います。
レストランやお店で子供が走り回ったりしても、とても寛容^^ (高級店は分かりませんが)
道を歩きながら、子供のおでこにキスをされたり、写真を一緒に撮ろうと言われたり、とてもフレンドリーでした。
現地の公共交通機関の利用はオススメしませんが(アラブの春以降、治安が安定しないため)、タクシーは大変リーズナブル(初乗りが1euro以下)でオススメです。
すごい勢いで、メーターが上がるので一瞬心配しますが、毎分 0.5euroアップくらい。※日中と夜間の料金は違います。

物価はフランスの半分くらい。
通貨はチュニジアン・ディナール、20,30,50ディナール紙幣が新しい紙幣に移行中 (2013年現在)
両替は、空港でも市内/ホテル内でも可能で、レートもほとんど大差なし。

最後に、お土産を買う時間がなくて、飛行機の免税で買ったチュニジアのお酒!どちらもお友達にも評判良かったです◎
Tunis2013_Osake.jpg


参考になったHP
http://www.tunisia.or.jp/
http://travelsun.jp/
http://daryasmine.jp/

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(ドイツ/2012年)」

ハンドル名:Kさん

旅行先:ドイツ(ハンブルグ)

手配を頼んだ旅行会社:なし

行程・利用交通機関:ルフトハンザ (乗換え1回)
乗る度に、ルフトハンザのマスコット人形をもらえた。往復で4個。。

旅行日数・時期:2012年8月末~9月上旬/4泊5日

連れていった子供の年齢(当時):1歳4ヶ月 (離乳食後期)

子連れでお勧めの観光地・その理由:
○ハンブルグ市内 (ベビーカーok!マイナーな駅にはエレベーターがないこともある)

プランテン・ウン・ブローメン公園&植物園 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
子供の遊べる砂場や遊具(Grosser Spielplatz, Wasserspielplatz, Spiellandschaft)が充実していて、ピクニックしながら一日ゆっくりできる。
ポニー乗馬体験も出来ます。

定期便の船 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
http://www.hadag.de/
Landungsbruecken駅から乗れます。持込みで食事ができるスペースあり、トイレあり。ハンブルクカード可能。
Hambrug boat

Fishermarkt.jpg
この船に乗って、フィッシュマルクトへも行けます(日曜日の午前中)↑

聖ミヒャエル教会 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
教会の塔からハンブルク港や市街を一望することができる!エレベーターあり。
ベビーカーはチケット売り場の所に置いて上に登るようになります。

アルスター湖の遊覧船
今回は乗りませんでしたが、楽しそう!
Hamburg.jpg


ハーゲンベック動物園
今回は行きませんでしたが、時間があったら行ってみたい所。

○ブレーメン街 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
ハンブルクから郊外電車に乗って約1時間。
それほど大きな街ではなく徒歩で十分楽しめる、道も舗装されているので、ベビーカーで歩いてもok!
Bremen moulin

メイン広場近くにある観光局で、子連れだとブレーメン限定(?)のシールをもらえた。
Bremen Ongaku tai1

他にも、街の至る所で見られるブレーメンの音楽隊↓
Bremen Ongaku tai2

Bremen Ongaku tai3

Bremen Ongaku tai4
音楽隊のお土産!

その他:知っててお得情報
(1)「ハンブルクカード」
1日有効のほか、3日間有効、5日間有効なものがあります。これは、1枚で大人一人と15歳未満の子ども3人が使用できるというお勧めのカード

(2)ハンブルグ中央駅構内にあるスーパーで、旅行グッズ(ミニサイズのシャンプー/リンスや歯磨き粉、日焼け止めetc…)が売られているため、必要な物は現地調達出来る。

(3)物価がフランスに比べ安いので、オムツや離乳食/幼児お菓子など、現地調達がおすすめ。(フランスで売っているのと同じものがたくさんあります)

(4)アルスター湖前、街一番の高級デパート「ALSTERHAUS」
館内に潔なトイレ、オムツ替え台あり。(有料)
フードコートがおすすめ >ランチ、ディナー向け
ビュッフェなので、子供の食べれそうなものも見つけやすい。電子レンジ利用可。日中~20時くらいまで通しで開いているので、子供のタイミングに合わせて時間を心配せず食事が出来きる。子供のためのミニ遊び場もある。

