リヨン生活情報サイト

検索フォーム

最新記事

今日の天気は?

今いくら?

カテゴリ

■ リヨン日本人会図書室「荷風文庫」(7/28-8/30休館)

リヨン日本人会事務所に併設されている図書室は、会員になると利用できます。
子供向けの絵本や児童書、マンガなどもあります。

■ リヨン日本人会図書室「荷風文庫」
図書貸し出し:毎週木曜15時~18時
日本の本を読みたい方は是非お越しください。日本の新聞、雑誌等も揃っています。
☆書籍は貸出(3週間)、新聞・雑誌は室内閲覧

詳しくは、こちらをご覧ください→ Lyon日本人会公式HP

(AK!)

【臨時閉館・開館情報】

夏期休暇の為、下記の通り事務局および図書室は休館とさせていただきます。
(現在開講されている語学講座等は、担当者よりお伝えしているスケジュール通り実施致します。)

7月28日(金)~ 8月30日(水) 夏期休暇
(予定されている語学講座等は開講)

新学期は8月31日(木)より、平常通りとなります: 毎週木曜日 15時~18時  
皆様どうぞ良い夏休みをお過ごしください。

リヨン日本人会 事務局

■ 和食 ■ 冷やし中華のタレ (中華春雨サラダ、ごまドレッシングにも)

■ 冷やし中華のタレ
参考:冷麺(冷やし中華)のタレ by ぷくっとぷくまる [クックパッド]

[材料]
穀物酢 100g (リンゴ酢 50g、バルサミコ酢 50gで代用可)
しょうゆ 80g
砂糖 40g
ごま油 適量
水か氷 50g

[作り方]
小鍋に酢、しょうゆ、砂糖を入れ、一煮立ちさせます。
粗熱を取り、水か氷を混ぜ冷やします。
ごま油をお好みの分量で入れます。

■ 冷やし中華
麺は、インスタントラーメンを茹でて水で冷やして使えます。
具には、蒸して細く裂くいた鶏むね肉や、千切りのハム、錦糸卵、レタス、きゅうり、トマトなどをお好みで乗せます。

■ 中華春雨サラダ
たれを濃い目に作り、春雨、千切りのきゅうり、にんじん、ハム、きくらげなどの具材と和えます。

■ ごまドレッシング
たれに、マヨネーズ、すりごまを適量混ぜます。

(AK!)

■ 2017年08月22日 犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起 (外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C180.html


犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起
2017年08月22日

●9月1日(金)から9月4日(月)頃までは,イスラム教の犠牲祭に当たります。
●この期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

1 9月1日(金)から9月4日(月)頃までは,イスラム教の犠牲祭(イード・アル=アドハー,一部の地域ではクルバンやタバスキとも言われます。)に当たります。犠牲祭は,イスラム教徒によるサウジアラビアの聖地メッカへの大巡礼が終わりを迎えるイスラム暦12月10日から3-4日間行われ(今年は9月1日~4日),この間,イスラム圏の国々では休日となります。また,欧米諸国等の非イスラム圏においても,イスラム教徒が多数居住する地区等では,犠牲祭にかかわる宗教行事が行われることがあります。 
  犠牲祭に際して,イスラム教徒は,神(アッラー)への捧げ物として,羊,牛,山羊などを屠り,貧しい人々と分け合うことが習慣となっています。

2 現在のところ,犠牲祭に際してテロの実行を呼びかける声明などは確認されていません。しかしながら,シリアやイラクでその支配領域を縮小させているISIL(イラク・レバントのイスラム国)による存在感を示すためのテロ攻撃などの可能性は排除できません。大規模行事はテロの標的となり易いことに留意し,テロへの注意を強化する必要があります。

3 つきましては, 犠牲祭期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,従来以上に安全に注意する必要があることを認識し,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めるとともに,改めて危機管理意識を持つよう努めてください。テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。
(※)モスク等宗教関連施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等

4 在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
 3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

5 外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考広域情報・スポット情報)
・「欧州でのテロ等に対する注意喚起(再々更新)」(2017年08月18日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C174.html

(問い合わせ先)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5140
 ○海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

■ 2017年08月18日 欧州でのテロ等に対する注意喚起(再々更新)(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C174.html


