リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

■ ガストロ(胃腸炎)

冬のこの時期、家族の誰かがかかってきて、一家でガストロ・・・。よく聞きますね。

ガストロ(胃腸炎)は消化管の炎症です。嘔吐(おうと)、悪心、腹痛、膨満感、関節痛、頭痛そして急激な下痢などの消化器系の症状が症候群として表われます。38度ほどの発熱と疲労感、不快感に襲われることもしばしば。

子供がガストロにかかると、嘔吐に下痢に可哀相ですが、小児科/救急に行っても、何時間も待たされた上に、ドリプランをもらうか、処方する薬なんてないと言われるばかり。
水を飲んでも下痢になりますが、くれぐれも脱水症状には気をつけて。

フランス人は口をそろえて、コカコーラが良いと言います。

またフランスのお義母さんより、下痢がひどい時はSmectaをすすめられました。薬ではなく、泥だそうです。
大人は一回一袋(水に溶かして)ですが、子供は半分の量で十分です。(※1歳以下のお子さんは飲んで良いか判断しかねます)
うちの子(当時1歳8ヶ月)は、ポカリに混ぜて飲ませましたが、下痢が少しおさまった気がしました。

また、吐いた直後は、30分は水分を与えないこと。嘔吐を誘発するそうです。

除菌アイテム!!
20140311 SANYTOL

写真右:洗濯時に使える消毒液。漂白剤が入っていません。
写真左:万能殺菌スプレー。漂白剤が入っていないので、カーペットからテーブルまで幅広く使えるそうです。

参考になったサイトの紹介↓
http://newsdigest.fr/newsfr/colonne/medical/4955-gastro.html

http://blogs.yahoo.co.jp/chez_casa55/23294961.html
上記のサイトが参考になりました。ありがとうございました。

(情報提供Kさん)

■ 2014年2月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

在留邦人の皆様,

平成26年1月分の治安・安全情報
下記の「治安報告書」より1月分をダウンロードしてください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014fev.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等ではここ数年,空き巣の被害件数の顕著な増加が報告されています。
 治安安全情報の中にもいくつか案内されておりますが,中・東欧出身の犯罪グループによる,ドアの鍵を壊して侵入するタイプの空き巣が多いようです。家やガレージの戸締まりを徹底するとともに,日頃から目立たない行動を心がけ,犯罪に巻き込まれないよう注意して下さい。

日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。


フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。

当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。

平成26年3月10日

在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html