(5)室内の遊び場「Spielstadt XXL」
http://www.spielstadt-hamburg.de/index.php

(6)市内のプール情報
http://www.mmm-hamburg.de/lebensart/swimmhall/index.html

(7)空港から市内へのアクセスは、快適なエアポートエクスプレスで約30分。ベビーカーok。


参考になったHP
http://moinhamburg-blog.seesaa.net/archives/201005-1.html
http://homepage2.nifty.com/izmreise/Deutschland/Hamburg/hamburg2.htm
http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/autobahn/0420.htm

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!(ベルギー/2012年)」

ハンドル名:Kさん

旅行先:ベルギー (ブリュッセル)

手配を頼んだ旅行会社:なし

行程・利用交通機関:
イージー・ジェット(http://www.easyjet.com/)

旅行日数・時期:2012年5月中旬/3泊4日

連れていった子供の年齢(当時):1歳1ヶ月 (離乳食中期)

子連れでお勧めのホテル・その理由:
Hotel: Floris Hotel Arlequin Grand Place(ブリュッセル市内)
bruxelles central 駅から徒歩5-7分くらい。2名1室、朝食(ビュッフェ)付きで100euroちょっと。お部屋からグラン・プラス広場 /Grand-Placeが見えました。
ホテルの部屋からの景色
(ホテルの部屋からの景色)

予約は、こちらのサイトから↓
http://www.booking.com/
他にも、ブリュッセルにはアパートメントタイプのホテルが安くたくさんあるので子連れにはオススメ!

子連れでお勧めの観光地・その理由:
○ブリュッセル (オススメ度 ☆☆☆☆)
ベビーカーok!坂が多いけれど、めげずにベビーカー押してお散歩しました。
疲れた時は、庭園でゆっくりできました。

二階建ての観光バス
http://www.city-sightseeing.com/tours/belgium/brussels.htm#tourlandingposition

もしくは、ブリュッセルの観光局主催、ガイド付き町歩きツアーが楽しそう (ベビーカーの子連れにはハードで今回は母親だけ参加してきました)

小便小僧は必見!洋服が毎日変わる。
小便小僧


○ブルージュ (オススメ度 ☆☆☆☆)
石畳でベビーカー不向き。
街自体は、とても趣があり良かったですが、とにかくベビーカーを押すのが大変でした。
"水の都"ブルージュの運河クルーズがおススメですが、小さなボートで混んでいるため、動き回るお子さんには難しいかも。。

子連れでお勧めのレストラン:
子連れに限らず、「ベルギーワッフル」は必須!
おススメのお店は、「DANDOY」
ベルギーワッフル

その他:知っててお得情報
親子で遊べる室内遊戯場 (無料/有料)
http://www.bel2.jp/living/list/meetingplace.html

ベルギーの空港から市内へのアクセスは、国鉄の電車で約30分。乗車口に段差があり、通路も狭いためベビーカー難。
飛行機よりも、TGVで移動した方が3時間くらいで、駅(市内)から駅(市内)だったので、楽だったかも..?!


参考になったHP:
http://www.belgium-travel.jp/
http://oranda.fc2web.com/baby/belgium.htm
http://www.bel2.jp/living/list/meetingplace.html

上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

タグ: 旅行 

■ アンケート「子連れ旅行体験談!」

さっそく回答してくださった皆さん、ありがとうございました。
まだまだ回答を募集中☆ (アンケートフォームはこちら)
皆さんのアイデアをお待ちしています。


--------------------------------------------------------------------------------

[国外旅行]

■ スイス
ニックネーム: AY
旅行先:フランス国外
国名・都市・地方名、行き方(利用交通機関):スイス(リヨン→ジュネーヴ→スイス国内)、電車利用
手配を頼んだ旅行会社:H.I.Sチューリッヒ支店(ホームページ:http://www.his-swiss.ch/
旅行日数、時期:4泊5日、7月(ベストシーズン!)
連れていった子供の年齢(当時):1才9ヶ月
子連れでおすすめのホテル(都市別)、おすすめ理由:Hotel-Restaurant Central Wolter (Grindelwald)
キッチン付きだが、器具をかりるのに30フランかかる。スーパーが充実しているので便利。
子連れでおすすめの観光地、おすすめの理由:ツェルマット、山の上でピクニックができる。
子連れでおすすめレストラン情報:特になし。(物価が高い)
その他:トイレがある。