欧州でのテロ等に対する注意喚起(再々更新)
2017年08月18日

【ポイント】
○欧州では本年に入ってからもテロが続発しており,更なるテロの発生が懸念されます。
○夏期期間中に観光地・リゾート地を訪れる多くの観光客が見込まれる中,スポーツ大会,音楽フェスティバル,独立記念日を祝う行事などのイベントが多数行われています。観光客やイベント等を狙ったテロや,イベント警備のため手薄となった他の都市でのテロに注意してください。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】
1 欧州では,本年に入ってからもテロ事件が相次いで発生しており,特にイスラム教のラマダン期間(5月下旬~6月下旬)頃にはテロ事件が続発しました。ラマダン期間は終わりましたが,8月17日(現地時間)にはスペイン・バルセロナ中心部の観光地で多くの人が犠牲となる車両突入テロ事件が発生しており,引き続き更なるテロの発生が懸念されます。
(※)欧州において最近発生したテロ
○英国:マンチェスターでのコンサート会場の群衆を標的とした自爆事件(5月22日) 
○英国:ロンドンでの車両・刃物により通行人等を襲撃した事件(6月3日)
○フランス:パリでのハンマーで警察官を襲撃した事件(6月6日)
○英国:ロンドンでの車両でモスク前に集まっていた人に突入した事件(6月19日)
○フランス:パリでの車両で国家憲兵隊の車両に突入した事件(6月19日)
○ベルギー:ブリュッセルの駅構内での爆発事件(6月20日)
○フランス:パリ郊外での車両により兵士を襲撃した事件(8月9日)
○スペイン:バルセロナでの車両により通行人等を襲撃した事件(8月17日)

2 欧州では夏季期間中に観光地やリゾート地を多くの観光客が訪れることが見込まれる中,スポーツ大会,音楽フェスティバル,独立記念日を祝う行事などのイベントが各地で開催されています。これら観光客やイベント等を標的とするテロに警戒する必要があることに加え,イベント等の警備のため手薄となった他の都市でのテロの実行も懸念されます。

3 以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(4)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。
●パニック状態となった群衆の中で負傷するおそれもあり,周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

5 外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(注)今年のラマダン期間以前の主なテロ事件等(以下,すべて現地時間)
【2017年】
○スウェーデン:ストックホルム市内におけるトラック突入テロ事件(4月7日)
○ロシア:サンクトペテルブルク市内地下鉄での爆発事件(4月3日)
○英国:ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂でのテロ事件(3月22日)
○フランス:パリ・オルリー空港での武器奪取事件(3月18日)
○フランス:ルーブル美術館での襲撃事件(2月3日)
【2016年】
○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)
○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)
○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
【2015年】
○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った同時多発テロ事件(11月13日)

(問い合わせ先)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5140
 ○海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

■ 20170703 一般犯罪に対する注意喚起 (在リヨン領事事務所)

在リヨン領事事務所からのメールを転載します。
お出かけの際には十分ご注意ください。



在留邦人の皆様,短期旅行者の皆様へ

 リヨン市内(2区,旧市街),Part-Dieu駅からサンテグジュペリ国際空港へ向かう電車内において,邦人がスリ,ひったくりの犯罪の被害に遭う事件が連続して発生しており,7月1日,2日のみで計5人の邦人がパスポート,クレジットカード,金銭の盗難被害に遭っています。

 特にこれからバカンスシーズンになりますと,例年,この種の犯罪は増加傾向が見られます。邦人の皆様におかれましては,相当注意されているものと思いますが,貴重品や現金は分散して所持する等の安全対策に一層の注意をお願いします。


 2017年7月3日

■ 20170702 日本のお祭り(「KIOSK」イベント内, リヨン日本人会)

リヨン日本人会より、Confluence地区で行われる「KIOSK」イベントのご案内です。
ご家族そろって、日本のお祭りをお楽しみくださいね。

イベント詳細情報 (リヨン市サイト)
Kiosk - Tout l'monde dehors ! - Ville de Lyon
http://www.lyon.fr/evenement/fete/kiosk.html

(AK!)


