FC2ブログ
 リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

■ リヨン郊外: Grand Parc Miribel Jonage

リヨン市内から、車で約20分。
ミリベル(Miribel)に、大きな湖のある、ピクニックにオススメの公園があります。(トイレあり)
20140724Grand parc1
週末、リヨンから日帰りでお出かけしたい方にオススメです!
20140724Grand Parc Restaurant
レストランもあります。

★日帰りプチ ツアー! こんなのいかがですか?!
リヨンを出発!子供と一緒に野菜狩り「 Cueillette de Fraisochamp」へ (リヨンから車で約30分)

たくさん野菜や果物を採ったら、Grand Parc でピクニック (農園から車で約10分)

食後の運動に、軽くアスレチック! (キャンプ場近辺)
20140724Grand parc_Jeux du castor

20140724Grand parc_Jeux du castor2
Grand Parc → リヨン (車で約20分)

Grand Parcのオフィシャルサイトは、こちら↓
Grand Parc Miribel Jonage | 2 200 hectares de nature préservée aux portes de Lyon. Activités nautique, nature et terrestres, spectacles, installations artistiques.
※バス(公共交通機関)でも行けます。

「Grand Parc Miribel Jonage」
住所:Chemin de la Bletta,69120 Vaulx-en-Velin

■ 2区: リヨン音楽くらぶ

リヨンに2歳から6歳までのお子様対象の音楽教室「リヨン音楽くらぶ」ができました。
音楽や幼児教育に携わっている講師3人によって日本語で行われる音楽教室です。

2014-2015年度の時間と日程(10月より月2回、水曜日)

時間:
・4,5,6歳児クラス(児童のみの参加) 14時10分~15時10分(60分)
・上級者クラス(前年度4,5,6歳児クラスに参加していた生徒と小学生の児童) 15時10分~16時10分(60分)
・2、3歳児クラス(親子参加型) 16時30分~17時15分(45分)

レッスン日:10月8日、10月15日、11月5日、11月26日、12月3日、12月17日、1月7日、1月21日、2月4日、2月25日、3月11日、3月25日、4月8日、4月29日、5月13日、5月27日、6月3日、6月10日(全18回)

発表会:6月13日(土)

料金
通年 レッスン料160€+年会費20€
回数券(5回) レッスン料65€+年会費20€
1回券  レッスン料15€+年会費20€
※年会費は家族単位でのお支払いとなる為、2人目以降のお子様は必要ありません。
※通年での受講される場合は欠席の場合の返金はございません。
※通年で受講されるお子様のみ日本の絵本の貸し出しを行っています。

申し込みは下記のリンクからお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/1-ep1I8jO06BX37FJgki-BBHW3gh2Uz4anHG8wlV-Hp0/viewform?usp=send_form

尚、9月13日(土)にSalle Bourgelatで無料公開レッスンを行います。来年度、参加予定の方も参加されない方も是非いらしてください。
詳細は、後日ホームページでお知らせします。

来年度より2学期制を廃止して、通年もしくは回数券での参加形態となります。
皆様のご参加をお待ちしております!

「リヨン音楽くらぶ」
E-mail lyonongakuclub@gmail.com
HP :http://lyonongakuclub.seesaa.net/

■ リヨン子連れの治安・防犯・トラブル(2014年)

下記は、2014年に子連れリヨン在住者が実際におきた被害事例です。
今後、このような被害に遭わないよう、皆さん、くれぐれもお気をつけください。


○ケース1
今年の春、6区のRue Boileauを夕方歩いていたら、前方から歩いてきた東欧系男性とすれ違う手前で、あたかも今道から指輪を拾い凄く喜んでいる感じの芝居をし、これは金の指輪だと言って見せてきて、自分は駅に住んでいる為、警察に取り調べられた際、面倒な事になると困るので君にあげると言い、家族にあげて下さいと何度断っても、家族も友達もいないと言い、無理やり指輪を押し付け、暫くして後ろから追いかけて来て、食べ物を買うお金が無いと言ってお金を要求されました。指輪を返してもパンを買うお金をくれとお金を要求されました。
友人もマセナの辺りで同じ目に遭ったそうです。
外国人の友人はどの辺かは知りませんが、数回遭ったそうで、男性の時と女性の時があるそうです。
(2014年春)