■ チュニジア
ニックネーム:AY
旅行先:フランス国外
国名・都市・地方名、行き方(利用交通機関):チュニジア
リヨンから飛行機(Air France)/所要時間 約2時間
手配を頼んだ旅行会社:Travelsun(ホームページ:http://www.travelsun.jp/
旅行日数、時期:3泊4日(首都チュニスのみ)、2月末(ちょっと寒かったが、リヨンに比べて温かい!)
連れていった子供の年齢(当時):1才4ヶ月
子連れでおすすめのホテル(都市別)、おすすめ理由:Barcelo Carthage Thalasso(ガマルタ)
お部屋がとても広かった!ホテル内にレストランがあるので夜外出しなくてよかった。
子連れでおすすめの観光地、おすすめの理由:
カルタゴ遺跡、バルドー博物館、メディナ(旧市街)、シディ・ブ・サイド
子連れでおすすめレストラン情報:ダル・ザルーク(Sidi Bou said)
その他:格安でリゾートが味わえた!

■ オランダ
ニックネーム:AY
旅行先:フランス国外
国名・都市・地方名、行き方(利用交通機関):オランダ
リヨンから飛行機 (KLM)
手配を頼んだ旅行会社:なし
旅行日数、時期:2泊3日、4月末(寒い)
連れていった子供の年齢(当時):1才6ヶ月
子連れでおすすめのホテル(都市別)、おすすめ理由:特になし
子連れでおすすめの観光地、おすすめの理由:風車の村、チューリップ
子連れでおすすめレストラン情報:特になし
その他:市内より、郊外(風車の村、チューリップ)へ行くのがおすすめ!

■オーストリア
ニックネーム:AY
旅行先:フランス国外
国名・都市・地方名、行き方(利用交通機関):オーストリア(ウィーン)とチェコ(プラハ)
リヨン→オーストリア(ウィーン)へ飛行機/オーストリア航空
オーストリア(ウィーン)→チェコ(プラハ)/電車
チェコ(プラハ)→リヨンへ飛行機/オーストリア航空
手配を頼んだ旅行会社:H.I.S ウィーン支店 (ホームページ:http://www.his-austria.at/
旅行日数、時期:オーストリア(ウィーン)2泊、チェコ(プラハ)2泊、6月 Good!
連れていった子供の年齢(当時):1才8ヶ月
子連れでおすすめのホテル(都市別)、おすすめ理由:特になし
子連れでおすすめの観光地、おすすめの理由:チェコ(プラハ)はおすすめ!
山の上に教会が、子供が走り回れてゆっくりできる。
木の子供用の玩具がかわいい!
子連れでおすすめレストラン情報:物価が安いので、どこでも入りやすい!
その他:チェコ(プラハ)は道が石畳なのでベビーカー向きじゃない。
トイレがあまりない。


■ドイツ
ニックネーム:AY
旅行先:フランス国外
国名・都市・地方名、行き方(利用交通機関):ドイツ・ハイデンベルグ
行き方:TGV(※フランスのSNCFより、ドイツの鉄道のサイトから手配した方がお得です)
手配を頼んだ旅行会社:特になし
旅行日数、時期:3泊4日
8月上旬 Good!
連れていった子供の年齢(当時):1才10ヶ月
子連れでおすすめのホテル(都市別)、おすすめ理由:
子連れでおすすめの観光地、おすすめの理由:ハイデンベルク城でピクニックできます。
子連れでおすすめレストラン情報:イエズイーテン教会の前のレストラン
中華やアジア料理のテイクアウトができる。
その他:物価が安い、スーパーマーケットが充実
ドイツ旅行は子連れにおすすめ!