****KIOSKのご案内****

2年前に日本人会が参加した、Le Temps de cerisesがKIOSKというイベントになりました!

リヨン・コンフルエンス地区にて開催されるイベントの最終日、7月2日(日)13時から20時は、リヨン日本人会が中心となって日本の夏祭りをリヨンの皆さんに紹介します!!

o たこ焼きや、ビール、ラムネの販売他、ヨーヨー釣りやかき氷の試食
o 和太鼓や三味線の音楽コンサート
o 居合い術、剣術等の武道
o 折り紙と生け花アトリエ、けん玉のデモンストレーションや大道芸などあります。

お友達やご家族お誘いあわせの上、ご来場ください。

なお、KIOSKイベントに関する詳しい情報は以下のFBページと添付したプログラムをご参照ください。
https://www.facebook.com/KIOSK-Festival-Lyon-Confluence-267600733705536/

■ 20170621 Fête de la musique (音楽の祭日)

毎年6月21日は、夏至の日を音楽で祝う音楽祭です。
フランス全土が音楽に包まれ、リヨン市内でもあちこちの路上で音楽パフォーマンスも見られます。
お散歩がてら、音楽を楽しんでくださいね。

参考:
リヨン市オフィシャルサイト
http://www.lyon.fr/evenement/fete/fete-de-la-musique.html

Fête de la musique - Culture Ville de Lyon --- リヨン市内のFête de la musique関連イベント情報
http://www.lyon.fr/page/fete-de-la-musique.html

Programme - Fête de la musique --- 世界の音楽イベントマップ
http://fetedelamusique.culturecommunication.gouv.fr/Programme#/search@45.75902220783445,4.82060567211056,13

音楽の祭日とは(フェット・ドゥ・ラ・ミュージック日本開催「音楽の祭日」主管事務局)
http://www.mediatv.ne.jp/tokyo-ongakunosaijitsu/about/index.html


(更新:2017/06/21AK!)

■ 2017年06月13日 ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)(外務省海外安全ホームページ)

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C133.html


ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)
2017年06月13日
●イスラム過激派組織ISILがラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しています。
●5月27日(土)から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

1 6月12日,イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,ラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しました。ISILは,2015年及び2016年にも同様の声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。
今年についてもラマダン開始後,多数のテロが発生しており,そのうちイラン,仏,オーストラリア,英国,フィリピン等での事件については,必ずしも関与は明確ではないものの,ISILが犯行を主張しています。

2 5月27日(土)から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の期間は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

3 近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)金曜日に注意する。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがある。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たる。
(3)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(4)上記(3)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(5)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。
●周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# )

5 海外滞在中の安全対策については,「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」も参照してください。
(http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html )

(参考広域情報・スポット情報)
・ラマダン月のテロについての注意喚起(2017年05月22日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html
・イラン:テヘランにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月08日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C129.html
・オーストラリア:メルボルンにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C125.html
・欧州でのテロ等に対する注意喚起(更新)(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C124.html
・英国:ロンドンにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月04日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C122.html
・フィリピン:マニラのリゾートホテルにおける銃撃事件(2017年06月02日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C119.html

(問い合わせ窓口)
○外務省
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311
・領事サービスセンター
(内線)2902,2903
・領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
(内線)3047
・領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
(内線)5139
・外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 出張美容師のご案内

日本から来た美容師、藤田愛さんより、出張カットのご案内です。
(AK!)

/////////////////

リヨンで出張美容師致します !
※2017年6月から9月まで一時帰国します。

31歳の大阪出身の女性美容師です。
出張美容師をリヨン近郊で行います。

カットを中心に、ヘアカラー、ヘッドマッサージ、ヘアメイク等も行っています。
できる限りご希望に合わせて対応していきたいと思っております。
髪やお肌に関するお悩みなど、ぜひお気軽にご相談ください。

詳細等は下記の連絡先へお願いいたします。

メールアドレス
aimuah0417@gmail.com

携帯
0768887035

藤田 愛
FUJITA AI

/////////////////

■ 2017年05月22日 ラマダン月のテロについての注意喚起

外務省海外安全ホームページからの転載です。
人の集まる場所へのお出かけの際には、十分ご注意ください。

情報サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html


ラマダン月のテロについての注意喚起

ラマダン月のテロについての注意喚起
●5月27日(土)頃から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●近年,ラマダン期間中に多数のテロが発生しています。最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 5月27日(土)頃から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の開始は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

