リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 2018年3月30日「復活祭(イースター)期間中における注意喚起」(在フランス日本国大使館より)

在フランス日本国大使館より、「復活祭(イースター)期間中における注意喚起」のメール情報が届きましたので、以下に転載します。
人の集まる場所へお出かけの際には、十分ご注意ください。

(AK!)


●4月1日(月)は復活祭(イースター)に当たります。復活祭前後の期間については、最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には、安全確保に十分注意を払ってください。

1 本年は4月1日(日)が復活祭(イースター)であり、2日(月)は復活祭翌月曜日の祝日となっています。

2 イースター期間中は各地で宗教儀式をはじめ大規模行事などを行いますが、人が多く集まる場所を訪れる際には、周りの状況に注意を払い、不審な人物やその状況を察知したらすぐにその場を離れる等、安全確保に十分注意してください。

3 3月29日付で英国外務省がフランスの渡航情報を更新しましたので、ご参考までに以下のとおりお知らせします。
○英国外務省は2018年3月29日付でフランス渡航情報を更新した。
エールフランスとその子会社が2018年3月30日、4月3日と7日にストを計画している。出発前に航空会社に確認すること。
フランス国鉄(SNCF)は4月3日から6月28日までの期間、5日間につき2日間の一連の波状ストを決行する。
4月5日にはカレ港でもストが予定されている。
フランスではテロ集団が攻撃の実行を企てる可能性が極めて大きい。攻撃は無差別に行われる可能性がある。フランスではイスラム主義テロ集団による脅威が続いており、過激派組織ダーイシュ(イスラム国、IS)に対して最近、フランス軍が介入したこともあって、フランス政府は公衆に対し、格別の警戒を怠らないよう警告しており、国内外で治安対策を強化している。公共の場所では警戒を怠らず、地元フランス当局の勧告に従うこと。
テロ集団は宗教関連施設を攻撃する可能性があり、イースター期間は特に警戒すること。
フランスの海外領土サンマルタンはハリケーン「イルマ」および「マリア」の通過でかなりの影響を受けた。
英仏海峡を渡る場合は、利用する業者のウェブサイトを事前にチェックすること。海峡の交通が途絶した場合には、代替経路と業者についての情報をinteractive mapから入手できる。
カレー周辺には英国への不法渡航を計画している移民が滞在している。カレー港に近づく路上に障害物を置くなど、移民が港に近づく路上の交通の速度を落とそうとしているとの情報がある。
2018年3月23日、南部のカルカソンヌで男が4人を殺害し、警察に射殺された。

本メールは、在留邦人及びたびレジに登録された方に配信しています。

2018年3月30日
在フランス日本国大使館領事部
電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)
関連記事

コメント

■ コメントの投稿

情報サイトとして運用しているため、すべてのコメントへの返信はできません。ご了承ください。
また、コメント欄へ提供いただいた情報は、記事の中で使用させていただく場合があります。
管理者へのご連絡は、こちらのフォームからどうぞ→mamanlyonお問い合わせ・ご連絡フォーム

NAME
SUBJECT
COMMENT

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。