--------------------------------------------------------------------------------

[国内旅行]

■ニース
ニックネーム:AY
旅行先:フランス国内
国名・都市・地方名、行き方(利用交通機関):フランス・ニース
行き方:TGV
手配を頼んだ旅行会社:
旅行日数、時期:3泊4日
?月と9月中旬 (2回)
ニースはいつ行っても良し!!
連れていった子供の年齢(当時):1才10ヶ月(9月中旬)
子連れでおすすめのホテル(都市別)、おすすめ理由:アパートメントタイプのホテル(旧市街や海辺沿いに色々あります)
子連れでおすすめの観光地、おすすめの理由:・山の上に城跡があり、おすすめ(リフト無料)
子連れでおすすめレストラン情報:市場の通りにある魚貝レストラン
その他:・町中にトラムが走っていて移動は便利。
・トイレが有料だがある。
・スーパーマーケットが充実している。
・町中には公園があまりない。

タグ: 旅行 

■ リヨン郊外 子連れで観光!

子連れで楽しい、リヨンから日帰りで行ける場所をご紹介します。
※行ってきた方、体験談募集しています!

○Grotte de Choranche (洞窟)
住所:BP7 - 38680 CHORANCHE
電場:04.76.36.09.88
ホームページ:http://www.choranche.com/

行き方:

○Les Grotte de La Balme (洞窟)
住所:38390 La Balme-les-Grottes - Isere
電場:04.74.90.63.76
ホームページ:Les Grottes de la Balme, Osez l'aventure intérieure en ...

行き方:リヨンから車で約45分

○Domaine des GROTTES du CERDON (洞窟)
住所:01450 LABALME sur CERDON
電場:04.74.37.36.79
ホームページ:http://www.grotte-cerdon.com/

行き方:リヨンから車(約85km)

○Lac des SAPINS (湖)
住所:69550 Cublize
電話:04.74.89.58.03
ホームページ:http://www.lacdessapins.fr/

行き方:

○Grand Parc (公園)
住所:Chemin de la Bletta 69120
電話:04.78.80.56.20
ホームページ:http://www.grand-parc.fr/
※毎月、色々なイベントをやっていますので、詳細は上記のサイトをご覧ください。

行き方:

○LE PARC DES OISEAUX (鳥の公園)
住所:RD1083 - 01330 Villars-les-Dombes
電場:04.74.98.05.54
ホームページ:http://www.parcdesoiseaux.com/fr/index.php

行き方:リヨンから車で約30分、もしくはPart-Dieuから電車で40分(Villars-les-Dombes駅)

○La ferme aux crocodiles (ワニ園)
住所:Les Blachettes - 26700 Pierrelatte
電話:04 75 51 89 69
ホームページ:http://www.lafermeauxcrocodiles.com/accueil

○Safari de Peaugres (サファリパーク)
住所:Safari de Peaugres - Montanet - 07340 Peaugres
電話:04.75.33.00.32
ホームページ:http://www.safari-peaugres.com/

行き方:

○St Martin la plaine (動物園)
住所:42800 Saint Martin La Plaine
電話:04.77.75.18.68
ホームページ:http://www.espace-zoologique.com/

行き方:リヨンから車(約40km)

○Touroparc (動物園)
住所:400 rue du Parc – Maison Blanche 71570 Romanèche-Thorins
電話:03.85.35.51.53
ホームページ:http://www.touroparc.com/

○COURZIEU (動物の公園)
住所:PARC DE COURZIEU 696990 COURZIEU
電話:04.74.70.96.10
ホームページ:http://www.parc-de-courzieu.fr/accueil.html

行き方:

○PARC ANIMALIER et chateau de MOIDIERE (動物の公園とMOIDIERE城)
住所:38090 Bonnefamille
電話:04.74.96.44.63
ホームページ:http://www.chateau-moidiere.com/

行き方:リヨンから車(約32km)

○Jardin Japonais Au Paradi z'en
住所:590, rue du Mont-Blanc – Vouvray – 01200 CHATILLON EN MICHAILLE
電話:06.71.90.65.99
ホームページ:Jardin préféré des francais japonais Bernard Charbonnel Ain, Japon

行き方:リヨンから車で約1時間

○ Le PAL  (動物の公園&アドベンチャー系)
住所:03290 Dompierre sur besbre
電話:04.70.42.68.10
ホームページ:http://www.lepal.com/

行き方:

○PARCOURS AVENTURE du Bugey  (アドベンチャー系)
住所:01110 Hauteville - Lompnes
電話:06.83.39.10.47
ホームページ:http://www.aventuredubugey.com/

行き方:リヨンから車で約1時間

○ PARCOURS AVENTURE en FORET (アドベンチャー系)
住所:Les trois Croix - 42220 La Versanne
電話:06.62.46.12.33
ホームページ:http://www.les-acrobois.com/