◯ケース2
夏に息子と日本から来た母を連れてスイス旅行に行きました。
結果的に未遂でしたが、スリに遭いました。
事件がおきたのはジュネーブ駅の構内。ベルンから電車に乗って来て、到着後 母が孫を連れて先にスロープ(リヨンのパガデュ駅のようにホームが2階にあり、スロープで地上階へおります)で1階へ行き、私が空のベビーカーと大きなスーツケース(=両手が塞がっている状態)、背中にリュックを背負い、後を追ってゆっくり向かっていました。
急いでいなかった為、他の乗客はすでに降りた後で、私が最後でした。(=後ろには誰もいない状況)
スロープを降りきる直前で、背後に気配を感じたので、振り返ると、すぐ後ろに東欧系のカップルがいて、見るからにアジア人の私に「イタリア語が出来ますか?」とフランス語で聞き、「No」と答えたら、仕方ないなって顔して去って行きました。
その瞬間に、カバンのチャックが空いていることに気がつき、お財布を入れている場所(大きなポケットは子供用品、ガイドブックやらでいっぱいなので、ついつい取り出しやすいポケットに入れていて)だったので、100%の確信はなかったものの後悔したくなかったため、母親に荷物を預け、ゆっくり駅の出口へ向かう行くカップルを追いかけ、私の財布がないのでカバンを見せてもらうと言ったと同時に、男性のカバンを開いたところ、発見されました。
(財布を発見できたのと、危害を加えられなかったので、結果的には良かったのですが、万が一もあるため、この行動が良かったかどうかは判断しかねます)

その後、もう夕方(だいたい19:00)だったので疲れていたし、息子と母を一旦ホテルへ連れて行き、改めて私一人で警察に報告へ行きました。
(しかし、ジュネーブ駅構内の警察は、18:00で閉まり、翌日 土曜日は12:00から)

警察には報告出来ず、仕方がないので仮設であったインフォメーションセンターに せめて今後の注意を呼びかけようと話をするため順番待ちをしていたら、再び犯人たちに遭遇。(=この時点で20:00。犯行後、1時間しかたっていない)
私の後ろをカップルで通り過ぎて行ったので、大きな声で、「この人たちが、さっき私の財布を取ったんです(仏語)」と言ったのですが、走って逃げる様子もなく、悠然と歩き去って行きました。間違いなくプロです。常に次のターゲットを探しています。

その後の対応と対策:
1)、その日の晩、主人に電話し、状況・犯人の特徴を全て説明、仏語に訳しメールで送ってもらい、ホテルで印刷、翌日 リヨンへ帰る直前に警察へ届けました。
(しかし、混み合っていて時間もなかったため、他に待っていた人に託していったのですが、受け取った担当者からすぐ折り返し電話がきました。)
あとは、リヨンへ戻ってから警察とメールでやりとり。
インターネットから地図をコピーし、犯行現場、犯人の詳細、当日の私たちの服(写真)などを送ることで、犯人の特定つ繋がりよう協力しました。

2)、ジュネーブ及びリヨンの領事館へ報告。
毎月の「治安・安全情報」に載ることで、今後 同じような被害がおこらないように、たとえ未遂であっても 報告すると良いでしょう。
また、ご旅行される方は、必ず事前に現地でおきやすい「被害例」などを確認しておく。危ないと聞いているところなら、初めから注意しますが、安全と思っている所こそ落とし穴です。

3)、貴重品は、取りやすい所にしまわない。
子連れだと荷物が多いので、と言い訳でしたが、嫌な思いをしたくない方は、貴重品はの管理、お金は分散しておくなど気をつけれることはした方が良いでしょう。
(2014年7月)