2 イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,2015年及び2016年にラマダン月の間にテロを呼びかける声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。
特に昨年は,邦人を含む多数の犠牲者が出たバングラデシュでのダッカ襲撃テロ事件や,トルコのイスタンブールでアタテュルク国際空港の襲撃(45人が死亡,200人以上が負傷)などのテロ事件が発生しています(過去2年の主なテロ事件は別添を参照して下さい)。
また,最近は,爆弾や銃撃に加えて,車両やナイフを使用したテロや放火,窃盗など簡単に一般人を多数殺傷できるテロが呼びかけられています。

3 本広域情報発出時点で同様の声明は確認されていません。しかし,近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。
 (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,ナイトクラブや映画館等の娯楽施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)金曜日に注意して下さい。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがあります。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たります。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

5 海外滞在中の安全対策については,「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」も参照してください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

(参考広域情報・スポット情報)
・フランス:パリ市内のシャンゼリゼ通りにおける銃撃事件発生に伴う注意喚起(2017年4月21日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C085.html
・エジプト:コプト・キリスト教会における連続爆弾テロ事件の発生に伴う注意喚起(2017年4月13日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C080.html
・フィリピン:渡航する際のテロ等に対する注意喚起(2017年4月12日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C076.html
・スウェーデン:ストックホルム市におけるデパートへの車両突入事案の発生に伴う注意喚起(2017年4月7日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C070.html
・パキスタン:ラホール市で発生した爆発事件に関する注意喚起(2017年4月6日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C069.html
・ロシア:サンクトペテルブルク市地下鉄における爆発事件の発生に伴う注意喚起(2017年4月3日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C066.html
・英国:ロンドンにおける英議会下院及び周辺でのテロ事件発生に伴う注意喚起(2017年3月23日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C057.html
・バーレーン:爆弾テロ事件発生に伴う注意喚起(2017年2月28日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C040.html
・トルコ:ISIL(イラクとレバントのイスラム国)関係者摘発に伴う注意喚起(2017年2月10日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C024.html
・モロッコ:テロの脅威に関する注意喚起(2017年2月8日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C023.html
・ケニア:テロの脅威に対する注意喚起(2017年2月3日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C021.html
・トルコ:イスタンブール市内ナイトクラブにおける銃撃テロ事件発生に伴う注意喚起(2017年1月1日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C002.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


過去 2 年のラマダン月に発生した主なテロ事件

2016 年
・ヨルダン:バカア難民キャンプ襲撃テロ事件(6 月 6 日)
・米国:フロリダ州オーランド市内ナイトクラブ銃乱射事件(6 月 12 日)
・フランス:パリ郊外における警察官刺殺事件(6 月 13 日)
・ヨルダン:ルクバーン難民キャンプ爆弾テロ事件(6 月 21 日)
・レバノン:バールベック・ヘルメル県における自爆テロ事件(6 月 27 日)
・トルコ:イスタンブール・アタテュルク国際空港襲撃テロ事件(6 月 28 日)
・マレーシア:クアラルンプール郊外プチョン地区ショッピングモール内オー
プンカフェ爆発事件(6 月 28 日)
・バングラディシュ:ダッカ市内レストラン襲撃テロ事件(7 月 1 日)
・サウジアラビア:ジッダ,カティーフ,メディナにおける自爆テロ事件(7 月4 日)

2015 年
・チュニジア:スースのリゾートホテル襲撃テロ事件(6 月 26 日)
・フランス:東部リヨンにおけるテロ事件(6 月 26 日)
・クウェート:シーア派モスクにおける自爆テロ事件(6 月 26 日)
・エジプト:カイロ郊外における検事総長殺害テロ事件(6 月 29 日)
・マリ:北部における国連車列襲撃テロ事件(7 月 2 日)
・ナイジェリア:北部及び中部での連続爆弾テロ事件(7 月 5 日~7 日)
・エジプト:カイロ市内のイタリア総領事館前での爆弾テロ事件(7 月11 日)