行き方:リヨンから車(約75km)

○WALIBI (遊園地)
住所:38630 Les Avenieres
電話:0 820 426 436
ホームページ:http://www.walibi.com/parcs-attractions-walibi-en-france

行き方:リヨンから車で約1時間

○HAMEAU DUBOEUF (テーマパーク)
住所:71570 Romanceche-Thorins
電話:03.85.35.22.22
ホームページ:http://www.hameauduvin.com/

行き方:リヨンから車(約58km)、もしくはTGVでMacon駅 そこからHameau行きの電車に乗り換えてRomanceche-Thorins駅

○Labyland (トウモロコシ畑の迷路)
住所:81 Chemin de Beaunant 69230 Saint-Genis-Laval,
電話:06 14 46 42 26
ホームページ:http://www.labyland.com/


○Air Petit Prince (気球)
住所:113, rue Pasteur, 01400 Chatillons/Chalaronne
電話:06,80.48.93.61
ホームページ:http://www.airpetitprince.com/


◯Train de l'Ardèche (蒸気機関車)
住所: Gare de Tournon-St Jean, Route du Grand Pont, 07300 St-Jean de Muzols
電話: 04 75 06 07 00
ホームページ: http://www.trainardeche.fr

■ リヨン市内 子連れで観光!

子連れで楽しい、リヨン市内で行ける場所をご紹介します。
※行ってきた方、体験談募集!

■ Aquarium de Lyon (水族館)
住所:7 rue Stephane Dechant, 69350, La Mulatiiere
電話:04.72.66.65.66
ホームページ:http://www.aquariumlyon.fr/
行き方:バス(8,C10,14,17,C7,63,88)でPont de la MulatiereかMaison du Confluentで降車。
車で行くなら、Confluentの前です。

■ Parc de la Tête d'Or (公園)
料金:無料
リヨンいち大きな公園、動物園や植物園もあります!詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.loisirs-parcdelatetedor.com/

■ Confluence -Le vaporetto  
料金:1.5euro(7才以下無料)
ボートに乗ってミニ観光。詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.confluence.fr/W/do/centre/navette

■ Le GRAND TOUR
料金:18euro/1日券、20euro/2日券(4-11才は5euro、3才以下無料)
2階建てバスに乗ってリヨン市内を観光できます!詳細はこちらをご覧ください↓
Open Tour Lyon - Lyon le Grand Tour - Circuit en bus à impériale dans Lyon Rhone : Rhone tourisme, visites, sorties et découverte

■博物館
○Musee des Sapeurs pompiers  (消防博物館)
住所:358, avenue de Champagne, 69009
電話:04.72.17.54.54
ホームページ:www.museepompier.com

行き方:メトロD線(Vaise駅)で降り、21番バス(chammpagne降車)かC14か89番(Balmont降車)
月ー金曜日 9−12時/14−17時

■ world-guides(英語)

world-guides(英語)
リヨンだけでなく、世界各都市の観光情報を見ることができます。
http://www.lyon.world-guides.com/lyon_events.html

(AK!)

■ リヨン観光案内所・リヨン観光局(日本語サイト)

リヨン観光局は、リヨン第2区のベルクール広場にあります。

詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.jp.lyon-france.com/

アクセス :
パーキング ベルクール広場( Place Bellecour)、アントワンヌ・ポンセ広場(Place Antonin Poncet)
メトロ A線、D線でベルクール駅下車
バス 29番、30番、99番はベルクール・ル・ヴィスト(Bellecour Le Viste)駅下車。
10番、14番、15番、35番、88番はベルクール・シャリテ(Bellecour Charité)駅下車

住所:
Office du Tourisme & des Congrès du Grand Lyon
Place Bellecour - BP 2254
69214 Lyon cedex 02
France

電話番号:
インフォメーション  + 33 (0)4 72 77 69 69
Lyon Résa ( 予約センター) +33 (0)4 72 77 72 50 または resa@lyon-france.com
Fax +33 (0)4 78 42 04 32 受付時間

観光案内窓口
毎日9時~18時 ただし5月1日、12月25日、1月1日を除く。また光の祭典期間は、9時~21時。 

市内観光の参考にしてくださいね。